オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

貝塚市の屋根の調査でカラーベストにひび割れが発生していました


貝塚市のN様より台風被害の状況確認と屋根の塗装のご相談があり現地調査にお伺いしました。
N様邸は2階建てで、屋根はカラーベストです。カラーベストとは厚さが約5mmほどの薄い屋根材のことで「化粧スレート」「コロニアル」とも呼ばれています。
貝塚市の屋根塗装のご相談
「台風で屋根に被害がないか、また、塗装の必要がないか確認してほしい」とのご希望です。

N様邸は屋根の勾配が緩やかですので、比較的上りやすい屋根でした。
現地調査にお伺いした時に、屋根の勾配がきつかったり、はしごを立てられるスペースがなかったりすると、屋根の上に上がれないことがあります。その場合は、後日ドローンを飛ばして調査したり(別途費用がかかります)、はしごを立てるスペースがあれば軒先から見える範囲で確認させていただきます。また、下から見て被害が明らかで、何かしらの修理をすることが決まっていれば、足場を先行して建てて、その後にきちんと調査することもあります。
貝塚市のカラーベストの屋根です
N様邸の大屋根(一番高い屋根)の状況です。
台風の強風で、カラーベストが飛散するなどの被害はありませんでしたが、ひび割れが多数発生していました。
詳しいひび割れの状況は下記でご説明します。
貝塚市の屋根に全体的に苔が生えています
また、全体的に色褪せて苔が発生している状態でした。
カラーベストはセメントと繊維などを混ぜて形成されているため、もともと水分を吸収する性質を持っています。そのため、製造の段階で表面を塗装処理し防水性を加えています。その塗膜が経年で傷んで剥がれてきている状態でした。
貝塚市の屋根現調で苔は水分を含みます
貝塚市のカラーベストに発生した苔
カラーベストの苔は、美観性を損なうだけでなく、屋根に様々な悪影響を及ぼしてしまいます。
先ほど、カラーベストの塗膜の劣化のお話をしましたが、表面の塗膜が傷んでくると、水を弾く力が弱くなります。そうすると、表面が塗れている時間が長くなり、苔は湿気を好みますので日当たりが悪い北面に苔が生えてしまいます。(風通しなどによっては南面にも発生します)
苔が発生すると、苔が水分を含み、飛ばされてきた土やホコリが溜まりやすい環境になり、苔がどんどん広がっていってしまいます。苔の発生は屋根の水はけが悪くなっているということですので、塗り替え時期の目安にもなります。
貝塚市のカラーベストが割れています
貝塚市のカラーベストのひび割れ
カラーベストのひび割れ状況です。
先ほどご説明しましたが、カラーベストはもともと吸水性を持っていまので表面を塗装して防水しています。その塗膜が劣化すると、カラーベストが水を含むようになり、含水・乾燥する過程を繰り返す過程でこのように割れたり反ってきてしまいます。また、カラーベストの重なり代にはもともと隙間がある状態ですが、反りがひどくなると強風が吹き込んだ時に割れたりめくれる可能性が高くなってしまいます。

☆カラーベストのこのようなひび割れは定期的な塗り替えのメンテナンスにより防ぐことができます。
貝塚市の屋根のひび割れに水が浸入した形跡です
ひび割れの周囲には雨染みのような跡が残っていました。
割れた部分は細い溝になっていますので、屋根に落ちてきた雨水が吸い寄せられ、長い時間滞在していることを表しています。
貝塚市の下屋も色褪せています
大屋根と同様に下屋のカラーベストも色褪せてひび割れが発生している状態でした。
カラーベストの割れの症状は出ていましたが、今ならまだ塗り替え可能です。これ以上劣化が進むとカラーベスト自体が脆くなり、割れる範囲も広がってしまいます。
貝塚市の棟板金
カラーベストの屋根には、雨仕舞(雨水が内部に浸入しないようにすること)が必要な箇所に板金を取付けています。
写真は屋根の「棟」部分で、そこに取付けている板金を「棟板金」と言います。棟板金は下地の貫板に向かって釘留めして固定されています。
貝塚市の壁際水切り
棟以外にも、屋根の端のケラバ部に取付けている「ケラバ水切り」や、軒先部の「軒先水切り」など、各箇所に板金が取り付けられています。写真は外壁を伝ってきた雨水が内部に浸入するのを防ぐための「壁際水切り」です。
これらの板金が無いと、取り合いから雨水が染み込んで下地の木部を腐食させたり、雨漏りしてしまいます。
貝塚市の板金を固定している釘が緩んでいます
棟板金などは釘留めされていますが、長年にわたり風や揺れを受け続けていると、その時の振動で釘が緩んで少しづつ抜けてきてしまいます。N様邸の板金を固定いている釘も緩んで抜けてきていました。
貝塚市の釘の緩み
板金を固定している釘が緩むと、強風が吹いた時に板金が飛ばされる危険性があります。以前上陸した大型の台風の時にも、「板金が飛散した」というお問い合わせがたくさんありました。
貝塚市の板金を固定している釘が抜け落ちています
板金を固定している釘が完全に抜けてしまい、屋根の上に転がっていました。ここだけでなく、数カ所で釘が落ちていたので、固定力が低下している状態になります。強風で飛散する前に、きちんと打ち直すか、抜けにくいビスへの交換をお勧めします。屋根の塗り替え時には事前に確認し、必要であればビスへの交換か打ち直しなど処置させていただきます。
貝塚市の破風板の塗膜が剥がれています
屋根には「破風」と呼ばれる部分があります。それは、屋根の雨樋が付いていない面の端部分のことです。破風から風や雨水が屋根内部に吹き込むのを防ぐために取り付けた板を「破風板」と言います。
破風板の材質は各住宅で異なり、N様邸は木製の破風板で、木部を保護するために塗られていた塗膜が経年で剥がれてボロボロになっていました。塗膜が剥がれると木部が直接雨水に晒されて腐食してしまいます。屋根や外壁の塗り替えでは、このように防水性が必要な部分もきちんと塗り替えないといけません。
貝塚市の玄関屋根も塗装しないといけません
N様邸の玄関屋根はカラー鋼板という板金を張った屋根です。屋根に勾配がほとんどなく、普段から雨水が溜まりやすい状況ですので、きちんとメンテナンスしないと雨漏りしてしまいます。カラー鋼板は表面に施している塗膜が傷むと錆が発生しますので、定期的に塗り替えないといけません。錆が進んで穴があいたり、板金の継ぎ目から雨水が浸入すると木部が腐食して強度が低下してしまいます。
貝塚市の軒樋が飛散
こちらは台風の被害です。
2階の屋根に取付けられていた軒樋(横方向の雨樋)が一部風で飛ばされていました。屋根の上は下から見えないですが、雨樋が飛散していますので、屋根にも被害があるのでは、と心配されていました。
軒樋は屋根に落ちてきた雨水を受けて竪樋に送るためのもので、飛散した部分はちょうど勾配が低い位置でしたので、ほとんどの雨水が直接下屋や地面に落ちている状態でした。このように雨樋が飛散すると、下屋などの他の箇所の劣化を進めることに繋がりますので必ず修理しましょう。
N様邸は台風での直接の被害は雨樋だけでしたが、屋根の塗り替え時期にも来ていたので、修理と塗装のご提案をさせていただきました。屋根を塗装するには必ず足場が必要ですので、同時に外壁の塗装もされた方が足場の費用がかさまなくてすみますね。

