オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

熊取町の引っかけ桟瓦葺きの瓦の部分修理や銅製の雨樋の補修


熊取町の台風被害に遭った瓦屋根の修理です。F様邸は淡路瓦を使用した引っかけ桟瓦葺きの屋根で、台風の強風で飛散はしませんでしたが、飛散物がぶつかって瓦が割れる被害に遭いました。また、棟や風切丸には葺き土を使用しており、その部分に葺いている丸瓦や袖瓦が一部飛散してしまいました。この工事では割れた瓦を差替えて、ズレが生じた軒先瓦をビスで留めて補強します。強風で変形した銅製の軒樋は形を整えて、穴があいている箇所にはシーリングを充填して防水・処置しました。
熊取町の瓦が釘でしっかりと固定されています
屋根の被害状況です。屋根面に葺いている地瓦が割れている箇所がいくつもありました。

F様邸は葺き土を使用しない「引っかけ桟瓦葺き」の屋根です。

①屋根に下地(野地板)を張る
②ルーフィングという耐久性のある防水シートを敷き詰める
③ルーフィングの上から屋根面に向かって長い桟木を打ち付ける
④桟木に瓦の裏のツメを引っ掛けて釘を打って固定

瓦を1枚1枚釘留めして葺く工法ですので、地震時の大きな揺れや台風時の強風で瓦がバラバラに飛散するという危険が少なくなりました。
熊取町の屋根の瓦が飛散物により瓦が割れてしまいました
引っかけ桟瓦葺きの屋根ですので、瓦が飛散することはありませんでしたが、台風時に色んな飛散物が飛んできたことにより、それがぶつかって瓦が割れてしまいました。
葺き土を使用していないので、瓦が割れても土が流れることはありませんし、下にルーフィングという防水性の高いシートを敷いていますので、すぐに雨漏りすることはありません。ですが、瓦の内側に雨水が廻ると桟木を傷める原因になり、結果、瓦を固定している力が弱くなりますので、放置せず必ず修理しないといけません。
熊取町の屋根の丸瓦と袖瓦が飛散
引っかけ桟瓦葺きの屋根はほとんど葺き土を使用せずに屋根を葺くことができますが、棟(屋根面同士が合流する頂点部)は葺き土により瓦を接着して固定しています。F様邸は、棟と風切丸(屋根面の瓦と袖瓦との取り合いに施工する丸瓦の列)の下に葺き土を敷いて瓦を葺いていました。その丸瓦と袖瓦のが一部風で飛ばされている状態でした。
熊取町の軒先瓦がズレています
軒先瓦は割れたり飛散していませんでしたが、強風の影響で横方向にズレていました。
軒先瓦も他の瓦と同様に、1枚1枚釘留めされていますので、落下することはありませんでしたが、全体的にズレが生じたので、修理工事ではズレを戻して瓦の上からパッキン付きのビスで締め付けて補強させていただきます。
熊取町で足場を設置
屋根の修理で使用する足場を部分的に設置しました。
軒先瓦がズレた面に設置しています。
軒先瓦は屋根の一番下にありますので、上から作業すると落下する危険性が高いため、足場が必要になります。
屋根の修理では、職人の安全を確保するために、また、作業効率を上げるために必要になることがほとんどです。
熊取町の軒先瓦をパッキン付きのビスで補強
軒先瓦のズレを戻して、瓦の上からパッキン付きのビスで締め付けてしっかりと補強させていただきました。
ビス頭の下に弾力のあるパッキンが付いていますので、雨水が染み込むのを防ぐことができます。パッキン付きのビスを使用しない場合は、ビス頭から雨水が浸入しないように上からシーリングを充填しないといけません。
熊取町の割れた瓦は差し替え
大屋根(一番高い屋根)の割れた瓦をすべて撤去し、新しい瓦(淡路瓦)に差し替えました。
瓦の部分的な差し替えは、上に瓦がのっているため、釘留めすることができません。ですので、瓦を桟木に引っかけてシーリングで接着・固定する方法をとります。部分的な差し替えであればシーリングを用いた固定でも大丈夫です。
熊取町の下屋の修理完了
下屋の瓦も数カ所で割れていましたが、すべて新しい瓦に差し替えました。
大屋根と同様に、瓦を桟木に引っかけてシーリングで固定しました。瓦を釘留めして復旧するとなると、上に葺いている瓦をすべてめくらないとけませんので費用が膨大になりますし現実的ではありません。
熊取町の袖瓦と丸瓦を復旧
飛散した丸瓦は新しい葺き土を入れてきちんと固定し、袖瓦はパッキン付きのビスで固定させていただきました。
丸瓦が飛散し、葺き土も流れていましたが、これで安心です。
a11ad67be6a6534433b78ef6167fc174-columns2
銅製の軒樋(横方向の雨樋)は、台風の強風に押されて変形していましたが、形を整えて太い銅線を通してしっかりと固定しました。
銅製の雨樋は錆びないとされて昔の和風建築でよく使用されていましたが、近年の酸性雨などの影響で酸化して錆が発生して穴があく事例が出ていることから、塩ビ製の樋を使うことが増えています。ですが、部分的に塩ビ製の樋を取付けると、見た目がちぐはぐして見えますので、補修して再利用することになりました。
熊取町の樋に穴があいています
銅製の雨樋は柔らかいので、手である程度の形を整えることができます。
風に押されてへこんでいた部分を広げると、樋が割れて穴があいている箇所がありました。
このままでは穴から雨水が漏れますので、シーリングを充填して防水します。
熊取町の雨樋にシーリングを多めに充填
穴があいた部分にシーリングを多めに充填してきちんと防水しました。
熊取町の雨樋のコーナー部分の隙間も埋めました
樋のコーナー部分も割れて隙間があいていたのでシーリングで処置しました。
銅製の樋は経年で緑色(緑青・ろくしょう)に変わってきます。その変化を愉しむのが銅の魅力と言えます。そのため、傷んだからとすぐに交換するのではなく、メンテナンスを繰り返しながら長持ちさせる樋なのです。穴があくと、シーリングを充填したり、銅板の共材を貼って処置するとまた使用できるようになります。ですが「何度もメンテナンスをするのが大変!」と塩ビ製の雨樋に交換をご希望される方もおられます。今後の生活設計を踏まえて検討しましょう。

