オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

泉大津市の強風で剥がれた棟板金とスレートの復旧工事


工事のきっかけ

泉大津市にお住いのS様より「近所の屋根の修理をしていた業者の方にやねがめくれているから雨漏りするよ!」と言われたので、点検してもらえませんか?

というご相談をいただき、強風で剥がれた棟板金とスレートの復旧工事を行いました。

泉大津市 屋根補修工事,棟板金交換,台風

ビフォーアフター

before
泉大津市のスレート屋根の修理前
horizontal
after
泉大津市のスレート屋根の修理完了

工事基本情報

施工内容
屋根補修工事,棟板金交換,台風
施工期間
4日間
使用材料
化粧スレート・杉貫板・ガルバリウム鋼板製棟板金
施工内容その他
築年数
約23年
保証年数
2年
工事費用
足場費用・・約13万円 屋根修理費用・・約23万円(共に税込み)
建坪
約20坪
ハウスメーカー
泉大津市の強風で剥がれた棟板金とスレートを復旧した施工事例です。

近所で屋根を修理していた業者の方に「屋根がめくれてるから雨漏りするよ」と言われて、
心配になって街の屋根やさん岸和田店にご相談をいただきました。

強風の後、屋根を見上げて確認すると、テレビのアンテナが倒れているのは見えたのですが、
屋根の被害についてはよく分からなかったということで、とても心配されていました。

泉大津市のテレビのアンテナが倒れています
台風や突風などで屋根に設置しているテレビのアンテナが倒れる被害が多発しています。

アンテナが倒れてテレビが見えなくなったり、アンテナが倒れた時の衝撃で屋根材が破損することも・・!

自然災害で大きな被害を受ける前に、アンテナがしっかりと固定されているか点検してもらいましょう。

街の屋根やさん岸和田店は屋根やお住いの無料点検を実施していますので、気になることがありましたらお気軽にご相談くださいね。
↓↓↓↓

泉大津市の棟板金が飛散

S様邸は木造・2階建ての住宅で、屋根にはスレートを葺いています。

屋根に上がって確認すると、強風で棟の板金とスレートが剥がれている状態でした!


スレートとは・・主原料がセメントと繊維質で、厚みが5mmほどの平らな屋根材のことです。

棟とは・・屋根の頂点の水平部分のことで、屋根面同士の取り合いになります。

棟板金とは・・棟に被せて取付ける板金のことで、屋根面の隙間を塞いで防水する役割があります。

棟板金の規格サイズは2mと決まっているので、棟の長さに合わせて板金を繋いで取付けられています。
その中の2枚が飛ばされていました。


泉大津市の下り棟の板金もめくれかかっています
降り棟の板金も、飛ばされてはいませんでしたが強風に煽られて浮き上がっていました。

降り棟とは・・屋根の流れに沿って斜めに下りる棟

板金は釘留めされているので、釘が緩むと強風で飛ばされる危険性が高くなってしまいます!

S様邸の棟板金も釘が抜けて浮き上がっているので、風が吹くと飛ばされるかもしてません。

☆ 棟板金が飛ばされて、通行人に怪我をさせると大変なので、早急に工事を行うことになりました。

泉大津市の屋根材がめくれています
S様邸の屋根はスレート葺きです。

スレートは厚みが5mmほどの平らな屋根材で、1枚1枚釘で固定されています。

釘留めによって葺かれている為、地震の揺れを受けた時にスレートが落下する心配はないのですが、台風時などにスレートの隙間に強風が吹き込むと、S様邸のように割れて剥がれてしまうことがあります。


泉大津市のタスペーサーです
屋根面を確認すると「タスペーサー」が散乱していました。

タスペーサーは、スレート屋根の塗り替え時に、雨漏りを防止するためにスレートの隙間に挿入する縁切り部材です。
(塗り替え時にスレートの隙間が塗料で埋まってしまうと内側に雨水が溜まり雨漏りすることがあります)

