オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

岸和田市の銅板の屋根から雨漏りが発生し棟を修理しました!


岸和田市H様邸の銅板晒し葺きの屋根の雨漏り修理です。小屋裏に雨漏りが発生し、ご相談をいただきました。
小屋裏を確認させていただいた時に棟付近から雨水が浸入して形跡があり、足場を建てて屋根を確認すると、棟の幅が広く雨水が溜まりやすい形状になっていることが分かりました。また、棟に施工している銅板の継ぎ目や棟と屋根面との取り合い部に打ち付けられた釘頭などをシーリングで防水していたのですが、そのシーリングが傷んで雨水が入っている可能性がありました。この工事では、棟の継ぎ目に銅板を被せて取付け、釘頭が雨水に晒されないように銅板で覆います。また、経年で割れた箇所はシーリングを充填して補修させていただきました。

※棟とは屋根の頂点の三角になった部分のことです
岸和田市の棟まで屋根足場を設置しました
現地調査の時に、屋根が急こう配で上がることができず、足場を設置してからきちんと点検させていただきました。
雨漏りしている屋根面に屋根足場を設置したので、棟まで安全に行き来することができます。

H様邸の屋根は銅板の晒し葺きです。銅板晒し葺きの屋根は、一定の大きさの銅板を加工し、四方を折り曲げてそれぞれ組み合わせながら葺いています。
銅板は、軽くて長持ちすると言われており、昔は屋根や雨樋などに多く用いられていました。経年で銅が酸化すると緑青(ろくしょう)と呼ばれる青緑色の錆に覆われて、内部の腐食を防ぐ効果があるとされていましたが、近年の酸性雨や、相性が悪い屋根材(瓦)と組み合わせることで穴があくという事例もあります。H様邸の屋根はきれいな緑青覆われており、穴があいている箇所はありませんでした。
岸和田市の棟の際の釘頭のシーリングも剥がれています
H様邸で発生した雨漏りは棟付近からです。
まずは、棟と屋根面との取り合いに打ち付けられた釘頭や銅板の継ぎが雨水に晒されないように、新しい銅板を被せる工事を行います。

棟のすぐ下の屋根面に打ち付けられた釘は、天を向いている為、雨水が染み込みやすいのでシーリングを充填されていたようですが、劣化してほとんど意味をなしていない状態です。
岸和田市の不具合部を銅板で覆います
銅板をL字型に加工し、既存の棟の銅板の隙間に差し込んで不具合部を覆います。
L字型の銅板を棟の隙間に差し込まず手前に取付けてしまうと雨水を受けることになってしまうので、雨漏りが悪化する危険性があります。
雨水が入る可能性がある箇所を単純に覆えばいいという訳ではなく、雨仕舞が良くなるように工夫しないといけません。
(雨仕舞とは雨水が内部に浸入しないようにすることです)
岸和田市の銅板葺きの屋根に加工した銅板を取付けます
事前の調査で計測し、銅板を加工してご用意しました。

銅板は柔らかく扱いやすい為、現場で加工することも可能ですが、あらかじめ用意をしていた方が当日の作業がスムーズに進みます。
新しい銅板は金色でピカピカに光っています。この銅板が月日とともに変化していく過程も趣があります。
岸和田市の棟にシーリングを充填
むき出しになっていた釘頭や棟の際の銅板の継ぎ目にシーリングを充填して防水し、その周囲にもシーリングを充填して新しい銅板を密着・固定させていただきます。
この時、シーリングを屋根の流れに対して横方向に充填すると、万が一銅板の内側に雨水が入った時に雨水が溜まってしまい、雨漏りの原因になることがありますので、必ず流れと同じ方向に充填しないといけません。
岸和田市の銅板の間に差し込みます
加工した銅板を既存の棟の隙間に差し込んで固定します。
釘を使うと雨漏りのリスクが高くなってしまうため、シーリングのみで固定させていただきます。
岸和田市の棟に銅板を折り返して引っかけます
棟の隙間に銅板を差し込み、反対側を折り返して棟の下の屋根面に葺いている銅板に引っかけて固定します。これにより、風で銅板がバタつくのを防ぐことができます。
岸和田市の棟に銅板を継いで取付けます
棟は長さがあるため、数枚の銅板を継いで取付けていきます。
事前にきちんと計測していますので、折り返している部分がピタッと納まります。このように銅板で覆うことで、天を向いた釘頭や劣化部分が隠れますので、雨水の浸入を防ぐことができます。反対側の棟の際も同じように銅板で覆いました。
岸和田市の棟に継ぎ目のシーリングが傷んでいます
続いて棟の補修です。

棟の銅板の継ぎ目に充填されていたシーリングが傷んで割れていている状態でした。
岸和田市の棟の頂部が広いので雨水が溜まりやすい形状です
H様邸の棟は幅が広い為、雨水が棟に溜まりやすい形状です。そして、銅板は夏や冬の温度差で伸縮しますので、へこんでしまうとそこに雨水が長い時間滞在することになります。また、銅板の継ぎ目で伸縮すると、雨水が流れ込む危険性もあります。
岸和田市の棟の継ぎ目に銅板を取付けて防水
棟の銅板の継ぎ目から雨水が入りやすい形状ですので、継ぎ目を銅板で覆って防水することになりました。

