オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

岸和田市の台風被害に遭ったベランダを修理しウレタン防水しました


岸和田市のベランダのウレタン防水のご紹介です。T様邸のベランダは外壁と同じ木造のモルタル塗り仕上げです。経年でベランダの手すり壁にクラック(ひび割れ)が生じ、そこから雨水が浸入したことにより内部の木部が腐食し、台風の強風で倒壊してしまいました。残ったベランダで強度が低下していない部分は再利用し、その他の部分は新しく建て直しました。以前の手すり壁よりも耐久性を高めるために手すり壁の下に柱を3本設置して下から補強したので安心です。ベランダの床に施している防水も傷んできていたので、水が廻らないようにウレタン防水を施工しました。
岸和田市の台風で倒壊したベランダの手すり
修理前のベランダです。
台風の強風で手すり壁の一部が崩れて落下してしまいました。
倒壊せず残っていた手すり壁にクラックがいくつか生じていることから、被害に遭った壁にもクラックがあり、そこから雨水が浸入して内部の目に見えないところで木部が腐食し、強度が低下していたという見解です。実際、崩れ落ちた壁の断面から確認すると、下地の木部が腐食してボロボロになっていました。
岸和田市のベランダの手すり壁の下地を設置
表面のモルタル外壁だけが傷んでいると、壁のみが崩れて下地の木部は残っていることが多いです。(築年数にもよります)
強度が低下している部分はすべて撤去し、手すり壁まで伸びる太くて長い柱を3本設置して手すり壁を支えて補強しました。写真は手すり壁の下地を設置した様子です。この後、下地の合板を張り、その上に防水シートとラスカット(モルタル下地の金網)を張りました。

岸和田市のベランダをケレン・清掃します
新しく手すり壁を設置しても、床から雨水が浸入すると元も子もありません。
既存の防水が傷んできていたので、防水性を高めるために一から防水層を施工することになりました。

まずは下地となる床面のケレン(清掃)作業です。
スクレイパーという工具を使用し、防水面に付着した汚れや剥がれてきている塗膜などをそぎ落とします。

このように、防水面を清掃して整えることを「ケレン」と言います。
岸和田市のベランダの取り合いを防水します
台風で倒壊せず残ってた手すり壁のうち、強度を保っている壁は再利用する仕様です。
既存の手すり壁と床との取り合いや、建物側の立ち上がりの壁の取り合いなどにシーリングを充填して防水しました。取り合い部は雨漏りの弱点になりやすいので先に防水し、さらにこの上に防水を施します。

上に貼っている緑の養生テープは、この後に施す防水の位置です。手すり壁の立ち上がりまで防水層で覆います。
岸和田市のベランダをカチオンクリートで下地を調整
続いて防水面の下地調整を行います。
カチオンクリートという下地調整材をコテで塗装し、新しい下地を形成する工程です。
新規の防水を施す際には防水性を確保するために必ず下地をリセットします。
岸和田市のベランダ防水の下地調整完了
防水面全体にカチオンクリートを塗装しました。
カチオンクリートは厚みが1㎜ほどで下地処理が可能です。薄塗で施工できますので建物に負担をかけることがありません。また、接着性が良く、ひび割れや欠損した面にもしっかりと密着し、更にこの上に施工する防水面とも密着する優れものです。
岸和田市の手すり壁にモルタルを塗装
カチオンクリートで下地を調整した後、新しく設置した手すり壁の表面にモルタルを塗装してしっかりと乾燥させました。
岸和田市のベランダの立ち上がり部の防水
新しく設置した手すり壁にモルタルを塗装し乾燥させた後、壁と床との取り合いにシーリングを充填して防水しました。(既存の手すり壁の取り合い部を含む)
岸和田市のベランダに改修用のドレンを設置
改修用のドレンも取付けました。
ドレンとは排水溝のことです。ベランダに落ちてきた雨水を外部に排出するためのもので、ドレンが傷むと雨漏りすることがあります。T様邸は床下にも雨水が廻った形跡がありましたので、雨水が浸入する可能性がある箇所はきちんとメンテナンスさせていただきました。
改修用のドレンは既存のドレンの内側に取り付けることができる部材です。ドレンの取り合いから雨水が浸入しないようにシーリングを充填して処置しました。
岸和田市のベランダにプライマーとウレタン樹脂を塗布します
続いて、防水面全体にプライマーを塗布し、防水層になるウレタン樹脂を流し込んで伸ばして塗布していきます。

