オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

岸和田市の外壁のひび割れ修理でエポキシ樹脂モルタルを充填しました!


岸和田市で塗装前にひび割れを補修します
岸和田市の屋根葺き替えや外壁塗装等の工事で前回、屋根の葺き替えの様子を詳しくご紹介しました。
今回は、外壁塗装前の躯体補修をお伝えします。

N様邸の外壁はモルタルの塗り壁で、クラック(ひび割れ)がいくつかありました。
髪の毛ほどの細いひび割れなら弾性塗料で補えますが、幅が広いひび割れは適切な処置を施さないといけません。
岸和田市の外壁のひび割れを補修します!
幅の広いひび割れを放置すると、そこから雨水が浸入し、壁の内側を濡らして重要な木部を腐食させたり、部屋内に雨漏りする可能性もあります。
ひび割れの上から塗装をかけると一見きれいに見えますが、ひび割れが修復されるわけではないので、また同じ状態になってしまいます。
ですので、塗装前にひび割れをきちんと補修することが大切です。
岸和田市の外壁のひび割れをカッター切してひび割れ面を広げます!

それでは、外壁のひび割れの補修の様子を分かりやすくご紹介します。

まず、ひび割れ面に沿ってグラインダー(電動カッター)の刃を入れて、ひび割れ面を広げます。
「これ以上ひび割れを大きくするなんて!」と心配されるかもしれませんが、大きなひび割れがこれ以上広がらないように強い補修材で補修するためには、必須の工程なのです。
岸和田市の外壁のひび割れをV字またはU字にカットします

ひび割れをカッター切りした後の様子です。
ひび割れの奥に向かって、U字またはV字にカットします。

こうすることでひび割れ面の入り口が広がり、補修材が詰めやすくなります。
尚且つ、ひび割れの溝が広がるということは、補修材を奥まで十分充填でき、厚み保てるということになります。
岸和田市で使用する接着材の役割があります
ひび割れをカッター切した後、溝の中に溜まった粉塵を刷毛できれいに掃除し、プライマーを塗布します。

プライマーとは、接着剤の役割がある透明の塗料で、補修材をくっつけてくれます。
岸和田市の外壁のひび割れにプライマーを塗布します
プライマーをひび割れの溝の中にムラなく塗布します。
塗りムラがあると、この後に充填する補修材がしっかりと密着しないので、刷毛を往復させて丁寧に塗り込むことが大切です。
岸和田市で使用するエポキシ樹脂モルタルの練り混ぜ
続いて、ひび割れに補修材を充填します。
今回使用する補修材はエポキシ樹脂モルタルという高強度の補修材です。
主剤と硬化剤の二つを練り混ぜることで化学反応を起こし、強い補修材になります。
エポキシ樹脂モルタルは非常に軽いので、モルタルの欠損部分の復旧でも建物に負担をかけません。
岸和田市の外壁のひび割れにエポキシ樹脂モルタルを押さえながら充填します
ひび割れ面にプライマーを塗り込んでから、よく練り混ぜたエポキシ樹脂モルタルを充填します。

溝の中に空洞ができないようにヘラや金鏝を使って押さえながら充填します。

エポキシ樹脂モルタルはとても強い補修材なので、この部分が再度割れることはありません。それくらい強い補修材ということです。
岸和田市の外壁のひび割れを塗料でパターン付けします
ひび割れを補修した面は平らなので、この後塗装するとはいえ、このままだととても目立ってしまいます。
ですので、塗装時に既存の外壁に馴染むようにパターン付け(模様付け)して塗装します。
そうすると、全く目立たなくなるわけではありませんが、パターン付けしないよりははるかに仕上がりが良くなります。

外壁塗装工事は、塗装をしてしまうと見た目がきれいになるので、その時は満足されると思いますが、建物の傷んだ部分を補修してから塗装しないと意味がありません。
ひび割れや雨漏りなど、問題がある部分がきちんと改善されないと建物の防水性能が高くならないからです。

街の屋根やさん岸和田店は、事前の調査で建物全体をしっかりと確認し、より良いご提案と、質のいい工事をご提供しておりますので、塗装をご検討されている方がおられましたらお気軽にご相談くださいね。




同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市の雨漏り修理でベランダに補強のメッシュを敷いて防水!

岸和田市のベランダ防水前
岸和田市のベランダ防水後
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
ウレタン樹脂塗膜防水材・カチオンクリート・トップコート・プライマー・コーキング
築年数
約26年
建坪
約23坪
保証
2年
工事費用
約31万円(税込み)
施工事例

阪南市の雨漏りしていたベランダをビッグサンコートで防水!

阪南市のベランダ現況
阪南市のベランダ防水完了後
工事内容
雨漏り修理
防水工事
火災保険
台風
使用素材
シーリング・プライマー・ビックサンコート(液体・粉材)・トップコート
築年数
築38年
建坪
約28坪
保証
2年
工事費用
約17万円(税込み)
施工事例

岸和田市のALC外壁の塗装前に目地のシーリング工事を行いました

岸和田市の改修前の外壁の目地
岸和田市の外壁の目地改修後
工事内容
防水工事
外壁塗装
使用素材
シーリング、多彩模様塗料(下塗り・中塗り・上塗り)
築年数
築26年
建坪
保証
外壁塗装5年
工事費用
シーリング工事・・約72万円 足場費用・・約39万円 外壁塗装・・約180万円(すべて税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

岸和田市の雨漏り修理で銅板晒し葺きの屋根の棟を修理しました

岸和田市の修理前の銅板屋根
岸和田市の修理後の銅板屋根
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
銅板・シーリング
築年数
築35年
建坪
約50坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・19.8万円 屋根修理費用・・24.8万円(すべて税込み)
施工事例

岸和田市で強風で屋根のケラバ水切りが剥がれたので交換しました

岸和田市のケラバ水切りが貫板と一緒に飛散
岸和田市のケラバ水切りを復旧
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板製ケラバ水切り・下地
築年数
約23年
建坪
約23坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・14.8万円 屋根修理費用・・9.9万円(ともに税込み)
施工事例

岸和田市の雨漏り修理でベランダに補強のメッシュを敷いて防水!

岸和田市のベランダ防水前
岸和田市のベランダ防水後
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
ウレタン樹脂塗膜防水材・カチオンクリート・トップコート・プライマー・コーキング
築年数
約26年
建坪
約23坪
保証
2年
工事費用
約31万円(税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

雨水は屋根から入るだけではありません

阪南市のベランダ防水工事の様子をご紹介します。I様邸は台風の時にベランダの下のお部屋で雨漏りしました。「雨漏りしたので自分でひび割れにシーリングを打ってブルーシートをかけたら止まったんです」とのことで様子を見られていたそうですが、被害を受け...........

貝塚市の1階のリビングの窓から雨漏り発生

貝塚市のY様より「台風の後の長雨から1階のリビングの窓から雨漏りするんです」とのご相談をいただき現地調査にお伺いしました。Y様邸は木造・2階建ての住宅で、外壁はジョリパッドというアクリル系の壁の仕上げ材を塗装しています。

火災保険の請求期限

阪南市のI様より「台風でベランダの波板が剥がれて、1階の事務所の天井に雨漏りしてるんです」とのご相談をいただき雨漏り調査にお伺いしました。台風の後、お仕事が忙しくてそのままの状態だったそうですが、火災保険の申請をしないといけないので被害を受...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747