継ぎ目にシーリングを充填して防水することも可能ですが、また同じようにシーリングが劣化すると雨漏りしてしまう可能性があるため、継ぎ目を覆うことになりました。また、棟の端から端まで銅板で覆うこともできましたが、周囲の銅板がまだ使えそうだったので、部分補修のご提案をさせていただきました。
岸和田市の棟の継ぎ目にシーリングを取付けて銅板を固定
カットした銅板を劣化した棟の継ぎ目にあてて、シーリングを充填して密着・固定しました。
岸和田市の既存の銅板に引っかけています
銅板の両端を折り曲げて既存の銅板に引っかけて固定しています。
岸和田市の銅板の取り合いにシーリング充填
既存の棟の銅板と、新しく取付けた銅板との取り合いにシーリングを充填してしっかりと防水しました。
これで、棟に雨水が溜まっても取り合いから雨水が流れ込む心配がありません。既存の継ぎ目や、銅板を接着する際にもシーリングを使用していますので、更に防水性が向上しています。
岸和田市の銅板が波打っています
棟の他に、屋根面にも雨水が入る可能性がある箇所がありました。
銅板は夏や冬など、温度の変化で伸縮します。その影響で屋根面が波打ち、力が集中した部分に亀裂が生じていました。
岸和田市の銅板が割れています
小さな亀裂ですが、毛細管現象を引き起こして雨水が内部に廻ることがあります。
毛細管現象とは、細い隙間に水分が引き上げられる現象のことです。この症状を改善するには屋根を葺き替えたり、カバー工法で屋根全体を新しくしないといけないため、今すぐに工事する、という訳にはいきません。そのため、現在生じているひび割れのみになりますが、シーリングを充填して補修することになりました。
岸和田市の銅板の割れ補修完了
亀裂が生じた部分にシーリングを充填して防水完了です。

この亀裂は銅板が持つ性質により発生していますので、今後も増える可能性があります。そのことをご説明し、今回は簡易補修とさせていただきました。
岸和田市の銅板屋根の修理完了!
雨漏り修理及び屋根修理完了です!

H様邸の屋根は急こう配ですので、足場がないと作業ができません。足場を撤去してから問題があったらいけませんので、しばらくの期間そのままの状態にし、雨の日に雨漏りが止まっているか確認してから撤去させていただきました。

工事で使用した銅板は光っていますが、月日とともに落ち着き、馴染んできますのでご安心ください。

「銅板の屋根から雨漏りが発生した」「銅製の雨樋に穴があいた」など、お困りの方は街の屋根やさん岸和田店にご相談ください。


同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市の金属屋根の笠木が剥がれてガルバリウム鋼板に葺き替え!

岸和田市の台風で飛散した笠木
岸和田市の台風で飛散した笠木を交換
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板・構造用合板・アスファルトルーフィング・シーリング・ジプトーン
築年数
約56年
建坪
約42坪
保証
5年
工事費用
約40万円(税込み)
施工事例

和泉市の波型スレートの上にエポライト波板を張り傘釘も防水!

和泉市の倉庫の屋根の明かり窓の上にエポライトを取付けます
和泉市の倉庫の屋根の波型スレートの下に差し込みました
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
エポライト波板・スレート傘釘・シーリング
築年数
建坪
保証
なし
工事費用
約6万円(税込み)
施工事例

和泉市の引っかけ桟瓦葺きの屋根の修理工事を行いました!

和泉市の台風被害に遭った屋根
和泉市の屋根修理完了
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
セメント瓦・いぶし瓦・漆喰・シーリング
築年数
約39年
建坪
約18坪
保証
2年
工事費用
足場費用・・10.5万円 屋根修理費用・・22.4万円(すべて税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

岸和田市の雨漏り修理で窓周りと庇のシーリングを打ち替え!

岸和田市の庇の取り合いのシーリングが劣化
岸和田市の庇の取り合いのシーリングを打ち替え
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
シーリング・プライマー
築年数
約36年
建坪
約18坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・7.7万円 雨漏り修理・・13.6万円
施工事例

岸和田市の台風で飛ばされた屋根の棟板金を修理しました!

岸和田市の棟板金が飛散しました!
岸和田市の飛散した棟板金を復旧
工事内容
棟板金交換
台風
使用素材
杉貫板・ガルバリウム鋼板製棟板金
築年数
約38年
建坪
約18坪
保証
2年
工事費用
約7.5万円(税込み)
施工事例

岸和田市の金属屋根の笠木が剥がれてガルバリウム鋼板に葺き替え!

岸和田市の台風で飛散した笠木
岸和田市の台風で飛散した笠木を交換
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板・構造用合板・アスファルトルーフィング・シーリング・ジプトーン
築年数
約56年
建坪
約42坪
保証
5年
工事費用
約40万円(税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

熊取町・パネルが飛ばされる理由は

熊取町の皆さまこんにちは!ベランダに設置している屋根のパネルや波板が飛ばされてお困りの方はいませんか?「強風が吹くたびに毎回飛ばされるのでどうにかしてほしい!」というご相談をよくいただきます。この記事では、熊取町にお住いのN様よりご相談をい...........

土葺きの屋根

和泉市の皆さまこんにちは!前回の現場ブログで和泉市K様邸の台風の被害を受けたモニエル瓦葺きの屋根の修理をお伝えしました。引き続き、下屋(1階の屋根)の修理の様子をご紹介したいと思います!

街の屋根やさん岸和田店がプロの目線でご提案

  和泉市K様邸の台風被害に遭った屋根の修理の様子をご紹介します!  「3年前の台風で屋根に被害を受けたんですが、当時業者に相談したところ、想像以上に修理費用が上がってきたので、修理を見送っていたんです。いつま...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747