オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

貝塚市の陸屋根のシート防水を保護するトップコート・シルバー仕上げをご紹介


貝塚市の外壁を塗装し艶のある美しい仕上がりです
貝塚市の陸屋根のメンテナンスです。
K様邸は重量鉄骨で3階のお部屋の天井や壁に雨漏りしていました。
今回の修理で、雨漏りの原因の可能性があるタイル壁の目地やサッシ回りの劣化したシーリングを打ち替えて、タイルの保護にクリヤー塗装を施しました。(※詳しい工事の内容は前回までの記事参照)
天井からの雨漏りを止めるために、陸屋根のメンテナンスも行ったので、今回はその様子をお伝えします。
貝塚市の陸屋根のトップコートがひび割れてきています!
前の記事で詳しくご紹介しましたが、K様邸の陸屋根はシート防水(屋根面に防水性のあるシートを貼り付けて防水する方法)を施しており、そのシート防水を保護するトップコートが傷んできていました。
トップコートが傷んでくると、下にあるシート防水が紫外線にあたり、劣化を加速させてしまいます。陸屋根は勾配がほとんどなく雨水が長い時間滞在するので、屋根の防水機能が低下すると雨漏りに繋がってしまう恐れがあります。ですので、トップコートの劣化が進む前に塗り替えて、下にある防水層を守りましょう。

今回はそのトップコートの塗り替えをご紹介します。
貝塚市の陸屋根のブロックの下の汚れもきれいに落とします
前回ご紹介した、陸屋根の清掃の工程です。
トップコートを塗る前に、下地となる屋根面をきれいに清掃します。ホコリや汚れが溜まったままトップコートを塗ると、屋根面と塗料の間に汚れが入り、うまく密着できずに剥がれてきてしまいますので丁寧に掃除します。
貝塚市の陸屋根のアンテナの支柱の根元にコーキング充填
屋根面を清掃した後、屋根に付帯する部分の取り合いにコーキングを充填して防水しました。
目地や取り合い部分から雨水が浸入することがよくありますので、トップコートで保護する前にコーキングでしっかりと防水しました。
貝塚市の陸屋根にシート防水保護塗料を塗布します
陸屋根面をきれいに清掃し、付帯部分の取り合い(排水口まわりなど)にコーキングを充填して防水した後、シート防水を保護する塗料(トップコート)を塗布していきます。
まずは、陸屋根のパラペット部から塗布していきます。

パラペットとは、建物の陸屋根(平らな屋根)やバルコニー、吹き抜けの廊下などの周りを取り囲むように設けられた低い壁のことです。

パラペットと屋根面との取り合いをムラなく塗るために、壁から床にかけて繋げるように塗布しています。
貝塚市のパラペット保護塗料塗布状況
パラペットの壁部分も全て塗布してしっりと保護しました。
貝塚市の陸屋根立ち上がり部保護塗料塗布状況2
部屋内から屋上へと上がる階段室の立ち上がりの壁にも塗布しました。
貝塚市の陸屋根の床にも丁寧に塗布します
続いて床(屋根面)にも丁寧に塗布します。
こちらの保護塗料は、アスファルトシート防水材、ゴム系シート防水材、砂付ルーフィング材の化粧・保護などに相性のいい防水仕上げ材です。水性で施工しやすい上に、密着力・耐久性に優れていますので、新設、メンテナンスの両方で活躍しています。
貝塚市の陸屋根に保護塗料2回目塗布
一回目が乾いてから二回目を塗布し、重ね塗りして丈夫な保護膜を形成します。
貝塚市の陸屋根に保護塗料2回目塗布・取り合いなどは刷毛でムラなく塗布します
パラペットの笠木(かさぎ・手すりなどの一番上に被せる部材)との隙間はローラーでは塗れないので、刷毛でムラなく塗布します。
貝塚市の陸屋根の床面も二度塗りして仕上げます
床面も二度塗りしています。
ローラーをゆっくりと転がして出来るだけ均等に塗っています。
貝塚市の陸屋根の床面も二度塗りして仕上げます
一回塗りでは、塗料に薄い部分ができてしまうので重ね塗りして塗り残しの無いように塗布します。
before1
貝塚市の陸屋根現況
メンテナンス前は、トップコートが劣化してひび割れたりめくれてきていました。
黒ずみや汚れも目立っていますね。
horizontal
after1
貝塚市の陸屋根トップコート完了
メンテナンス後・トップコートを塗り替えた様子です。
耐久性のある保護塗料(トップコート)を塗布したので、下にある防水層をしっかりと守ってくれます。
また、輝くシルバー色により、高級感のある上品な仕上がりになっています。
今回は、シート防水の部分がまだそれほど傷んでいなかったのでトップコートの塗り替えでメンテナンスしましたが、トップコートの劣化を長い間放置し続けるとシート防水まで傷みますので、一から防水しなくてはならず、費用がかさんでしまいますので、早め早めの点検・メンテナンスをお勧めします。

