オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

岸和田市で増築部の取り合いに設置した谷樋が劣化し雨漏りが発生!


岸和田市の雨漏りの現地調査です。K様邸は木造で、2階建ての母屋(築50年)と平屋建ての増築部(築40年)があります。雨漏りしているのは増築部の和室で、天井から浸入した雨水の影響で聚楽壁や畳が傷んでいました。

屋根を確認すると、母屋と増築部の取り合いに設置されている銅板の谷樋が劣化しており、そこから雨水が浸入した可能性が高いことから、瓦を一部めくって谷樋を入れ替えるご提案をさせていただきました。既存の瓦は薄型の特殊な瓦で、経年で割れやすくなるため、めくる際に破損する可能性が高く、同じ瓦がもう製造されていないのでガルバリウム鋼板を加工して屋根を復旧するご提案です。また、谷樋の上にあるベランダも劣化が進んでおり、防水性が低下していたので雨漏りを確実に止めるために防水の施工をお勧めしました。
雨漏りで傷んだ内部もきれいにしたいとのご希望で、壁の塗り替えや襖、障子の張り替え、畳の新調もご提案しています。
岸和田市の雨漏りのご相談
雨漏りしているのは写真正面の平屋建ての増築部にある和室です。

2階建ての母屋の奥に平屋建ての住宅を増築して繋いでいる形状です。
増築してふたつの建物を繋げる場合、両方の屋根の取り合い部が弱点になりやすく、雨漏りでお困りの方が多くおられます。
岸和田市の1階の和室の天井から雨漏り発生!
まずは雨漏りしている室内を確認させていただきました。

平屋建ての増築部にある和室の天井から雨水が浸入し、壁を伝ったことから、古くなった聚楽が剥がれていました。また、天井板も腐食しています。
岸和田市の和室の畳を上げていました
雨漏りがひどく、畳もビショビショに濡れてしまったことから、畳を一部上げておられました。
畳は中に藁がたくさん詰まっていますので、雨水が中まで染み込むとなかなか乾かず、敷いたままにしておくとカビが生えることもあります。
岸和田市の和室の天井に雨染みがあります
この和室の雨漏りは1か所だけではありません。

入った雨水は少ないということですが、天井に雨染みが残っていました。
岸和田市の押し入れの中も濡れています
同じ和室で、押入れの天袋の中の天井にも雨染みが残っていました。

押入れの中に物が入っていると、こういった雨漏りに気づきにくいので、大雨の後など定期的に点検するといいでしょう。
岸和田市の増築部の取り合いで雨漏り発生
雨漏りの原因を探るため、上の屋根を確認しました。

向かって右側が増築部で、左側が母屋です。母屋側にはベランダが設置されています。
ベランダの下には母屋と増築部との取り合いがあり、ベランダを含めて雨漏りの弱点になりやすい箇所です。
岸和田市の谷樋の下で雨漏り
増築部と母屋が繋がっている部分の屋根には取り合い部に谷樋を設置しています。
谷樋とは屋根の谷になった部分に設置する雨樋のことで、増築部の屋根に落ちてきた雨水が谷樋に流れ込んできます。
岸和田市の谷樋が傷んでいます
谷樋を確認すると、銅板の谷樋でした。
銅板は月日とともに緑青(ろくしょう)と呼ばれる緑色に変化します。銅板の表面が緑青で覆われると、耐久性が高まり長持ちされると言われて、昔は多くの住宅で使用されていましたが、最近は銅板に穴があく事例が多発していますので、あまり使われなくなりました。
銅板に穴があく理由は定かではありませんが、瓦から落ちてくる雨水の衝撃で銅板がすり減って薄くなり穴があいたり、酸性雨の影響、瓦の成分の化学反応が原因だと言われています。
K様邸の谷樋も劣化して薄くなっている箇所がありました。
岸和田市のベランダを防水
谷樋の劣化により雨漏りしている可能性が高いという見解で、谷樋の際の瓦をめくって、錆に強いガルバリウム鋼板の谷樋に交換するご提案をさせていただきました。K様邸の瓦は特殊な薄型の瓦です。経年で割れやすくなるため、瓦をめくる際に破損する危険性があります。新しい瓦で復旧したいところですが、同じ瓦はもう製造されていないため、ガルバリウム鋼板を加工して屋根を復旧する仕様になりました。また、雨漏り箇所の近くにあるベランダも劣化が進んでいて、防水性も低下していたので雨漏りのリスクを低減するためにベランダを防水するご提案もさせて頂きました。
岸和田市の内装のご相談もいただきました
雨漏りの影響で壁の聚楽が剥がれたり、畳が傷む被害を受けました。また、襖や障子も古くなってきていたので、この機会に内装もきれいにリフォームしたい、とのご希望です。
岸和田市の木製の戸袋が傷んでいます
雨戸の戸袋のご相談もありました。
木製の戸袋が劣化して表面が剥がれてきていたので、これ以上劣化が進まないように修理するご提案です。
雨が降るたびに雨漏りすると、天気が悪くなる度に心配がつきまといます。雨漏りは建物の耐久性を脅かすだけでなくカビの発生で人体に悪影響を及ぼすこともありますので、繰り返し雨漏りするようでしたら業者に相談してきちんと修理しましょう。街の屋根やさん岸和田店は雨漏り修理に実績が数多くありますので、安心してお任せください。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市の金属屋根の笠木が剥がれてガルバリウム鋼板に葺き替え!

