オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

外壁塗装に含まれる「付帯部分の塗装」は本当に必要?岸和田市の事例


岸和田市Y様邸の外壁塗装
岸和田市Y様邸の外壁塗装が完了したので
付帯部分の塗装を行いました。

築26年が経過し、今までに外壁を一度塗り替えられていて、今回で2回目のメンテナンスになります。

◆◇◆ Y様邸の情報 ◆◇◆
■ 築26年
■ 鉄骨造・3階建て
■ スレート葺きの屋根
■ ALC外壁

岸和田市で付帯部を塗装します
●●●● 付帯部分とは? ●●●●

「付帯部分」とは、屋根や外壁以外で塗装が必要な部分のことを指します。

主に「破風板」「鼻隠し」 「軒天」「雨戸」「雨樋」などがあります。
また、「換気フード」「エアコンの配管カバー」「ポスト」も付帯部分に含まれます。

それではなぜ付帯部分を塗装しないといけないのでしょうか。


●●●● どうして付帯部分は塗装しないといけないの? ●●●●

■ 美観性を向上させるため

■ 塗装により劣化を遅らせるため

*****************************************

外壁塗装のお見積書をお預けする際には、
必ず付帯部分の塗装の項目を記載させていただいております。

外壁がきれいになった時に雨戸などの付帯部分が古いままだと、そこだけが目立ち美観性を損ねてしまうからです。
また、木部や鉄部は塗装により劣化を遅らせていますので、外壁と同時にメンテナンスしておくと長持ちします。

⚠ 付帯部分の塗装を省くとその分費用が抑えられますが、せっかく塗装したのに全体的に古い印象を与えてしまったり、木部や鉄部が腐食して耐久性を低下させてしまいますので、外壁を塗装する時には付帯部分の塗装をお勧めしています。


付帯部分の塗装の様子

岸和田市の軒天を塗装しました

それでは、Y様邸の付帯部分の塗装の様子を
ご紹介していきます。

■軒天塗装の様子

軒天は外壁よりも突き出た屋根の裏面のことです。
軒天は湿気の影響でカビが生えたり、雨染みが付きやすい部分ですので、塗膜で覆って保護し、美観性と耐久性を維持しないといけません。

岸和田市の破風板を塗装します
■ 破風板の塗装

破風板(はふいた)は切妻屋根の三角になった端の面に取り付ける板のことで、風や雨水が屋根の中に吹き込むのを防ぐ役割があります。また、吹き上げの風を受けた時に、風を分散させて屋根への被害を抑える役割も担っています。

破風板の素材は様々ですが、外気の影響で劣化しやすい部分ですので、板が腐食したり剥がれたり美観性を損ねることが無いように塗装でメンテナンスします。
岸和田市の内樋・鼻隠し・幕板
■ 鼻隠しの塗装

鼻隠し(はなかくし)とは、屋根の軒先の先端部分に取り付ける板のことで、屋根の垂木の鼻先を隠し、雨水の影響から守る役割があります。また、雨樋を取付ける下地板にもなっています。

鼻隠しは軒先の先端にあり、雨水が集まる部分ですので傷みやすく、塗装が必要な部分です。

Y様邸は「内樋」と呼ばれる雨樋でですので、樋や鼻隠しが表から見えない形状です。
全く見えないので美観性は考慮しなくてもいいのですが、鼻隠しの表面の塗膜が剥がれてきていますので劣化を遅らせるためにも塗装します。


岸和田市の幕板を塗装します
■ 幕板の塗装

幕板とは建物において施工される横長の板の総称のことです。
Y様邸は内樋で、表から見えない形状になっています。樋の表面に取り付けている幕板も汚れが目立ってきていたので塗装しました。

Y様邸は3階建てで下から屋根がほとんど見えませんが、この大きな幕板が古いままだととても目立ちます。塗装により美しくなったので外壁によく馴染みました。


岸和田市の雨樋はミルキーホワイトで塗装
■ 雨樋の塗装

雨樋は屋根の軒先や外壁の端に取り付けられていて普段はあまり気にすることがないかもしれませんが、外壁が塗装できれいになった時、古い樋が悪目立ちしてしまいます。

また、塩ビ製の樋は紫外線に直接あたると劣化が進みますので、塗膜で覆って保護してあげると長持ちします。
岸和田市の配管類も塗装完了
■ 配管類の塗装

外壁には配管やガス管、エアコンの配管カバーなどが取り付けられています。
Y様邸は2階にキッチンなどの水回りがあり、3階にもトイレがあるため外壁に排水管を通しています。
配管も塩ビ製なので塗膜で覆って保護しました。