スレートが剥がれたことで、タスペーサーが抜け落ちていました。

スレートを差替える時はスレートの隙間が確保されるので、タスペーサーは不要になります。

S様邸の屋根の屋根工事の内容

泉大津市S様邸の屋根修理内容

●● S様邸の屋根工事の内容 ●●

足場の設置

倒れたアンテナの立て直し

剥がれたスレートの差し替え

剥がれた棟板金の復旧と、浮き上がった棟板金の交換

スレートの色合わせの塗装

以上の内容で、早急に屋根工事に取り掛かりました。



スレートの差し替え工事の様子

泉大津市の破損している屋根材を撤去
● 割れたスレートの差し替え工事です。

スレートは1枚ずつ釘で固定されているので、釘を抜かないと割れたスレートを撤去することができません。

釘留めする箇所は上に葺くスレートの下に隠れて見えないので、釘を抜く際には、専用の釘抜きの道具を使用しないといけません。

釘抜きをスレートの隙間に差し込んで、釘を引っ掛けて抜き、割れたスレートを撤去しました。

泉大津市の屋根材をシーリングで固定
● 割れたスレートを撤去し、新しいスレートに交換します。

スレートを部分的に交換する時に、上に既存のスレートが残っていると、釘留めすることができないので、シーリングで固定する方法を取ります。

シーリングを屋根の流れと同じ方向で充填し、スレートを密着させます。

シーリングを屋根の流れと対角に充填してしまうと、内側に入った雨水を堰き止めてしまい、雨漏りすることがあるので、雨水が通るように流れ方向に充填しないといけません。

泉大津市の屋根材を密着させて固定
● シーリングを充填し、スレートを差し込んで密着させて固定します。

スレートは目地が交互になるように葺いているので、1枚のスレートの真ん中あたりに上下のスレートの目地があります。

台風で剥がれたスレートすべてをきちんと交換させていただきました。


棟板金の復旧工事

泉大津市の棟板金を取付け

● 強風で剥がれた部分に棟板金と貫板(ぬきいた)を取付けます。

四角い点線部は、貫板が飛散している箇所です。

貫板は、棟板金を固定するための下地の板ですが、強風で棟板金がめくれた時に
一緒に剥がれてしまった可能性がありました。

泉大津市で新しい貫板を取付け
● 新しい貫板を取付けました。

ビスでしっかりと締め付けて固定したので、以前よりもめくれにくくなっています。

泉大津市の既存の貫板も固定しました
● 既存の貫板もビスで固定しました。

棟板金が飛散している部分の貫板のみになりますが、ビスで締め付けてきちんと補強させていただきました。

泉大津市の棟板金をビスで固定
● 続いて、棟板金をビスで固定しました。

棟板金は、側面からビス留めしています。真上で固定すると、ビスが貫板を貫通してしまうので、ビス頭から浸入した雨水の影響で屋根の下地を腐食させる可能性が出てきてしまうため、必ず横方向から固定しないといけません。

泉大津市の板金の継ぎ目はシーリングで防水
● 降り棟の板金もめくれていて、変形していたので一部交換しました。

先ほどと同様に、側面でビス留めし、板金の継ぎ目はシーリングを充填して防水しました。

泉大津市の屋根を塗装して仕上げます

● 強風で剥がれたスレートと棟板金の復旧完了です!

S様邸は以前屋根の塗装をされていたので、新しいスレートで同じ色がありません。

そのため、塗装である程度の色を合わせることになりました。

泉大津市の屋根修理完了
● 色合わせの塗装を行いました。

周囲のスレートが少し色褪せているので、どうしても差がでてしまいますが、色褪せる前の色で復旧しています。

屋根の修理で屋根材を部分的に交換した場合、新旧の差が出てしまいます。

「見た目がちぐはぐして嫌だなぁ」という場合は、色合わせの塗装をすることができます。

屋根一面を塗装すれば統一されるので被害箇所が分からなくなります。

また、「屋根の修理でせっかく足場を建てるなら塗装もした方がいいかな」など、屋根や外壁の塗装のご相談も承っておりますので、気になっていることがありましたらお気軽にお伝えください。

工事後のS様の声

「近所に来ていた業者の方に、雨漏りするよ、と言われて急に心配になったんです。その人にお願いすることも考えたんですが、やっぱり信頼できそうな業者さんを探そうと思って、声を掛けさせていただきました。早く対応してくれて、職人さんも一生懸命作業してくださり感謝しています。また何かあったらお願いします」

屋根の上の状況は、下からではよく分からないので不安だったと思います。
浮き上がっていた板金が飛ばされたり、雨漏りする前に修理ができて良かったです!