岸和田市の台風で飛散した笠木
岸和田市の台風で飛散した笠木を交換
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板・構造用合板・アスファルトルーフィング・シーリング・ジプトーン
築年数
約56年
建坪
約42坪
保証
5年
工事費用
約40万円(税込み)
施工事例

和泉市の波型スレートの上にエポライト波板を張り傘釘も防水!

和泉市の倉庫の屋根の明かり窓の上にエポライトを取付けます
和泉市の倉庫の屋根の波型スレートの下に差し込みました
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
エポライト波板・スレート傘釘・シーリング
築年数
建坪
保証
なし
工事費用
約6万円(税込み)
施工事例

和泉市の引っかけ桟瓦葺きの屋根の修理工事を行いました!

和泉市の台風被害に遭った屋根
和泉市の屋根修理完了
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
セメント瓦・いぶし瓦・漆喰・シーリング
築年数
約39年
建坪
約18坪
保証
2年
工事費用
足場費用・・10.5万円 屋根修理費用・・22.4万円(すべて税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

岸和田市の雨漏り修理で窓周りと庇のシーリングを打ち替え!

岸和田市の庇の取り合いのシーリングが劣化
岸和田市の庇の取り合いのシーリングを打ち替え
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
シーリング・プライマー
築年数
約36年
建坪
約18坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・7.7万円 雨漏り修理・・13.6万円
施工事例

岸和田市の台風で飛ばされた屋根の棟板金を修理しました!

岸和田市の棟板金が飛散しました!
岸和田市の飛散した棟板金を復旧
工事内容
棟板金交換
台風
使用素材
杉貫板・ガルバリウム鋼板製棟板金
築年数
約38年
建坪
約18坪
保証
2年
工事費用
約7.5万円(税込み)
施工事例

岸和田市の金属屋根の笠木が剥がれてガルバリウム鋼板に葺き替え!

岸和田市の台風で飛散した笠木
岸和田市の台風で飛散した笠木を交換
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板・構造用合板・アスファルトルーフィング・シーリング・ジプトーン
築年数
約56年
建坪
約42坪
保証
5年
工事費用
約40万円(税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

熊取町・パネルが飛ばされる理由は

熊取町の皆さまこんにちは!ベランダに設置している屋根のパネルや波板が飛ばされてお困りの方はいませんか?「強風が吹くたびに毎回飛ばされるのでどうにかしてほしい!」というご相談をよくいただきます。この記事では、熊取町にお住いのN様よりご相談をい...........

土葺きの屋根

和泉市の皆さまこんにちは!前回の現場ブログで和泉市K様邸の台風の被害を受けたモニエル瓦葺きの屋根の修理をお伝えしました。引き続き、下屋(1階の屋根)の修理の様子をご紹介したいと思います!

街の屋根やさん岸和田店がプロの目線でご提案

  和泉市K様邸の台風被害に遭った屋根の修理の様子をご紹介します!  「3年前の台風で屋根に被害を受けたんですが、当時業者に相談したところ、想像以上に修理費用が上がってきたので、修理を見送っていたんです。いつま...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747