オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

熊取町のカラーベストが風で飛ばされたとのご相談です!


熊取町のY様より「台風でカラーベストが剥がれたんです」とのご相談をいただき現地調査にお伺いしました。
台風の後に周囲を確認すると割れたカラーベストが散乱していたので遠くから屋根を確認すると、ご自宅の屋根に被害が遭ったことが分かった、ということです。下からでもある程度の屋根の状況は分かりますが被害状況をきちんと把握するため屋根の上に上がって確認しました。他にカラーベストが剥がれている箇所はありませんでしたが、割れている箇所がいくつかあることが分かりました。
熊取町の庭に落ちていたカラーベストです
台風の後に庭に落ちていたカラーベストを保管されていました。
このように庭などに飛散した屋根材が落ちている場合、必ずしもご自宅のものとは限りません。周囲の住宅のものかもしれませんが、業者の方が来られた時に参考になる可能性がありますので邪魔でなければ保管するか、写真で撮影するといいでしょう。屋根材などは廃棄するのに費用が掛かりますので、町会で一斉に廃棄してくれるなら利用した方がいいですね。
熊取町のカラーベストが剥がれているのが見えます
台風後、周囲にカラーベストが落ちていたので遠くから屋根を確認すると、カラーベストが剥がれていることが分かり、早急にご相談をいただきました。
調査の時にも屋根が見える位置まで行くと、カラーベストが破損していることが確認できました。(黄色い矢印部分)
熊取町の屋根に上がって調査します
地上から屋根の被害状況をある程度把握できましたが、実際の被害状況を確認するため屋根の上に上がりました。
屋根の調査にお伺いする時は、建物の高さや形状、敷地の状況、屋根の勾配などの条件ではしごを立てられないことがあります。その場合、上に上がって確認できませんので、後日ドローンを飛ばして調査するか(別途費用がかかります)明らかに屋根に被害がある場合は、足場を先行して建ててから調査を行います。
Y様邸は地上からはしごを立てることができなかったので、2階のベランダにはしごを引っ張り上げて、そこから屋根に上りました。
熊取町のカラーベストが割れて剥がれています
屋根の上に上がると、地上で見た位置(2カ所)にカラーベストの剥がれがありました。
カラーベストは1枚1枚釘留めされている為、割れて飛ばされることがほとんどです。
熊取町のカラーベストを釘留めしている部分がむき出しです
釘留めした箇所の上に次のカラーベストを重ねて葺いていますが、剥がれたことで下にあるカラーベストの釘頭がむき出しになっていました。
カラーベストの下にはルーフィングという丈夫な防水シートを敷いていますので、ルーフィングが傷んでいなければすぐに雨漏りすることはありませんが、この釘はルーフィングを貫通して固定していますので、劣化が進むと雨水が染み込んでしまいます。
熊取町のカラーベストの隙間に風が吹き込んで飛散しやすくなります
Y様邸のカラーベストは表面の塗膜が薄くなり、塗り替えの時期にきていてご検討されていました。
カラーベストの主成分はセメントですので、もともと水分を吸収する性質を持っています。そのため、表面に塗装を施して防水性を持たせています。その塗膜が傷んで剥がれてくると雨水を弾く力が弱くなり水を含んでしまいます。カラーベストが水を含んで膨張し、乾燥する過程を繰り返しているうちに反ってきてしまいます。そうすると、カラーベストの間に隙間が生じて、そこに強風が吹き込むと剥がれやすくなってしまいます。
熊取町のカラーベストの大きくひび割れています
また、カラーベストが含水・乾燥を繰り返すと、膨張・収縮を繰り返すことと同じですので、その影響でカラーベストが割れることがあります。
Y様邸のカラーベストはこのようにひび割れがいくつか発生していました。
熊取町のカラーベストにひび割れがいくつか発生していました
屋根の修理の際にひび割れているカラーベストはシーリングを充填して補修させていただきますが、今後他のカラーベストが割れてきますので、ひび割れが広範囲になる前に塗装してメンテナンスしたほうがいいとご説明しました。
カラーベストの劣化が進むと補修が不可能になり、葺き替えないといけなくなる可能性がありますので、定期的な点検・塗り替えをしましょう。
熊取町の板金を固定している釘が緩んでいます
カラーベストの屋根には棟や軒先、ケラバなどの雨仕舞で板金を取付けています。

棟・・屋根の頂点の尖った部分
軒先・・屋根の傾斜の一番低い先端部
ケラバ・・雨樋が付いていない屋根面の端部
雨仕舞・・雨水が内部に浸入しないように手を加えること

雨仕舞が必要な箇所に板金を取付けているのですが、板金を固定している釘が緩んできていました。釘が緩むと固定力が低下し、板金が飛散する原因になりますので、しっかりと固定しなおさないといけません。

