オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

岸和田市の雨漏り修理で下屋の壁際に大きな水切りを取付けました


岸和田市の雨漏り修理のご紹介です。
K様邸は年に1~2回ほど1階の和室の天井から雨漏りするとのことです。雨の量が多い日や風を伴う雨の日に同じ箇所から雨漏りするので以前から心配されていました。そろそろ外壁の塗り替えの時期にきていますし、軒天井の修理やその他の改修もご検討されていたのでこの機会にとご相談をいただきました。雨漏りしている1階の和室の上には下屋があり、壁際の水切りの取り合いが割れていたり隙間があいていたので、上に大きな板金を被せて取付けて処置することになりました。
岸和田市の天井に雨染みが残っています
雨漏りしている1階の和室の天井です。
雨の量や降り方によって年に数回雨漏りを繰り返している状態でした。
天井から浸入した雨水は壁を伝って下にある障子まで濡らしていました。「雨が降るたびに雨漏りしていればすぐにでも相談したんですが、年に1.2回ほどなので様子を見ていたんです」とのことです。
岸和田市の下屋の壁際に大きな水切りを取付けた雨漏り修理のお客様の声
雨漏りの原因の可能性が一番高い箇所は、下屋と壁際の取り合い部です。
その壁際には壁を伝ってきた雨水が内部に浸入するのを防ぐために「壁際水切り」という水切り板金を被せていますが、瓦との取り合いに隙間があいていたり、壁にひび割れが生じていました。
岸和田市の下屋の壁際から雨水が廻った形跡があります
雨漏りしている和室の上の下屋で、壁際から雨水が廻った形跡がありました。
地瓦(屋根面の瓦)に黒い筋が出ていますが、これは壁際から浸入した雨水が内側を通って漆喰の取り合いから出てきていることを表しています。
岸和田市の下屋の壁際が割れています
壁際の取り合い部がひび割れている箇所もありました。
この状況から壁を伝ってきた雨水がひび割れ部から浸入して雨漏りの原因になっている可能性があります。
水切りとの取り合いにシーリングを充填して防水してから、大きな水切り板金を被せて覆います。
岸和田市の下屋の壁際に大きな水切りを取付けた雨漏り修理のお客様の声
壁際の取り合いにシーリングを充填してきちんと防水してからガルバリウム鋼板を加工してつくった水切り板金を被せて取付けました。雨水が浸入する可能性がある箇所を大きな板金で覆ったので安心です。ガルバリウム鋼板は錆びにくい板金として屋根や外壁など幅広く使用されています。
岸和田市の紐丸瓦が動いています
雨漏りしている下屋とは別の屋根の相談もあったので、雨漏り修理と同時に修復することになりました。
台風の強風で、棟の紐丸瓦が一部外れてしまい、仮に戻した、とのことです。確認すると、紐丸瓦を固定している銅線が切れて瓦が動いていました。
棟とは屋根の一番上の三角になった部分のことで、屋根面よりも高く瓦を積み上げていますので風や地震の揺れをまともに受けてしまいます。そのため、ズレないように銅線などで固定されていますが、強風に押されて外れてしまいました。被害に遭った棟の端から端まで再固定させていただきます。
岸和田市の棟の紐丸瓦の銅線をほどいて固定しなおします
棟の紐丸瓦を固定している銅線をいったん外してしっかりと固定しなおします。
この銅線は経年で緩みが生じたり切れることがありますので、その場合は太い銅線を通して再固定することも可能です。
岸和田市の下屋の壁際に大きな水切りを取付けた雨漏り修理のお客様の声
K様邸の銅線はまだ使用できそうだったので、再利用して端から端まで固定しなおしました。
最近は大型の台風が頻繁に上陸することから、影響を受けやすい棟部分を補強させていただきます。
岸和田市の棟の継ぎ目にシーリングを充填してズレを防止
紐丸瓦の継ぎ目にシーリングを充填して繋げて固定しました。瓦が繋がっている状態ですので、ズレにくく、バラバラに飛散するのも防止できます。

