オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

貝塚市の外壁防水工事/ALCパネルの目地シーリングの打ち増し


貝塚市の塗装前の現況
貝塚市の足場設置完了
貝塚市M様邸の外壁・屋根塗装で前回、雨漏り調査と仮設足場の設置などをご紹介しました。
今回は、ALCパネルの目地などのシーリング充填・防水工事をご紹介します。ALCパネルとは、簡単に言うと高温で発泡加工した軽量のコンクリートのことです。

外壁塗装時の目地防水は、主にサイディングやALCパネルの継ぎ目にあるシーリングのメンテナンスのことで、塗装工事の前に状態を確認して適切な処置を行う必要があります。いくら塗装で外観がきれいになっても、防水処理がきちんと行われていないと意味がありません。
サイディングの外壁なら、そのほとんどが既存のシーリングを撤去してから充填する工法「打ち替え」です。既存のシーリングの上から新しいシーリングを充填しても充分な厚みを保てないのできちんとした防水機能が果たせません。




貝塚市のALCパネルの継ぎ目を防水!
外壁がALCパネルの場合、目地部分がへこんでいる形状ですので、その上から新しいシーリングを打っても耐久性を保つだけの適正な厚みが確保できるので打ち増しすることがほとんどです。使用する補修材の種類も様々です。
貝塚市の出窓の上の取り合いもシーリング充填
M様邸には二階の壁に出窓があります。
その出窓の上部の壁との取り合いがひび割れていました。
放っておくと、割れた部分が更に広がったり、そこから雨が浸入して最悪の場合雨漏りに発展することもあるので、シーリングを充填して防水します。
貝塚市の既存の補修材撤去
前回ご紹介しましたがM様邸は地下室に下りる壁の辺りに雨が浸入したような跡がありました。M様がご自身で玄関庇の上に上り、確認すると外壁に穴が空いている箇所があったので補修材を詰めて簡易的に補修されていました。その部分もきちんと防水しなおす必要があるので、先に補修します。
貝塚市の外壁の補修材撤去中
既存の補修材をカッターでカリカリと削りながらすべて撤去します。
写真のカッターの右上と左側には丸い穴が空いていますが、これはおそらく照明器具のようなものが取り付けられていた可能性があり、以前住んでいた方が撤去した後をそのままにしたようです。
貝塚市の補修材撤去後刷毛で清掃
既存の補修材をすべて撤去して、溝を刷毛で掃除します。既存の補修材やホコリが残っていると、この後に充填するシーリングが素地にしっかりと密着しないので、できるだけきれいに掃き出します。
貝塚市の補修材撤去後プライマー塗布
溝を丁寧に掃除したあと、刷毛でプライマーという接着剤の役割をする塗料をまんべんなく塗り込みます。
プライマーを塗らずにシーリングを充填するとくっつく力が弱いので、近い将来で剥がれてしまう恐れがあります。
貝塚市の補修材撤去跡にシーリング充填
プライマーを穴の中にも塗布してからシーリングを充填します。これで、ここから雨が入ることはありませんのでご安心ください。
貝塚市の外壁のカール撤去
先ほど補修した箇所の上にも器具か何かを取り付けていた跡があり、防水処理をしていませんでした。写真はカールというネジを固定する前に差し込む部材を引き抜いている様子です。
貝塚市のカール撤去後の穴にプライマー塗布
ネジ穴のカールを引き抜いた後、穴の中にプライマーを塗布しています。
貝塚市のカールの穴にシーリング充填
プライマー塗布後、こちらの穴にもシーリングを充填して防水しました。
貝塚市のALCの目地にプライマー塗布
ALCパネルの継ぎ目にシーリングを打ち増しするので、先ほどご説明したようにプライマーを塗布します。
貝塚市の基礎巾木の取り合いにプライマー塗布
外壁の基礎巾木と壁の取り合いにもシーリングを打ち増しします。基礎巾木部分にシーリングが付いてはいけないので、マスキングテープを貼っての作業です。
貝塚市のALCの目地にシーリング充填
ALCパネルの継ぎ目にプライマーを塗布した後、シーリング材を充填しています。ALCの目地は幅が広くへこんだ形状ですのでたっぷりとシーリングを充填します。
貝塚市のサッシ回りにもシーリング充填
二階のバルコニーに出る掃き出し窓の周りにもシーリングを充填しました。シーリングをたっぷり充填した後、中に空洞ができないようにヘラでしっかりと押さえ込みます。
貝塚市のサッシ回りのシーリング
シーリングをヘラで押さえて、乾ききる前にマスキングテープを剥がしました。他の窓周りや玄関のドア周り、配管周りなどにもシーリングを充填します。
貝塚市のALC目地のシーリング充填完了
玄関庇と壁との取り合い部、壁の継ぎ目のシーリングの打ち増しも終わりました。
貝塚市のALCの目地シーリング充填完了
新しく充填したシーリングの上から塗装することで、シーリングが直接紫外線に当たらず、塗膜で保護されている状態になりますのでシーリングが長持ちします。
貝塚市の出窓の上のシーリング充填完了
出窓の上にもシーリングを充填したので、ひび割れも見えなくなりしっかりと補修されました。
外壁塗装工事では、シーリングの打ち替え及び打ち増しが重要で、必ず行う工程です。
ここで手を抜くと防水機能が働かず、目地からの雨の浸入で内部が傷んでしまう恐れがありますので、状態を把握して適切な処理を行いましょう。

