熊取町の屋根塗装で高圧洗浄で塗膜がほとんど剥がれた屋根がきれいに!


熊取町の屋根塗装の様子をご紹介します。I様邸は台風で屋根のスレート(平型の四角い屋根材)と下地の野地板が剥がれて屋根に穴が開き雨漏りしてしまいました。台風の被害箇所を修復し、ちょうど塗装時期に来ていた屋根と外壁を塗装します。
台風で屋根に被害が遭ったとのご相談で、「修理の際に足場を建てるなら同時に屋根と壁の塗装もしてほしい」とご希望される方が多く、I様も今後のことを踏まえて塗装まで行いたい、とのことでした。
熊取町の取り合いのスレートはコーキングで固定
I様邸は台風で屋根の一部が野地板と一緒にめくれてしまいました。この工事で、下地に丈夫な構造用合板を使用して破損した屋根をきちんと修復させていただきました。
熊取町の屋根を塗装します
既存の屋根は経年で傷んできており、そろそろ塗り替えの時期に来ていました。スレートの表面の塗膜が剥がれて汚れが付着し、雨水を吸い込んでしまっている状態でした。
スレートはもともと水分を含む材質ですので塗膜で覆って防水処理されています。その塗膜は月日とともに傷んではがれてきますので、そうなるとスレートが雨水を含むようになります。スレートが雨水を含んでも雨漏りはしませんが、長い間放置すると、スレート自体の劣化が進んで割れてしまい、今回のように強風で剥がれる原因にもなります。そういった意味で、屋根の塗装は美観性だけでなく屋根を長持ちさせるために定期的に行う必要があります。
熊取町で高圧洗浄で屋根の汚れや旧塗膜を落とします
屋根や外壁の塗装工事では、一番初めに高圧洗浄の作業を行います。
高圧洗浄とは強い圧をかけた水で汚れを落とす作業のことです。塗装面に付着した汚れや苔などを落とさずに上から塗装すると塗料が素地に直接塗れず、汚れと一緒に剥がれてしまうため、洗浄の作業は必須の工程です。
熊取町の下屋の汚れも落とします
下屋も塗装するのできれいに洗浄します。屋根の上にのっている足場のベース板も持ち上げてきちんと洗浄させていただきます。
また、屋根や外壁には汚れだけでなく、古くなり剥がれかかった塗膜も残っています。それらもできるだけきれいに洗い落とすことが塗膜を長持ちさせることに繋がります。
熊取町の屋根の劣化した塗膜がほとんど落ちました
屋根を洗浄すると、表面の塗膜が剥がれて白くなりました。塗膜の劣化がそれほど進んでいなければ、スレートに密着していますので、このように剥がれることはありません。このことから、I様邸の屋根が塗り替えの時期に来ていたことがよく分かります。
余談ですが、洗浄時に使用する機械の電源や水はご家庭のものを使用させていただきます。
熊取町の屋根を吹き付けで下塗りします
高圧洗浄で屋根の汚れなどを落としてからしっかりと乾燥させて塗装の工程に入ります。

屋根や外壁の塗装では、基本的に3工程行います。
まずは下塗りです。今回は吹き付けで塗装します。
下塗りは、簡単にいうと塗装面を整える作業のことです。
熊取町の補修した屋根も塗装します
先ほどもお伝えしたように、塗膜が劣化したスレートは水分を吸い込んでしまいますので、その上に直接上塗りの塗料を塗ると、表面を塗膜で覆えないため、吸い込みを止める下塗り材を塗布してから中塗り・上塗りします。
また、下塗りは上塗り塗料をしっかりと密着させる働きもあります。補修した部分も色合わせで塗装するので塗料がうまく密着するように下塗りします。
屋根に使用するタスペーサー
屋根にタスペーサー挿入
続いて屋根の縁切りを行います。
スレート屋根はもともとスレート同士の間に隙間があるのですが、塗り替え時に上から塗料を塗ると、その隙間が埋まってしまいます。そうすると毛細管現象を引き起こして雨水が吸い上げられ、屋根内部に浸入して雨漏りすることがあります。また、スレートの隙間が塗料で塞がっていますので、吸い上げられた雨水が溜まり、湿気の影響も受けてしまいます。
塗料で塞がれた箇所に隙間を開ける作業のことを「縁切り」といい、あらかじめ縁切りする部材を「タスペーサー」といいます。タスペーサーをスレートの隙間に差し込んでから塗装すると、塗料で塞がれることはありません。
熊取町の屋根の中塗りの工程です
続いて中塗りを行います。
中塗りと上塗り塗料は基本的に同じ塗料を使用しますので、中塗りも上塗りと同じです。したがって、「下塗り」「上塗り1回目」「上塗り2回目」と表すこともあります。
1回塗っただけでは必ずむらができますので、きれいに仕上げるためにも2回に塗り分けることが必須です。
熊取町の屋根の補修箇所も色が揃います
今回補修した部分も同じ色で塗装しますので、新旧の差がなく仕上がります。
屋根の色は週種類からお選びいただくことができますが、黒や茶色など濃い色で塗装すると重厚感が出て無難です。
もともとのスレートの色が濃い色で、その上に白などの明るい色で塗装すると、塗膜が剥がれてきた時に下の色がでて美観性を損なってしまいますので、そのあたりも踏まえて色を選定しましょう。
熊取町の屋根の中塗り乾燥後に上塗りします
中塗りをしっかりと乾燥させてから上塗りします。
中塗りと上塗りに分けて、塗膜を二重にすることで強度が上がり、耐久性のある塗膜に仕上がります。
熊取町の屋根塗装完了です
屋根塗装完了です。
先ほどもお伝えしましたが、屋根塗装は美観性を高めるだけでなく屋根を長持ちさせるための工事です。屋根は高い位置にありますので、なかなか劣化の度合いに気づきにくいので、心配な方は街の屋根やさん岸和田店にご相談ください。

