オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

岸和田市の雨漏りしていた板金屋根をガルバリウム鋼板に葺き替え


以前陸屋根の防水工事などをしていただいた岸和田市のN様より「台風で被害があり雨漏りしている」とのご相談をいただき、現地調査を行い風雨災害に伴う各所修復工事を行いました。雨漏りしているのは1階のキッチンの窓枠からで、原因は上にある屋根のパラペットの板金が剥がれたとこでした。パラペットとは陸屋根などの周囲に設ける立ち上がりの壁のことで、天端に取付けている笠木板金が台風の強風で剥がれてしまいました。屋根の板金も錆が進行し劣化が著しかったので、錆に強いガルバリウム鋼板という板金に葺き替えることになりました。
岸和田市のパラペットの板金のめくれ
屋根の被害状況です。
台風の時に板金屋根のパラペットの笠木が飛散し、下にあるキッチンの窓枠から雨水が大量に流れてきたので、ご主人様が屋根に上ってブルーシートで応急処置されていました。応急処置をした後も雨漏りが止まらず大変お困りでした。
岸和田市のキッチンの天井にも雨漏りしています
キッチンの天井にも雨漏りしていました。
この天井の上には瓦屋根と板金屋根の取り合い部があり、複雑な形状をしています。また、上の屋根の瓦の下端にシーリングを充填し、隙間を塞いでいたので、雨水が溜まりかえって雨漏りする可能性があったので、シーリングを切って隙間を確保しました。
岸和田市の養生をめくります
この工事では大工と板金職人が入って作業します。
まずは屋根を養生しているブルーシートを貼がしました。
岸和田市の瓦をめくって板金を撤去します
瓦屋根の下に板金屋根の下地があるため、葺き替えるには軒先の瓦を一部仮撤去しないといけません。
めくった瓦は屋根の上にきちんと並べて保管しておきます。
岸和田市の屋根に新しい下地を取付けます
ブルーシートを撤去すると、パラペットの天端に取付けていた笠木板金がめくれて下地がむき出しの状態になっていました。ここから雨水が浸入し雨漏りの原因になっています。長い間水に濡れ続けて木下地が腐食していたので下地から交換し、屋根の錆びついた板金も撤去します。また、奥に見えている屋根の軒樋(雨樋)も取り合い部の補修の際に邪魔になるので仮撤去します。
岸和田市の屋根に下地を取付け
屋根の板金を撤去し、大工が新しい下地(構造用合板)を張りました。
パラペットの際は屋根に落ちてきた雨水が集まる雨樋になりますので、劣化しやすく雨漏りのリスクが高いことから、先にルーフィングを敷いてしっかりと防水しました。
ルーフィングとは耐久性のある防水シートのことで、パラペット部分まで覆えるように長さを調整しました。
岸和田市の屋根にルーフィングを敷きます
屋根全体をしっかりと防水するために、下地の構造用合板の上からルーフィングを敷きました。
屋根を雨水から守っているのは屋根材ではなく、下に敷いているルーフィングです。したがって、屋根材が破損してもルーフィングが健全であればすぐに雨漏りすることはありません。
岸和田市の屋根にガルバリウム鋼板を葺きました
屋根面からパラペットにかけてルーフィングでしっかりと防水してからバルバリウム鋼板を加工して屋根を葺きました。
写真では分かりにくいですが、平板葺きです。
平板葺きは下地の瓦棒や釘を使用せず屋根を葺くことができます。
屋根を葺いてから仮撤去していた瓦を元に戻しました。
岸和田市の雨樋の上に板金を被せました
先ほどお伝えしましたが、パラペットの際は屋根に落ちてきた雨水が集まる雨樋になります。(上の瓦屋根に落ちてきた雨水も集まります)その部分に屋根との取り合いが生じると雨仕舞が悪く雨漏りのリスクが高くなってしまいますので、先に雨樋になる部分にガルバリウム鋼板を取付け、その上に被せて屋根を葺きました。
岸和田市のパラペットまで立ち上げました
雨樋になる部分の板金はパラペットの上部まで立ち上げました。パラベットの上部まで立ち上げることで、この上に笠木板金を被せた時に取り合いが隠れて雨水の浸入を防ぐことができます。
岸和田市のパラペットにガルバリウム鋼板で笠木を取付け
屋根を葺いてから飛散したパラペットの笠木板金を復旧します。
笠木にもガルバリウム鋼板を使用します。
昔多く使われていたトタン、カラー鋼板などは定期的にメンテナンスしないと錆が発生しましたが、ガルバリウム鋼板は錆びにくく耐久性もありますので、屋根や外壁材として使用されることが多い建材です。
岸和田市の板金の継ぎ目にシーリング充填
板金職人がガルバリウム鋼板を加工して笠木を取付けていきます。
パラペットは長さがありますので、数枚の板金を張り合わせて取付けていきます。
板金の継ぎ目から雨水が浸入するのを防ぐために、シーリングを充填して防水しました。
岸和田市の板金の上からビス留めします
継ぎ目にシーリングを充填し、その上に次の板金を重ねて上からビス留めして固定します。
今回は劣化が進んでいた下地板も交換したので安心です。下地の強度が低下していると、板金を固定するビスがしっかりと効かないので、強風で飛散する危険性があります。
岸和田市の板金のビス頭にシーリング充填
ビス頭と板金の継ぎ目から雨水が浸入しないように、シーリングを充填して防水しました。
屋根を板金で覆えば雨水が入らないという訳ではなく、ルーフィングの施工や継ぎ目、ビス頭の防水などを経て初めて屋根の防水性能を確保できるのです。
岸和田市の笠木取付完了
屋根を葺き替え、パラペット部分の工事も完了しました。
錆に強いガルバリウム鋼板を使用し、きちんと雨仕舞したので、以前よりも耐久性のある屋根になりました。

