貝塚市の外壁と基礎に発生したクラックをカッター切りして補修!


貝塚市の外壁・基礎に発生したクラックを補修
貝塚市で行う耐震工事の中の外壁と基礎に発生したクラック(ひび割れ)の補修の様子をご紹介します。
I様邸はこの耐震工事で屋根と外壁を塗装し、ベランダ防水、耐力壁の設置、内装改修などを行います。

クラック発生状況

貝塚市の外壁に大きなクラックがあります
I様邸の外壁はモルタルの塗り壁で、表面の塗膜が劣化してチョーキングを起こし、密着力が低下して基礎から外壁の下端にかけて塗膜が浮いてポロポロと剥がれてきている状態でした。また、外壁と基礎両方に大きなクラックがいくつも発生しており、建物の耐久性に影響を及ぼす可能性があるのですべて補修することになりました。外部のクラックのように、建物の劣化事象を改善することで耐震診断の評点が上がります。
貝塚市の外壁で横方向のクラックは雨水を受けてしまいます
外壁のクラックの中で、以前補修されている箇所がありましたが、今回の工事で適切な方法で再補修させていただきます。
このように横方向のクラックの場合、壁を伝ってきた雨水を受けてしまうかたちになりますので、内部に浸入しやすい状態ですので注意が必要です。
貝塚市の基礎にもクラックが発生
基礎に発生したクラックです。外壁から基礎にかけて大きなクラックが生じており、塗膜も浮いて剥がれてきています。

基礎部分のクラックを見つけると「家が傾くのでは?」と心配されるかと思います。基礎に発生したクラックを放置し続けると、雨水が浸入したり、建物の耐震性の低下など様々な悪影響を引き起こす可能性があります。しかし、基礎のクラックがすべて危険なものとは限りません。街の屋根やさん岸和田店では耐震診断士による調査の後、適切な処置をご提案させていただいております。

クラック補修状況

貝塚市の外壁のクラックのカッター切作業
クラックには幅の細いものから広いものまで様々ですが、幅が0.3mm以上、深さが5mm程度のクラックは構造クラックの可能性が高いので補修が必要です。
まずは、クラックに沿って電動カッターで切り込みを入れて7溝を広げる作業を行います。
貝塚市の基礎部分のクラックもカッター切り
基礎部分に発生したクラックも同様に、電動カッターで溝を広げる作業を行います。
溝を広げる、ということはクラックを大きくすることですので、不安になるかもしれませんが、この後にとても強い補修材を十分に充填するために必要な工程です。
貝塚市のクラック内部を刷毛で粉塵を取り除きます
クラックをカッター切りした後、クラックの溝の中溜まった粉塵などを刷毛できれいに掃き出します。

溝の中に粉塵が溜まったまま補修材を充填すると密着性が低下してすぐに剥がれる可能性があるため、きちんと掃除しないといけません。
貝塚市の外壁のクラックにプライマーを塗布します
続いて、クラックに沿ってプライマーを塗布します。
プライマーとは、接着剤のような塗料で、この上に充填する補修材をしっかりと密着させるためのものです。
プライマーに塗りムラがあると、剥がれなどの不具合の原因になりますので、刷毛を往復させて丁寧に塗布することが大切です。
貝塚市の基礎のクラックにもプライマーを塗布
同じく、基礎部分に発生したクラックにもプライマーを塗布します。
プライマーはクラック補修で重要な役割がありますので、省くことはありません。
貝塚市で使用するエポキシ樹脂モルタルです
続いてエポキシ樹脂モルタルを充填します。
エポキシ樹脂モルタルは、主剤と硬化剤を規定量計測して十分に混ぜ合わせて使用します。
速乾性があり、コンクリート、モルタルの天井や壁の補修で使用しても垂れてこず、高強度を持つ優れた補修材です。
貝塚市の外壁のクラックにエポキシ樹脂モルタルで補修
エポキシ樹脂モルタルをクラックの溝に充填します。
溝の奥に空洞ができると意味がありませんので、ヘラなどを用いて奥まで押し込みながら充填します。
貝塚市の基礎のクラックも補修しました
基礎のクラックにもエポキシ樹脂モルタルを充填して補修しました。
外壁、基礎部に発生したクラックで補修が必要な箇所はこのようにきちんと補修させていただいております。
クラックをカッター切して補修すると、補修箇所が目立ってしまいますので、外壁を塗装する時に補修することがほとんどです。補修箇所をパターン付け(塗料を用いて既存の外壁に似た模様を付ける作業)してから塗装することで、補修箇所が目立たなくなります。I様邸もこの後に塗装を施しました。

外壁のクラックを放置すると、雨漏りを引き起こしたり、建物の重要な木部を腐食させるなど、悪影響を与えてしまいますので、外壁のクラックで不安を感じることがありましたらご相談ください。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市上松町のアーバントーンが映える外壁塗装 

岸和田市上松町のアーバントーンが映える外壁塗装の現況
岸和田市上松町のアーバントーンが映える外壁塗装
工事内容
雨樋交換
防水工事
外壁塗装
部分塗装
使用素材
シリコン樹脂系塗料、一部多彩模様アクリルシリコン塗材
築年数
築35年
建坪
約65坪
保証
工事費用
約150万円(税込)
施工事例

岸和田市真上町の屋根塗装と外壁防水もした外壁塗装

岸和田市真上町の屋根塗装と外壁防水もした外壁塗装
岸和田市真上町の屋根塗装と外壁防水もした外壁塗装
工事内容
防水工事
外壁塗装
屋根塗装
部分塗装
使用素材
屋根・・当社推奨遮熱塗料 外壁・・当社推奨シリコン塗料
築年数
25年
建坪
33坪
保証
10年(耐久年数13年)
工事費用
約180万円(税込、クロス貼替含む)
施工事例

岸和田市春木本町のしっかりとひび補修もした外壁塗装

岸和田市春木本町のしっかりとひび補修もした外壁塗装
岸和田市春木本町のひび補修と外壁塗装
工事内容
漆喰詰め直し
雨漏り修理
防水工事
外壁塗装
部分塗装
使用素材
当社推奨セラミックシリコン
築年数
30年
建坪
35坪
保証
10年(耐久年数13年)
工事費用
約130万円(税込)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

泉大津市のベランダを防水します

泉大津市のベランダ防水工事です。Y様邸は以前から時々、ベランダの下にある洋室の天井に雨漏りされていました。ご自身で修理しながら様子を見られていましたが、台風でひどくなったのでご相談をいただきました。Y様邸のベランダは防水層の上に保護モルタル...........

泉大津市の雨漏りのご相談

泉大津市のY様邸の雨漏りの現地調査です。以前からベランダの下にある洋室の天井に雨漏りしていたのですが、雨漏りする時としない時があり様子を見られていたそうです。台風の時に雨漏りがひどくなり、ご相談をいただきました。

忠岡町のベランダを防水します

忠岡町のベランダ防水工事のご紹介です。T様邸はこの工事で内装リフォームと外壁塗装を行うことになりました。外壁を塗装する前に古くなったベランダを防水します。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747