オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

泉南市の強風で瓦がめくれた屋根の修理で瓦をラバーロックしました


泉南市の台風被害に遭った瓦屋根の修理です。台風の強風で土葺きの瓦がめくれ上がり、ズレも生じていました。瓦がめくれた部分に葺き土を足して復旧し、全体的にズレも直しました。土葺きの屋根は粘り気のある土を下地にして瓦を密着させて固定していますので、土が痩せているところに瓦を戻しても固定できず、また飛散する可能性があります。瓦を安定させて固定するために既存の葺き土を削ったり、足したりしながら調整して作業します。今後の台風や地震に備えて、棟や袖瓦などの被害に遭いやすい部分にシーリングを充填して補強させていただきました。
和泉市で足場を設置しました
F様邸は土葺きの瓦屋根の建物の化粧スレート葺きの建物があります。台風被害に遭ったのは瓦屋根の方ですが、この工事でスレート屋根の塗装や両方の建物の外壁も塗装しますので、全面に足場を設置しました。
台風被害に遭った屋根の修理だけなら被害箇所周辺の部分足場で作業可能ですが、屋根や外壁も塗装しますので、全周に足場が必要です。
和泉市の瓦がめくれています
台風被害に遭った屋根の様子です。
土葺きの瓦屋根が台風の強風に煽られて、瓦がめくれ上がってしまいました。
屋根の上に散乱した瓦で、使用できるものは再利用して復旧します。
和泉市の瓦がズレています
瓦がズレている箇所もありました。
この他にも瓦がズレている箇所がありましたので、ズレを戻してシーリングを充填して補強させていただきます。
和泉市でめくれた瓦を戻して固定
瓦がめくれた部分に新しい葺き土を足して瓦を固定・復旧しました。全体的にズレも戻したので、瓦が規律正しく整っています。上記でご説明しましたが、土葺きの屋根は、下地の葺き土が乾燥して痩せてくると瓦がズレたり動きやすくなってしまいます。瓦がズレて隙間があくと、そこから雨水が浸入して雨漏りしたり、隙間に強風が吹き込むと瓦が飛散する被害に遭ってしまいます。そういった被害から屋根を守るためにも定期的な点検・メンテナンスが必要です。
和泉市の瓦をパッキン付きの長いビスで固定
近年、勢力の強い大型の台風が頻繁に上陸します。今後の台風での被害をできるだけ少なくするために、被害に遭いやすい棟や袖瓦を補強することになりました。
写真は瓦補強用の長いビスです。袖瓦(屋根の流れ面の一番端)は風や地震の影響を受けやすく、落下しやすいので瓦補強用のビスで1枚1枚固定させていただきます。
和泉市の袖瓦に穴を開けました
袖瓦の補強の様子です。
瓦の下にある木部に向かってビス留めしますので、その位置に合わせて瓦に穴を開けました。
和泉市の袖瓦を木下地にしっかりと締め付けます
瓦補強用の長いビスで、木下地に向かってしっかりと締め付けて固定していきます。
瓦がビス留めされていますので、強風や地震の揺れを受けてもバラバラに飛散する可能性が少なくなります。
瓦補強用のビスは、ビス頭にパッキンが付いていますので、取り合いから雨水が浸入するのを防ぐとこができます。
和泉市の袖瓦をシーリングを充填して瓦同士を繋げました
袖瓦をビスで固定してから、瓦の取り合いにシーリングを充填して繋いで補強させていただきました。
土葺きの屋根は下地の土が乾燥して痩せてくると、瓦が飛散しやすくなってしまうため、このようにシーリングで瓦同士を繋いで固定し、災害に備える方が増えています。この工法のことを「ラバーロック」と言います。
和泉市の棟もシーリングで固定
棟は、屋根の頂点の水平部分のとこで、陶器瓦の場合、瓦を積み上げて雨仕舞(雨水が内部に浸入しないようにすること)しています。瓦を上に高く積み上げていますので、風や揺れの影響をまともに受け、被害に遭いやすい箇所です。今後の自然災害に備えて、棟部分にもシーリングを充填してラバーロックしました。
和泉市の鬼瓦もシーリングで固定
鬼瓦の取り合いの漆喰が剥がれている箇所は詰め直し、剥がれていない箇所にはシーリングを充填して繋いで補強させていただきました。
透明のシーリングですので、目立たずきれいに補強できます。
和泉市の面戸漆喰を詰めました
棟の下の瓦同士の隙間を埋めている面戸漆喰も一部剥がれていたので詰め直しました。
漆喰は瓦の隙間を埋めるだけでなく、瓦を固定したり防水する役割がありますので、ポロポロと剥がれてくることがありましたら放置せず詰め直しましょう。
和泉市の天窓の上に漆喰を詰めました
M様邸は屋根に開口を開けて天窓を設置されています。
天窓は明かり取りや通気性を確保するために有効ですが、屋根に開口を開けて取付けていますので、きちんと雨仕舞しないと雨漏りしてしまいます。
F様邸の天窓の上にある瓦の取り合いに詰められた漆喰が剥がれていたのできちんと詰め直しました。
瓦がいつ落ちてくるか心配だったので、きちんと修理できてようやく安心しました。

