岸和田市の棟板金飛散や雨戸・外灯・網戸の破損などの被害です!


岸和田市の棟板金飛散などの現地調査
岸和田市のK様より「台風で棟の板金がめくれて雨戸も壊れたんです。保険会社に見積もりを出したいので見に来てもらえますか?」とご相談があり現地調査にお伺いしました。

棟は屋根の高い位置にありますので、風の影響を受けやすい箇所です。地上で「風がきついな」と感じた場合、屋根の上はもっと強い風が吹き荒れているのです。
台風21号は、非常に強い風を伴っていたので、屋根のアンテナの倒壊や瓦の飛散、信号機や電柱まで倒れる被害がありました。
今回のご相談の、棟板金の飛散も数多く発生している事例のひとつです。
岸和田市の棟板金の飛散と雨戸の破損

台風が上陸している時は、今まで聞いたことのないほどの大きな風の音と家が揺れいるのを感じて、ただただ「早く過ぎ去ってほしい!」と思って家の中でじっとしていました。
K様は、台風の最中に「ガラガラッ!ガシャン!!」という大きな音と共に雨戸が外れて飛んでいくのを見たそうです。
台風が去って辺りが落ち着いた時に表に出ると、色んなものが家の周辺に落ちており、その中に板金と破損した雨戸
もあったそうです。
岸和田市のバラバラになった雨戸です
これは飛んで行ってバラバラになった雨戸です。
雨戸の枠が破損して、表面の板が外れて折れ曲がっていました。
岸和田市の雨戸枠も外れました
破損した雨戸の枠です。
この枠の中に先ほどの板がはめ込まれていました。
風で雨戸が飛ばされた時にバラバラになったのでしょう。
台風の時に雨戸が飛ばされると、驚いて焦ってしまい、風で揺れる窓を手で押さえてしまうかもしれません。ですが、強風で何かが飛ばされてきて窓が割れてしまうと大怪我に繋がりますので、絶対に近寄らないでください。
岸和田市の棟板金の下地の板も飛散
屋根の点検も行いました。
やはり棟の板金が飛散しており、下地の板(貫板)も1本無くなっていました。
棟は屋根の面と面が合わさる部分で、そこには必ず隙間ができます。その隙間を覆うためにL型の板金や役物瓦を施工します。
棟板金が飛散した場合、雨漏りの心配がありますが、化粧スレート(平型に形成した屋根材)の下にはルーフィングという丈夫な防水シートを敷いていますので、そのシートが傷んでいなければすぐに雨漏りすることはありません。
岸和田市の棟の釘が残っています
先ほど、棟板金の下地板も飛散しているとお伝えしましたが、それは棟板金を固定するために、屋根に打ち付けた木の板のことです。
板金の隙間からは少なからず雨水が入りますし、湿気の影響もありますので、徐々に下地板が腐食してきます。
下地板が腐食すると釘が緩んできて板金が剥がれやすくなり、劣化がさらに進行すると、写真のように板自体が飛散してしまいます。屋根に釘が残っているということは、下地板が腐食して割れてしまったということです。
板金の復旧する際には下地の板も交換します。
岸和田市の瓦が割れています
屋根全体の点検を行うと、化粧スレートの割れがありました。
屋根材がひび割れているだけならコーキングで接着することも可能ですし、屋根材の差し替えもできます。
ただ、割れて欠損していたり、割れが多い場合は差し替えとなります。
屋根材自体の劣化が著しいなど、しっかりと状態を確認した上でより良いご提案をさせていただきます。
岸和田市のカーポートの平板も飛散
他にも、カーポートの平板の飛散のご相談もありました。
カーポートの平板は、想定外の強い風が吹くと板が外れるような仕組みになっています。板をしっかりと固定すると、風を受けた時に本体に荷がかかって、本体が曲がったり倒れてしまうからです。
ですので、平板が飛散するのは順番的に合ってはいるのですが、やはり残念ですね。
岸和田市の網戸が破れています
二階の出窓の網戸も風で破れていたので張り替えのご提案をさせていただきました。

出窓といえば、台風後に「出窓にシャッターを付けてほしい」というご相談が増えていています。
「台風の時に窓が割れそうで怖かった」ということで、実際に窓ガラスの割れのお問い合わせもありました。
岸和田市の外灯が割れています
外灯に何かがぶつかって割れてしまっており、中に水が入ったら怖いとのことで袋をかぶせていました。

外灯も交換のご提案をさせていただきました。

街の屋根やさん岸和田店は、屋根の点検、ご相談、お見積りは無料です。住まいのことで気になることがございましたらお気軽にご相談くださいね。

同じ地域の施工事例

施工事例

岸和田市のカラー鋼板屋根を金属屋根・ガルバリウム鋼板に葺き替え

岸和田市西之内町の錆びた屋根のカラー鋼板
岸和田市西之内町のガルバリウム鋼板の屋根に葺き替え
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
築50年
建坪
保証
工事費用
約23万円(税込)
施工事例

岸和田市加守町の蘇ったスレート板葺きの屋根塗装 

岸和田市加守町の蘇ったスレート板葺きの屋根塗装 現況
岸和田市加守町の蘇ったスレート板葺きの屋根塗装
工事内容
屋根塗装
使用素材
遮熱材入屋根専用塗材
築年数
約15年
建坪
40坪
保証
工事費用
約35万円(足場含まず)
施工事例

岸和田市下池田町/和室の天井に雨漏り発生!ベランダのコーキング打替修理

岸和田市下池田町のベランダシーリング現況
岸和田市下池田町のベランダコーキング打ち替え
工事内容
雨漏り修理
使用素材
コーキング材
築年数
建坪
保証
工事費用
約3.9万円(税込)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

泉佐野市のテラスの平板と屋根のご相談

泉佐野市の屋根点検のご紹介です。Y様邸は鉄骨造の3階建ての住宅で、2階に玄関があります。玄関横に設置しているテラス屋根の平板が台風の強風で飛散し、住宅の屋根の棟板金も無くなっているように見える、とのご相談でした。棟板金とは、屋根の頂点(棟)...........

和泉市の屋根の点検と塗装のご相談

和泉市のお住いのU様より「台風で屋根に被害がないか点検してほしいんです。雨漏りもしてないし何もなってないと思うんですが、屋根が見えないので心配で。あと、そろそろ塗装の塗り替えもしないといけないので見積もりをもらえますか?」とご相談をいただき...........

忠岡町の棟板金の飛散などのご紹介

忠岡町A様邸の風雨災害の現地調査です。「台風21号で屋根のトタンが剥がれた」とご相談をいただきました。A様邸はカラーベストの屋根です。カラーベストは平型に形成された薄い屋根材のことで「化粧スレート」「コロニアル」とも呼ばれています。