熊取町で屋根の板金やカラーベストが飛散し見積りの調査に伺いました


熊取町で「台風で屋根材と板金が剥がれて、雨漏りしてるんです」とご相談があり現地調査にお伺いしました。
熊取町で屋根材が剥がれたとのご相談
K様邸の屋根はカラーベストです。
カラーベストとは、平型に形成された薄い屋根材のことで、「スレート」「コロニアル」とも呼ばれます。
軽量で施工もしやすく、意匠性もありますので多く使われている屋根材です。

下から見ると、軒先付近の屋根材がめくれて板金も飛散しているのが分かりました。
熊取町の和室の天井に雨漏りしています
雨漏りしているお部屋に案内していただき、確認しました。
2階の和室の天井に雨漏りしており、屋根の被害箇所を応急処置してからは止まっているとのことでした。

雨漏りしている場合、まずは雨漏り箇所を確認させていただきます。
雨漏りしている位置を確認したほうが、雨漏りの原因を見つけやすいですし、ある程度の目安が付けられるからです。
熊取町の屋根材が飛散

続いて屋根を調査しました。
軒先部分の屋根材が剥がれて、ケラバ水切りも飛散していました。
ケラバ水切りとは、屋根の雨樋が付いていない三角になった面に施工する板金のことで、屋根材の内側に水が入るのを防ぐ金物です。
熊取町の屋根に防水シートを差し込んで木材で押さえています

軒先付近の屋根材が剥がれたので、応急処置されていました。
防水シートを並べて敷き、木材を打ち付けて固定する方法です。
カラーベストの屋根は、屋根材の下に防水シートを敷いていますので、防水シートが破損していなければ雨漏りすることはありません。ですが、屋根材がめくれ上がった時に防水シートも一緒に剥がれることがありますので、その場合は応急処置しておくと安心です。
熊取町の棟の板金も飛散し養生されています
棟の板金も飛散していました。
棟とは屋根と屋根とが合流する頂点部分で、必ず隙間ができます。その隙間から雨水が入らないように板金を被せたり、瓦を積み上げているのです。
棟の板金が飛散したので、ここにも防水シートを敷いて釘留めして処置されていました。
これだけきちんと養生していると修理工事までの期間も安心です。
熊取町の屋根が塗装の時期にきています
台風での被害は以上でしたが、屋根の塗膜が剥がれて苔が生えるなど、そろそろ屋根の塗り替えの時期にきていました。
カラーベストは表面を塗装していますが、経年で塗膜が剥がれて薄くなってきます。そうなると屋根材が雨水を弾かず吸い込んでしまうようになり、乾いたり濡れたりを繰り返すうちに屋根材が反り返ってきてしまいます。それらの劣化症状を抑えるためにも定期的な塗り替えが必要になります。
修理のご提案をして、後日工事を行うことになりました。

街の屋根やさん岸和田店は、板金の交換や割れたカラーベストの張り替えなどの工事も承っておりますのでご検討されている方はお気軽にご相談ください。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消

岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消
岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消
工事内容
屋根補修工事
雨樋交換
雨漏り修理
使用素材
メニ―ウェルテラス ポリカ屋根
築年数
築35年
建坪
約30坪
保証
工事費用
約33万円(税込・建具調整費含む)
施工事例

岸和田市極楽寺町でカビ除去もした外壁と屋根塗装

岸和田市極楽寺町のカビ除去もした外壁と屋根塗装 現況
岸和田市極楽寺町でカビ除去もした外壁と屋根塗装
工事内容
屋根補修工事
外壁塗装
屋根塗装
その他塗装
使用素材
屋根・・当社推奨遮熱塗料(2液シリコン)外壁・当社推奨シリコン塗料
築年数
25年
建坪
30坪
保証
10年(耐久年数13年)
工事費用
約110万円(税込)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

忠岡町の棟板金の飛散などのご紹介

忠岡町A様邸の風雨災害の現地調査です。「台風21号で屋根のトタンが剥がれた」とご相談をいただきました。A様邸はカラーベストの屋根です。カラーベストは平型に形成された薄い屋根材のことで「化粧スレート」「コロニアル」とも呼ばれています。

泉佐野市の下屋はひどい状態です

泉佐野市の下屋の修理工事のご紹介です。T様邸は台風21号で、お隣の家の瓦が飛んできて被害に遭いました。大屋根(一番高い屋根)にも被害はありましたが、高さが低い下屋(1階の屋根)は飛んできた瓦がぶつかってたくさん割れている状態でした。

泉佐野市の屋根にお隣さんの瓦が飛散しています

泉佐野市の台風被害に遭った屋根の修理のご紹介です。T様邸の屋根はシルバーの釉薬瓦です。台風21号でお隣さんの家の屋根瓦が飛んできて、ご自宅の瓦が割れる被害に遭いました。