外壁に取り付けられている配管類は外壁と同じ色で塗装して馴染ませることもあります。
岸和田市のベランダの下端は外壁の中塗りの色で仕上げます

■ ベランダの下端の塗装

Y様邸は2階と3階それぞれにベランダがあり、外壁よりも突き出る形状になっています。そのため、見上げるとベランダの下端がよく見える状態です。

ベランダの壁はもちろん、下端もきれいに塗装しました。
色は外壁塗装の中塗りと同じ色で仕上げています。

岸和田市のベランダのトップコート

■ ベランダのトップコート塗装

ベランダは外部と面している為、必ず防水が施されています。防水が傷むと下に雨漏りしてしまうので、定期的なメンテナンスが必要です。

Y様邸のベランダの防水はまだそれほど傷んでいなかったので、今回はトップコートを塗布してメンテナンスしました。
※トップコートは一番上に塗る塗料のことで、紫外線から防水層を守る保護膜になります。

岸和田市の色褪せた出窓の天板も引き締まります
■ 出窓や庇の塗装

Y様邸の出窓は窓周り以外は鉄部です。

鉄部は酸素と水に晒されると酸化して錆が発生しますので、塗膜で覆って保護されています。
塗膜が劣化すると錆が発生するため、定期的に塗り替えて錆の発生を抑えないといけません。

岸和田市の出窓の裏面もきれいな仕上がり
■ 出窓の裏面部の塗装

出窓の裏面も鉄部ですので塗装でメンテナンスしました。

出窓は外壁よりも突き出ていますので、天板よりも裏面の方が目につきます。
見上げた時に残念な気持ちにならないように、裏面も美しく仕上げています。

岸和田市のエアコンの架台も錆びついていました
■ エアコンの架台の塗装

Y様邸はエアコンの室外機を外壁に設置していて、架台が鉄製です。その架台が傷んで錆びついてきていたので、錆を抑えるためにきちんと塗装しました。

錆を放置すると穴があき、耐久性が低下してきますので、錆が発生する前に塗装して保護すると安心です。
岸和田市の雨戸もピカピカです
■ 雨戸の塗装

雨戸には「木製」「鉄製」「アルミ製」と種類があります。
雨戸の枠はアルミ製なので塗装しませんが、ルーバー部分(雨戸表面)は鉄製ですので塗装しました。

アルミ製のものは特殊な焼き付けにより塗装しているので、通常の塗膜よりも耐久性があります。また、アルミ製品に塗装をしても塗膜が剥がれやすいのであまりお勧めしていません。ですが、シャッターなど劣化が著しく美観性を損ねている場合は、以上のことをご了承いただいたうえで塗装することも可能です。
岸和田市の換気フードも塗装
■ 換気フードの塗装

換気フードも付帯部分です。
塩ビやステンレス、鉄性など素材は様々ですが、美観性と耐久性を考慮して塗装します。

特に塩ビ製の換気フードは紫外線の影響で劣化が進み、硬化して割れやすくなってしまうため、紫外線から守るためにも塗装が必要です。

岸和田市のシャッターもメンテナンス完了
■ シャッターの塗装

Y様邸は1階にガレージのシャッターが3箇所あり、少し錆びついてきていたのでシャッターボックスを含めて美しく塗装しました。

ガレージが建物から離れて設置されている場合は、塗装のご要望をいただきましたら同時に塗装させていただきます。

最後に・・・

☆ 付帯部分の塗装は外壁塗装を行うタイミングで同時に行うことがほとんどです ☆

現地調査の時に付帯部分の劣化の度合いを見て塗装が必要か判断させていただきますが、
数年後に付帯部分だけを塗装しないといけなくなるとまた足場を設置しないといけないので、
同時に塗装してメンテナンス時期を揃えておいた方がいいでしょう。

☆外壁塗装で全体的な美観を向上させて、雨漏りから守るためにも付帯部分の塗装は必須です!

