オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

貝塚市の軽量鉄骨でALCパネルの住宅を塗装でメンテナンスします!


貝塚市の塗装前の現況
貝塚市のM様より「雨漏りしてるようなので見に来てもらえますか?」とご相談があり現地調査にお伺いしました。
M様邸は軽量鉄骨造でALCパネルの外壁で、雨漏りしている可能性がある箇所は地下室に下りる階段のコンクリートの壁でした。同時に外壁などを調査すると、塗装の時期に来ていましたので、同時に屋根と外壁を塗装することになりました。
以前から雨漏りしていたのか分からないので、鉄骨が錆びたりしていないか心配だということで壁の中の状態を確認するために壁に点検のための開口を空けて調査を行うことになりました。
貝塚市の雨漏りの跡
雨漏りがした可能性がある箇所の壁(地下室に下りるところのコンクリートの壁)の様子です。
うっすらと水が入ったような跡がありました。
建物の鉄骨にポタポタと雨が落ちる音がしたので、ご自身で玄関庇の上にのり、怪しい箇所に補修材を詰めて応急処置をされたそうです。
貝塚市の雨漏り調査で壁開口開け
雨漏りの可能性がある箇所の上の壁を一部切り取って、そこから点検します。
あらかじめ用意していた木の定規を当てて、開口部を計測しています。
貝塚市の壁に点検の穴空け完了
クロスの壁に開口を空けました。
M様邸は軽量鉄骨で、壁の内側にある構造(筋交い)が見えています。軽量鉄骨は素材が軽いため、枠組みだけでは強度がないので筋交いを入れます。
貝塚市の雨漏り調査で壁の内部調査
開口部分から念入りに調査をしましたが、壁の内側や鉄骨などに雨漏りの跡は見られず、錆などもありませんでした。雨が降るまで様子を見ましたが、変わりがないので壁を塞ぐことになりました。庇の上の補修した箇所は専門の職人が再度補修するので安心です。
貝塚市のカーポートの屋根仮撤去
塗装工事前に、足場を設置する時に干渉するカーポートのポリカ板を仮撤去しました。壁を洗ったり塗装する時に足場を壁に近いところに設置しなくてはいけないので、どうしても屋根にかかってしまいます。これは事前に足場の調査をしたときに確認済です。
貝塚市の足場設置状況
塗装前の足場建てです。
足場は、高所での作業を安全に行うために必要で、塗装工事の際は必ず設置します。梯子での作業となると、塗料の缶などを持って移動しなくてはいけないので大変危険ですし、その分時間もかかります。また、足場の周りに付けるメッシュシートも塗料の飛散などを防ぐ役割があるので、塗装工事では足場が必須なのです。
貝塚市の外壁の雨染み現況
M様邸の外壁はALCパネルという外壁です。
ALCは簡単に言うと、高温で発泡加工した軽量のコンクリートのことで、壁材の中では断熱性の高い建材です。

長年雨風にさらされた外壁は雨ダレの跡が筋状に残っていました。
貝塚市のALCパネルの目地現況
ALCパネルには継ぎ目がありシーリングという防水材が充填されています。このシーリングに亀裂が入ったり、痩せてくると塗装の時期にきていると思っていいでしょう。
シーリングの劣化はALCパネルの寿命を縮める原因になりますので、定期的に点検してメンテナンスを行う必要があります。
貝塚市の玄関庇現況
玄関庇の現況です。
庇の縁の塗料が滲んで庇の天井が汚れてしまっていました。ここも塗装するのできれいになります。
貝塚市の機能ポール現況
機能ポールも経年で汚れていたので塗り替えます。
貝塚市のスレート屋根の現況
屋根はスレート瓦で、塗膜が剥げて全体的に色褪せていました。屋根は初めは水を弾いてくれますが、劣化して塗膜が薄くなると水を吸収するようになります。水を含んだ瓦はカビや苔が発生しやすくなり、また、乾いたり濡れたりを繰り返すとどんどん瓦が反ってきます。そうなる前に塗装してあげると瓦が長持ちします。
貝塚市のひび割れたスレート瓦
屋根をくまなく調査すると、一枚だけひび割れていました。
この瓦は塗装前にコーキングを充填してきちんと補修します。

