オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

忠岡町のベランダにひび割れが生じウレタン防水を施しました


忠岡町H様邸のベランダ防水工事のご紹介です。
H様邸はこの工事で内装リフォームと外壁塗装を行うことになりました。外壁を塗装する前に長い間メンテナンスしていなかったベランダをきちんと防水しました。
忠岡町のベランダを防水します
H様邸のベランダは、防水層の上に保護モルタルを敷いた仕上げで、床面にひび割れ(クラック)が発生するなどの劣化症状が出ていました。ベランダは外部に設置されていますので、外気の影響を受けやすいため劣化しやすい箇所です。必ず何かしらの防水が施されていますが、その防水が切れると雨漏りに直結することが多いため、雨漏りを防止するためにも定期的なメンテナンスが必要です。
忠岡町のベランダをケレン・清掃します
まずは、ベランダのケレン・清掃を行います。
ベランダに付いた汚れを落とし、以前ひび割れを修理する際に充填されていたシーリングもすべて剥がします。
汚れたまま防水工事を行うと、汚れが間に挟まり不具合の原因になってしまいます。
このように汚れを落として清掃することを「ケレン作業」と言います。
忠岡町のベランダの取り合いにシーリング充填
ケレン・清掃した後、立ち上がり壁との取り合いにシーリングを充填して先に防水します。
取り合い部分は亀裂が入るなど劣化しやすく弱点になりやすいので、先にシーリングで防水しておくと防水性が高くなります。
忠岡町のベランダのひび割れにもシーリング充填
同じようにひび割れにもシーリングを充填して補修及び防水しておきます。
ひび割れをそのままに防水すると、万が一防水層が傷んだ時にすぐに雨漏りしてしまう可能性があるため、きちんと処置しないといけません。
忠岡町のベランダにカチオンクリートで下地を調整
ひび割れなどの劣化箇所をきちんと処置してから、新しい下地を形成します。
カチオンクリートと言う下地調整材を刷毛でしごき塗りして既存の床の上に新しい下地を作ります。
忠岡町のベランダにカチオンクリート塗布
カチオンクリートしごき塗り状況
忠岡町のベランダにカチオンクリート塗布
カチオンクリートしごき塗り状況
忠岡町のベランダの下地調整完了
立ち上がりの壁や天端(黄色い矢印部)まで防水を施しますので、カチオンクリートを塗布して下地を作りました。
カチオンクリートは下地にしっかりと接着し、この上に施工する防水層にも密着します。薄塗で施工可能ですので、建物に負担をかけず優秀な材料です。
これにより、古い下地がリセットされて新しく健全な下地が完成しました。
忠岡町のベランダにプライマーを塗布します
続いてカチオンクリートを乾燥させてからプライマーを塗布します。
プライマーは簡単に言うと防水層をしっかりと密着させるための接着剤のような塗料です。プライマーを塗布せず次の段階に進んでしまうと、防水層が定着せず、剥がれや浮きなどの不具合を起こしてしまう危険性があります。
忠岡町のベランダにプライマー塗布完了
防水を施す部分すべてにプライマーを塗布しました。
プライマーに塗り残しがあったり、薄塗だったりするとその部分だけ密着性が低下してしまいますので、塗りムラなく丁寧に塗布しないといけません。
忠岡町のベランダにウレタン樹脂を塗布します
続いて防水層になるウレタン樹脂を塗布していきます。
ウレタン樹脂は液体状で、ローラーを用いて伸ばしながら施工します。
忠岡町のベランダの床面全体に塗布します
立ち上がりの壁から床にかけてウレタン樹脂を塗布します。
ウレタン樹脂は液体状なので、床から立ち上がりの壁にかけて継ぎ目なく一体性のある防水層をつくることができます。液体状なので、段差がある部分などにも施工可能です。
忠岡町のベランダに2回に分けて塗布しました
ウレタン樹脂の防水性能を発揮するためには、ウレタン樹脂に規定の厚みを持たせないといけません。1回塗りでは厚みが確保できないので、1回目を乾燥させてから2回目を塗り重ねて塗膜を二重にして厚い膜に仕上げました。
忠岡町のウレタン樹脂塗布状況
ウレタン樹脂塗布状況
忠岡町のウレタン樹脂塗布状況
ウレタン樹脂塗布状況
忠岡町のベランダをトップコートで仕上げます
ウレタン樹脂を乾燥させてからトップコートを塗布します。
ウレタン樹脂は紫外線に弱いという弱点があります。紫外線に直接あたると劣化が急速に進んでしまいますので、表面にトップコートを塗布して保護しないといけません。また、ウレタン樹脂は乾いてもネバネバしていますので上を何度も歩行することができません。トップコートを塗布して初めて、ベランダを使用することができます。
忠岡町のベランダ防水完了
トップコートが乾燥すると、床の上を歩くことができます。
床から立ち上がりの壁にかけて防水層の膜で覆い、しっかりと防水しました。
トップコートが傷んで割れたり剥がれてくると、下に控えている防水層(ウレタン樹脂)に紫外線があたり劣化して雨漏りの原因になってしまいます。そうなる前に定期的にトップコートの塗り替えを行ってあげると長持ちします。
ベランダは外気の影響を受けやすく、雨漏りのリスクが高い箇所です。街の屋根やさん岸和田店でも、「ベランダの下のお部屋に雨漏りが発生した」というご相談が多くございます。「ベランダが傷んできたなぁ」など、気になることがございましたらお気軽にお問合せください。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