この工事の現場ブログ

熊取町の外壁塗装

2019/11/26/ 熊取町の付帯部の塗装でベランダの手すりに錆止めを塗布して塗装

熊取町の付帯部の塗装です。付帯部とは建物の屋根と外壁以外の部分のことです。例を挙げると、雨樋、軒天井、雨戸や戸袋、破風板、鼻隠し、水切りなどがあります。屋根や外壁の塗装時には足場を建てることがほとんどですので、その時にこういった付帯部も一緒...........

熊取町の外壁のひび割れ補修

2019/11/23/ 熊取町のモルタル外壁に発生した雨漏りの原因になるひび割を補修

熊取町のI様より台風被害のご相談があり、現地調査を行い、打ち合わせの結果、屋根の修理と屋根塗装、外壁塗装とベランダ防水を行うことになりました。台風被害は屋根のスレートと野地板が飛散し雨漏りしたことです。先に屋根を修理し、塗装の工程に入りまし...........

熊取町の屋根に構造用合板を張って屋根を復旧

2019/11/21/ 熊取町の台風で屋根の一部が飛ばされ雨漏りした屋根の復旧工事

熊取町のスレート屋根の一部修理です。スレートとは厚みが5mm程度の薄い屋根材のことです。2018年9月に発生した台風21号の強風で屋根のスレートと一緒に下地の野地板も飛散してしまいました。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消

岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消
岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消
工事内容
屋根補修工事
雨樋交換
雨漏り修理
使用素材
メニ―ウェルテラス ポリカ屋根
築年数
築35年
建坪
約30坪
保証
工事費用
約33万円(税込・建具調整費含む)
施工事例

岸和田市極楽寺町でカビ除去もした外壁と屋根塗装

岸和田市極楽寺町のカビ除去もした外壁と屋根塗装 現況
岸和田市極楽寺町でカビ除去もした外壁と屋根塗装
工事内容
屋根補修工事
外壁塗装
屋根塗装
その他塗装
使用素材
屋根・・当社推奨遮熱塗料(2液シリコン)外壁・当社推奨シリコン塗料
築年数
25年
建坪
30坪
保証
10年(耐久年数13年)
工事費用
約110万円(税込)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

泉佐野市の棟包みを撤去して板金で包みます

泉佐野市の屋根修理のご紹介です。T様邸は台風で棟包みが飛散し、隙間が空いてしまいました。ご相談があった住宅には現在お住いされておらず、物置として使用しているので、簡単な修理ができたら、とのご希望です。

泉南市のO様邸の釉薬瓦の搬入

泉南市の降り棟の修復工事です。台風で大屋根(一番高い屋根)の降り棟の瓦が崩れて地面に落下してしまいました。棟とは屋根の頂点の水平部分のことです。対して降り棟は、軒先方向に斜めに降りている棟を指します。どちらも屋根同士の取り合いになるので、雨...........

泉南市の瓦が割れています

泉南市の台風被害に遭った屋根修理で、割れた瓦の差し替えや飛散しやすい袖瓦の固定の様子をご紹介します。T様邸は台風の強風で降り棟(軒先方向に降りる棟)の一部が崩れて飛散し、地瓦(屋根面の瓦)が数枚割れてしまいました。崩れた降り棟を修復し、台風...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747