ありがとうございました。




屋根調査は街の屋根やさん岸和田店へ!
「先日の突風で、屋根の瓦ズレているように見えるなぁ」

「天井に雨染みが出てきた気がする」

など、悪天候後や自然災害を受けた後は、出来る範囲で周囲を点検しましょう ↓↓↓↓


★★ 本格的な調査は街の屋根やさん岸和田店にお任せ下さいね!
お電話でのご相談 0120-169-747(フリーダイヤル)

メールでのご相談 お話が苦手な方はこちらから

オンラインでのご提案 オンラインで無料点検!

【工事完了後】

同じ工事を行った施工事例

施工事例

和泉市のガレージの割れた波型スレート(大波)を部分的に交換!

和泉市のガレージの屋根破損状況
和泉市のガレージの屋根修理完了
工事内容
屋根補修工事
台風
倉庫
使用素材
波型スレート(大波)・傘釘・角棟役物
築年数
約25年
建坪
約10坪
保証
2年
工事費用
約6万円
施工事例

和泉市の台風被害に遭った瓦屋根を修理して自然災害に備えました

和泉市の台風被害に遭った屋根
和泉市の台風被害に遭った屋根の修理完了
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
葺き土・釉薬瓦・銅線・シーリング・漆喰
築年数
約32年
建坪
約16坪
保証
2年
工事費用
約56万円(税込・足場代含む)
施工事例

阪南市の屋根のスレートが強風で飛ばされ修理工事を行いました!

阪南市の強風で剥がれたスレート
阪南市の強風で剥がれたスレートを差替え
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ケイミュー株式会社/化粧スレート・コーキング
築年数
約13年
建坪
約40坪
保証
2年
工事費用
約3.5万円(税込)

同じ地域の施工事例

施工事例

泉大津市で雨漏りが発生!瓦のズレを補修しラバーロックしました

泉大津市の屋根修理前
泉大津市の屋根修理完了
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
瓦補強用ビス・シーリング
築年数
約50年
建坪
約10坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・約19.5万円(税込み)瓦ズレ修復及び固定工・・約27万円(税込み)
施工事例

泉大津市の雨漏り修理に伴うベランダのウレタン防水工事

泉大津市の保護モルタルのベランダです
泉大津市のベランダ防水完了
工事内容
雨漏り修理
防水工事
台風
使用素材
ウレタン樹脂塗膜防水材
築年数
築約45年
建坪
約30坪
保証
3年(雨漏りにおいて)
工事費用
約20万円(税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

貝塚市の屋根の瓦が軒先方向にズレています

貝塚市にお住まいの方で雨が降ると天井裏から「ポタポタ」という雨音が聞こえてきて心配されている方はいますか?貝塚市にお住いのF様より「雨が降ると、天井裏からポタン・ポタンという雨の音が聞こえてくるんです」というご相談をいただいたので早速雨漏り...........

熊取町・パネルが飛ばされる理由は

熊取町の皆さまこんにちは!ベランダに設置している屋根のパネルや波板が飛ばされてお困りの方はいませんか?「強風が吹くたびに毎回飛ばされるのでどうにかしてほしい!」というご相談をよくいただきます。この記事では、熊取町にお住いのN様よりご相談をい...........

土葺きの屋根

和泉市の皆さまこんにちは!前回の現場ブログで和泉市K様邸の台風の被害を受けたモニエル瓦葺きの屋根の修理をお伝えしました。引き続き、下屋(1階の屋根)の修理の様子をご紹介したいと思います!

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747