泉佐野市で強風でケラバ水切りが飛散し雨樋に穴が開いていました


泉佐野市のM様より「台風で屋根とかカーポート、雨樋に被害があったんですが、まだ誰にも見てもらってないんです」とのご相談があり、現地調査にお伺いしました。
泉佐野市の台風被害の調査にお伺いしました
M様邸は2階建てで「化粧スレート」という平らな屋根材を使用した屋根です。
一見、どこにも被害がなさそうに感じましたが、よく見ると屋根で使用している板金が剥がれていたり、雨樋が破損しているなど、下から見ても確認できました。
泉佐野市の水切り板金が浮いています
まずは下から見える範囲で確認しました。
屋根の三角になった部分に何か乗っているように見えますが、これは屋根で使用している水切り板金がめくれている様子です。(下の記事で上から見た様子をご紹介します)
泉佐野市の軒樋が割れて穴が開いています
軒樋(横方向の樋)が強風で押されて変形し、割れて穴が開いていました。
雨樋に穴が開くと、屋根から流れてきた雨水がきちんと排出されず、この穴からバシャバシャと大量に雨水が落下してしまいます。雨水が地面に直接たたきつけると跳ね返りの水や音で不快な思いをするばかりか、建物の劣化を進めることにもなりますので放置せず修理しましょう。
泉佐野市の軒樋が垂れ下がっています
こちらの軒樋は破損はしていませんでしたが、樋の角度が狂っています。軒樋は受け金具という金物で樋を受けて固定されていますが、強風で樋が押されて金具が変形し、地面の方向へお辞儀していました。こうなると、雨の量が多い日は、雨水が樋からあふれて滝のように流れてしまいます。
泉佐野市の樋が外れています
1階の竪樋(縦方向の樋)に説zくされている呼び樋の継ぎ目が外れていました。
雨水が通る水路に穴が開いているようなものですので、やはり雨水が漏れて、普段はあたらない部分に直接雨水があたって外装材の劣化を加速させてしまいます。
泉佐野市の接続部分の屋根が一部飛んでいます
M様邸のカーポートは変則的で、スペースに合わせて作った別注品です。二つのカーポートの間に発生する隙間を埋めるために、三角の形状の屋根があったのですが、その屋根が枠ごと飛ばされてしまい、雨水が入ってきてお困りでした。
泉佐野市のケラバ水切りが剥がれています
続いて屋根の上に上がって調査しました。
先ほどお伝えした板金が剥がれている箇所を上から見た様子です。
ケラバと言う、屋根の端の三角になった部分に取り付けられている「ケラバ水切り」が強風に煽られて剥がれていました。(水切りとは、雨水が内部に浸入するのを防ぐ部材のことです)
泉佐野市のケラバ水切りが飛散しています
他のケラバ水切りも確認すると、一部が完全に飛散している箇所もありました。
水切りは釘留めされていますが、長い年月の間に風に叩かれたり、地震の揺れだったり外気の影響で少しづつ抜けてきてしまいます。釘が緩んでいるところに強い台風の風にさらされて飛散してしまったのでしょう。
泉佐野市の水切りが変形しています
こちらの水切りは飛散はしてませんでしたが、変形していました。
ケラバ水切りが無くなると、屋根の端が露になり、そこから雨水が浸入して下地の野地板が腐食する原因になってしまいます。野地板の腐食が進行すると、野地板に釘留めされているスレートも飛散しやすくなってしまいます。
泉佐野市のスレートが割れています
屋根全体を確認すると、スレートがひび割れている箇所もいくつかありました。割れている部分を確認すると、まだ新しい割れだったので、台風の強風の影響で割れた可能性もあります。
スレートは表面の塗膜が剥がれてくると雨水を吸収します。濡れたり乾いたりを繰り返す過程の収縮の力でスレートが割れることもあります。どちらにしても、割れたまま放置せず、コーキングを充填して応急処置するか、差し替えなどを視野に入れた方がいいでしょう。

M様邸の修理のご提案は、飛散した水切りの復旧と、抜けかかってきている釘の打ち直し、割れたスレートをコーキングで処置する内容です。飛散したカーポートの修理もご提案させていただきました。

同じ地域の施工事例

施工事例

泉佐野市俵屋の屋根塗装で耐久性のある屋根になりました!

泉佐野市俵屋で遮熱塗料での屋根塗装着工
泉佐野市俵屋で屋根の上塗り塗装に入りました!
工事内容
屋根塗装
使用素材
シリコン樹脂系塗料
築年数
築16年
建坪
35坪
保証
工事費用
約42万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

貝塚市の棟板金が飛散しています

貝塚市M様邸の台風被害に遭った屋根の修理です。M様邸はカラーベストという平らな屋根材を葺いた屋根で、台風時の強風で棟に施工している板金がほとんど飛ばされてしまいました。また、カラーベストとその下にある防水シートも一部剥がれてしまい、ブルーシ...........

貝塚市の棟板金とカラーベストのご相談

貝塚市のM様より「台風で屋根に被害があり、何とか自分でブルーシートをかけたんですが、そのシートも剥がれてきて3か月くらい経つんです」とのご相談をいただき現地調査にお伺いしました。

泉大津市の棟板金が飛散したとのご相談です

泉大津市U様邸の屋根の現地調査です。「台風で棟の板金が2カ所飛んでしまったんです。火災保険には加入していますが、20万円以上の工事じゃないとおりないので、無理なら自費でお支払いします」とのご相談でした。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747