街の屋根やさん岸和田店は、屋根の点検や修理、雨樋のご相談も承っております。詳しく説明できるものが調査にお伺いし、きちんとご説明させていただきますので「工事のことが全く分からないので心配・・」という方も安心してお任せください。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

泉佐野市のスレート屋根とモルタル外壁を既存と同じ雰囲気で塗り替え

泉佐野市の厚型スレートの屋根です
泉佐野市のタスペーサーを入れた厚型スレート屋根の塗装 お客様の声
工事内容
屋根補修工事
外壁塗装
屋根塗装
台風
使用素材
日本ペイント・サーモアイSi 
築年数
約20年
建坪
約40坪
保証
工事費用
約150万円(足場代含む)
施工事例

忠岡町の屋根修理で落ちた瓦を修復し漆喰も詰め直しました

忠岡町の台風被害に遭った降り棟
忠岡町の降り棟修理後の様子
工事内容
屋根補修工事
火災保険
台風
使用素材
いぶし瓦・漆喰・ポリカーボネート波板他
築年数
築約45年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
約80万円(税込み)足場代、カーポート・テラス波板張替え及び塗装費用含む
施工事例

熊取町の雨漏り修理で棟板金やパラペットの笠木を交換しました

熊取町の棟板金が飛散
熊取町の棟板金交換完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
雨漏り修理
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板・杉貫板・シーリング他
築年数
築約64年
建坪
約30坪
保証
1年
工事費用
約30万円(税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

熊取町の雨漏り修理で棟板金やパラペットの笠木を交換しました

熊取町の棟板金が飛散
熊取町の棟板金交換完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
雨漏り修理
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板・杉貫板・シーリング他
築年数
築約64年
建坪
約30坪
保証
1年
工事費用
約30万円(税込み)
施工事例

熊取町の台風で剥がれたカラーベストを差替えひび割れも補修

熊取町の剥がれたカラーベスト屋根
熊取町の剥がれたカラーベストの貼り替え
工事内容
屋根補修工事
火災保険
台風
使用素材
カラーベスト・シーリング
築年数
約18年
建坪
約18坪
保証
2年
工事費用
約23.5万円(税込み・足場代・ひび割れ補修費用含む)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

和泉市の崩れた棟を修復します

和泉市の屋根修理です。台風で棟の瓦が飛散し、下にある地瓦が割れていまいました。玄関の天井で雨漏りが発生している状態です。この記事では崩れた棟の修復の様子をご紹介します。Y様邸は土葺きの瓦屋根です。棟を一度解体し、積み直す工事は費用がかさんで...........

和泉市の屋根の現地調査

和泉市の台風被害に遭った屋根の現地調査です。玄関の天井に雨漏りが発生していました。Y様邸は平屋建てで土葺きの瓦屋根です。棟の瓦(屋根の頂点の水平部)が強風で飛散し、屋根面に落下したことで地瓦(屋根面の瓦)が割れて雨漏りしていました。台風後に...........

熊取町の軒先から順に瓦を葺きます

熊取町の雨漏り修理です。台風の影響で屋根の瓦がズレたり、漆喰が剥がれるなどの被害に遭いました。H様邸は長屋で、お隣の建物と繋がっている形状で、屋根の取り合い部には谷樋を設けています。その谷樋が劣化し、錆びついて穴があいている状態でした。また...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747