プライマーは接着性がある透明の塗料です。上に塗り重ねるウレタン樹脂と防水面とをしっかりと接着させる役割があります。そのため、プライマーが薄塗だったり、塗り残しなどがあると、防水層の剥離の原因になりますし、耐久性にも悪影響を与える可能性があります。透明な塗料ですが、塗りムラなく丁寧に塗らないといけません。
岸和田市のベランダにウレタン樹脂を2回塗布しました
ウレタン樹脂は液体状で、乾くとゴム状になり、雨水をシャットアウトする防水層になります。
液体ですので、立ち上がりの壁から床にかけて継ぎ目なく防水層を形成することができます。継ぎ目部分は傷みやすく雨水が浸入しやすい箇所ですので、継ぎ目なく施工できるということは最大の利点です。ただし、防水層が薄いと性能を確保できないので、1層目・2層目と塗り分けて厚膜に仕上げる必要があります。
岸和田市のベランダにトップコートを塗布します
ウレタン樹脂を乾燥させてからトップコートを塗布します。
ウレタン樹脂は紫外線に弱いという弱点があります。紫外線に直接あたると急速に劣化してしまいますので、保護してあげないといけません。また、ウレタン樹脂は乾燥しても多少粘り気があることから上を何度も歩行することができません。トップコートを塗ることで、歩行が可能になり、防水層も保護できます。
岸和田市のベランダ防水完了
床から建物の壁際、手すり壁の立ち上がり部にかけて一体性のある防水層を形成し、床から雨水が浸入するのを防ぎました。
今後はトップコートが傷む前に定期的に塗り替えてあげると防水層の劣化を遅らせることができ、長持ちします。

雨水は建物の劣化した部分(防水性が低下した部分)から浸入します。ベランダの手すり壁が崩れたり、雨漏りすることがないように丈夫な手すり壁を造作し、きちんと防水させていただきました。今後のメンテナンスをきちんと行うことで、それらの被害を抑えることができます。

次は造作した手すり壁や柱の塗装、波板の貼り替えの様子をご紹介します。



同じ工事を行った施工事例

施工事例

泉南市のトイレの壁にカビが発生!雨漏り修理を行いました!

泉南市のトイレの壁に雨漏りでカビが発生
泉南市の雨漏り修理後内装も改修
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
シーリング・プラスターボード・クロス
築年数
約23年
建坪
約18坪
保証
1年
工事費用
約8.9万円(税込み)
施工事例

忠岡町の雨樋修理で外れた雨樋を固定しシーリングで補強!

忠岡町の外れた雨樋
忠岡町の外れた雨樋をシーリングで固定
工事内容
雨漏り修理
使用素材
シーリング
築年数
約25年
建坪
約35坪
保証
1年
工事費用
約4.9万円(税込み)
施工事例

泉大津市で雨漏りが発生!瓦のズレを補修しラバーロックしました

泉大津市の屋根修理前
泉大津市の屋根修理完了
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
瓦補強用ビス・シーリング
築年数
約50年
建坪
約10坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・約19.5万円(税込み)瓦ズレ修復及び固定工・・約27万円(税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

岸和田市のALC外壁の塗装前に目地のシーリング工事を行いました

岸和田市の改修前の外壁の目地
岸和田市の外壁の目地改修後
工事内容
防水工事
外壁塗装
使用素材
シーリング、多彩模様塗料(下塗り・中塗り・上塗り)
築年数
築26年
建坪
保証
外壁塗装5年
工事費用
シーリング工事・・約72万円 足場費用・・約39万円 外壁塗装・・約180万円(すべて税込み)
施工事例

岸和田市の台風で飛ばされたカーポートとテラスの平板の張替

岸和田市のカーポートの平板が飛散
岸和田市の飛散したカーポートの平板を復旧
工事内容
台風
使用素材
ポリカーボネート平板
築年数
約20年
建坪
約17坪
保証
1年
工事費用
約13.5万円(税込み)
施工事例

岸和田市のスレート屋根を日進産業のガイナで塗装し雨樋も調整!

岸和田市の塗装前の屋根
岸和田市の塗装後の屋根
工事内容
雨樋交換
屋根塗装
その他の工事
使用素材
ガルバリウム鋼板・日進産業・ガイナ他
築年数
約27年
建坪
約20坪
保証
5年(塗装において)
工事費用
足場・・約21万円 屋根塗装・・約72万円 雨樋調整工・・約8万円(すべて税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

雨水は屋根から入るだけではありません

阪南市のベランダ防水工事の様子をご紹介します。I様邸は台風の時にベランダの下のお部屋で雨漏りしました。「雨漏りしたので自分でひび割れにシーリングを打ってブルーシートをかけたら止まったんです」とのことで様子を見られていたそうですが、被害を受け...........

貝塚市の1階のリビングの窓から雨漏り発生

貝塚市のY様より「台風の後の長雨から1階のリビングの窓から雨漏りするんです」とのご相談をいただき現地調査にお伺いしました。Y様邸は木造・2階建ての住宅で、外壁はジョリパッドというアクリル系の壁の仕上げ材を塗装しています。

忠岡町の台風被害のご相談

忠岡町の台風被害に遭った住宅の現地調査にお伺いしました。M様より「2年前の台風で屋根の瓦が飛ばされてカーポートの本体も壊れてるんです。火災保険の申請ができると聞いたので修理のお見積書をいただけますか?保険が下りたら修理もお願いしたいんです」...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747