オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

岸和田市の雨漏りしている屋根の点検で瓦の飛散や割れがありました


岸和田市のN様より屋根修理のご相談をいただき現地調査にお伺いしました。平成30年に大阪に上陸した台風21号で屋根の瓦が飛散し、室内に雨漏りしたそうです。台風の後に近所の方に教えてもらった業者に調査の依頼をされていたそうですがどれだけ待っても来てくれず、応急処置もできないままで、雨漏りがひどくなってきたので街の屋根やさん岸和田店にご相談をいただきました。「木造平屋建てで、戦前に建てられた住宅なのでかなり古いですが、建て替えはせずに屋根を修理して住みたいんです」とのご希望で、修理のご提案をさせていただきました。
岸和田市で台風で雨漏りしたとのご相談です
「木造平屋建てで、戦前に建てられた住宅なのでかなり古いですが、建て替えはしないで屋根を修理して住みたいんです」
とのご希望で、まずは修理可能かどうか現状を確認させていただきましたが、割れたり飛散した瓦を復旧し、ズレを戻して整えて修理することが可能だと判断し、ご提案をさせていただきました。

屋根自体が老朽化している場合、耐久性などを考慮して修理では対応できず、葺き替えのご提案になる場合があります。
岸和田市の玄関の天井に雨漏り発生
まずはお部屋のどの位置に雨漏りしているか確認させていただきました。
写真は玄関の天井に発生した雨漏りの跡です。
長い間雨漏りが続いていたので天井板が腐食しています。
岸和田市の洋室の天井にも雨漏りしています
洋室の天井にも雨漏りが発生し、クロスが水に濡れて剥がれてきていました。
クロスは専用の糊で接着されている為、水に濡れ続けると密着力が低下して剥がれてきてしまいます。
岸和田市の和室の天井にも広範囲で雨漏
和室の天井にも雨漏りしています。
天井の広範囲に渡り雨染みが残っていることから、雨水は一カ所から浸入しているのではなく、被害箇所が点在している可能性があります。
岸和田市の縁側も雨漏り
和室の奥にある縁側はひどい雨漏りでした。
天井から浸入した雨水が鴨居に伝い、聚楽壁が傷んで水と一緒に流れています。また、床にまで水が達し、床材も劣化している状態でした。
雨漏りが長く続くと木部を腐食させて強度が低下したり、カビの発生で人の体に悪影響を与えてしまいます。また、湿気は白蟻の好物ですので、白蟻が付く危険性もあります。何度も繰り返し雨漏りするようでしたらできるだけ早めに業者へ依頼し、修理しましょう。
岸和田市の冠瓦が飛散
N様邸は平屋建てで土葺きの瓦屋根です。玄関屋根には青い釉薬瓦を葺き、その他はいぶし瓦を葺いています。

いぶし瓦の屋根の棟に葺いている冠瓦などが飛散し、玄関屋根との取り合いの谷樋付近に落ちていました。
岸和田市の棟瓦が大量に飛散
棟を横から見た様子です。
瓦がバラバラに飛散している状態です。

棟とは屋根の頂点の水平部のことで、取り合いの隙間を覆うように四角いのし瓦と一番上に葺く冠瓦で形成されています。
棟は屋根の高い位置にあり、更に瓦を高く積み上げてることから、風や揺れの影響を受けやすい箇所です。そのため、銅線を仕込んで補強されていることが多いのですが、N様邸の棟は瓦を土で固定しただけの状態でしたので、台風の強風でバラバラに飛んでしまったのでしょう。玄関屋根の青い釉薬瓦の棟は銅線で補強されていたので飛散していませんでした。

現状よりも耐久性を向上させるため、修理工事では棟の飛散した部分の瓦を復旧し、銅線を仕込んでしっかりと補強させていただきます。
岸和田市の瓦が割れています
飛散した瓦が屋根面に落ち、瓦があちこちで割れていました。
屋根面は雨水が流れる経路になっていますので、このように割れてしまうと上から流れてきた雨水がどんどん内部に浸入し、雨漏りしてしまいます。
N様邸の部屋内の雨漏りはおそらく屋根面の瓦が割れたことが原因の可能性が高いという見解です。
岸和田市の釉薬瓦も割れています
玄関屋根の屋根面の瓦も割れていました。
ここは、雨漏りしていた玄関の天井付近にあたります。

他にも屋根面の瓦が割れている箇所が点在している状態です。

割れた瓦は新しい瓦に差し替えて固定させていただきます。
岸和田市の袖瓦が飛散
瓦の飛散は棟だけでなく、袖瓦も飛散していました。

袖瓦とは、屋根の流れの一番端(雨樋が付いていない面)に葺く瓦のことです。屋根の端にあることから、横方向から風をまともに受けると飛散しやすい箇所です。
土葺きの瓦屋根で、台風の被害が多かったのは、棟、袖瓦、軒先瓦です。
岸和田市のいぶし瓦の袖瓦が飛散!
袖瓦が飛散しているのは1か所だけではありませんでした。

袖瓦の下は軒天井(屋根の軒裏)ですので、瓦が飛散しても部屋内に雨漏りすることはありませんが、飛散した部分から雨水が浸入して屋根の下地を腐食させる可能性がありますので必ず修理しないといけません。
岸和田市の袖瓦がガタガタです
飛散せず屋根に残っている袖瓦もズレてガタガタになっていました。瓦がズレて隙間が生じるとそこから雨水が浸入してしまいますので、きちんと復旧しないといけません。

