オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

泉佐野市の木製の破風板と鼻隠しをガルバリウム鋼板で包みました!


泉佐野市の破風(はふ)と鼻隠し(はなかくし)の板金包み工事です。破風とは、屋根の妻側(雨樋が付いていない面)の端のことで、そこに取り付ける板のことを破風板と言います。対して鼻隠しとは、雨樋が付いている軒先部分のことで、雨樋の下地板としての役割や、軒先の垂木などの小口を隠す役割があります。Y様邸の破風及び鼻隠しは木製で、表面を塗装して仕上げていますが、経年で塗膜が劣化してボロボロと剥がれてきている状態でした。
Y様は、「木が腐食していつか落ちてくるのでは」と心配されていました。この工事で破風・鼻隠しを板金で包んで保護します。
泉佐野市の破風板と鼻隠し
白い吹き出し部分が破風板で、黄色い吹き出し部分が雨樋が付いている鼻隠しです。
破風板や鼻隠しの仕上げは様々ですが、木製の仕上げの場合、表面の塗膜が傷んで剥がれてくると見た目が悪くなりますし、腐食してしまいます。木製の破風板・鼻隠しのメンテナンスは、塗装を塗り替えるか、交換、今回のように板金で包む方法になります。板金で包んであげると、木部が雨で濡れなくなりますので、保護されて長持ちし、メンテナンスも少なくなります。
泉佐野市の破風板・鼻隠しの塗膜が剥がれて木部が傷んできています
破風板を近くで見た様子です。
浸透性の塗料を塗っていればこのように塗膜がポロポロと剥がれてくることはないのですが、木部の上にのる塗料の場合は、劣化により剥がれが生じ、見た目が悪くなってきてしまいます。浸透性の塗料の場合も、劣化による色褪せがひどくなると見た目に悪影響を与えてしまいます。
泉佐野市で加工したガルバリウム鋼板を取付けます
今回は板金工事になりますので、板金職人が作業します。
事前の調査で計測し、加工してきたガルバリウム鋼板という板金を既存の鼻隠しの上に被せて釘留めして固定します。
破風板を包み込むような形状に板金を折り曲げて加工しています。ある程度工場で加工しておかないと、作業にとても時間がかかります。細かい部分は現場合わせで加工します。
泉佐野市の既存の水切りの下に差し込んで固定
破風板を板金で包んでいる様子です。
破風板は屋根のケラバ(妻側・雨樋が付いていない面の端)にあり、屋根の仕舞でケラバ水切りが取付けられています。その水切りの下に板金を差し込んで固定します。
ケラバ水切りとは、屋根の端から雨水が内部に浸入するのを防ぐ金物のことです。
泉佐野市の板金の隠れる部分で釘留め
ケラバ水切りを少し浮かせて、間に板金を差し込んで水切りで隠れる位置で釘留めします。そうすることで、釘留めした部分が雨水に直接あたることがありませんので、雨水が染み込む心配が少なくなります。
泉佐野市の鼻隠しも板金で覆いました
鼻隠しも同じように、加工してきた板金で包み込みました。
軒先は雨水が集まる部分ですので、水に強い素材を使用しておくと安心です。
泉佐野市の玄関屋根の鼻隠しも板金で覆います
玄関屋根の鼻隠しも木製で、傷んできていたので板金で包んでメンテナンスしました。
破風板・鼻隠しすべての木部を保護したので安心です。
参考までに、切妻屋根には破風板と鼻隠しがあり、寄棟の屋根には破風板がなく鼻隠しのみ施工されています。

鼻隠しは雨樋の内側にあり見えにくいので、劣化に気づいた時にはボロボロになっていた…、ということもあります。さらに、鼻隠しが劣化すると、雨樋の金具が外れるなどの二次被害を受けることもあります。対して破風板は目に見えやすく、劣化すると美観性にも影響を与える部分です。雨樋が付いておらず常に雨風にさらされることから傷みやすいといえます。特に木製の破風板は劣化の進行が速いので、長く使用するためにも定期的なメンテナンスを心がけましょう。