街の屋根やさん岸和田店は、屋根の塗装や葺き替え、その他のご相談も承っておりますので、気になることがございましたお気軽にご相談ください。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市のセメント瓦の塗装でひび割れを修理してから塗装しました

岸和田市の屋根塗装
岸和田市の屋根塗装完了
工事内容
屋根塗装
使用素材
セメント瓦専用塗料
築年数
約27年
建坪
約20坪
保証
5年
工事費用
屋根塗装費用・・49万円 足場費用・・26万円(すべて税込み)
施工事例

和泉市のスレート屋根を日本ペイントの遮熱塗料サーモアイSiで塗装

和泉市の塗装前の屋根
和泉市の塗装後の屋根
工事内容
破風板板金巻き工事
外壁塗装
屋根塗装
使用素材
屋根・・日本ペイント・サーモアイSi(下塗り材・サーモアイシーラー)外壁・・ダイフレックス・アーバントーン ガルバリウム鋼板 
築年数
約38年
建坪
約45坪
保証
屋根・・5年 外壁・・5年
工事費用
足場・約35万円 屋根・約57万円 外壁(付帯部含む)・約177万円 板金工事・約32万円(すべて税込み)
施工事例

岸和田市のスレート屋根を日進産業のガイナで塗装し雨樋も調整!

岸和田市の塗装前の屋根
岸和田市の塗装後の屋根
工事内容
雨樋交換
屋根塗装
その他の工事
使用素材
ガルバリウム鋼板・日進産業・ガイナ他
築年数
約27年
建坪
約20坪
保証
5年(塗装において)
工事費用
足場・・約21万円 屋根塗装・・約72万円 雨樋調整工・・約8万円(すべて税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

貝塚市の雨漏り修理で厚型スレートのひび割れをシーリングで補修!

貝塚市のひび割れた厚型スレート
貝塚市のひび割れた厚型スレートをシーリングで補修
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
シーリング
築年数
約19年
建坪
約18坪
保証
なし
工事費用
約3.3万円(税込み)
施工事例

貝塚市の強度が低下した木製テラス屋根の入替工事をご紹介!

貝塚市の劣化が進んだテラスの波板
貝塚市の劣化が進んだテラスの入替完了
工事内容
台風
使用素材
テラス本体木材・ポリカ波板(800mm×5枚)・傘釘・雨樋
築年数
約42年
建坪
約18坪
保証
2年
工事費用
約8万円(税込み)
施工事例

貝塚市の雨漏り修理で棟瓦の積み直し工事を行いました!

貝塚市の棟瓦積み直し前
貝塚市の棟瓦積み直し後
工事内容
棟瓦取り直し
雨漏り修理
使用素材
シルガード・葺き土・銅線・シーリング
築年数
約29年
建坪
約23坪
保証
2年
工事費用
約63万円(税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

泉佐野市の板金屋根を塗装

泉佐野市で行ったトタン屋根の塗装の様子をご紹介します。S様邸には土葺きの瓦屋根とトタン屋根があり、台風で瓦ズレるなどの被害を受けて屋根を修理することになりました。トタン屋根の方は台風での直接的な被害はありませんでしたが、塗り替え時期を過ぎて...........

和泉市の屋根と外壁塗装などのご相談

和泉市のお住いのF様より「雨漏りはしていないのですが、屋根の老朽化が気になっているのでメンテナンスについて相談がしたいんです」とメールでお問い合わせをいただき、現地調査にお伺いしました。

岸和田市の屋根の塗膜が剥がれて真っ白です

岸和田市の屋根塗装です。N様邸は平屋の住宅が二棟あり、ひとつは増築されています。今回、本宅側の瓦やの葺き替えでご相談をいただき屋根の葺き替えを行いました。その時のご相談で、メンテナンス時期にきていた増築部のスレート屋根と外壁の塗装もしてほし...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747