泉大津市のカラーベスト屋根とサイディング外壁の塗装の現地調査


泉大津市のK様より「屋根と外壁の塗装を検討してるので調査してお見積りをいただけますか?」とのご相談があり現地調査にお伺いしました。
泉大津市の屋根・外壁塗装などの現地調査
K様邸の屋根はカラーベストで、外壁はサイデイング張りです。
屋根・外壁ともに塗膜が劣化して剥がれてくる「チョーキング」をおこしており、塗り替えの時期にきていました。
屋根や外壁は年中外気に晒されていますので、その影響から守るために塗装を施しています。その塗膜が傷んでくると建物自体の防水性能が低下する原因になりますので定期的な塗り替えが必要になります。
今回は塗装の現地調査の様子をご紹介します。
泉大津市の屋根が全体的に色褪せています
まずは屋根の調査を行いました。

K様邸の屋根はカラーベストという軽量で薄い屋根材です。(化粧スレート、コロニアルとも言います)
カラーベストはもともと表面が塗装加工されていますが、雨や紫外線などの影響で塗膜が劣化して剥がれてきます。そうなると、カラーベストが雨水を吸い込んでしまうようになり、雨が降ると水を含んだ状態になり、天気のいい日にその水分が乾燥します。
泉大津市の屋根に苔が発生
濡れたり乾いたりする過程を何度も繰り返すと、その時の収縮の力でカラーベストが反ってきます。さらに劣化が進むと、ひび割れが発生します。
カラーベストは1枚ずつ釘留めされていますので、釘留めしている部分は押さえようとする、カラーベストは反ろうとするので、釘留めしている部分から割れてしまいます。そうなる前に表面を塗料でコーティングしてあげると、雨水を弾くようになり、カラーベストの劣化を遅らせることができるのです。
K様邸のカラーベストは反ってきてはいませんでしたが、塗膜が剥がれて色褪せ、苔も生えており、そろそろ塗り替えの時期にきていました。
ちなみに反ってくると、カラーベスト同士に隙間が空きますので、強風が吹くと剥がれやすくなるなどのリスクが高くなってしまいます。
泉大津市の板金の釘の緩み
カラーベストの屋根には棟などの仕舞で板金を取付けています。(棟とは屋根の三角に尖った部分のことです)
板金は釘留めされていますが経年で緩んで抜けてくることがあります。板金を固定している釘ですので、それが緩むと風の影響で板金が飛散する原因になりますので、屋根に上がったら必ずチェックする部分です。
泉大津市の雨樋が色褪せています
塗装工事では雨樋や雨戸などの付属部分も塗装します。
塩ビ製の雨樋は紫外線にあたると硬化してきます。そうすると物がぶつかったり、強風などで樋が破損しやすくなります。表面を塗膜でコーティングしてあげると、直接紫外線にあたるのを防げますので、塗装でメンテナンスするといいでしょう。
泉大津市の外壁のチョーキング
続いて外壁の調査を行いました。

K様邸の外壁はサイデイング(建物の外壁に張るパネル状の仕上げ材)で、表面を手で触るとチョーキングを起こしていました。
チョーキングとは劣化した塗膜が粉状になり、剥がれてきている状態のことで、手で触ると粉状になった塗料が付きます。チョーキングは塗膜の劣化のサインですので、塗り替えの時期のおおよその目安にもなります。
泉大津市の外壁のシーリングの剥離
サイディングの外壁は、必ずパネルの継ぎ目ができます。その継ぎ目がそのままだと美観性が損なわれますし、雨水の浸入を許してしまいます。ですので、継ぎ目部分にはシーリングという弾性の防水材を充填して防水しています。
シーリングは永久的ではなく、紫外線などの影響で劣化してきます。その劣化の症状で分かりやすいのがひび割れや剥離です。写真のように断面からシーリングが剥離するのはプライマー(接着剤のようなもの)の塗りムラなどの施工不良か、シーリングが硬化する時に剥離した可能性があります。
泉大津市のシーリングが割れています
施工当初は弾力があるシーリングですが、紫外線などの影響で次第に硬化していきます。そうなると、写真のように割れてしまいます。
シーリングが割れるとそこから雨水が浸入し、外壁の内側に水が廻って劣化を進めたり、雨漏りの原因になることがあります。
泉大津市の窓周りのシーリングが傷んでいます
外壁の継ぎ目の他にも窓周りや庇周りなどにもシーリングを充填して防水しています。
窓周りのシーリングが傷んでくると、窓と外壁の取り合いの隙間から雨水が浸入して雨漏りしてしまいます。
こういったシーリング塗装前にすべて打ち替えます。
泉大津市のサイクルポートは撤去します
塗装の他に、外部のサイクルポートの撤去のご相談もありま
した。
台風で屋根の平板が飛散し、もう必要ないとのことで撤去をご希望です。

