オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

貝塚市の雨樋交換工事で這樋を交換して水下エルボを取付け


貝塚市の皆さまこんにちは!

皆さまのお家の雨樋は割れたり詰まっていたり、雨水が漏れていることはありませんか?

雨樋は、屋根に落ちてきた雨水を集めて地上や地下に排出させるための設備で、現在は建物には必ず取り付けられています。雨樋が割れたり詰まって雨水が溢れると、外壁を汚したり雨漏りしたり、雨音の騒音に悩まされることがありますので、定期的に点検して必要なメンテナンスをしましょう!

この記事では、貝塚市K様邸で行った雨樋交換工事の様子を詳しくご紹介させていただきますので、
雨樋のメンテナンスの参考にしていただけると嬉しいです (*^-^*)


  貝塚市K様邸の雨樋交換工事の現地調査は下記のリンクよりご覧になって下さい  


貝塚市K様邸の雨樋交換工事の様子

貝塚市の雨樋交換工事
貝塚市K様邸の雨樋交換工事着工日です!

様々な現場の雨樋工事に携わってきた経験と知識が豊富な板金職人が作業を行います!

K様邸での雨樋交換工事は下屋(下の屋根)だったので、梯子で作業することができますが、2階部分の雨樋だったり、立地条件や工事範囲によっては足場を設置しないとない場合があります!
街の屋根やさん岸和田店・足場

高所での作業時にはどうしても足場が必要になることがあります。その場合、他の工事でも足場を活用すると、足場の費用が一度で済むのでお勧めです!

「その足場、屋根工事だけしか使わないの?」
  足場についての記事はこちら   ➡ 一度の足場で二度おいしい!屋根工事・外壁工事


貝塚市の這樋の先端部材が短いので雨水が飛び出します
「雨樋から雨水が飛び出すんです」というご相談をいただき、雨樋を点検すると、
這樋(はいとい)の先端部材が短いため、雨水が飛び出していることが分かりました。

這樋とは、2階からの雨水を1階の軒樋に流すための樋で、下屋に渡して取り付けられています。
這樋の下には1階の屋根の軒樋(のきどい・横方向の雨樋)があり、
そこに雨水が流れ込む経路をつくっているのですが、這樋の先端に取り付ける
「エルボ」という曲がった部材が短いので、雨水が軒樋の中に落ちずに、飛び出している状態です!

貝塚市で使用する水下エルボ
この工事では、今後長くご使用いただくために、そして見た目を美しく仕上げるために這樋を交換して、這樋の先端に【水下エルボ】という部材を取付けることになりました。

水下エルボは軒樋の中まで差し込むことができ、更に雨水が流れる方向を左右変えることができるので、雨水がきちんと排出されますし、雨水が飛び出す心配がありません。



貝塚市で軒樋を交換して水下エルボと投げ板を取付け
  貝塚市K様邸の雨樋交換工事のご提案内容  

2階から降りてきている竪樋(たてとい・縦方向の雨樋)をカットして、その先に接続されている這樋を交換します!

這樋を交換するには「エルボ」や「呼び樋」も交換しないといけません。

これから雨樋交換工事の様子を順番にご紹介させていただきますね!

貝塚市の樋をカットしました
雨樋は部分的に交換することができます。

2階から下りてきている竪樋をカットして、その先に接続されている這樋を交換します。

塩ビ製の雨樋はノコギリでカットすることができます。

貝塚市の這樋を撤去しました
竪樋の足元でカットして、その先に接続されている這樋を撤去しました。

這樋の先端部分から雨水が飛び出すので、ご主人様がビニールのクッション材を取付けて処置されていましたが、あまり改善されなかったそうです。

b8e4da80c16824314e98533645bd4aff-simple

既存の竪樋にエルボと呼び樋を取付けました。

エルボとは雨樋の向きを変えることができる曲がった部材のことで、呼び樋とは樋と樋を結ぶ斜めに渡した短い雨樋のことです。

貝塚市でスライドエルボを取付けて這樋を接続
続いて、エルボの先に「スライドエルボ」という、角度を調整できる部材を取付け、這樋に接続しました。

スライドエルボは上下に動くので、這樋の勾配を調整することができます。

屋根の勾配は各住宅によって様々なので、形の決まったエルボで這樋を接続すると、這樋と屋根面との間に隙間ができることがありますが、スライドエルボを使うことにより、屋根の勾配にそって這樋を渡すことができます。

