オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

熊取町の棟板金やケラバ水切り、化粧スレートの復旧工事を行いました


熊取町のK様より、台風で屋根の板金と屋根材が剥がれて雨漏りしたんです、とのご相談があり現地調査にお伺いし、風雨災害に伴う各所修復工事を行いました。K様邸の屋根は化粧スレートで、棟の板金とケラバ付近のスレートが飛散していました。
熊取町の屋根に防水シートを差し込んで木材で押さえています
屋根の被害状況です。
ケラバ付近の化粧スレート(平らに形成された屋根材)がまとめて飛散し、水切りも一部飛散していました。
ケラバとは、屋根の雨樋が付いていない三角になった部分のことで、そこから雨水が内部に浸入するのを防ぐために水切り板金を取付けています。
熊取町の棟の板金も飛散し養生されています
棟の板金も飛散し、防水シートを張って応急処置されていました。
棟とは屋根面と屋根面とが合流する頂点部分のことで、雨水が入らないように板金を取付けているのですが、その板金が強風の影響で一部飛散していました。
熊取町で部分足場を建てました
作業用に部分足場を建てさせていただきました。
足場があると、はしごもしっかりと固定できて安全に工事ができます。
熊取町のケラバ水切りを取付けました
屋根の修理状況です。

まずはケラバ水切りを取付けました。
ケラバ水切りは、屋根の下地の野地板の小口から雨水が浸入するのを防ぐ役割があります。水切りがないと、野地板の小口がむき出しになり、雨水に晒されて腐食して屋根の耐久性にも影響を及ぼす可能性があります。
熊取町の屋根の軒先から順にスレートを釘留め
続いて飛散したスレートの復旧を行いました。

スレートは平型の薄い屋根材で、1枚1枚釘留めして葺いています。軒先側から順に重ね代をとって張り上げていくのですが、その重ね代部分に釘が隠れる仕組みなっています。
熊取町のスレートを釘留めできない箇所はシーリングで固定
屋根の葺き替えや新築の時は軒先から順に葺くことができますが、部分的な差し替えの場合、既存の屋根材との取り合い部分には釘が打てません。(釘の上に屋根材を被せるため)ですので、釘留めできない部分はシーリングを充填して固定する方法をとります。
熊取町のスレート復旧完了
飛散した部分に新しいスレートを用いて復旧しました。
既存のスレートが経年で表面の塗膜が劣化して色褪せているので新旧の差が出てしまいます。見た目が気になる・・・という方は、色合わせで塗装することも可能ですので、お声かけください。
熊取町の棟に新しい貫板を取付けます
続いて、飛散した棟板金の復旧を行いました。

応急処置で使用されていた防水シートを剥がすと、板金の下地の「貫板」と呼ばれる長い板が傷んでいたので新しい貫板に交換しました。
貫板の上に板金を打ち付けて固定しますので、貫板が劣化している状態だと釘がしっかりと効かないのでまた同じように飛散する可能性があります。
熊取町の板金と屋根材との取り合いにシーリング充填
貫板の上には板金を取付けますが、板金と屋根材との取り合いの隙間から雨水が入ることがあります。
水の浸入は、貫板の腐食につながりますので、先に取り合い部にシーリングを充填して防水しました。
熊取町の板金をビスで固定し継ぎ目にシーリング充填
続いて板金を被せて取付けました。

板金は板金の横方向からしっかりとビス留めします。
数枚の板金を繋げて施工しますので、板金同士の継ぎ目から雨水が浸入するのを防ぐために重なり代にシーリングを充填しました。
熊取町の板金の上からもシーリング充填
板金を繋げて固定した後、継ぎ目の上にもシーリングを充填して防水しました。
内側と外側の両方にシーリングを充填したので二重の防水となります。
熊取町の棟板金のビス留め箇所にもシーリング充填
板金を固定したビス頭にもシーリングを充填して防水しました。
このシーリングはビス頭からの雨水の浸入を防ぐほか、ビスの緩みも防ぐことができます。
この作業は、屋根に残った棟板金にも施しました。
熊取町の棟板金復旧完了
棟板金の復旧完了です。

棟板金は屋根面よりも少し立ち上がっているだけですが、風の影響を受けやすい部分です。板金を固定している釘の緩みや下地の貫板の腐食が原因です。
台風の後や強風のあとに屋根を見上げて異変を感じることがありましたら、まずは業者に見てもらいましょう。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

泉佐野市のスレート屋根とモルタル外壁を既存と同じ雰囲気で塗り替え

泉佐野市の厚型スレートの屋根です
泉佐野市のタスペーサーを入れた厚型スレート屋根の塗装 お客様の声
工事内容
屋根補修工事
外壁塗装
屋根塗装
台風
使用素材
日本ペイント・サーモアイSi 
築年数
約20年
建坪
約40坪
保証
工事費用
約150万円(足場代含む)
施工事例

忠岡町の屋根修理で落ちた瓦を修復し漆喰も詰め直しました

忠岡町の台風被害に遭った降り棟
忠岡町の降り棟修理後の様子
工事内容
屋根補修工事
火災保険
台風
使用素材
いぶし瓦・漆喰・ポリカーボネート波板他
築年数
築約45年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
約80万円(税込み)足場代、カーポート・テラス波板張替え及び塗装費用含む
施工事例

熊取町の雨漏り修理で棟板金やパラペットの笠木を交換しました

熊取町の棟板金が飛散
熊取町の棟板金交換完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
雨漏り修理
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板・杉貫板・シーリング他
築年数
築約64年
建坪
約30坪
保証
1年
工事費用
約30万円(税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

熊取町の雨漏り修理で棟板金やパラペットの笠木を交換しました

熊取町の棟板金が飛散
熊取町の棟板金交換完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
雨漏り修理
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板・杉貫板・シーリング他
築年数
築約64年
建坪
約30坪
保証
1年
工事費用
約30万円(税込み)
施工事例

熊取町の台風で剥がれたカラーベストを差替えひび割れも補修

熊取町の剥がれたカラーベスト屋根
熊取町の剥がれたカラーベストの貼り替え
工事内容
屋根補修工事
火災保険
台風
使用素材
カラーベスト・シーリング
築年数
約18年
建坪
約18坪
保証
2年
工事費用
約23.5万円(税込み・足場代・ひび割れ補修費用含む)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

和泉市の崩れた棟を修復します

和泉市の屋根修理です。台風で棟の瓦が飛散し、下にある地瓦が割れていまいました。玄関の天井で雨漏りが発生している状態です。この記事では崩れた棟の修復の様子をご紹介します。Y様邸は土葺きの瓦屋根です。棟を一度解体し、積み直す工事は費用がかさんで...........

和泉市の屋根の現地調査

和泉市の台風被害に遭った屋根の現地調査です。玄関の天井に雨漏りが発生していました。Y様邸は平屋建てで土葺きの瓦屋根です。棟の瓦(屋根の頂点の水平部)が強風で飛散し、屋根面に落下したことで地瓦(屋根面の瓦)が割れて雨漏りしていました。台風後に...........

熊取町の軒先から順に瓦を葺きます

熊取町の雨漏り修理です。台風の影響で屋根の瓦がズレたり、漆喰が剥がれるなどの被害に遭いました。H様邸は長屋で、お隣の建物と繋がっている形状で、屋根の取り合い部には谷樋を設けています。その谷樋が劣化し、錆びついて穴があいている状態でした。また...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747