オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

泉南市の棟板金や台風で外れた庇の天板をビスで補強しました


泉南市の台風被害に遭った屋根や庇の補修工事です。T様邸はこの工事で屋根と外壁の塗装もされます。塗装する前に、建物の外装で補修が必要な箇所をきちんとメンテナンスします。屋根の各板金を固定している釘が緩んで抜けてきていたので、打ち直し、抜けにくいビスで締め付けて補強します。また、台風の強風で庇の天板が外れて動いてしまったので、こちらもビスでしっかりと固定して今後の台風などに備えました。塗装工事は建物全体の防水性を確保する工事でもありますので、それに合わせて外装の修繕もご提案させていただいております。
泉南市の化粧スレートの屋根です
泉南市の板金の釘を打ち直しビスで補強
T様邸の屋根は化粧スレート葺きです。化粧スレートは「カラーベスト」「コロニアル」とも言います。厚みが約5ミリほどの薄い屋根材を軒先から順に重ね代をとって釘留めして葺き、棟や軒先、壁際、ケラバなどの雨仕舞が必要な箇所に板金を取付けて仕上げています。(雨仕舞とは、雨水が内部に浸入しないようにすることです)

棟・・屋根の山状になった頂部
軒先・・屋根の流れの一番下
ケラバ・・屋根の雨樋が付いていない方の三角になった端部

各板金はそれぞれ釘留めされていますが、風や地震などの揺れを日々受け続けているうちに釘が緩んで抜けてきていまいます。T様邸の板金を固定している釘は緩んで抜けかかっている箇所もあり、台風で板金が飛ばされてもおかしくない状態でした。今後の台風に備えて、緩んだ釘を打ち直し、抜けにくいビスで締め付けて補強させていただきます。
泉南市の板金の釘を打ち直します
緩んだ釘を1本1本きちんと打ち直します。

塗装をしても釘のゆるみは戻らないので、必ず塗装前に各板金を確認して緩んでいる箇所があれば打ち直します。
泉南市の板金をビスで締めて補強します
近年は勢力の強い台風が頻繁に上陸することから、板金を補強するためにビスでしっかりと締め付けて固定しました。
釘を抜いてビスに交換することも可能ですが、T様邸はより耐久性を向上させるためにビスを追加する方法をとらせていただきました。
泉南市の板金をしっかりとビス留めしました
大棟(一番高い屋根の横方向の棟)の板金をビスでしっかりと固定しました。
大棟は屋根の一番高いところにありますので、最も風の影響を受けやすい箇所です。平成30年に大阪に上陸した台風でも、かなりの住宅の棟板金が飛ばされたり、ズレる被害を受けていました。
泉南市の降り棟の板金も補強します
降り棟(軒先方向に向かって降りる棟)の板金も釘を打ち直してビスで補強しました。
泉南市の壁際水切り補強状況
壁際水切りは、外壁を伝ってきた雨水が内側に浸入するのを防ぐ役割があります。こちらも同様にきちんと処置させていただきました。
屋根や外壁の塗装工事では建物の周囲に足場を設置することがほとんどです。雨樋や屋根、窓や雨戸など、足場がないと作業ができない部分の修繕を足場があるうちに済ませておくと足場の費用が抑えられます。逆に、台風で屋根に被害を受けて足場を設置して修理する際に、「足場を建てるなら」と、同時に塗装のご相談をされる方も多くおられました。
泉南市の庇の天板が動いています
台風で庇の天板が外れて動いてしまい、万力(物を挟んで仮に固定する道具)で挟んで応急処置されていました。
写真のように、いくつかの庇の天板を持ち上げるとパカパカと動いている状態です。
今後の台風のことを踏まえて、すべての庇をビスで固定して補強することになりました。
泉南市の庇の下地に接着剤を塗布しました
庇の天板を持ち上げて、木下地に接着剤を塗布し、天板をしっかりと密着させて固定します。
先に接着剤で固定していると、天板が動きにくくなります。
泉南市の庇を抜けにくいビスで庇の天板を固定
続いて抜けにくいビスで締め付けて固定しました。
庇の下地は木部ですので、天板が飛散して雨水に晒されると腐食する可能性があります。足場があるうちにすべての庇をメンテナンスしました。
泉南市の庇の天板を固定する箇所を増やします
もともとは庇の両端を釘留めされていましたが、中央部分に固定する箇所を増やし、よりしっかりと固定します。
泉南市のビス頭はシーリングで防水
庇は天を向いていますので、ビス頭から雨水が浸入しないようにシーリングを充填して防水しました。
上記でお伝えしたように、塗装工事は外装を美しく保ち、防水性を確保するための工事です。塗装するだけでは板金の釘の緩みや外壁のひび割れを補修することはできませんので、事前に処置することが大切です。街の屋根やさん岸和田店はあなたの大切な住まいを長持ちさせるために、より良いご提案をさせていただいておりますので、気になることがございましたらお気軽にご相談ください。