外壁塗装で防水性が向上し美しい外観になりました!

before1
岸和田市の塗装前
塗装前は塗膜の劣化により全体的に色褪せて寂しい雰囲気になっていました。
horizontal
after1
岸和田市の外壁塗装完了
外壁と付帯部分を塗装して美しい外観に!
美観性はもちろん、防水性も向上しました。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市のALC外壁の塗装前に目地のシーリング工事を行いました

岸和田市の改修前の外壁の目地
岸和田市の外壁の目地改修後
工事内容
防水工事
外壁塗装
使用素材
シーリング、多彩模様塗料(下塗り・中塗り・上塗り)
築年数
築26年
建坪
保証
外壁塗装5年
工事費用
シーリング工事・・約72万円 足場費用・・約39万円 外壁塗装・・約180万円(すべて税込み)
施工事例

岸和田市で屋根を遮熱塗料で塗装し外壁を多彩模様塗料で塗装しました

岸和田市の塗装前の屋根
岸和田市の屋根塗装
工事内容
外壁塗装
屋根塗装
使用素材
屋根・・日本ペイント/サーモアイSi 外壁・・ダイフレックス/アーバントーン
築年数
約50年
建坪
約45坪
保証
外壁・・5年 屋根・・5年
工事費用
屋根・・37万円(税込み)外壁・・約170万円 足場代・・約29万円(税込み)
施工事例

岸和田市の外装リフォームで屋根を遮熱塗料で塗り替え外壁も塗装!

岸和田市の屋根塗装前
岸和田市の屋根塗装後
工事内容
外壁塗装
屋根塗装
台風
使用素材
屋根・・日本ペイントサーモアイSi 外壁・・ダイフレックス スーパーセランフレックス
築年数
約40年
建坪
約30坪
保証
5年
工事費用
屋根・・約65.5万円(税込み)外壁・・約114万円(税込み・付帯部塗装含む)足場・・22万円(税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

岸和田市のALC外壁の塗装前に目地のシーリング工事を行いました

岸和田市の改修前の外壁の目地
岸和田市の外壁の目地改修後
工事内容
防水工事
外壁塗装
使用素材
シーリング、多彩模様塗料(下塗り・中塗り・上塗り)
築年数
築26年
建坪
保証
外壁塗装5年
工事費用
シーリング工事・・約72万円 足場費用・・約39万円 外壁塗装・・約180万円(すべて税込み)
施工事例

岸和田市の台風で飛ばされたカーポートとテラスの平板の張替

岸和田市のカーポートの平板が飛散
岸和田市の飛散したカーポートの平板を復旧
工事内容
台風
使用素材
ポリカーボネート平板
築年数
約20年
建坪
約17坪
保証
1年
工事費用
約13.5万円(税込み)
施工事例

岸和田市のスレート屋根を日進産業のガイナで塗装し雨樋も調整!

岸和田市の塗装前の屋根
岸和田市の塗装後の屋根
工事内容
雨樋交換
屋根塗装
その他の工事
使用素材
ガルバリウム鋼板・日進産業・ガイナ他
築年数
約27年
建坪
約20坪
保証
5年(塗装において)
工事費用
足場・・約21万円 屋根塗装・・約72万円 雨樋調整工・・約8万円(すべて税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

和泉市の外壁を塗装します

和泉市で行った外壁塗装工事のご紹介です。前回の記事でスレート屋根の塗装の様子をご紹介しました。◆◇◆ F様邸の情報 ◆◇◆◆ 築38年◆ 木造・二階建て◆ 屋根はスレート葺き・外壁はモルタル塗装仕上げ

和泉市の屋根と外壁塗装などのご相談

和泉市のお住いのF様より「雨漏りはしていないのですが、屋根の老朽化が気になっているのでメンテナンスについて相談がしたいんです」とメールでお問い合わせをいただき、現地調査にお伺いしました。

岸和田市の目地のシーリングをヘラで押さえて仕上げました

塗装のお見積書をいただいた時に、必ず記載されているのが「高圧洗浄」の項目です。最近はよく家庭用の高圧洗浄機の紹介のコマーシャルが流れているので「あ~、あれね!」と思われる方が多いのではないでしょうか。高圧洗浄機は汚れを落とす機械ですが、それ...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747