岸和田市の陸屋根をウレタン防水し、水をしっかりと弾く屋根になりました!


岸和田市の洗面所の湿気が多くクロスが剥がれています!
岸和田市の陸屋根防水のご紹介です。
N様邸の洗面所やお風呂場は湿気が多く、洗面所の天井や壁のクロスが剥がれてきていました。この水回りがある箇所は鉄骨造りで増築されており、陸屋根が防水されていないことから、雨水などがコンクリートに染み込んで湿気が多くなっている状態でした。
今回、お風呂を入れ替えて洗面所の内装も一新するので、また同じことにならないように陸屋根をウレタン防水することになりました。
岸和田市の陸屋根を奥まで防水できません!
こちらがその陸屋根です
陸屋根の上に本宅側の瓦屋根の軒先がかぶさるような形状になっているので、陸屋根全体を防水できませんでした。(陸屋根と瓦屋根の間の隙間が狭くて中に入れない為)
屋根を解体せずに防水する方法を考え、手が届く範囲で防水し、手が届かない部分の手前にアルミで雨除けの壁を設置して、そこまでを防水することになりました。
岸和田市の陸屋根にプライマー塗布完了
前回までに陸屋根の下地調整と雨除けの壁の設置までをご紹介しました。
写真は陸屋根にプライマーという接着剤の役割がある塗料を塗布した様子です。プライマーを塗ると、この上に流し込むウレタン樹脂がしっかりと密着します。
岸和田市の陸屋根にアルミで壁を設置します!
アルミで雨除けの壁を設置している様子です。
陸屋根側から瓦の軒先部分に向かって手を伸ばしてできるだけ奥まで防水します。(きちんと作業できる範囲で)
陸屋根との取り合いにはコーキングを充填してしっかりと防水しました。
岸和田市の陸屋根にウレタン樹脂を塗布します!
今回は、いよいよ防水層を形成する工程をご紹介します。
プライマーをムラなく塗布した後、ウレタン樹脂という液体状の防水材を塗布していきます。
ウレタン防水は、安価で耐久性が高く、段差がある部分や複雑な形状などの様々な場所で使用できるので、多く採用されている防水工事です。ウレタン樹脂で防水層をつくり雨水の浸入を防ぎます。
写真はウレタン樹脂一回目を塗布している様子です。

岸和田市の陸屋根にウレタン防水二回目を塗布
一回目を塗布し、乾いてから二回目を塗布します。
ウレタン樹脂はただ塗り重ねればいいと言う訳ではなく、できるだけ均等になるように塗布しなければいけません。
二回塗り重ねることで、厚みのある防水層をつくることができます。
陸屋根の側面もきちんと防水
ウレタン樹脂を一回塗りで済ませようとすると必ずムラができますし、既定の厚みを保てませんので、健全な防水層をつくることができません。そうなると、劣化の時期も早くなってしまいます。
岸和田市の陸屋根をトップコートで仕上げます!
ウレタン樹脂を二回に分けて塗布した後、しっかりと乾燥させてからトップコート(防水保護層)を塗って仕上げます。
ウレタン樹脂は紫外線に弱いので、紫外線が直接当たらないようにしないといけません。ですので、表面に必ずトップコートを塗布して防水層を守ります。
岸和田市の陸屋根全体にトップコート塗布します
トップコートを陸屋根全体に塗布します。
先ほどもお伝えしましたが、トップコートは下にある防水層を守る役割があります。ですので、トップコートが劣化して割れや剥離などの症状が現れると、紫外線や熱の影響などで防水層の劣化を進めてしまいます。