貝塚市の這樋と水下エルボを接続
這樋の先端部分には上記でご紹介した「水下エルボ」を取付けました。

水下エルボはこのように軒樋の中に差し込むことができ、雨水が横方向に流れるようになっているので、
以前のように這樋から雨水が飛び出すことが無くなります。また、水下エルボは這樋から
流れてきた雨水が流れる方向も左右変えることができるので、軒樋の流れ方向に合わせられます。

貝塚市で這樋用控え金物で這樋を固定

這樋を屋根面に渡しただけでは風に吹かれた時にズレてしまうので、固定しないといけません。

最近は、這樋を固定するためにとても便利な部材が出ています。それは【這樋用控え金物】です。

プラスチックの部分で這樋を掴み、ステンレス製の長い板の部分を瓦の隙間に差し込むことで這樋を固定することができます。

貝塚市の這樋を以前は釘に銅線を通して固定していました

以前は、這樋と長い釘に銅線を巻きつけて、その釘を瓦の隙間に差し込んで固定する方法を取っていましたが、這樋用控え金物を使用すると、しっかりと固定できますし、見た目もきれいに仕上がります。

写真は這樋用控え金物を瓦の隙間に差し込んだ時の様子です。プラスチック部分で這樋をしっかりと掴むことができるので、風に吹かれてもしっかりと支えてくれます。

貝塚市で這樋用控え金物で這樋を固定しました
這樋用控え金物で這樋を固定しました!

K様邸の這樋は長さがそれほどありませんでしたが、現場によってはとても長い這樋を取付けることがあります。
樋が長ければ長いほど風の影響を受けやすくなってしまうので、しっかりと固定しないといけません。

写真は這樋を固定した後、屋根に渡していた配線を樋のところでまとめている様子です。
インシュロックという、配線などをまとめて固定できる部材で固定しました。

貝塚市の下屋の配線をまとめました

屋根面に渡していた配線をインシュロックで樋のところでまとめて固定しました。

屋根面に配線が渡されていることはよくあることで、バラバラになっていると見た目がごちゃごちゃするので、樋部分でまとめさせていただきました。

貝塚市の軒樋に投げ板を取付けました

這樋の前には【投げ板】を取付けました。

投げ板とは、雨水がたくさん集まる部分に取り付けて、雨水が跳ねたり飛び出すのを防ぐ部材のことです。

水下エルボを取付けているので、以前のように雨水が飛び出す心配はありませんが、雨の量が多い日のことを踏まえて投げ板で対処しています。

貝塚市の雨樋交換完了
下屋に渡された這樋やその他の樋を交換し、雨樋交換工事完了です!

這樋用控え金物を使用してしっかりと固定し、水下エルボも取付けたので
「雨水が飛び出す」という不具合は解消されました。


雨樋工事について詳しくご紹介している記事があるので、良かったらご覧になって下さい。

貝塚市の軒樋の勾配調整
次に、軒樋の勾配調整を行いました。

軒樋は一見まっすぐに見えますが、雨水が竪樋の方に流れるように少し勾配を付けています。
その勾配が狂うと雨水が逆流して溢れたり、雨水の流れが悪くなってしまうので、きちんと調整しました。

雨水が流れる方向に勾配を付ければいいのですが、勾配を付けすぎると勢いが出過ぎて
雨水が飛び出すことがあるので、じょうろで水を流しながら調整しました。

貝塚市のテラス屋根の集水器が外れていました

雨樋交換工事にお伺いした時に、テラス屋根の集水器(雨水を集める桝)が外れていることに気づいたので、固定させていただくことになりました。

この集水器は住宅用でテラスの樋ではない為、きちんと固定できなかったのかもしれません。このままでも雨水を受けることはできているかもしれませんが、風が吹くとズレてしまうので、簡易的にはなりますが固定させていただきました。


貝塚市のテラスの集水器を銅線で固定

集水器に銅線を巻きつけて、テラスのフレームに固定させていただきました。

K様に事のことをお伝えすると「あぁ、あれなぁ!前から外れてたんやけど、忘れてたわ~!固定してくれて助かったわ!」とお喜びいただけました。



街の屋根やさん岸和田店の無料点検について

街の屋根やさん・雨樋は建物にとってなくてはならない存在です
雨樋は建物やお家にとってなくてはならない存在です。

大切なお家を雨水から守り、長持ちさせるために、定期的に点検して必要なメンテナンスを行いましょう!