M様のお力になれて良かったです。次はベランダ防水の様子をご紹介します。


同じ工事を行った施工事例

施工事例

和泉市のガレージの割れた波型スレート(大波)を部分的に交換!

和泉市のガレージの屋根破損状況
和泉市のガレージの屋根修理完了
工事内容
屋根補修工事
台風
倉庫
使用素材
波型スレート(大波)・傘釘・角棟役物
築年数
約25年
建坪
約10坪
保証
2年
工事費用
約6万円
施工事例

和泉市の台風被害に遭った瓦屋根を修理して自然災害に備えました

和泉市の台風被害に遭った屋根
和泉市の台風被害に遭った屋根の修理完了
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
葺き土・釉薬瓦・銅線・シーリング・漆喰
築年数
約32年
建坪
約16坪
保証
2年
工事費用
約56万円(税込・足場代含む)
施工事例

阪南市の屋根のスレートが強風で飛ばされ修理工事を行いました!

阪南市の強風で剥がれたスレート
阪南市の強風で剥がれたスレートを差替え
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ケイミュー株式会社/化粧スレート・コーキング
築年数
約13年
建坪
約40坪
保証
2年
工事費用
約3.5万円(税込)

同じ地域の施工事例

施工事例

和泉市のガレージの割れた波型スレート(大波)を部分的に交換!

和泉市のガレージの屋根破損状況
和泉市のガレージの屋根修理完了
工事内容
屋根補修工事
台風
倉庫
使用素材
波型スレート(大波)・傘釘・角棟役物
築年数
約25年
建坪
約10坪
保証
2年
工事費用
約6万円
施工事例

和泉市の台風被害に遭った瓦屋根を修理して自然災害に備えました

和泉市の台風被害に遭った屋根
和泉市の台風被害に遭った屋根の修理完了
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
葺き土・釉薬瓦・銅線・シーリング・漆喰
築年数
約32年
建坪
約16坪
保証
2年
工事費用
約56万円(税込・足場代含む)
施工事例

泉南市でベランダの立ち上がりを含めてウレタン防水を施工!

泉南市のベランダを防水します
泉南市のベランダ防水完了
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
ウレタン樹脂塗膜防水材・下地調整材(カチオンクリート)・トップコート
築年数
約25年
建坪
約9坪
保証
2年
工事費用
約19.8万円(税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

貝塚市の屋根の瓦が軒先方向にズレています

貝塚市にお住まいの方で雨が降ると天井裏から「ポタポタ」という雨音が聞こえてきて心配されている方はいますか?貝塚市にお住いのF様より「雨が降ると、天井裏からポタン・ポタンという雨の音が聞こえてくるんです」というご相談をいただいたので早速雨漏り...........

熊取町・パネルが飛ばされる理由は

熊取町の皆さまこんにちは!ベランダに設置している屋根のパネルや波板が飛ばされてお困りの方はいませんか?「強風が吹くたびに毎回飛ばされるのでどうにかしてほしい!」というご相談をよくいただきます。この記事では、熊取町にお住いのN様よりご相談をい...........

土葺きの屋根

和泉市の皆さまこんにちは!前回の現場ブログで和泉市K様邸の台風の被害を受けたモニエル瓦葺きの屋根の修理をお伝えしました。引き続き、下屋(1階の屋根)の修理の様子をご紹介したいと思います!

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747