和泉市の三角屋根のドーマーの棟板金やカラーベストの修復工事


和泉市で台風被害で屋根のドーマー部分の棟板金やカラーベストが飛散し、修復工事を行いました。
台風直後に業者に見てもらったそうですが、工事費用が予想以上に高く、別の業者に見てもらおうと、街の屋根やさん岸和田店にご相談いただきました。
和泉市の住宅で一部足場を建てました
落下防止及び作業用の足場を一部建てさせていただき工事を行いました。足場の真上にあるドーマー部分の工事です。

ドーマーとは、室内への採光や、屋根裏、通気を目的として設置され、外部から見ると屋根面から突き出るように設置されています。その形状は小さな三角屋根(窓を含む)や片流れの屋根があり、デザイン性を持たせるために取付けられることもあります。


和泉市のドーマーの棟板金が飛散
ドーマーの屋根です。
建物の屋根面から突き出るように設置されています。

被害箇所は棟部分で、板金が飛散していました。
棟とは屋根のうち、三角になった頂点部分のことで、そこに取り付けられている部材を棟板金と言います。(瓦屋根の場合は瓦を積み上げています)
主に棟の頂部からの雨水の浸入を防止する役割があります。
和泉市のカラーベストも数枚破損しています
棟板金を取り付けるための下地(貫板)も一緒に飛散していました。また、棟の際のカラーベスト(平らな屋根材)も数枚剥がれている状態でした。

手前に見えるV字型の茶色い部分は谷樋の板金で経年でさび付いていました。
谷樋とは屋根の谷になった部分に集まった雨水を排出する雨樋のことです。写真のように錆が発生し、やがて穴が開くと雨漏りの原因になってしまいます。
和泉市のドーマーの棟に貫板を取付けます

修復工の様子です。

先に飛散したカラーベストを差替えてから棟の修復を行いました。
写真は棟板金を固定するための下地の貫板を取付けている様子です。
二つの屋根面の両方にビス留めします。
和泉市の貫板の取り合いを防水します
貫板が腐食すると、上に取付ける板金の釘が緩んで飛散する原因になりますので、雨水の浸入を抑えるために貫板の取り合いにコーキングを充填して防水しました。
和泉市の棟板金をビスで固定
続いて、棟板金を貫板に向かって横方向からビス留めしていきます。
従来のように供釘で固定すると、風や地震などの影響で釘が抜けてくることがありますのでビスでしっかりと固定しました。
和泉市の棟板金をしっかりとビス留めしました
板金の上から留めると、雨水をまともに受けてビス頭から染み込む可能性がありますので、横から留め付けました。さらにこの後、ビス頭にコーキングを充填して防水します。コーキングを充填しておくと、ビスが抜けてくるのを防ぐこともできます。
和泉市の棟板金の継ぎ目はコーキングで防水
棟板金は数枚ご用意し、つなげて施工します。
板金の継ぎ目から雨水が浸入して貫板を腐食させたり、雨漏りすることがありますので、継ぎ目にコーキングを充填しながら固定していきます。
和泉市の板金の継ぎ目などを防水
板金を取付けた後、継ぎ目の上にもコーキングを充填してしっかりと防水しました。
ビス頭にもコーキングを充填して完了です。
和泉市の棟板金とスレート復旧完了
棟板金とカラーベストの修復工事完了です。
新しい棟板金はガルバリウム鋼板という錆に強い材料ですので、錆びつく心配がなく長持ちします。
錆びついた谷樋も交換した方がいいですが、両サイドのカラーベストをめくって張替えないといけなくなり、その分費用もかさみますので、今回は被害箇所のみの修復になりました。

台風21号では、棟板金の飛散の被害が多発していました。何年もメンテナンスしていないようでしたら、一度点検してもらいましょう。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消

岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消
岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消
工事内容
屋根補修工事
雨樋交換
雨漏り修理
使用素材
メニ―ウェルテラス ポリカ屋根
築年数
築35年
建坪
約30坪
保証
工事費用
約33万円(税込・建具調整費含む)
施工事例

岸和田市極楽寺町でカビ除去もした外壁と屋根塗装

岸和田市極楽寺町のカビ除去もした外壁と屋根塗装 現況
岸和田市極楽寺町でカビ除去もした外壁と屋根塗装
工事内容
屋根補修工事
外壁塗装
屋根塗装
その他塗装
使用素材
屋根・・当社推奨遮熱塗料(2液シリコン)外壁・当社推奨シリコン塗料
築年数
25年
建坪
30坪
保証
10年(耐久年数13年)
工事費用
約110万円(税込)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

忠岡町の棟板金の飛散などのご紹介

忠岡町A様邸の風雨災害の現地調査です。「台風21号で屋根のトタンが剥がれた」とご相談をいただきました。A様邸はカラーベストの屋根です。カラーベストは平型に形成された薄い屋根材のことで「化粧スレート」「コロニアル」とも呼ばれています。

泉佐野市の下屋はひどい状態です

泉佐野市の下屋の修理工事のご紹介です。T様邸は台風21号で、お隣の家の瓦が飛んできて被害に遭いました。大屋根(一番高い屋根)にも被害はありましたが、高さが低い下屋(1階の屋根)は飛んできた瓦がぶつかってたくさん割れている状態でした。

泉佐野市の屋根にお隣さんの瓦が飛散しています

泉佐野市の台風被害に遭った屋根の修理のご紹介です。T様邸の屋根はシルバーの釉薬瓦です。台風21号でお隣さんの家の屋根瓦が飛んできて、ご自宅の瓦が割れる被害に遭いました。