オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

岸和田市のALCパネルの外壁を超耐候性・変性無機塗料で塗り替え


岸和田市の外壁塗装です。K様邸は台風被害に遭った屋根などを修理し、同時に屋根と外壁の塗装もされました。外壁にはALCパネルを張っていて、塗装前にパネルの継ぎ目に充填しているシーリングを増し打ちしてきちんとメンテナンスしました。その後高圧洗浄で塗装面をきれいに洗浄し、下塗り・中塗り・上塗りで仕上げています。今回使用したのはダイフレックスのスーパーセランフレックスです。超耐候・超低汚染型の変性無機塗料!汚れが付きにくく柔軟性があり、シーリングの上に施工した塗膜のひび割れのリスクを低減することができます。
before1
岸和田市の外壁塗装前の外観
塗装前は、表面の塗膜が傷んで色褪せが進み、汚れが目立ってきて全体的に寂しい雰囲気になっていました。塗膜の劣化のサインであるチョーキングも起こしており「そろそろ塗り替えないと」と塗装を視野に入れていたそうです。

チョーキングとは、劣化した塗膜が粉状になって剥がれてくる現象のことです。
horizontal
after1
岸和田市の外壁塗装後
屋根と外壁を塗装し、美しい外観になりました。
以前よりも濃い色の塗料を採用したので引き締まった印象になりましたね!
柔軟性がある塗料ですので、地震の揺れを受けた時に、目地に充填しているシーリングの表面の塗膜がひび割れる心配がなく長持ちします。
表面は艶があり、雨水をしっかりと弾いてくれます。

外壁塗装の様子

岸和田市の雨戸やベランダも洗浄
塗装工事では必ず高圧洗浄を行います。
K様邸は屋根も塗装したので、屋根から順にきれいに洗浄していきました。
高圧洗浄を行わず、そのまま塗装すると塗料の間に汚れなどが絡んで仕上がりに悪影響をあたえるばかりか、せっかく塗った塗料が剥がれる原因になってしまいます!
高圧洗浄の工程を省くとその分費用は抑えられますが、塗膜が長持ちしないので元も子もありません。
岸和田市の軒天井の継目にシーリング充填
高圧洗浄で塗装面を洗浄して状態を整えてから、軒天井の板の継ぎ目や補修が必要な箇所にシーリングを充填して処置しました。
外壁のALCパネルの継ぎ目等はあらかじめ防水職人が増し打ちや打ち替えを行っており、塗装をする準備ができています。
岸和田市の外壁を下塗り
窓周りや雨樋などの外壁以外の部分を塗料で汚さないようにシートをかけて養生(保護)してから塗装スタートです。

まずは下塗りです。屋根や外壁の塗装では、下塗り・中塗り・上塗りの工程があります。
下塗りは塗装面の状態を整えて、上に塗る塗料を素地にしっかりと密着させるための工程です。下塗りに不備があると塗膜が剥がれる原因になってしまいますので、丁寧に作業しないといけません。
岸和田市の外壁を中塗り
下塗りの次は中塗りです。

中塗りと上塗り塗料は基本的に同じ塗料を塗り重ねます。同じ塗料を塗り重ねることで塗りムラのない美しい仕上がりになります。
中塗りの段階でお好みの色に着色することができるので、塗り替えの際に外観のイメージチェンジをされる方も多くおられます。
岸和田市で使用するきれいな緑色の塗料です
K様は、「白だと現状と同じで代わり映えしないので、違う色を塗りたいんだけどよくわからないので、何度も現場を見られている親方さんのセンスにお任せします」
とのご希望で、外壁の色や軒天井、雨戸などの付帯部の色をこちらでご提案させていただきました。

既存の外壁は白でしたが、次は落ち着いた緑色の外観になります。汚れが目立ちにくいのも嬉しいですね!
岸和田市の外壁を上塗りで色を塗り重ねます
中塗り後、乾燥させてから上塗りします。
塗料の耐候性や耐汚染性などの性能を発揮させるためには、塗膜に既定の厚みが必要です。1回塗っただけでは塗膜が薄く、規定を満たさないので、中塗りを乾燥させてからもう一度塗り重ねて塗膜に厚みを持たせます。
同じ色を塗り重ねることでムラなくきれいに仕上がり、に美観性も確保できます。
岸和田市の軒天井を塗装します
軒天井(外壁より突き出た部分の天井)も外壁と同様に下塗り・中塗り・上塗りで仕上げます。
軒天井の色は外壁よりも少し濃い緑でメリハリを付けました。
K様邸の軒天井は化粧板を張っている仕上げでしたが、長年外気に晒される中で傷んできていたので、表面を塗膜で覆ってあげると保護されるので劣化を遅らせることができます。
岸和田市の外壁との見切りは濃い色で塗装
外壁と軒天井との間に取り付けられた木製の見切り材は、雨樋等と同じ、濃い茶色で塗装して引き締めました。
外壁と軒天井が緑系の色なので、見切りを濃い色にすることでぼやけず引き締まります。
色決めの段階で建物の全体的なバランスを見て外壁や軒天井、雨樋や雨戸などの付帯部の色を決めています。
岸和田市の破風板や雨樋も塗装します
外壁塗装後、付帯部分の塗装を粉います。付帯部分とは外壁に付帯している部分のことで、軒天井も付帯部に含まれますが、外壁の塗装の流れで一緒に塗り込みました。

