オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

熊取町のモルタル外壁に発生した雨漏りの原因になるひび割を補修


熊取町のI様より台風被害のご相談があり、現地調査を行い、打ち合わせの結果、屋根の修理と屋根塗装、外壁塗装とベランダ防水を行うことになりました。台風被害は屋根のスレートと野地板が飛散し雨漏りしたことです。先に屋根を修理し、塗装の工程に入りました。
熊取町の外壁のひび割れ補修
I様邸の外壁はモルタルの塗り壁で、表面に施された塗膜が粉状になり剥がれてきており、ひび割れも多数発生していました。塗装する前にひび割れをきちんと補修しないと防水性能が向上しないので、強度のあるエポキシ樹脂モルタルで補修させていただきました。

外壁のひび割れ補修の様子

熊取町の外壁のひび割れを補修します
モルタルの外壁にはこのようなひび割れがつきものです。
モルタルもともと水分を吸い込む性質がありますので、表面に塗装を施して防水しています。その塗膜が劣化して剥がれてくると外壁が水を吸い込み、乾燥する過程でひび割れが生じてしまいます。また、地震などの揺れや設計・施工の欠陥、地盤沈下などの影響でも割れることがあります。
熊取町の外壁の補修の既存のシーリングは剥がしてから補修します
ひび割れといっても大小様々で、幅が広いひび割れは適切な処置をしないと建物の耐久性を脅かす危険性があります。また、ひび割れから雨水が浸入して木部を腐食させ、建物の強度を低下させたり雨漏りすることもありますので、放置せず補修することをお勧めします。
外壁の補修で使用されていた既存のシーリングはすべて剥がしてから補修しなおします。
熊取町のクラックのカッター切り作業
今回は、幅の広いひび割れ(幅が0.3mm以上、深さが5mm以上のひび割れ・構造クラックといいます)に対して、エポキシ樹脂モルタルという強度のある補修材を用いて補修します。
まずは、ひび割れに沿って電動カッターの刃をあててひび割れをU字に切り開きます。「ひび割れをこんなに大きくして大丈夫なの?!」と心配されるかもしれませんが、この後に充填する補修材を十分に奥まで詰めるために必要な工程です。
熊取町で刷毛で粉塵を取り除きます
モルタルの外壁を電動カッターで切ると、細かい粉塵がたくさん出ます。もちろんひび割れの中にも溜まっていますので、刷毛で掻き出してきれいに取り除きます。
中に粉塵が溜まったまま補修材を充填すると、粉塵が下地になり補修材がうまく密着せずに粉塵と一緒に剥がれてきてしまうため、きちんと補修をするためにも手を抜かずきれいに掃除させていただきます。
熊取町のひび割れにプライマーを塗布します
ひび割れの中に溜まった粉塵を掃き出してからプライマーという補修材を塗布します。
プライマーは補修材をより強固に定着させるための塗料ですので、ムラがあると後の剥がれの原因になります。そのため、刷毛を何度も往復させて、隅々丁寧に塗布しました。
熊取町で主剤と硬化剤を練ってエポキシ樹脂モルタルを作ります
続いてエポキシ樹脂モルタルを充填します。
エポキシ樹脂モルタルは、主剤と硬化剤を既定の量で良く練り合わせて使用します。練り合わせてから使用するまでの時間が定められていますので、大量に作らず、追加しながら作業していきます。
熊取町の外壁のひび割れ箇所にエポキシ樹脂モルタルを詰め込みます
エポキシ樹脂モルタルは軽量でとても強度のある補修材です。速乾性があり、モルタルやコンクリートの欠損部の補修などで使用されています。
よく練り合わせたエポキシ樹脂モルタルをひび割れのなかに充填して補修します。
熊取町のひび割れを押さえバッカーで奥まで充填
ひび割れの中に空洞ができないよう、押さえバッカーという道具でしっかりと奥まで充填しつつ、表面を平らに均します。

ひび割れ補修完了

熊取町の外壁のひび割れ補修完了!
I様邸は外壁の1階部分と2階部分にひび割れがいくつも発生していましたが、足場を建てて作業したのですべて適切に処置できました。
熊取町の外壁のひび割れ補修完了
ひび割れを補修すると、このように補修した部分が目立ってしまいますので、部分的に塗装することも可能です。今回は、外壁すべてを塗装します。
熊取町の外壁のひび割れに塗装でパターン付けします
ひび割れを補修した箇所は平らで、周囲の外壁には凹凸がありますので、この上に塗装をかけても補修箇所だけ浮いて目立ってしまいます。ですので、塗装の工程で外壁ににた模様を付けて馴染ませます。
熊取町の細いひび割れにはシーリングを
構造クラック以外で、塗料を刷り込んで対応できないひび割れにはシーリングを充填して補修させていただきました。
もちろん、密着性を良くするためにプライマーを塗布してからの作業です。
外壁を塗装するときれいになりますが、実はこういった建物の劣化箇所を補修することも大切です。ひび割れの上から塗装をすると一見きれいに見えますが、防水性能は向上しておらず、同じところからまた割れてくるため、先にきちんと補修しないといけません。街の屋根やさん岸和田店は、一つ一つの工程を確実に行っておりますので安心してお任せください。