岸和田市の陸屋根のウレタン防水完了
今後は定期的にトップコートの塗り替えを行うとメンテナンスの費用が抑えられます。
防水工事を行って10年以上が経過している場合は今回のように防水工事が必要となる場合が多いです。(防水層が傷んでいる可能性があるため)
岸和田市の陸屋根の雨除けの壁も防水
雨除けのために設置したアルミの壁にも屋根と一体になるようにウレタン樹脂を塗布して防水したので、陸屋根との取り合い部分の防水面でも安心です。
岸和田市の陸屋根/水をしっかりと弾いています!
工事が完了したので仮撤去していた雨樋を復旧しました。
雨が降った時に確認しましたが、雨水をしっかりと弾いていました。
トップコートはあくまでも防水層を守る保護層ですので、防水のためのものものではありません。
トップコートが傷んでも下の防水層が無事なら直接雨漏りに繋がりませんが、防水層の劣化を早める原因となりますので、早め早めの塗り替えをお勧めします。

ベランダや屋根の劣化がどれくらい進んでいるか分からない・・・。という方がいらっしゃいましたらお気軽にご相談くださいね。
街の屋根やさん岸和田店:0120-169-747まで。


同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市上松町のアーバントーンが映える外壁塗装 

岸和田市上松町のアーバントーンが映える外壁塗装の現況
岸和田市上松町のアーバントーンが映える外壁塗装
工事内容
雨樋交換
防水工事
外壁塗装
部分塗装
使用素材
シリコン樹脂系塗料、一部多彩模様アクリルシリコン塗材
築年数
築35年
建坪
約65坪
保証
工事費用
約150万円(税込)
施工事例

岸和田市真上町の屋根塗装と外壁防水もした外壁塗装

岸和田市真上町の屋根塗装と外壁防水もした外壁塗装
岸和田市真上町の屋根塗装と外壁防水もした外壁塗装
工事内容
防水工事
外壁塗装
屋根塗装
部分塗装
使用素材
屋根・・当社推奨遮熱塗料 外壁・・当社推奨シリコン塗料
築年数
25年
建坪
33坪
保証
10年(耐久年数13年)
工事費用
約180万円(税込、クロス貼替含む)
施工事例

岸和田市春木本町のしっかりとひび補修もした外壁塗装

岸和田市春木本町のしっかりとひび補修もした外壁塗装
岸和田市春木本町のひび補修と外壁塗装
工事内容
漆喰詰め直し
雨漏り修理
防水工事
外壁塗装
部分塗装
使用素材
当社推奨セラミックシリコン
築年数
30年
建坪
35坪
保証
10年(耐久年数13年)
工事費用
約130万円(税込)

同じ地域の施工事例

施工事例

岸和田市のカラー鋼板屋根を金属屋根・ガルバリウム鋼板に葺き替え

岸和田市西之内町の錆びた屋根のカラー鋼板
岸和田市西之内町のガルバリウム鋼板の屋根に葺き替え
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
築50年
建坪
保証
工事費用
約23万円(税込)
施工事例

岸和田市加守町の蘇ったスレート板葺きの屋根塗装 

岸和田市加守町の蘇ったスレート板葺きの屋根塗装 現況
岸和田市加守町の蘇ったスレート板葺きの屋根塗装
工事内容
屋根塗装
使用素材
遮熱材入屋根専用塗材
築年数
約15年
建坪
40坪
保証
工事費用
約35万円(足場含まず)
施工事例

岸和田市下池田町/和室の天井に雨漏り発生!ベランダのコーキング打替修理

岸和田市下池田町のベランダシーリング現況
岸和田市下池田町のベランダコーキング打ち替え
工事内容
雨漏り修理
使用素材
コーキング材
築年数
建坪
保証
工事費用
約3.9万円(税込)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

貝塚市のベランダをきれいに清掃します

貝塚市のベランダ防水工事のご紹介です。T様邸は玄関の天井と1階の洋室の天井に雨漏りが発生しました。前回、玄関側の雨漏り修理で壁際水切りの取付などをお伝えしたので、今回は洋室の雨漏り修理でベランダの防水です。ベランダは外部にありますので、防水...........

貝塚市の雨漏りの現地調査

貝塚市で玄関先の天井と玄関ホール、1階の洋室の天井に雨漏りが発生したとのご相談で現地調査にお伺いしました。

泉大津市の屋根の縁切りを行います!

泉大津市の塗装改修工事の中の屋根の縁切り作業と外壁材の固定の様子をご紹介します。