オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

和泉市の台風被害に遭った瓦屋根をブルーシートで応急処置!


和泉市の住宅で、台風被害に遭った屋根の現地調査と応急処置を行いました。
こちらは貸家で、家主さんから「台風で瓦が落ちて雨漏りしてるみたいなので点検して応急処置してもらえませんか?」とご相談をいただきました。
和泉市の屋根の調査と応急処置
ご相談があった貸家は、2階建てで土葺きの瓦屋根です。台風で瓦が飛散したり、割れている箇所がいくつかありました。被害箇所は広範囲ですが集中していたの大きなブルーシートをかけて養生(応急処置)させていただきました。また、軒先瓦がほとんど飛ばされていたので、透湿防水シートを瓦の間に挟んで固定して処置しました。
この記事では被害状況と応急処置の様子をご紹介します。
和泉市の屋根の瓦の割れや飛散が目立ちます
屋根に上がると、地瓦の割れや飛散が目立っていました。
地瓦とは屋根面の瓦のことです。真ん中がくぼんでいる形状で、屋根に落ちてきた雨水がそこを通って軒樋に流れていきます。雨水が通る面ですので瓦が割れると雨水が流れ込んで雨漏りする危険性があります。
和泉市の屋根の瓦が割れて隙間があいています
地瓦の割れの状況です。
台風の強風で何かが飛んできたのか、割れて粉々になり大きく隙間があいていました。
この状況では雨水が大量に浸入して下地の葺き土も流れている可能性があります。
和泉市の屋根瓦が割れた箇所が多数あります
飛散した瓦が散乱し、このように割れている箇所か多数ありました。
被害箇所が点在している場合は、応急処置の際に部分的に処置しますが、この住宅は広範囲ですが被害が集中していたので大きなブルーシートと土のうで対応させていただくことになりました。
和泉市の軒先の瓦がほとんど飛散
屋根の片面の軒先瓦がほとんど飛ばされていました。
軒先瓦は屋根の一番下の瓦のことで、瓦の先が丸い饅頭のような形状になっていることから、万十軒瓦(まんじゅうのきかわら)とも呼ばれています。
よく見ると、屋根面の上に飛散した軒先瓦が残っていますので、台風時に下からの吹き上げの強い風が吹いた可能性があります。軒先瓦は屋根の一番先にありますので、吹き上げの風が吹くと持ち上げられることがあります。
和泉市の屋根の漆喰が剥がれています
棟の漆喰も雨風の影響でほとんど剥がれていました。
黄色い矢印部に漆喰が詰められていましたが、剥がれて隙間があいている状態です。
漆喰は瓦に隙間を埋めて雨水の親友を抑えるとともに瓦を固定する役割もあります。今後のためにも修理の際には漆喰の詰め直し作業が必要です。
和泉市の屋根をシートと土のうで養生します
屋根の被害状況を確認し、写真に撮影したので、応急処置を行いました。
1人が屋根の上に登り、もう1人が下で待機します。屋根の上からロープを下ろして、下で土のう袋を縛り、屋根の上から引っ張り上げます。屋根の上で、更に軒先で足場が不安定な中、重い土のうを上げる作業は危険が伴います。ご自身で応急処置せず必ず業者に依頼しましょう。
和泉市の屋根の被害が集中している箇所を養生しました
ブルーシートを広げて土のう袋をのせて押さえました。
ブルーシートや土のう袋は紫外線などの影響で傷んで破損してきますので、工事までに期間があく場合は養生のし直しも行いました。
和泉市の軒先は防水シートを敷きました
軒先をブルーシートで覆うと風の影響を受けてばたつくため、厚みが薄い透湿防水シートを用いて処置しました。
瓦の下に防水シートを差し込んで、軒先側は防水テープを貼って固定しました。
「屋根をきちんと応急処置してもらったので工事までの期間安心して待つことができました」
台風後はご相談が殺到し、お伺いしてから工事に至るまでにお日にちをいただいておりましたが、無事工事を終えることができました。次は修理の様子をご紹介します。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市で台風で雨漏りが発生した瓦屋根を修理して補強しました

岸和田市の屋根修理前
岸和田市の屋根修理後
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
台風
使用素材
釉薬瓦、南蛮漆喰・葺き土、シーリング他
築年数
約38年
建坪
約19坪
保証
2年(雨漏りにおいて)
工事費用
約64万円(税込み)
施工事例

泉南市の台風被害の屋根修理で足場を建てて棟を修復しました

泉南市の台風で崩れた降り棟
泉南市の降り棟修復状況
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
漆喰取り直し
台風
使用素材
オレンジ釉薬瓦・葺き土・銅線・漆喰他
築年数
約43年
建坪
約25坪
保証
2年
工事費用
約41万円(税込み・足場代含む)
施工事例

岸和田市の雨漏りの原因は棟!水が廻っていた降り棟を葺き直しました

岸和田市の降り棟の下のお部屋で雨漏りしています
降り棟の積み直し完了
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
雨漏り修理
台風
使用素材
葺き土・銅線・南蛮漆喰・シーリング他
築年数
約28年
建坪
約25坪
保証
2年(雨漏りにおいて)
工事費用
約31万円(税込み・下屋水切り取付費用含まず)

同じ地域の施工事例

施工事例

和泉市の貫板が腐食し棟板金が剥がれた事例!釘の緩みは要注意!

和泉市の棟板金飛散状況
和泉市の棟板金交換完了
工事内容
棟板金交換
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板、杉貫板
築年数
約15年
建坪
約35坪
保証
1年
工事費用
約33万円(税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

熊取町の倉庫の屋根のご相談です

熊取町の倉庫のオーナー様より倉庫の屋根のご相談があり現地調査にお伺いしました。築20年以上が経過した鉄骨造亜鉛メッキ鋼鈑葺きの2階建ての倉庫で、台風で屋根の板金が剥がれ、借主の方から困っているとのご報告があったそうです。

泉佐野市で足場を設置

泉佐野市で台風被害に遭った屋根の修理を行いました。I様邸は木造2階建ての住宅で、屋根にはセメント瓦を葺いています。屋根面に桟を打ち付けて、そこに瓦をビス留めして葺く工法になります。2年前の台風で袖瓦(屋根の流れの一番端に葺く瓦)と棟巴(棟の...........

泉佐野市の台風被害のご相談

泉佐野市にお住いのI様より「2年前の台風で屋根に被害があり、雨漏りしてないんですが、状況を見て修理してほしいんです」とのご相談をいただき現地調査にお伺いしました。台風の後に、近所に来ていた業者に依頼して応急処置をしてもらい、修理の見積もりを...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747