街の屋根やさん岸和田店は、お住いの無料点検のご相談も承っております。

ご相談・点検・お見積りは無料です!どんな小さなことでも構いません 


お電話でのご相談(9時~19時まで受け付け中!) 0120-169-747(フリーダイヤル)

メールでのご相談(24時間受付中!) お話が苦手な方はこちらから

オンラインでのご提案(コロナが心配な方へ・・!) オンラインで無料点検!
街の屋根やさん岸和田店の新型コロナウィルス対策
街の屋根やさん岸和田店は新型コロナウィルス対策も万全です!!

スタッフ全員の「マスク着用」「調査前の手指の消毒」を徹底し、定期的に「社内及び現場の換気」を行っています。

安心してご相談くださいね。

  街の屋根やさんのコロナ対策について   ➡ 新型コロナウィルスで、ご相談を迷っている方へ

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市の金属製の軒樋に穴が開きカラーステンレスの樋に交換!

岸和田市の劣化して穴が開いた雨樋
岸和田市の雨樋交換完了
工事内容
雨樋交換
使用素材
カラーステンレス・塩ビ雨樋他
築年数
約48年
建坪
約42坪
保証
2年
工事費用
約9.7万円(税込み)
施工事例

忠岡町で軒樋から雨漏り発生!内吊りの軒樋を交換しました!

18213c9c0eae57697dd4ee4bb3df5d77
忠岡町の雨樋交換完了
工事内容
雨樋交換
雨漏り修理
台風
使用素材
軒樋・じょうご・止まり・エルボ・内吊り金具他
築年数
約31年
建坪
約18坪
保証
2年
工事費用
足場費用・・約12万円 雨樋交換・清掃費用・・8.6万円(ともに税込み)
施工事例

岸和田市のスレート屋根を日進産業のガイナで塗装し雨樋も調整!

岸和田市の塗装前の屋根
岸和田市の塗装後の屋根
工事内容
雨樋交換
屋根塗装
その他の工事
使用素材
ガルバリウム鋼板・日進産業・ガイナ他
築年数
約27年
建坪
約20坪
保証
5年(塗装において)
工事費用
足場・・約21万円 屋根塗装・・約72万円 雨樋調整工・・約8万円(すべて税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

貝塚市の雨漏り修理で厚型スレートのひび割れをシーリングで補修!

貝塚市のひび割れた厚型スレート
貝塚市のひび割れた厚型スレートをシーリングで補修
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
シーリング
築年数
約19年
建坪
約18坪
保証
なし
工事費用
約3.3万円(税込み)
施工事例

貝塚市の強度が低下した木製テラス屋根の入替工事をご紹介!

貝塚市の劣化が進んだテラスの波板
貝塚市の劣化が進んだテラスの入替完了
工事内容
台風
使用素材
テラス本体木材・ポリカ波板(800mm×5枚)・傘釘・雨樋
築年数
約42年
建坪
約18坪
保証
2年
工事費用
約8万円(税込み)
施工事例

貝塚市の雨漏り修理で棟瓦の積み直し工事を行いました!

貝塚市の棟瓦積み直し前
貝塚市の棟瓦積み直し後
工事内容
棟瓦取り直し
雨漏り修理
使用素材
シルガード・葺き土・銅線・シーリング
築年数
約29年
建坪
約23坪
保証
2年
工事費用
約63万円(税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

雨樋とは

貝塚市の皆さまこんにちは!街の屋根やさん岸和田店の小南です。今回は、皆さまのお住いに必ず取り付けられている【雨樋・あまどい】について貝塚市K様邸で発生した「雨樋から雨水が溢れる」という不具合の様子を交えてお話したいと思います。ご存じの方もお...........

雨樋は屋根に落ちてきた雨水を地下に排出させるための設備です

皆さまこんにちは!街の屋根やさん岸和田店の小南です。晴れて青空が広がっていると気持ちがいいですね。でも、曇り空の雰囲気も割と好きなんです・・・。さて、今回は「雨樋・あまどい」についてお話したいと思います。雨樋は建物に当たり前のように付いてい...........

テラスの波板の重要性

「ベランダの波板が割れて雨が入ってくるので気になるな・・・」「台風で波板が飛ばされて洗濯物を干す時に不便で困ってる」「波板が黄色くなって見た目が悪くなってきたな~」など、波板のことでお困りのことはありませんか?

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747