この工事の現場ブログ

熊取町のベランダを防水します

2019/11/27/ 熊取町のベランダにひび割れが発生し補修後にウレタン防水します

熊取町のベランダ防水の下地調整の様子をご紹介します。I様よりご相談・お問い合わせをいただいたきっかけは2018年9月に発生した台風21号による風雨被害のことでした。カラーベストの屋根が野地板と一緒に一部風で飛ばされて雨漏りが発生し大変お困り...........

熊取町の外壁塗装

2019/11/26/ 熊取町の付帯部の塗装でベランダの手すりに錆止めを塗布して塗装

熊取町の付帯部の塗装です。付帯部とは建物の屋根と外壁以外の部分のことです。例を挙げると、雨樋、軒天井、雨戸や戸袋、破風板、鼻隠し、水切りなどがあります。屋根や外壁の塗装時には足場を建てることがほとんどですので、その時にこういった付帯部も一緒...........

熊取町の屋根に構造用合板を張って屋根を復旧

2019/11/21/ 熊取町の台風で屋根の一部が飛ばされ雨漏りした屋根の復旧工事

熊取町のスレート屋根の一部修理です。スレートとは厚みが5mm程度の薄い屋根材のことです。2018年9月に発生した台風21号の強風で屋根のスレートと一緒に下地の野地板も飛散してしまいました。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

泉大津市の雨漏り修理に伴うベランダのウレタン防水工事

泉大津市の保護モルタルのベランダです
泉大津市のベランダ防水完了
工事内容
雨漏り修理
防水工事
台風
使用素材
ウレタン樹脂塗膜防水材
築年数
築約45年
建坪
約30坪
保証
3年(雨漏りにおいて)
工事費用
約20万円(税込み)
施工事例

貝塚市の雨漏りしていたベランダにFRP防水を施工しドレンも調整

貝塚市のベランダの下端から雨漏りしています
貝塚市のベランダのFRP防水完了
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
FRP防水材
築年数
約15年
建坪
約20坪
保証
3年
工事費用
約21.5万円(税込み)床補強・ドレン調整費用含む
施工事例

岸和田市上松町のアーバントーンが映える外壁塗装 

岸和田市上松町のアーバントーンが映える外壁塗装の現況
岸和田市上松町のアーバントーンが映える外壁塗装
工事内容
雨樋交換
防水工事
外壁塗装
部分塗装
使用素材
シリコン樹脂系塗料、一部多彩模様アクリルシリコン塗材
築年数
築35年
建坪
約65坪
保証
工事費用
約150万円(税込)

同じ地域の施工事例

施工事例

熊取町の雨漏り修理で棟板金やパラペットの笠木を交換しました

熊取町の棟板金が飛散
熊取町の棟板金交換完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
雨漏り修理
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板・杉貫板・シーリング他
築年数
築約64年
建坪
約30坪
保証
1年
工事費用
約30万円(税込み)
施工事例

熊取町の台風で剥がれたカラーベストを差替えひび割れも補修

熊取町の剥がれたカラーベスト屋根
熊取町の剥がれたカラーベストの貼り替え
工事内容
屋根補修工事
火災保険
台風
使用素材
カラーベスト・シーリング
築年数
約18年
建坪
約18坪
保証
2年
工事費用
約23.5万円(税込み・足場代・ひび割れ補修費用含む)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

泉佐野市のベランダを防水します

泉佐野市のベランダ防水です。H様邸はこの工事で台風被害に遭った屋根を修理し、屋根・外壁塗装を行いました。現地調査でベランダに施工されている防水の劣化も進んでいることが分かったので、塗装後に防水工事を行うことになりました。ベランダや陸屋根は外...........

和泉市の雨漏りの現地調査です

和泉市の雨漏り調査です。U様邸は鉄骨造の2階建てで、裏の敷地に木造1階建ての建物を増築されています。雨漏りしているのは増築部に設置されている洋室のクローゼットの中で、鉄骨造と増築部の取り合いにあたります。

阪南市の外壁の目地のシーリングを打ち直します

阪南市の外壁塗装に伴うシーリング打ち替え工事です。S様邸は築20年が経過し、まだ一度も塗装されておらず、今回が初めての塗り替えです。外壁にはサイディングという外装材を張っており、表面の塗膜が劣化して雨水を吸い込む状態になっていました。塗装前...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747