泉大津市のウッドデッキも解体
庭に面した掃き出し窓の前にあるウッドデッキの撤去もご希望でした。
古くなり、シロアリがついたら心配だということです。
泉大津市の枕木の撤去をご希望
庭に敷いている枕木の撤去もご希望されていました。
枕木とは電車のレールの下を支える木材のことで、枕木を使用してお庭を彩られていましたが、やはりシロアリのことが心配なのでこの機会に撤去したいとのことです。

塗り替え工事は建物の防水性能を確保するために必要不可欠です。もしご検討されている方がおられましたらご相談ください。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市上松町のアーバントーンが映える外壁塗装 

岸和田市上松町のアーバントーンが映える外壁塗装の現況
岸和田市上松町のアーバントーンが映える外壁塗装
工事内容
雨樋交換
防水工事
外壁塗装
部分塗装
使用素材
シリコン樹脂系塗料、一部多彩模様アクリルシリコン塗材
築年数
築35年
建坪
約65坪
保証
工事費用
約150万円(税込)
施工事例

岸和田市真上町の屋根塗装と外壁防水もした外壁塗装

岸和田市真上町の屋根塗装と外壁防水もした外壁塗装
岸和田市真上町の屋根塗装と外壁防水もした外壁塗装
工事内容
防水工事
外壁塗装
屋根塗装
部分塗装
使用素材
屋根・・当社推奨遮熱塗料 外壁・・当社推奨シリコン塗料
築年数
25年
建坪
33坪
保証
10年(耐久年数13年)
工事費用
約180万円(税込、クロス貼替含む)
施工事例

岸和田市春木本町のしっかりとひび補修もした外壁塗装

岸和田市春木本町のしっかりとひび補修もした外壁塗装
岸和田市春木本町のひび補修と外壁塗装
工事内容
漆喰詰め直し
雨漏り修理
防水工事
外壁塗装
部分塗装
使用素材
当社推奨セラミックシリコン
築年数
30年
建坪
35坪
保証
10年(耐久年数13年)
工事費用
約130万円(税込)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

岸和田市のクラックにエポキシ樹脂モルタルを充填

岸和田市T様邸の耐震工事に伴う屋根葺き替えや外壁塗装などの工事で今回は外壁の塗装の様子をご紹介します。土葺きの重い屋根を化粧スレートに葺き替え、外壁の劣化事象(ひび割れなど)を補修し、塗装に至ります。

岸和田市の屋根葺き替えの調査

岸和田市にお住いのT様邸で耐震工事に伴う屋根葺き替えや外壁塗装などを行うことになりました。今回は外部の調査の様子をご紹介します。

和泉市の色褪せた外壁を塗装します

和泉市の外壁塗装のご紹介です。U様には、台風で屋根に被害がないか確認してほしい、とのご相談でお声をかけていただきました。その時に、建ててから一度も外装の塗り替えを行っていないので、屋根や外壁の塗り替えも考えてるんです、とご検討されていました...........