岸和田市の雨樋を復旧します
最後に仮撤去していた軒樋を復旧して工事完了です。

工事後、何度か強い雨が降った時にご連絡を入れると、雨漏りしていないとのことで、本当に良かったです。
岸和田市の濡れた天井板を撤去
雨漏りが完全に止まってから内部の工事を行いました。
雨漏りでキッチンの天井板に雨染みが付いたので、その部分を張り替えてほしいとのご希望がありました。

N様邸の天井板はジプトーンというボードを張っていました。雨染みが付いた部分を剥がして貼り替えます。
岸和田市で新しい天井板を張りました
新しい天井板を張りました。
同じジプトーンを使用しましたが、思った以上に新旧の差がでてしまったということで、全体的に塗装するお見積りが欲しい、とのご依頼がありました。
岸和田市の矢切の漆喰復旧
台風で矢切(屋根の妻側の三角の部分)の漆喰がボロボロに剥がれてしまったので、塗り替えてほしいとのご依頼があり、左官職人がきれいに復旧しました。
岸和田市のカーポートの波板張替え
カーポートの波板も数枚風で飛ばされてしまったので、長持ちするポリカーボネート製の波板に張り替えました。
「自分で応急処置したけど雨漏りが止まらなくて、雨が降るたびに心配でしたが、これでようやく落ち着きました」
N様のお力になれて良かったです。

街の屋根やさん岸和田店は、雨漏りや屋根修理と同時に住まいの気になっている箇所のご相談も承っておりますので、ご相談の際はお気軽にお声かけください。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

貝塚市のカラーベストと棟包みが剥がれたので修理を行いました!

貝塚市の台風被害に遭った屋根
貝塚市の台風被害に遭った屋根の修理後
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
台風
使用素材
カラーベスト・グリシェイドグランデ・棟包み
築年数
約2年
建坪
約18坪
保証
2年
工事費用
足場費用・・10.5万円 屋根修理費用・・16万円(すべて税込み)
施工事例

岸和田市の雨漏り修理で銅板晒し葺きの屋根の棟を修理しました

岸和田市の修理前の銅板屋根
岸和田市の修理後の銅板屋根
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
銅板・シーリング
築年数
築35年
建坪
約50坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・19.8万円 屋根修理費用・・24.8万円(すべて税込み)
施工事例

岸和田市で強風で屋根のケラバ水切りが剥がれたので交換しました

岸和田市のケラバ水切りが貫板と一緒に飛散
岸和田市のケラバ水切りを復旧
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板製ケラバ水切り・下地
築年数
約23年
建坪
約23坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・14.8万円 屋根修理費用・・9.9万円(ともに税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

岸和田市の雨漏り修理で銅板晒し葺きの屋根の棟を修理しました

岸和田市の修理前の銅板屋根
岸和田市の修理後の銅板屋根
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
銅板・シーリング
築年数
築35年
建坪
約50坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・19.8万円 屋根修理費用・・24.8万円(すべて税込み)
施工事例

岸和田市で強風で屋根のケラバ水切りが剥がれたので交換しました

岸和田市のケラバ水切りが貫板と一緒に飛散
岸和田市のケラバ水切りを復旧
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板製ケラバ水切り・下地
築年数
約23年
建坪
約23坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・14.8万円 屋根修理費用・・9.9万円(ともに税込み)
施工事例

岸和田市の雨漏り修理でベランダに補強のメッシュを敷いて防水!

岸和田市のベランダ防水前
岸和田市のベランダ防水後
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
ウレタン樹脂塗膜防水材・カチオンクリート・トップコート・プライマー・コーキング
築年数
約26年
建坪
約23坪
保証
2年
工事費用
約31万円(税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

熊取町の土居のしの取り合いの漆喰の剥がれ

熊取町で壁際の漆喰詰め直し工事を行いました。漆喰は、瓦同士の隙間を埋めて防水し、瓦と瓦をくっつけたり、瓦を固定する役割があります。2階の窓から外を見た時に、下の屋根に剥がれた漆喰が落ちていたので、心配になってご相談をいただいたことがきっかけ...........

泉大津市の瓦を復旧して全体的に固定しないといけません

泉大津市の皆様こんにちは!街の屋根やさん岸和田店の小南です。最近、地震が頻繁に発生しているのでとても心配ですね・・・。台風はある程度予測がつくので事前に備えることができますが、地震は突発的に起こるので本当に恐ろしいです。「台風」や「地震」「...........

熊取町の屋根の漆喰の剥がれ

熊取町にお住いのY様より「漆喰の剥がれ」「漆喰の汚れ」のご相談があり、漆喰の詰め直し工事を行いました。屋根の漆喰(しっくい)は、葺き土の流出や雨水の浸入を防止したり、瓦を固定する重要な役割があります。しかし漆喰は、永久的ではなく、残念ながら...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747