オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

阪南市の雨漏り調査で怪しい箇所をくまなく調査しました!


阪南市のI様より「台風でベランダの波板が剥がれて、1階の事務所の天井に雨漏りしてるんです」
とのご相談をいただき雨漏り調査にお伺いしました。

台風の後、お仕事が忙しくてそのままの状態だったそうですが、火災保険の申請をしないといけないので被害を受けてから約2年後、インターネットで業者を探し、街の屋根やさん岸和田店のホームページをご覧いただきご連絡をいただきました。

火災保険の請求期限
◇◆◇ 火災保険について ◆◇◆

「火災保険に加入してるけど、火事だけが対象じゃないの?」
火災保険に入ってると思うけどどっちだったかな・・・」
というお声をよくお聞きします。

ご加入されている保険の内容にもよりますが、火災保険は「火災」「落雷」「風害」「雪害」「雹害」の自然災害に適用されます。

⚠ 火災保険の請求期限は3年と定められていますので、期限を超えないうちに申請しましょう。


この被害って、火災保険に適用されるの? どうしたらいいか分からない方へ

雨漏り調査の様子

阪南市の事務所の天井に雨漏り発生

◆◇ それでは雨漏りの現地調査及び台風被害の調査の様子をご紹介します。

◆ I様邸は木造・2階建ての住宅
◆ 台風で1階のお部屋(事務所)の天井に雨漏りが発生
◆ ベランダのテラスの波板が飛散
◆ 火災保険に申請したい


阪南市の天井板が剥がれています
雨漏りしている1階の事務所を確認させていただくと、天井板が濡れた影響で、剥がれてきていました。

雨漏りが原因で、天井に嫌な雨染みの跡が付いたり、天井板やクロスが剥がれてくることがあります。

こういった被害は台風の二次被害になります。
阪南市の事務所の照明器具のそばでも雨漏りしています
照明器具のそばでも雨漏りが発生したそうです。

内部に浸入した雨水は建物の梁や柱、または電気の配線などを伝って表に出てきますので、照明器具付近でも雨漏りすることがよくあります。

電気は絶縁(電気を遮断している状態)されていますが、経年劣化で絶縁の状態が悪くなると電気が漏れます。(漏電)雨漏りしている照明器具などに触れると感電する危険性がありますので、必ず業者に相談しましょう!

阪南市の雨漏り
◆◇◆ 雨漏りを放置するとどうなるの? ◆◇◆

「雨漏りしてるけど、雨の量が多い日だけだし大丈夫かな」

そんな風に思ったことはありませんか?

雨漏りを放置し、重要な構造部分の木部が腐食すると、建物の耐久性や強度が低下してしまいます!
また、雨水の影響で天井板や壁に雨染みが付き、美観性を損ねたりカビの発生で人の体に悪影響を与えることもあります。更に、湿気がある場所は白蟻が好みますので、白蟻被害を誘発させてしまう可能性もあるのです。

あなたの大切な住まいを守るためにも雨漏りを見つけたら早めに業者に相談しましょう。


「雨漏りが止まらない!どうしたらいいの・・・?」雨漏りでお困りの方へ
↓↓↓↓



阪南市の雨漏りしている事務所の上にはベランダがあります

◆ 雨漏りしている事務所の上にはベランダがあります。

I様は、雨漏りの原因がベランダにあると思い、ベランダの劣化している部分にシーリングを充填し、ブルーシートで覆って応急処置されていました。

応急処置後は雨漏りしていないということですので、やはりベランダが一番怪しい可能性があります。

阪南市のベランダの防水が傷んでいました
◆ ブルーシートをめくって確認しました。

I様邸のベランダは、水性の塗膜防水材で防水されていました。

ベランダは外部に設置されていますので、雨水の影響で雨漏りしないように必ず防水処置されています。

その防水が劣化すると、下のお部屋に雨漏りする原因になってしまいますので、定期的なメンテナンスが必要です。

I様邸は下のお部屋に雨漏りしていますので、ベランダを防水しなおすご提案となりました。

阪南市の屋根の勾配が緩やか
◆ I様邸はベランダの先に下屋があります。

屋根とベランダの取り合い部に立ち上がりがほとんどない為、雨の量が多い日は屋根に落ちてきた雨水がベランダの方に廻る可能性がありました。

また、取り合い部から雨水が浸入しないように水切りを取付けていますが、屋根の勾配が緩やかですので雨水の切れが悪く、雨漏りのリスクが高い形状です。

この部分は、雨漏りの原因の可能性がある部分で、ベランダの次に怪しい箇所になります。

阪南市のテラスの波板がほとんど飛ばされています
◆ ベランダに設置されているテラス屋根の波板が台風の強風でほとんど飛ばされていました。

台風前はテラス屋根によってベランダに入り込む雨水の量が少なかったので、その分雨漏りのリスクが低減されていましたが、波板が飛ばされたことでベランダに雨水が直接落ち、通常よりも多く雨水の影響を受けている状態になっています。