次は、ALCパネルの目地シーリングの打ち増しをご紹介します。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市の穴があいていた銅板の屋根をガルバリウム鋼板に葺き替え

岸和田市の傷んだ銅板晒し葺きの屋根
岸和田市の銅板屋根の葺き替え完了
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
ガルバリウム鋼板・ゴムアスルーフィング・塩ビ雨樋
築年数
約45年
建坪
約30坪(平屋建て部のみ)
保証
7年
工事費用
約57万円(税込み)
施工事例

岸和田市のセメント瓦がズレて雨漏りが発生!瓦をシーリングで復旧

岸和田市のセメント瓦がズレています
岸和田市のズレたセメント瓦を固定
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
台風
使用素材
シーリング・漆喰
築年数
築約25年
建坪
約40坪
保証
2年
工事費用
約45万円(税込み・足場費用・カーポートパネル仮撤去及び復旧含む)
施工事例

岸和田市で穴があいていた銅製の谷板金をガルバリウム鋼板に入替

岸和田市の玄関屋根現況
岸和田市で凍害の症状で玄関屋根の棟瓦と隅棟を積み直し雨漏りも解消したお客様の声
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
雨漏り修理
使用素材
ガルバリウム鋼板・いぶし瓦・なんばん
築年数
築約45年
建坪
約20坪
保証
2年
工事費用
約35万円(税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

貝塚市の3階建ての住宅の屋根にガルバリウム鋼板の棟板金を取付

貝塚市の棟板金が飛散
貝塚市の棟板金交換完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
台風
使用素材
貫板・ガルバリウム鋼板・シーリング・ポリカ波板
築年数
築約30年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
棟板金・貫板交換工事・約58万円(税込み)足場費用含む テラス波板張替え及び樋交換工事・約12万円(税込み)
施工事例

貝塚市の軒天井のケイ酸カルシウム板を張替え塗装した各所修理工事

貝塚市の軒天井破損
貝塚市の修理した軒天井と破風板
工事内容
破風板・軒天部分補修
雨樋交換
その他塗装
足場
火災保険
台風
使用素材
ケイ酸カルシウム板、塗料、塩ビ雨樋、ガルバリウム鋼板、化粧合板など
築年数
約35年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
約180万円(税込み・足場代含む)
施工事例

貝塚市の雨漏りしていたベランダにFRP防水を施工しドレンも調整

貝塚市のベランダの下端から雨漏りしています
貝塚市のベランダのFRP防水完了
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
FRP防水材
築年数
約15年
建坪
約20坪
保証
3年
工事費用
約21.5万円(税込み)床補強・ドレン調整費用含む

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

岸和田市の台風被害と雨漏りのご相談

岸和田市にお住いのK様より「2年前の台風被害の修理をしたいんです。屋根の他にも色々修繕しないといけないところがあるんですが、屋根以外のことでもお願いできますか?」とのご相談があり現地調査にお伺いしました。街の屋根やさん岸和田店は住まいのこと...........

泉佐野市の階段室の窓から雨漏りするとのご相談

泉佐野市の雨漏り調査です。「1階のサッシ枠から雨水が入ってくるんです」とのご相談をいただき、現地調査にお伺いしました。T様邸は木造の2階建てです。雨漏りしているのは玄関横にある階段室の小窓です。雨が降ると、サッシ枠からかなりの量の雨水が浸入...........

岸和田市の庇にタオルを敷いて処置されています

岸和田市の庇の補修です。S様は以前から庇に落ちる雨音でお困りでした。雨樋が詰まって雨水が溢れているのでは、とのご相談をいただき調査をすると、雨樋は詰まっておらず、屋根の形状に問題があることが分かりました。雨水が落ちてくる庇の真上には2階の軒...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747