雨漏りは今後の雨で様子を見ていただくことになりました。
雨漏りを繰り返していると、木部が腐食したりカビが発生して健康を害することがあります。また、湿気がある箇所は白蟻が好みますので、長期間にわたり放置していると被害が拡大する危険性があります。雨漏りを見つけたらできるだけ早めに業者に相談しましょう。

次は軒天井の修理と銅板晒し葺きの屋根の葺き替えをご紹介します。



同じ工事を行った施工事例

施工事例

泉佐野市のスレート屋根とモルタル外壁を既存と同じ雰囲気で塗り替え

泉佐野市の厚型スレートの屋根です
泉佐野市のタスペーサーを入れた厚型スレート屋根の塗装 お客様の声
工事内容
屋根補修工事
外壁塗装
屋根塗装
台風
使用素材
日本ペイント・サーモアイSi 
築年数
約20年
建坪
約40坪
保証
工事費用
約150万円(足場代含む)
施工事例

忠岡町の屋根修理で落ちた瓦を修復し漆喰も詰め直しました

忠岡町の台風被害に遭った降り棟
忠岡町の降り棟修理後の様子
工事内容
屋根補修工事
火災保険
台風
使用素材
いぶし瓦・漆喰・ポリカーボネート波板他
築年数
築約45年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
約80万円(税込み)足場代、カーポート・テラス波板張替え及び塗装費用含む
施工事例

熊取町の雨漏り修理で棟板金やパラペットの笠木を交換しました

熊取町の棟板金が飛散
熊取町の棟板金交換完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
雨漏り修理
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板・杉貫板・シーリング他
築年数
築約64年
建坪
約30坪
保証
1年
工事費用
約30万円(税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

岸和田市の銅製の谷樋の穴あき修理で銅板をカットして塞ぎました

2f69fdc31e6ed2eb9d599e14248cb7a8-1
岸和田市の谷樋補修及び補強完了
工事内容
雨樋交換
雨漏り修理
使用素材
銅板・シーリング材
築年数
約45年
建坪
約43坪
保証
2年
工事費用
約6万円(税込み)
施工事例

岸和田市の瓦屋根の修理で割れた瓦を交換しシーリングで固定!

岸和田市の袖瓦が飛散
岸和田市の屋根修理完了
工事内容
屋根補修工事
雨樋交換
台風
使用素材
釉薬瓦・シーリング・雨樋他
築年数
築約55年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
約96万円(税込み・足場代含む)
施工事例

岸和田市のモニエル瓦(セメント瓦)屋根の修理でズレを戻しました

岸和田市の漆喰の剥がれ
岸和田市の屋根修理完了
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め直し
台風
使用素材
仮設足場、漆喰、コーキング等
築年数
約26年
建坪
約30坪
保証
工事費用
約45万円(税込)足場代含む

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

和泉市の崩れた棟を修復します

和泉市の屋根修理です。台風で棟の瓦が飛散し、下にある地瓦が割れていまいました。玄関の天井で雨漏りが発生している状態です。この記事では崩れた棟の修復の様子をご紹介します。Y様邸は土葺きの瓦屋根です。棟を一度解体し、積み直す工事は費用がかさんで...........

和泉市の屋根の現地調査

和泉市の台風被害に遭った屋根の現地調査です。玄関の天井に雨漏りが発生していました。Y様邸は平屋建てで土葺きの瓦屋根です。棟の瓦(屋根の頂点の水平部)が強風で飛散し、屋根面に落下したことで地瓦(屋根面の瓦)が割れて雨漏りしていました。台風後に...........

熊取町の軒先から順に瓦を葺きます

熊取町の雨漏り修理です。台風の影響で屋根の瓦がズレたり、漆喰が剥がれるなどの被害に遭いました。H様邸は長屋で、お隣の建物と繋がっている形状で、屋根の取り合い部には谷樋を設けています。その谷樋が劣化し、錆びついて穴があいている状態でした。また...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747