街の屋根やさん岸和田店では屋根はもちろん、屋上やバルコニーなどの点検も行っておりますので、気になる方はお気軽にご相談くださいね。

ご相談・点検・お見積りは・・・街の屋根やさん岸和田店0120-169-747まで!


同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市の雨漏り修理でベランダにウレタン防水を施工しました!

岸和田市のベランダ防水前
岸和田市のベランダ防水後
工事内容
雨漏り修理
防水工事
台風
使用素材
ウレタン防水材、カチオンクリート、プライマー、トップコート、シーリング材他
築年数
約38年
建坪
約19坪
保証
2年(雨漏りにおいて)
工事費用
約19.5万円(税込み)
施工事例

岸和田市のベランダ防水の施工事例!ひび割れも修理して防水性が向上

岸和田市の防水前のベランダ
岸和田市のベランダ防水後
工事内容
防水工事
台風
使用素材
ウレタン樹脂塗膜防水材他
築年数
約40年
建坪
約30坪
保証
3年(雨漏りにおいて)
工事費用
18.7万円(税込み)
施工事例

忠岡町のひび割れた外壁のシーリングを打ち替え屋根と外壁を塗装

忠岡町の屋根を塗装します
忠岡町の屋根塗装完了
工事内容
防水工事
外壁塗装
屋根塗装
使用素材
屋根・・日本ペイントサーモアイSi 外壁・・ラジカル制御形高耐候塗料
築年数
約20年
建坪
約17坪
保証
工事費用
約170万円(税込み・足場代・シーリング打ち替え費含む)

同じ地域の施工事例

施工事例

貝塚市の3階建ての住宅の屋根にガルバリウム鋼板の棟板金を取付

貝塚市の棟板金が飛散
貝塚市の棟板金交換完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
台風
使用素材
貫板・ガルバリウム鋼板・シーリング・ポリカ波板
築年数
築約30年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
棟板金・貫板交換工事・約58万円(税込み)足場費用含む テラス波板張替え及び樋交換工事・約12万円(税込み)
施工事例

貝塚市の軒天井のケイ酸カルシウム板を張替え塗装した各所修理工事

貝塚市の軒天井破損
貝塚市の修理した軒天井と破風板
工事内容
破風板・軒天部分補修
雨樋交換
その他塗装
足場
火災保険
台風
使用素材
ケイ酸カルシウム板、塗料、塩ビ雨樋、ガルバリウム鋼板、化粧合板など
築年数
約35年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
約180万円(税込み・足場代含む)
施工事例

貝塚市の雨漏りしていたベランダにFRP防水を施工しドレンも調整

貝塚市のベランダの下端から雨漏りしています
貝塚市のベランダのFRP防水完了
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
FRP防水材
築年数
約15年
建坪
約20坪
保証
3年
工事費用
約21.5万円(税込み)床補強・ドレン調整費用含む

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

岸和田市の色褪せた外観

岸和田市の外壁塗装に伴うシーリング打ち替え工事です。K様邸は3階建てで、この工事でスレート屋根と外壁の塗り替えを行います。外壁はサイディング張りで、全体的に色褪せている状態でした。サイディング自体の防水性も低下していますが、サイディングの継...........

岸和田市のベランダのひび割れをシーリングで防水

岸和田市のベランダのウレタン防水工事です。K様邸のベランダは立ち上がり壁や床面にひび割れが生じるなど劣化が進み、ベランダの下端の軒天井や外壁に水が廻っている形成がありました。今回の工事で台風被害に遭った屋根を修理して屋根と外壁を塗装したので...........

岸和田市のベランダの下端の軒天井に水が廻っています

岸和田市のベランダ防水の躯体補修及び下地調整です。K様より台風で屋根などに被害が遭ったとのご相談をいただき、屋根修理と外装リフォームなどを行いました。現地調査でベランダの下端の軒天井に雨水が廻って木部が傷んでいることが確認されたので、ベラン...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747