泉佐野市の雨樋が外れています
現地調査の時に雨樋にも被害があることが分かりました。
Y様邸は、2階の竪樋(縦方向の雨樋)が台風で外れている状態でした。これでは、軒樋(横方向の雨樋)に集まった雨水が竪樋に送られた時に漏れてしまいます。
泉佐野市の樋も接続しました
雨樋工事も板金職人の仕事ですので、足場があるうちに部材を入替てきちんと接続させていただきました。
1階以上の雨樋工事では足場が必要になることがほとんどですので、足場を設置する時にメンテナンスすると足場の費用がかさまずにすみます。
「屋根の下に取り付けられている板がボロボロになってきたなぁ」など、お気づきのことがございましたら街の屋根やさん岸和田店へお気軽にご相談ください。

次は屋根塗装の高圧洗浄とタスペーサー施工の様子をご紹介します。


同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市の金属屋根の笠木が剥がれてガルバリウム鋼板に葺き替え!

岸和田市の台風で飛散した笠木
岸和田市の台風で飛散した笠木を交換
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板・構造用合板・アスファルトルーフィング・シーリング・ジプトーン
築年数
約56年
建坪
約42坪
保証
5年
工事費用
約40万円(税込み)
施工事例

和泉市の波型スレートの上にエポライト波板を張り傘釘も防水!

和泉市の倉庫の屋根の明かり窓の上にエポライトを取付けます
和泉市の倉庫の屋根の波型スレートの下に差し込みました
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
エポライト波板・スレート傘釘・シーリング
築年数
建坪
保証
なし
工事費用
約6万円(税込み)
施工事例

和泉市の引っかけ桟瓦葺きの屋根の修理工事を行いました!

和泉市の台風被害に遭った屋根
和泉市の屋根修理完了
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
セメント瓦・いぶし瓦・漆喰・シーリング
築年数
約39年
建坪
約18坪
保証
2年
工事費用
足場費用・・10.5万円 屋根修理費用・・22.4万円(すべて税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

泉佐野市の陸屋根のドレン周りから雨水が浸入!応急処置しました!

泉佐野市のドレン補修前
泉佐野市のドレン補修後
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
シールプライマー、シーリング
築年数
約30年
建坪
約32坪
保証
なし
工事費用
施工事例

泉佐野市の雨漏り修理でパラペットの笠木を交換しました!

泉佐野市の台風で剥がれた笠木
泉佐野市の台風で剥がれた笠木の交換
工事内容
雨漏り修理
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板 シーリング
築年数
約30年
建坪
約32坪
保証
2年
工事費用
足場費用・・約16万円 笠木交換費用・・11.2万円(それぞれ税込み)
施工事例

泉佐野市の出窓の雨漏り修理の気になる費用をご紹介!!

泉佐野市の出窓の雨漏り修理前
泉佐野市の出窓の雨漏り修理後
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
プライマー・シーリング・ステンレス製換気フードカバー・専用木下地・木部塗装
築年数
約28年
建坪
約25坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・9.7万円 出窓修理費用・・11.7万円 換気フードカバー交換費用・・5.9万円(すべて税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

熊取町・パネルが飛ばされる理由は

熊取町の皆さまこんにちは!ベランダに設置している屋根のパネルや波板が飛ばされてお困りの方はいませんか?「強風が吹くたびに毎回飛ばされるのでどうにかしてほしい!」というご相談をよくいただきます。この記事では、熊取町にお住いのN様よりご相談をい...........

土葺きの屋根

和泉市の皆さまこんにちは!前回の現場ブログで和泉市K様邸の台風の被害を受けたモニエル瓦葺きの屋根の修理をお伝えしました。引き続き、下屋(1階の屋根)の修理の様子をご紹介したいと思います!

街の屋根やさん岸和田店がプロの目線でご提案

  和泉市K様邸の台風被害に遭った屋根の修理の様子をご紹介します!  「3年前の台風で屋根に被害を受けたんですが、当時業者に相談したところ、想像以上に修理費用が上がってきたので、修理を見送っていたんです。いつま...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747