袖瓦は風や揺れの影響を受けやすいので、ズレを戻してから1枚1枚ビスで固定させていただきます。近年は普段でも突風や強風が吹き荒れることがありますので、できるだけ被害に遭いにくいよう手を尽くします。
岸和田市の瓦がズレています
岸和田市ののし瓦がズレています
瓦の割れや飛散の他に、写真のように瓦がズレている箇所がいくつかありました。上記でお伝えしたように、瓦がズレるとそこから雨水が浸入して雨漏りの原因になることがありますし、ズレた瓦は風で飛散しやすいので注意が必要です。

N様邸は屋根自体が古くなり、全体的に瓦のズレが見受けられたので、修理の際はズレを戻して整えさせていただきます。
土葺きの屋根は下地に粘り気のある葺き土を載せて瓦を密着させて固定していますが、経年で土が乾燥して痩せてくると瓦の固定力が弱くなり、強風で飛散したり地震の揺れで落下する可能性が高くなってしまいます。N様邸の葺き土も痩せてきており瓦が動きやすい状態でしたが、葺き土を入れ替えるとなると瓦を一度めくらなくてはならず、現実的ではありません。その場合の一般的な処置として、瓦のズレを戻してからシーリングで瓦同士を繋げて固定・補強する方法をとらせていただくことになりました。

街の屋根やさん岸和田店は、ご要望や予算面のことをお聞きし、プロとしてより良いご提案をさせていただいております。屋根のことで心配なことがございましたらお気軽にご相談ください。

次は屋根修理の様子をご紹介します。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

泉南市の台風被害の屋根修理で足場を建てて棟を修復しました

泉南市の台風で崩れた降り棟
泉南市の降り棟修復状況
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
漆喰取り直し
台風
使用素材
オレンジ釉薬瓦・葺き土・銅線・漆喰他
築年数
約43年
建坪
約25坪
保証
2年
工事費用
約41万円(税込み・足場代含む)
施工事例

岸和田市の雨漏りの原因は棟!水が廻っていた降り棟を葺き直しました

岸和田市の降り棟の下のお部屋で雨漏りしています
降り棟の積み直し完了
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
雨漏り修理
台風
使用素材
葺き土・銅線・南蛮漆喰・シーリング他
築年数
約28年
建坪
約25坪
保証
2年(雨漏りにおいて)
工事費用
約31万円(税込み・下屋水切り取付費用含まず)
施工事例

岸和田市の台風で飛ばされた屋根の板金やスレートを差替えた施工事例

岸和田市の台風被害に遭った棟
岸和田市の台風被害に遭った棟の修理完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板棟板金・杉貫板・化粧スレート他
築年数
約40年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
37万円(税込み・部分足場の場合)

同じ地域の施工事例

施工事例

岸和田市の雨漏りの原因は棟!水が廻っていた降り棟を葺き直しました

岸和田市の降り棟の下のお部屋で雨漏りしています
降り棟の積み直し完了
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
雨漏り修理
台風
使用素材
葺き土・銅線・南蛮漆喰・シーリング他
築年数
約28年
建坪
約25坪
保証
2年(雨漏りにおいて)
工事費用
約31万円(税込み・下屋水切り取付費用含まず)
施工事例

岸和田市のベランダ防水の施工事例!ひび割れも修理して防水性が向上

岸和田市の防水前のベランダ
岸和田市のベランダ防水後
工事内容
防水工事
台風
使用素材
ウレタン樹脂塗膜防水材他
築年数
約40年
建坪
約30坪
保証
3年(雨漏りにおいて)
工事費用
18.7万円(税込み)
施工事例

岸和田市の外装リフォームで屋根を遮熱塗料で塗り替え外壁も塗装!

岸和田市の屋根塗装前
岸和田市の屋根塗装後
工事内容
外壁塗装
屋根塗装
台風
使用素材
屋根・・日本ペイントサーモアイSi 外壁・・ダイフレックス スーパーセランフレックス
築年数
約40年
建坪
約30坪
保証
5年
工事費用
屋根・・約65.5万円(税込み)外壁・・約114万円(税込み・付帯部塗装含む)足場・・22万円(税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

忠岡町で部分足場を設置

忠岡町の台風被害に遭った屋根の修理と補強工事です。H様邸は木造2階建てで、屋根は土がのっている瓦葺きの屋根です。台風で瓦が数枚割れて、漆喰も剥がれてしまいました。また、屋根に設置されているソーラーパネルも台風の飛散物の影響で破損している状態...........

忠岡町の屋根の調査

忠岡町の台風被害に遭った屋根の調査にお伺いしました。H様邸は木造2階建てで、土葺きの瓦屋根です。屋根の上にソーラーパネルを設置していて、台風の時にパネルが割れる被害に遭ったということです。台風の後にご自身で屋根の上に上がって割れた瓦にテープ...........

貝塚市の下屋の瓦が飛散

貝塚市の台風被害に遭った各所修理工事です。Y様邸は以前、街の屋根やさん岸和田店でテラスの波板張替えなどの工事をしていただいたことがあり、今回は台風での被害箇所の修理です。Y様邸は土葺きの瓦屋根で、下屋のケラバの瓦が1枚飛散し、壁際ののし瓦が...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747