屋根や外壁の塗り替えは近い将来行う予定で、今回は台風被害に遭った箇所の修理のみ行うことになりました。

カラーベストの屋根を長持ちさせるためには定期的な塗り替えが必須です。屋根の色褪せは塗り替えの目安になりますので、「そろそろかな?」とご検討されている方はお気軽にご相談ください。

次は屋根の修理工事の様子をご紹介します。

この工事の現場ブログ

熊取町の庭に落ちていたカラーベストです

2020/02/28/ 熊取町のカラーベストが風で飛ばされたとのご相談です!

熊取町のY様より「台風でカラーベストが剥がれたんです」とのご相談をいただき現地調査にお伺いしました。台風の後に周囲を確認すると割れたカラーベストが散乱していたので遠くから屋根を確認すると、ご自宅の屋根に被害が遭ったことが分かった、ということ...........

熊取町のカラーベストが割れて剥がれています

2020/02/29/ 熊取町の台風で飛散したカラーベストを部分張り替えしました

熊取町にお住いのY様邸の屋根修理のご紹介です。Y様邸は木造2階建てで屋根がカラーベスト、外壁はサイディング張りです。台風の強風で屋根のカラーベストが剥がれた、とのご相談をいただきました。現地調査でカラーベストの飛散だけでなく、ひび割れの症状...........

同じ工事を行った施工事例

施工事例

泉佐野市のスレート屋根とモルタル外壁を既存と同じ雰囲気で塗り替え

泉佐野市の厚型スレートの屋根です
泉佐野市のタスペーサーを入れた厚型スレート屋根の塗装 お客様の声
工事内容
屋根補修工事
外壁塗装
屋根塗装
台風
使用素材
日本ペイント・サーモアイSi 
築年数
約20年
建坪
約40坪
保証
工事費用
約150万円(足場代含む)
施工事例

忠岡町の屋根修理で落ちた瓦を修復し漆喰も詰め直しました

忠岡町の台風被害に遭った降り棟
忠岡町の降り棟修理後の様子
工事内容
屋根補修工事
火災保険
台風
使用素材
いぶし瓦・漆喰・ポリカーボネート波板他
築年数
築約45年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
約80万円(税込み)足場代、カーポート・テラス波板張替え及び塗装費用含む
施工事例

熊取町の雨漏り修理で棟板金やパラペットの笠木を交換しました

熊取町の棟板金が飛散
熊取町の棟板金交換完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
雨漏り修理
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板・杉貫板・シーリング他
築年数
築約64年
建坪
約30坪
保証
1年
工事費用
約30万円(税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

熊取町の雨漏り修理で棟板金やパラペットの笠木を交換しました

熊取町の棟板金が飛散
熊取町の棟板金交換完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
雨漏り修理
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板・杉貫板・シーリング他
築年数
築約64年
建坪
約30坪
保証
1年
工事費用
約30万円(税込み)
施工事例

熊取町の台風で剥がれたカラーベストを差替えひび割れも補修

熊取町の剥がれたカラーベスト屋根
熊取町の剥がれたカラーベストの貼り替え
工事内容
屋根補修工事
火災保険
台風
使用素材
カラーベスト・シーリング
築年数
約18年
建坪
約18坪
保証
2年
工事費用
約23.5万円(税込み・足場代・ひび割れ補修費用含む)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

和泉市の崩れた棟を修復します

和泉市の屋根修理です。台風で棟の瓦が飛散し、下にある地瓦が割れていまいました。玄関の天井で雨漏りが発生している状態です。この記事では崩れた棟の修復の様子をご紹介します。Y様邸は土葺きの瓦屋根です。棟を一度解体し、積み直す工事は費用がかさんで...........

和泉市の屋根の現地調査

和泉市の台風被害に遭った屋根の現地調査です。玄関の天井に雨漏りが発生していました。Y様邸は平屋建てで土葺きの瓦屋根です。棟の瓦(屋根の頂点の水平部)が強風で飛散し、屋根面に落下したことで地瓦(屋根面の瓦)が割れて雨漏りしていました。台風後に...........

熊取町の軒先から順に瓦を葺きます

熊取町の雨漏り修理です。台風の影響で屋根の瓦がズレたり、漆喰が剥がれるなどの被害に遭いました。H様邸は長屋で、お隣の建物と繋がっている形状で、屋根の取り合い部には谷樋を設けています。その谷樋が劣化し、錆びついて穴があいている状態でした。また...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747