貝塚市の片流れの金属屋根で棟板金と貫板が飛散し交換しました!


貝塚市で台風の強風で棟の板金が飛散し、現地調査をして復旧工事を行いました。
貝塚市の棟板金が飛散し貫板が腐食
H様邸の屋根は片流れ(一方向だけに勾配がある屋根)の金属屋根で、大屋根と下屋がそれぞれ段違いで形成されており、両方とも棟の板金が一部飛散してしまいました。
棟板金とは屋根の頂部にある水平部分の仕上げの板金ことで、雨水が浸入するのを防ぐ役割があります。
棟板金は下地の長い木材(貫板)に釘留めされていますが、経年で下地が腐食してくると板金を留めている釘が効かなくなり、ズレたり飛散することがあります。
H様邸は写真で見て分かるように下地の貫板が腐食して板金が飛散していました。
貝塚市の屋根の貫板を交換
貫板の腐食が進んでいたので、交換することになりました。
屋根に残っている既存の棟板金をすべてめくって、新しい貫板を取付けました。
貝塚市の貫板をビス留めしました
貫板はしっかりとビス留めしました。
貝塚市の棟の側面にも下地を張りました
方流れの屋根の棟は、貫板と破風板との隙間から浸入する雨も防がないといけないので、加工したL字型の板金を取付ける必要があります。ですので、側面にも板金を取付けるための下地の板を張りました。
貝塚市の棟板金復旧完了
仮撤去していた既存の板金を復旧し、飛散した部分には新しい板金を取付けました。
貝塚市の下屋の板金も復旧します!
下屋の棟板金も一部飛散していたので新しい板金で復旧します。
貝塚市の下屋の板金をしっかりとビス留めしました
加工した板金をビスでしっかりと固定しました。
棟は屋根の高い位置にあり、日々、風や地震などの影響を受けて過酷な環境下に置かれています。
また、棟板金は施工した当初は釘留めされていることがほとんどですので、風に吹かれたり揺れたりしているうちに少しずつ釘が抜けてきてしまいます。そうなると、少しの風でもズレたり飛散したりすることがありますので、屋根の点検時には必ずチェックする箇所です。
貝塚市の外壁の取り合い部分が浮いています
下屋と外壁の取り合い部分の棟板金が浮いてめくれかかっていました。
壁際は雨水が入りやすいので、きちんと雨仕舞しないといけません。変形した板金は使用せず、新しい板金で復旧します。
貝塚市の壁際の板金をめくりました
浮き上がっていた板金を撤去しました。
下地の貫板はまだ使えそうだったので、板金のみを交換します。
貝塚市の壁との取り合いはコーキングで防水
新しい板金を取付けて、壁際や水切りとの取り合い部をコーキングで防水しました。

片流れの屋根はデザイン性があり、工夫次第で建築費用も少なく抑えられるなどメリットもありますが、雨漏りの事例も多くございます。板金のズレや浮きなど、何か気になることがございましたらお気軽にご相談くださいね。


この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

和泉市の住宅で一部足場を建てました

和泉市で台風被害で屋根のドーマー部分の棟板金やカラーベストが飛散し、修復工事を行いました。台風直後に業者に見てもらったそうですが、工事費用が予想以上に高く、別の業者に見てもらおうと、街の屋根やさん岸和田店にご相談いただきました。

泉大津市の屋根材がめくれています

泉大津市の台風被害に遭った住宅の屋根修復工事のご紹介です。化粧スレート(平型の薄い屋根材)の屋根で、台風の強風でスレートが数枚めくれて棟の板金も飛散していました。

阪南市で棟板金などのご相談で現地調査

阪南市にお住いのO様より「台風で屋根の棟板金が飛ばされたんです」とのご相談があり、現地調査を行い棟板金復旧工事を行いました。