泉大津市の雨漏り修理に伴うベランダのウレタン防水工事

泉大津市の保護モルタルのベランダです
泉大津市のベランダ防水完了
工事内容
雨漏り修理
防水工事
台風
使用素材
ウレタン樹脂塗膜防水材
築年数
築約45年
建坪
約30坪
保証
3年(雨漏りにおいて)
工事費用
約20万円(税込み)
施工事例

貝塚市の雨漏りしていたベランダにFRP防水を施工しドレンも調整

貝塚市のベランダの下端から雨漏りしています
貝塚市のベランダのFRP防水完了
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
FRP防水材
築年数
約15年
建坪
約20坪
保証
3年
工事費用
約21.5万円(税込み)床補強・ドレン調整費用含む
施工事例

岸和田市上松町のアーバントーンが映える外壁塗装 

岸和田市上松町のアーバントーンが映える外壁塗装の現況
岸和田市上松町のアーバントーンが映える外壁塗装
工事内容
雨樋交換
防水工事
外壁塗装
部分塗装
使用素材
シリコン樹脂系塗料、一部多彩模様アクリルシリコン塗材
築年数
築35年
建坪
約65坪
保証
工事費用
約150万円(税込)

同じ地域の施工事例

施工事例

忠岡町の屋根修理で落ちた瓦を修復し漆喰も詰め直しました

忠岡町の台風被害に遭った降り棟
忠岡町の降り棟修理後の様子
工事内容
屋根補修工事
火災保険
台風
使用素材
いぶし瓦・漆喰・ポリカーボネート波板他
築年数
築約45年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
約80万円(税込み)足場代、カーポート・テラス波板張替え及び塗装費用含む
施工事例

泉北郡忠岡町の屋根葺き替えで瓦からスレートに葺き替えました

泉北郡忠岡町屋根現況
泉北郡忠岡町屋根葺き替え工事完了
工事内容
屋根葺き直し
使用素材
コロニアルグラッサ
築年数
築50年
建坪
30坪
保証
10年
工事費用
約230万円(税込)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

泉佐野市のベランダを防水します

泉佐野市のベランダ防水です。H様邸はこの工事で台風被害に遭った屋根を修理し、屋根・外壁塗装を行いました。現地調査でベランダに施工されている防水の劣化も進んでいることが分かったので、塗装後に防水工事を行うことになりました。ベランダや陸屋根は外...........

和泉市の雨漏りの現地調査です

和泉市の雨漏り調査です。U様邸は鉄骨造の2階建てで、裏の敷地に木造1階建ての建物を増築されています。雨漏りしているのは増築部に設置されている洋室のクローゼットの中で、鉄骨造と増築部の取り合いにあたります。

阪南市の外壁の目地のシーリングを打ち直します

阪南市の外壁塗装に伴うシーリング打ち替え工事です。S様邸は築20年が経過し、まだ一度も塗装されておらず、今回が初めての塗り替えです。外壁にはサイディングという外装材を張っており、表面の塗膜が劣化して雨水を吸い込む状態になっていました。塗装前...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747