泉佐野市の外壁とパラペットに発生したクラックを樹脂モルタルで補修


泉佐野市のモルタル外壁のクラック補修(躯体補修)のご紹介です。
H様邸は今回の工事で陸屋根やベランダの防水、外壁塗装を行います。
泉佐野市の外壁のクラックを補修します
モルタル外壁は地震の揺れや振動、気温差、湿度などの影響でクラック(ひび割れ)が発生します。クラックは大きなものから小さいものまでありますが、クラックの状態をよく見極めて適切な処置を行わないと建物の防水性能を維持することができません。
泉佐野市のパラペットのクラックも補修します
外壁にもクラックが発生していましたが、陸屋根のパラペットにも亀裂が走り、以前にコーキングで処置をされていましたが同じ個所からまた割れてきたので落下しないかと心配されていました。
陸屋根とは勾配がほとんどない平らな屋根のことで、パラペットとは陸屋根の周囲の立ち上がり壁のことです。
泉佐野市の外壁のクラックをカッター切します
クラック補修の様子をご紹介します。(パラペット、外壁のクラックの写真を使用します)

まずは、クラックに沿って電動カッターの刃を入れ、V字またはU字にカットしていきます。
既存のクラックよりも幅が広がるので「大丈夫?」と思われるかもしれませんが、この作業はとても重要です。
泉佐野市の外壁のクラックカッター切状況
構造クラックは外壁深く割れています。そのため、補修材をクラックの奥まで充填するために入り口を広げてあげる必要があるのです。また、強固な補修材を使用しますので、幅が広い方が補修材に厚みを持たせられます。
泉佐野市のカッター切したクラックに溜まった粉塵を刷毛で掃除

パラペット、外壁ともにクラックをカッター切りした後、カットした溝の中に溜まった粉塵を刷毛できれいに掃き出します。
溝の中に粉塵が溜まっていると、この後に充填する補修材が粉塵と一緒に浮いたり剥がれる可能性があるため、このように掃除しないといけません。
泉佐野市のクラックにプライマーを塗布

溝の中を掃除した後、プライマーを塗布します。
プライマーは、分かりやすくお伝えすると、接着剤の役割がある塗料です。補修材をよりしっかりと密着させるための工程ですので、溝の奥までムラなく隅々塗布します。

この写真を見ただけでもクラックが数多く発生しているのが分かります。
泉佐野市のクラックにエポキシ樹脂モルタルを詰めます
プライマーを塗布した後、エポキシ樹脂モルタルを充填します。
エポキシ樹脂モルタルはコンクリート構造物の欠損部の補修などに使用される補修材です。主剤と硬化剤を混ぜ合わせると化学反応を起こして強い補修材になります。
泉佐野市のクラックの奥までしっかりと充填します
エポキシ樹脂モルタルをクラックに充填します。
溝の奥に空洞ができると意味がないので、上から押さえて奥までしっかりと充填します。
泉佐野市の軒天井のクラックも補修します
軒天井(屋根の軒先の裏側)に発生したクラックも同じように補修します。
泉佐野市の誘発目地にはシーリング充填
外壁の誘発目地にはシーリングを充填しました。
誘発目地とはひび割れが発生しそうな箇所を想定し、ひび割れを集中させるために設けられた目地のことです。
誘発目地を強固に固めてしまうとその周辺で割れる可能性があるので、柔軟性のあるシーリングで防水しました。
泉佐野市のクラック補修完了
泉佐野市のクラック補修箇所をパターン付けして塗装します
クラック補修完了状況です。
表面を押さえて平らに仕上げていますので、このままでは補修箇所が目立ってしまいます。塗装する前に既存の外壁に近い模様をつける、パターン付けを行い、外壁に馴染ませます。

次はベランダの下端の水切り取付をご紹介します。


同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市上松町のアーバントーンが映える外壁塗装 

岸和田市上松町のアーバントーンが映える外壁塗装の現況
岸和田市上松町のアーバントーンが映える外壁塗装
工事内容
雨樋交換
防水工事
外壁塗装
部分塗装
使用素材
シリコン樹脂系塗料、一部多彩模様アクリルシリコン塗材
築年数
築35年
建坪
約65坪
保証
工事費用
約150万円(税込)
施工事例

岸和田市真上町の屋根塗装と外壁防水もした外壁塗装

岸和田市真上町の屋根塗装と外壁防水もした外壁塗装
岸和田市真上町の屋根塗装と外壁防水もした外壁塗装
工事内容
防水工事
外壁塗装
屋根塗装
部分塗装
使用素材
屋根・・当社推奨遮熱塗料 外壁・・当社推奨シリコン塗料
築年数
25年
建坪
33坪
保証
10年(耐久年数13年)
工事費用
約180万円(税込、クロス貼替含む)
施工事例

岸和田市春木本町のしっかりとひび補修もした外壁塗装

岸和田市春木本町のしっかりとひび補修もした外壁塗装
岸和田市春木本町のひび補修と外壁塗装
工事内容
漆喰詰め直し
雨漏り修理
防水工事
外壁塗装
部分塗装
使用素材
当社推奨セラミックシリコン
築年数
30年
建坪
35坪
保証
10年(耐久年数13年)
工事費用
約130万円(税込)

同じ地域の施工事例

施工事例

泉佐野市俵屋の屋根塗装で耐久性のある屋根になりました!

泉佐野市俵屋で遮熱塗料での屋根塗装着工
泉佐野市俵屋で屋根の上塗り塗装に入りました!
工事内容
屋根塗装
使用素材
シリコン樹脂系塗料
築年数
築16年
建坪
35坪
保証
工事費用
約42万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

和泉市の天井のクロスが剥がれています

和泉市にお住いのU様より「台風で雨漏りしてるので見に来てもらえますか?」とご相談があり現地調査にお伺いしました。U様邸は鉄骨造で、屋根はスレート、外壁はモルタルの塗り壁です。

熊取町のベランダの下地調整完了

熊取町のベランダ防水工事で前回、ベランダの下地調整の様子をご紹介しました。今回は、下地調整の次の工程で防水層の形成とトップコート仕上げの様子をお伝えします。N様邸は台風21号でベランダのテラス屋根の波板がすべて飛散し、下のお部屋に雨漏りが発...........

熊取町のベランダの床が割れています

熊取町のベランダ防水で今回は下地調整までをご紹介します。「台風でベランダの波板がすべて剥がれてしまい、ベランダの下のお部屋で雨漏りしてるんです」とのご相談があり、現地調査をするとベランダの防水が劣化しており、雨漏りの原因の可能性が高いことか...........