同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市で台風で雨漏りが発生した瓦屋根を修理して補強しました

岸和田市の屋根修理前
岸和田市の屋根修理後
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
台風
使用素材
釉薬瓦、南蛮漆喰・葺き土、シーリング他
築年数
約38年
建坪
約19坪
保証
2年(雨漏りにおいて)
工事費用
約64万円(税込み)
施工事例

泉南市の台風被害の屋根修理で足場を建てて棟を修復しました

泉南市の台風で崩れた降り棟
泉南市の降り棟修復状況
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
漆喰取り直し
台風
使用素材
オレンジ釉薬瓦・葺き土・銅線・漆喰他
築年数
約43年
建坪
約25坪
保証
2年
工事費用
約41万円(税込み・足場代含む)
施工事例

岸和田市の雨漏りの原因は棟!水が廻っていた降り棟を葺き直しました

岸和田市の降り棟の下のお部屋で雨漏りしています
降り棟の積み直し完了
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
雨漏り修理
台風
使用素材
葺き土・銅線・南蛮漆喰・シーリング他
築年数
約28年
建坪
約25坪
保証
2年(雨漏りにおいて)
工事費用
約31万円(税込み・下屋水切り取付費用含まず)

同じ地域の施工事例

施工事例

泉南市の台風被害の屋根修理で足場を建てて棟を修復しました

泉南市の台風で崩れた降り棟
泉南市の降り棟修復状況
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
漆喰取り直し
台風
使用素材
オレンジ釉薬瓦・葺き土・銅線・漆喰他
築年数
約43年
建坪
約25坪
保証
2年
工事費用
約41万円(税込み・足場代含む)
施工事例

泉南市男里の劣化した軒天井板の貼替・修理工事

泉南市男里の劣化が激しい軒天井修理工事
泉南市男里の劣化が激しい軒天井修理工事
工事内容
その他の工事
使用素材
軒裏天井用化粧合板
築年数
築35年
建坪
約32坪
保証
工事費用
約20万円(税込)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

貝塚市の1階の和室の天井に雨漏り発生

貝塚市のH様より「1階の和室の天井に雨漏りしてるんです。急だったので驚いて・・・」とのご相談をいただき、雨漏り調査を行うと、雨漏りしている和室の上にある下屋のスレートが数枚割れている状態で、雨漏りの原因の可能性があることから、シーリングで補...........

貝塚市の雨漏りの現地調査にお伺いしました

雨が降った日に、急に雨漏りが発生して慌てた経験はありまんか?天井裏で「ポタポタ」と雨音がしたり、天井に雨染みができるととても心配になるかと思います。この記事では、急な雨漏りでお困りだった貝塚市H様邸の雨漏り調査の様子をご紹介します。

岸和田市の棟板金と貫板が飛散しています

岸和田市で台風被害に遭った棟の修理工事を行いました。M様邸では以前、出窓の雨漏り修理をさせていただいたことがあり、今回は2回目のご相談になります。「前に雨漏りをきちんと止めてくれたし親切だったので、今回もお願いしようと思ったんです。やっぱり...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747