オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

貝塚市の雨漏り修理で屋根の腰上げ部にガルバリウム鋼板を取付け


貝塚市の雨漏り修理です。縁側の天井から雨漏りが発生し、以前修理した後に止まっていたのですが、先日の横風を伴う雨が降った時に一カ所からまた雨漏りしたとのご相談で雨漏り調査を行いました。S様邸は縁側とお部屋との屋根に段差があり、その部分に青海瓦を葺いて腰上げの形状になっています。調査の時に小屋裏を確認すると、ちょうど腰上げ部の辺りに雨漏りの形跡がありました。屋根を確認すると、瓦の割れやズレ等、雨漏りの原因になり得そうな箇所が見受けられなかったですし、縁側の手前の和室(棟方向)に雨漏りしていなかったので、強風を伴う雨で腰上げ部に直接雨水があたって内部に浸入したとの見解で、腰上げ部にガルバリウム鋼板を取り付けてカバーすることになりました。
貝塚市の屋根の腰上げ部の下あたりで雨漏り発生
雨漏りしているのは写真正面の掃き出し窓の向こうの縁側です。
縁側の上の屋根と、お部屋側の屋根(大屋根)が二つに分かれており、その取り合い部に青海瓦(波をかたどった半楕円形の瓦部)を積んで腰上げの形状になっています。小屋裏を確認すると、腰上げ部付近が濡れており、その上方向(雨水が流れてくる方向)には雨漏りの形跡が無かったので、強風を伴う雨が直接腰上げ部にあたり、内部に浸入して雨漏りしたという見解です。
貝塚市の天井板が濡れています
雨漏りの状況です。
縁側の天井から雨水が浸入し、軒先側の欄間を伝い、床まで達していました。雨漏りしているのはここだけでなく、約1mほど離れた箇所でも発生している状態です。
9723ab84483854c252f1f8dd528cf6e5-columns2
小屋裏の状況です。
屋根の軒先側、ちょうど腰上げ部分付近が濡れていました。
この下に縁側の天井があります。
上から雨水が伝ってきた形跡がないことから、腰上げ付近から雨水が入ったことが分かります。
貝塚市の腰上げ部に板金を取付けます
腰上げ部に雨水が吹き込んだ時に内部に入らないように、ガルバリウム鋼板という錆に強い板金を上から取付けてカバーします。腰上げの端から端まで板金を取付けるとなるとその分費用がかさんでしまいますので、今回は雨漏りに関係している範囲をカバーすることになりました。部分的な修理ですので、見た目が気になる可能性がありますので、ご了承いただきました。この部分は庭に面していて外部から見えないのでこの方法をとることになりました。
貝塚市の雨漏り修理で使用するガルバリウム鋼板を加工しました
事前の調査で腰上げ部の寸法を確認し、ガルバリウム鋼板を形状に合わせて加工しました。
ガルバリウム鋼板は軽量で錆びにくく、耐久性のある鋼板で、屋根や外壁の仕上げとしても使用されています。
貝塚市で使用する鋼板を荷揚げして作業します
ガルバリウム鋼板等、修理で使用する道具や材料などを屋根の上に荷揚げして作業を始めます。
この日は屋根職人二人で作業しました。
貝塚市の屋根の腰上げ部に二つ並べて取付けます
加工したガルバリウム鋼板2枚を並べて取付けます。
貝塚市の腰上げ部の上の瓦の間に差し込みます
事前の調査で腰上げの寸法や形状を確認してガルバリウム鋼板を加工していますので、ピッタリと収まります。
大屋根(一番高い屋根)の軒先瓦と腰上げ部の四角いのし瓦との間にガルバリウム鋼板を差し込んで固定します。
貝塚市の板金をシーリングで繋いで固定します
二つのガルバリウム鋼板との継ぎ目にシーリングを充填して繋いで固定します。
貝塚市のシーリングをヘラで押さえて充填します
二つのガルバリウム鋼板をシーリングで繋いだ後、上にもシーリングを充填し、しっかりと防水します。シーリングを隙間なく充填させるため、ヘラで押さえて仕上げます。
貝塚市の地瓦の山の部分で固定します
風が吹いた時にバタ付かないように、下の屋根面の地瓦の一番高い部分(山状の部分)の、ガルバリウム鋼板と接する部分にシーリングを充填して固定します。
貝塚市のシーリング充填状況!
このように、下の屋根面の瓦とガルバリウム鋼板が接する部分すべてにシーリングを充填して固定していきます。
貝塚市の板金と接する面で固定
大屋根の軒先瓦とガルバリウム鋼板が接する部分にもシーリングを充填して固定します。
端から端までガルバリウム鋼板を瓦の隙間に差し込んでいますので、動きにくいですが、強風が吹いた時の対策で、シーリングを用いて補強しました。
貝塚市のシーリング充填状況
大屋根の軒先瓦と板金が接する部分すべてにシーリングを充填して固定しました。
これで腰上げ部分の上下で固定されたので安心です。
貝塚市の隅棟との取り合いにもシーリング充填
腰上げ部と隅棟(屋根の隅で斜めに施工された棟)との取り合いにもシーリングを充填しました。
隙間にシーリングを充填することで取付けたガルバリム鋼板と腰上げ部の間に風が吹き込むのを防止できます。(隙間に風が吹き込むとガルバリウム鋼板がバタついて飛散しやすくなります)
貝塚市の腰上げの板金の端はシーリングを充填しやすいようカットしました
隅棟と反対側の端にもシーリングを充填してできるだけ隙間を塞いで固定します。
シーリングが充填しやすくなるように、腰上げ部の形状に合わせてガルバリウム鋼板をカットしました。
貝塚市の腰上げ部に取り付けた板金固定完了
ガルバリウム鋼板の端をカットし、シーリングを充填して固定しました。これで、横方向から風が吹いてもガルバリウム鋼板の内側に風が吹き込む量が少なくなりました。
貝塚市の雨漏り箇所以上の範囲をカバーできました
ガルバリウム鋼板の取付完了です。
2枚の鋼板を繋げて固定し、雨漏り箇所以上の範囲をカバーしました。
貝塚市の雨漏り修理完了
雨漏り修理箇所を遠くから見た様子です。写真の左奥の腰上げ部にガルバリウム鋼板が取り付けられているのが見えています。立派な屋根ですので、このように部分的に処置する時には修理後の外観も気になるところです。幸い、雨漏りしていた箇所はお庭側で、外部からは見えませんのでこの方法で処置させていただきました。
腰上げ部から雨水が入らないように処置する場合、今回のように表面を保護するか瓦を解体して積み直さないといけません。瓦を積みなすとなると、想像以上に費用が掛かってしまいますので、予算を踏まえて修理方法を検討しましょう。