雨漏りのリスクを少なくするために、波板の張替をお勧めしました。


それに比例して雨漏りのリスクが高くなってしまいます!
阪南市のガラスネット入りの波板です
◆ I様邸のテラスの既存の波板はガラスネット入りの塩ビ製の波板です。

塩ビ製の波板は経年で非常に割れやすくなるため、強風で飛ばされるケースが相次いでいます。
ガラスネット入りの波板は普通の塩ビ波板よりも強度がありますが、やはり劣化すると割れやすくなります。

今回は、衝撃に強く割れにくい、更に耐用年数が長いポリカ波板への張替のご提案をさせていただきました。

阪南市の外壁の目地が割れています
◆ ベランダの外壁の目地にひび割れが発生していました。

外壁にひび割れが生じると、雨漏りの原因になることがあります。
通常はこの外壁に雨水があたることはほとんどないのですが、テラスの波板が飛ばされたので、吹き降りの雨の場合、濡れてしまいます。

ですが、この外壁の上には屋根の軒裏があるため、雨漏りの原因の可能性がある順番としては3番目になります。

阪南市でベランダ防水などを行います

◆ I様邸の雨漏り修理のご提案 ◆

◆ ベランダ防水
◆ テラスの波板張替え
◆ 雨染みが付いた天井板の張り替え(I様ご希望

以上をご提案させていただき、後日工事を行うことになりました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

街の屋根やさん岸和田店に安心してお任せください

●● 街の屋根やさん岸和田店について ●●


街の屋根やさん岸和田店は、雨漏り修理の実績が数多くございます!

雨漏りの原因を調査し、分かりやすいご説明とともに、より良いご提案をさせてただいております。

調査は無料ですのでまずはお気軽にご相談くださいね。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市の雨漏り修理で銅板晒し葺きの屋根の棟を修理しました

岸和田市の修理前の銅板屋根
岸和田市の修理後の銅板屋根
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
銅板・シーリング
築年数
築35年
建坪
約50坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・19.8万円 屋根修理費用・・24.8万円(すべて税込み)
施工事例

貝塚市の雨漏りの原因はテラスの倒壊!アルミ製のテラスで復旧です!

貝塚市のベランダ現況
貝塚市のベランダにテラス屋根設置
工事内容
雨漏り修理
その他の工事
台風
使用素材
三協アルミ・レボリューA
築年数
約38年
建坪
約16坪
保証
2年
工事費用
約35万円(税込み)
施工事例

忠岡町で軒樋から雨漏り発生!内吊りの軒樋を交換しました!

18213c9c0eae57697dd4ee4bb3df5d77
忠岡町の雨樋交換完了
工事内容
雨樋交換
雨漏り修理
台風
使用素材
軒樋・じょうご・止まり・エルボ・内吊り金具他
築年数
約31年
建坪
約18坪
保証
2年
工事費用
足場費用・・約12万円 雨樋交換・清掃費用・・8.6万円(ともに税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

阪南市の木製テラスを補強してポリカ波板に張り替えた施工事例

阪南市の台風で飛ばされたテラスの波板
阪南市の台風で飛ばされたテラスの波板の張替
工事内容
台風
使用素材
ポリカーボネート波板(ブロンズ・4尺(1220mm)9枚)波板ビス(ポリカ座金)
築年数
築38年
建坪
約28坪
保証
1年
工事費用
約7.7万円(税込み・波板張替え工事のみ)
施工事例

阪南市の雨漏りしていたベランダをビッグサンコートで防水!

阪南市のベランダ現況
阪南市のベランダ防水完了後
工事内容
雨漏り修理
防水工事
火災保険
台風
使用素材
シーリング・プライマー・ビックサンコート(液体・粉材)・トップコート
築年数
築38年
建坪
約28坪
保証
2年
工事費用
約17万円(税込み)
施工事例

阪南市の強風で飛ばされた波板の張替でポリカ波板を採用しました

阪南市の台風で飛ばされたテラスの波板
阪南市のテラスの波板張替え後
工事内容
その他の工事
台風
使用素材
ポリカーボネート波板・ポリカフック・シーリング他
築年数
約38年
建坪
約18坪
保証
1年
工事費用
約11万円(税込み)既存波板撤去・処分費用含む

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

泉大津市の瓦を復旧して全体的に固定しないといけません

泉大津市の皆様こんにちは!街の屋根やさん岸和田店の小南です。最近、地震が頻繁に発生しているのでとても心配ですね・・・。台風はある程度予測がつくので事前に備えることができますが、地震は突発的に起こるので本当に恐ろしいです。「台風」や「地震」「...........

雨水は屋根から入るだけではありません

阪南市のベランダ防水工事の様子をご紹介します。I様邸は台風の時にベランダの下のお部屋で雨漏りしました。「雨漏りしたので自分でひび割れにシーリングを打ってブルーシートをかけたら止まったんです」とのことで様子を見られていたそうですが、被害を受け...........

貝塚市の1階のリビングの窓から雨漏り発生

貝塚市のY様より「台風の後の長雨から1階のリビングの窓から雨漏りするんです」とのご相談をいただき現地調査にお伺いしました。Y様邸は木造・2階建ての住宅で、外壁はジョリパッドというアクリル系の壁の仕上げ材を塗装しています。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747