次は屋根と外壁の高圧洗浄をご紹介します。



同じ工事を行った施工事例

施工事例

泉南市のトイレの壁にカビが発生!雨漏り修理を行いました!

泉南市のトイレの壁に雨漏りでカビが発生
泉南市の雨漏り修理後内装も改修
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
シーリング・プラスターボード・クロス
築年数
約23年
建坪
約18坪
保証
1年
工事費用
約8.9万円(税込み)
施工事例

岸和田市の雨漏り修理でベランダにウレタン防水を施工しました!

岸和田市のベランダ防水前
岸和田市のベランダ防水後
工事内容
雨漏り修理
防水工事
台風
使用素材
ウレタン防水材、カチオンクリート、プライマー、トップコート、シーリング材他
築年数
約38年
建坪
約19坪
保証
2年(雨漏りにおいて)
工事費用
約19.5万円(税込み)
施工事例

岸和田市のベランダ防水の施工事例!ひび割れも修理して防水性が向上

岸和田市の防水前のベランダ
岸和田市のベランダ防水後
工事内容
防水工事
台風
使用素材
ウレタン樹脂塗膜防水材他
築年数
約40年
建坪
約30坪
保証
2年(雨漏りにおいて)
工事費用
18.7万円(税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

貝塚市の老朽化した朝日ソーラーの太陽熱温水器を撤去した施工事例

貝塚市の太陽熱温水器
貝塚市の太陽熱温水器撤去完了
工事内容
その他の工事
使用素材
シーリング他
築年数
築39年
建坪
約23坪
保証
無し
工事費用
約6万円(太陽熱温水器撤去・システム用配管端部仕舞・瓦補強工他含む)
施工事例

貝塚市の3階建ての住宅の屋根にガルバリウム鋼板の棟板金を取付

貝塚市の棟板金が飛散
貝塚市の棟板金交換完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
台風
使用素材
貫板・ガルバリウム鋼板・シーリング・ポリカ波板
築年数
築約30年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
棟板金・貫板交換工事・約58万円(税込み)足場費用含む テラス波板張替え及び樋交換工事・約12万円(税込み)
施工事例

貝塚市の軒天井のケイ酸カルシウム板を張替え塗装した各所修理工事

貝塚市の軒天井破損
貝塚市の修理した軒天井と破風板
工事内容
破風板・軒天部分補修
雨樋交換
その他塗装
足場
火災保険
台風
使用素材
ケイ酸カルシウム板、塗料、塩ビ雨樋、ガルバリウム鋼板、化粧合板など
築年数
約35年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
約180万円(税込み・足場代含む)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

雨水は屋根から入るだけではありません

阪南市のベランダ防水工事の様子をご紹介します。I様邸は台風の時にベランダの下のお部屋で雨漏りしました。「雨漏りしたので自分でひび割れにシーリングを打ってブルーシートをかけたら止まったんです」とのことで様子を見られていたそうですが、被害を受け...........

貝塚市の1階のリビングの窓から雨漏り発生

貝塚市のY様より「台風の後の長雨から1階のリビングの窓から雨漏りするんです」とのご相談をいただき現地調査にお伺いしました。Y様邸は木造・2階建ての住宅で、外壁はジョリパッドというアクリル系の壁の仕上げ材を塗装しています。

火災保険の請求期限

阪南市のI様より「台風でベランダの波板が剥がれて、1階の事務所の天井に雨漏りしてるんです」とのご相談をいただき雨漏り調査にお伺いしました。台風の後、お仕事が忙しくてそのままの状態だったそうですが、火災保険の申請をしないといけないので被害を受...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747