街の屋根やさん岸和田店は、雨漏りの現地調査や修理などのご相談を承っております。お困りの方はお気軽にご相談ください。

この工事の現場ブログ

貝塚市の縁側の天井に雨漏り発生

2020/05/15/ 貝塚市の縁側の雨漏りで屋根の腰上げ部から雨水が浸入した疑い!

貝塚市の雨漏りの現地調査です。以前も縁側の天井から雨漏りし、修理後に止まっていたのですが、先日の強風を伴う雨降りの日に一カ所からまた雨漏りしてきた、とのご相談です。S様邸は平屋建てで、土葺きの立派な瓦屋根です。

貝塚市の屋根の腰上げ部の下あたりで雨漏り発生

2020/05/16/ 貝塚市の雨漏り修理で屋根の腰上げ部にガルバリウム鋼板を取付け

貝塚市の雨漏り修理です。縁側の天井から雨漏りが発生し、以前修理した後に止まっていたのですが、先日の横風を伴う雨が降った時に一カ所からまた雨漏りしたとのご相談で雨漏り調査を行いました。S様邸は縁側とお部屋との屋根に段差があり、その部分に青海瓦...........

同じ工事を行った施工事例

施工事例

泉佐野市のスレート屋根とモルタル外壁を既存と同じ雰囲気で塗り替え

泉佐野市の厚型スレートの屋根です
泉佐野市のタスペーサーを入れた厚型スレート屋根の塗装 お客様の声
工事内容
屋根補修工事
外壁塗装
屋根塗装
台風
使用素材
日本ペイント・サーモアイSi 
築年数
約20年
建坪
約40坪
保証
工事費用
約150万円(足場代含む)
施工事例

忠岡町の屋根修理で落ちた瓦を修復し漆喰も詰め直しました

忠岡町の台風被害に遭った降り棟
忠岡町の降り棟修理後の様子
工事内容
屋根補修工事
火災保険
台風
使用素材
いぶし瓦・漆喰・ポリカーボネート波板他
築年数
築約45年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
約80万円(税込み)足場代、カーポート・テラス波板張替え及び塗装費用含む
施工事例

熊取町の雨漏り修理で棟板金やパラペットの笠木を交換しました

熊取町の棟板金が飛散
熊取町の棟板金交換完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
雨漏り修理
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板・杉貫板・シーリング他
築年数
築約64年
建坪
約30坪
保証
1年
工事費用
約30万円(税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

貝塚市の軒天井のケイ酸カルシウム板を張替え塗装した各所修理工事

貝塚市の軒天井破損
貝塚市の修理した軒天井と破風板
工事内容
破風板・軒天部分補修
雨樋交換
その他塗装
足場
火災保険
台風
使用素材
ケイ酸カルシウム板、塗料、塩ビ雨樋、ガルバリウム鋼板、化粧合板など
築年数
約35年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
約180万円(税込み・足場代含む)
施工事例

貝塚市の雨漏りしていたベランダにFRP防水を施工しドレンも調整

貝塚市のベランダの下端から雨漏りしています
貝塚市のベランダのFRP防水完了
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
FRP防水材
築年数
約15年
建坪
約20坪
保証
3年
工事費用
約21.5万円(税込み)床補強・ドレン調整費用含む

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

和泉市の崩れた棟を修復します

和泉市の屋根修理です。台風で棟の瓦が飛散し、下にある地瓦が割れていまいました。玄関の天井で雨漏りが発生している状態です。この記事では崩れた棟の修復の様子をご紹介します。Y様邸は土葺きの瓦屋根です。棟を一度解体し、積み直す工事は費用がかさんで...........

和泉市の屋根の現地調査

和泉市の台風被害に遭った屋根の現地調査です。玄関の天井に雨漏りが発生していました。Y様邸は平屋建てで土葺きの瓦屋根です。棟の瓦(屋根の頂点の水平部)が強風で飛散し、屋根面に落下したことで地瓦(屋根面の瓦)が割れて雨漏りしていました。台風後に...........

熊取町の軒先から順に瓦を葺きます

熊取町の雨漏り修理です。台風の影響で屋根の瓦がズレたり、漆喰が剥がれるなどの被害に遭いました。H様邸は長屋で、お隣の建物と繋がっている形状で、屋根の取り合い部には谷樋を設けています。その谷樋が劣化し、錆びついて穴があいている状態でした。また...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747