オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

泉佐野市のベランダにひび割れが生じFRP防水を施工しました


泉佐野市のベランダ防水です。H様邸はこの工事で台風被害に遭った屋根を修理し、屋根・外壁塗装を行いました。現地調査でベランダに施工されている防水の劣化も進んでいることが分かったので、塗装後に防水工事を行うことになりました。

ベランダや陸屋根は外部に面していますので、必ず防水が施されています。各建物によって防水工法は様々で、メンテナンスする時には同じ防水工法を用いることがほとんどです。
泉佐野市のベランダを防水します
H様邸のベランダには、FRP防水が施工されていました。
FRPとは、繊維強化プラスチックのことで、簡単にお伝えすると、ガラス繊維で強化されたとても強いプラスチックのことです。FRPを使用した防水は耐久性があることから、水漏れしてはいけない部分、浴槽や船体、プールなどにも用いられています。
泉佐野市のベランダの床面にひび割れが生じています
FRP防水は頑丈ですが、硬いがゆえに地震時の大きな揺れや強風を受けた時に、割れてしまうことがあります。伸縮性がほとんどありませんので、建物が変形した時に追従せず、割れたりヒビが入ることがあるのです。
H様邸のベランダは、表面のトップコートがひび割れて、防水層であるFRP樹脂も割れている箇所があったため、防水をし直すことになりました。
泉佐野市のベランダのケレン.清掃
まずは防水面のケレン・清掃です。
傷んだ塗膜を剥がし、不良部を含めて全体的にサンダーで研磨して平滑に整えながら目粗ししていきます。
目粗しとは、表面に細かい傷をつける作業のことで、この上に施工する防水層をしっかりと密着させるための工程です。
このように下地をきちんと整えてから新しい防水を施工しないと、健全な防水層を形成することができません。
泉佐野市のベランダアセトン拭き掃除
ケレン・清掃した後、アセトン拭き掃除を行います。
アセトンは強い引火性があるため危険物として取り扱いに規定があります。
アセトンでFRP防水の表面の油膜を取り除いて下地を整えます。
ケレンやサンダーかけ、アセトン拭き掃除の工程を省くと、後の剥がれの原因になりますので重要な工程です。
泉佐野市のベランダにプライマー塗布
下地を調整した後、プライマーを塗布します。
プライマーは接着効果のある塗料で、この上に施工する防水層をしっかりと密着させるための工程になります。
ベランダの立ち上がり部から床にかけて塗りムラなく丁寧に塗布していきます。
泉佐野市のベランダの下塗り状況
プライマー塗布後、防水用ポリエステル樹脂に硬化剤を規定量加えてよく混ぜ合わせたものをローラーで塗布します。
この上にガラスマット(補強繊維)を敷き込んで密着させることで頑丈なFRP樹脂の防水層を形成することができます。
泉佐野市のベランダにガラスマットを貼ります
ガラスマットを敷いて、更にその上から先ほどのポリエステル樹脂をローラーで塗布してマットを密着させます。右下に見えているのは硬いローラーで、ガラスマットを貼った後からこのローラーで脱泡しながら貼り進めていきます。脱泡の作業を怠ると、防水層の中に空気が溜まり後の不具合の原因になります。
泉佐野市のベランダの中塗り状況
ガラスマットを施工し、FRP樹脂の防水層を形成した後、表面を保護するために塗装します。
FRP樹脂は紫外線に晒されると劣化が進みますので、直接あたらないように塗膜で保護しないと長持ちしません。
泉佐野市のベランダのトップコート塗布状況
中塗り乾燥後、もう一度塗り重ねます。一番上に塗る塗料のことを「トップコート」と言います。呼び方が異なるだけで、中塗りと同じ保護塗料を使用しています。
泉佐野市のベランダ防水完了
トップコートを乾燥させ、防水工事完了です。

外装のリフォームは屋根や外壁の塗り替えだけでなく、屋上や陸屋根、ベランダの防水も重要なメンテナンス部位です。雨漏りは屋根や外壁から発生するだけでなく、ベランダの防水が傷んだことにより発生するケースも多くみられます。

街の屋根やさん岸和田店はFRP防水に限らず様々な防水工法を取り扱っております。
「うちのベランダ、もう何年も防水していないけど大丈夫かな?」と心配されている方は街の屋根やさん岸和田店にお気軽にご相談ください。

この工事の現場ブログ

泉佐野市の板金も補強したので安心です

2020/05/19/ 泉佐野市のモルタル外壁の塗装でイメージを変えずに塗装しました

泉佐野市の外壁塗装です。H様の初めのご相談は、台風被害のことでした。スレートの屋根の棟板金が飛散する被害に遭い、その時のご相談でそろそろ塗装の時期に来ているので検討している、とのお話があり、同時に塗装も行うことになりました。前回の記事でスレ...........