雨樋や雨戸、小屋裏換気口、換気フードカバー、庇、鼻隠しなどを塗装して仕上げます。
鼻隠しとは軒樋(横方向の雨樋)の下地になっている長い板のことで、軒樋で隠れている為あまり目立ちませんが、塗装することで雨水から守られて長持ちします。塩ビ製の雨樋も紫外線に直接あたると劣化が進んで割れやすくなるため、塗膜で覆ってメンテナンスすることをお勧めしています。
岸和田市の雨戸は目粗ししてから塗装
雨戸はアルミ製の場合は敢えて塗装しないことが多いのですが、鉄製の雨戸は塗装でメンテナンスします。
表面を紙やすりなどでこすって目粗ししてから塗装すると塗料がしっかりと密着して美しく仕上がります。
外壁がきれいになった時に雨戸だけが古いととても目立ってしまいますので、美観性を向上させるためにも一緒に塗ることがほとんどです。
岸和田市の換気フードカバーも塗装
換気フードカバーも塗装しました。

雨戸以外の付帯部の塗装は、このように濃い色か白などのシンプルな色で揃えることがほとんどです。色んな色を追加すると全体的なバランスが崩れてすっきりと仕上がりません。
岸和田市の外壁塗装完了
屋根・外壁、付帯部を塗装し、塗り替え完了です!
重量鉄骨造特有の、どっしりとした重厚感が引き立った仕上がりになりました。汚れが付きにくい塗料ですので、きれいな状態が長く続きますし、柔軟性を備えていますので塗膜のひび割れのリスクを低減できます。

白から落ちついた緑色の外観にイメージチェンジした塗り替えになりました。

次はベランダ防水の様子をご紹介します。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

熊取町の屋根と外壁塗装のビフォーアフターを施工事例でご紹介!

熊取町の化粧スレートの屋根
熊取町の屋根の板金もきれいになりました
工事内容
外壁塗装
屋根塗装
その他塗装
使用素材
屋根・・ニッペ(日本ペイント)サーモアイSi 外壁・・ダイフレックス、アーバントーン
築年数
築18年
建坪
約19坪
保証
屋根・・5年 外壁・・5年
工事費用
足場費用・約20万円 屋根塗装・約39万円 外壁塗装・108万円 シーリング打ち替え・25万円(税込)
施工事例

和泉市のスレート屋根を日本ペイントの遮熱塗料サーモアイSiで塗装

和泉市の塗装前の屋根
和泉市の塗装後の屋根
工事内容
破風板板金巻き工事
外壁塗装
屋根塗装
使用素材
屋根・・日本ペイント・サーモアイSi(下塗り材・サーモアイシーラー)外壁・・ダイフレックス・アーバントーン ガルバリウム鋼板 
築年数
約38年
建坪
約45坪
保証
屋根・・5年 外壁・・5年
工事費用
足場・約35万円 屋根・約57万円 外壁(付帯部含む)・約177万円 板金工事・約32万円(すべて税込み)
施工事例

岸和田市のALC外壁の塗装前に目地のシーリング工事を行いました

岸和田市の改修前の外壁の目地
岸和田市の外壁の目地改修後
工事内容
防水工事
外壁塗装
使用素材
シーリング、多彩模様塗料(下塗り・中塗り・上塗り)
築年数
築26年
建坪
保証
外壁塗装5年
工事費用
シーリング工事・・約72万円 足場費用・・約39万円 外壁塗装・・約180万円(すべて税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

岸和田市のベランダ防水でウレタン防水を施工し雨漏りが止まりました

岸和田市のベランダ防水前
岸和田市のベランダ防水後
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
ウレタン防水材・カチオンフィラー・プライマー・シリング・トップコート
築年数
約42年
建坪
約17坪
保証
2年
工事費用
約14.7万円(税込み)
施工事例

岸和田市で勝手口に木製の庇を設置!屋根は波板で仕上げました!

岸和田市の勝手口
岸和田市の勝手口の前に庇を取付け
工事内容
その他の工事
使用素材
下地材木・ポリカ波板・木下地用波板ビス・キシラデコール・塩ビ雨樋
築年数
約60年
建坪
約25坪
保証
2年
工事費用
約9.3万円(税込)
施工事例

岸和田市の雨漏り修理で窓周りと庇のシーリングを打ち替え!

岸和田市の庇の取り合いのシーリングが劣化
岸和田市の庇の取り合いのシーリングを打ち替え
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
シーリング・プライマー
築年数
約36年
建坪
約18坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・7.7万円 雨漏り修理・・13.6万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

熊取町の外壁に石目調の模様が付きました

熊取町にお住いの方で外壁塗装をご検討されている方はおられますか?今回の現場ブログでは、熊取町で行ったサイディングの外壁塗装の様子をご紹介します。I様邸の既存の外壁はレンガ調の模様が入っていましたが、上から塗装すると基本的には模様が塗膜で隠れ...........

熊取町の外壁の目地のシーリングを打ち替えます

熊取町の皆さまこんにちは!サイディングの外壁で、目地のシーリングの劣化が気になっている方はおられますか?最近の塗料は性能が向上して塗膜の劣化が目立たなくなってきているので、あまり古くなった印象を受けないかもしれません。ですが、サイディングの...........

貝塚市の外壁を塗装します

貝塚市で行った外壁塗装の様子をご紹介します。T様邸はプレキャストコンクリート造の2階建ての長屋です。  プレキャストコンクリートとは?  規格サイズの壁などの部材をあらかじめ工場で製造して、現場で組み立てるコン...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747