泉佐野市のベランダを防水します

2020/05/20/ 泉佐野市のベランダにひび割れが生じFRP防水を施工しました

泉佐野市のベランダ防水です。H様邸はこの工事で台風被害に遭った屋根を修理し、屋根・外壁塗装を行いました。現地調査でベランダに施工されている防水の劣化も進んでいることが分かったので、塗装後に防水工事を行うことになりました。ベランダや陸屋根は外...........

泉佐野市の屋根を洗浄します

2020/05/01/ 泉佐野市の厚型スレートの塗り替えでタスペーサーを入れました

泉佐野市の屋根塗装です。H様邸は台風で棟の板金が一部落下し、その時の現地調査で屋根と外壁の塗装のご相談があり、塗り替え工事に至ります。この記事では、高圧洗浄から屋根の塗装までの様子をご紹介します。屋根材は厚型スレートという厚みのある平型のス...........

同じ工事を行った施工事例

施工事例

泉大津市の雨漏り修理に伴うベランダのウレタン防水工事

泉大津市の保護モルタルのベランダです
泉大津市のベランダ防水完了
工事内容
雨漏り修理
防水工事
台風
使用素材
ウレタン樹脂塗膜防水材
築年数
築約45年
建坪
約30坪
保証
3年(雨漏りにおいて)
工事費用
約20万円(税込み)
施工事例

貝塚市の雨漏りしていたベランダにFRP防水を施工しドレンも調整

貝塚市のベランダの下端から雨漏りしています
貝塚市のベランダのFRP防水完了
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
FRP防水材
築年数
約15年
建坪
約20坪
保証
3年
工事費用
約21.5万円(税込み)床補強・ドレン調整費用含む
施工事例

岸和田市上松町のアーバントーンが映える外壁塗装 

岸和田市上松町のアーバントーンが映える外壁塗装の現況
岸和田市上松町のアーバントーンが映える外壁塗装
工事内容
雨樋交換
防水工事
外壁塗装
部分塗装
使用素材
シリコン樹脂系塗料、一部多彩模様アクリルシリコン塗材
築年数
築35年
建坪
約65坪
保証
工事費用
約150万円(税込)

同じ地域の施工事例

施工事例

泉佐野市のスレート屋根とモルタル外壁を既存と同じ雰囲気で塗り替え

泉佐野市の厚型スレートの屋根です
泉佐野市のタスペーサーを入れた厚型スレート屋根の塗装 お客様の声
工事内容
屋根補修工事
外壁塗装
屋根塗装
台風
使用素材
日本ペイント・サーモアイSi 
築年数
約20年
建坪
約40坪
保証
工事費用
約150万円(足場代含む)
施工事例

泉佐野市俵屋の屋根塗装で耐久性のある屋根になりました!

泉佐野市俵屋で遮熱塗料での屋根塗装着工
泉佐野市俵屋で屋根の上塗り塗装に入りました!
工事内容
屋根塗装
使用素材
シリコン樹脂系塗料
築年数
築16年
建坪
35坪
保証
工事費用
約42万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

和泉市の雨漏りの現地調査です

和泉市の雨漏り調査です。U様邸は鉄骨造の2階建てで、裏の敷地に木造1階建ての建物を増築されています。雨漏りしているのは増築部に設置されている洋室のクローゼットの中で、鉄骨造と増築部の取り合いにあたります。

阪南市の外壁の目地のシーリングを打ち直します

阪南市の外壁塗装に伴うシーリング打ち替え工事です。S様邸は築20年が経過し、まだ一度も塗装されておらず、今回が初めての塗り替えです。外壁にはサイディングという外装材を張っており、表面の塗膜が劣化して雨水を吸い込む状態になっていました。塗装前...........

和泉市の1階の天井から雨漏り発生

泉南市のベランダ防水です。M様邸は、台風でベランダの下にある洋室の天井から雨漏りが発生しました。M様邸のベランダは防水層の上に保護モルタルを敷いている形状で、床や壁の立ち上がり部にひび割れが生じていました。立ち上がり部は通常の雨の時はあまり...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747