オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

泉佐野市の強風で落ちたセメント瓦の復旧工事の施工事例をご紹介!


工事のきっかけ

泉佐野市にお住いのI様より「台風で瓦がたくさん落ちたんです」というご相談をいただきました。

I様邸はセメント瓦で、同じ瓦がもう製造・販売されていなかったのですが、今回だけ特別に、と同じ形状の瓦を製作していただき、無事屋根修理を行うことができました!

割れた瓦の差し替え等を行ったI様邸の屋根工事を是非ご覧になって下さい。

泉佐野市 屋根補修工事,台風

ビフォーアフター

before
泉佐野市の台風被害に遭った屋根
horizontal
after
泉佐野市の台風被害に遭った屋根の修理完了

工事基本情報

施工内容
屋根補修工事,台風
施工期間
4日間
使用材料
セメント瓦
施工内容その他
築年数
約38年
保証年数
2年
工事費用
足場費用・・約21万円 屋根修理費用・・約27万円(共に税込み)
建坪
約21坪
ハウスメーカー

泉佐野市の強風で落下したセメント瓦屋根の修理を行いました。

2年前の台風の時に屋根の棟巴(むねともえ)が1枚、袖瓦(そでかわら)が7枚落下し、
そして屋根面の瓦も15枚割れてしまいました。

台風直後、近所に来ていた業者に応急処置をしてもらい、修理のお見積書を
いただくことになっていたそうですが、忙しいということでなかなか来てくれず、
街の屋根やさん岸和田店にご相談をいただきました。

泉佐野市のセメント瓦の屋根です

I様邸は木造・2階建ての住宅で、屋根にはセメント瓦を葺いています。

セメント瓦って聞いたことがあるけど、どんな瓦かよく分からない・・・。という方のために
まずは「セメント瓦」についてお話したいと思います。

泉佐野市・セメント瓦ってどんな屋根材?

●● セメント瓦とは、セメントでつくられた屋根材のことです ●●

他にもセメント系の屋根材で「化粧スレート」がありますが、
こちらは厚みが1㎝以下で、セメント瓦は厚みが1㎝以上あります。

セメント瓦の主成分はセメントなので、もともと吸水性があるため、表面を塗装して防水されています。

その塗膜が月日とともに傷んで剥がれてくると、雨水などの水分を吸い込むようになり、
セメントの成分が流れ出て骨材がむき出しになり(表面がザラザラになります)割れやすくなってしまいます。

塗膜の劣化が進む前に定期的に塗り替えてあげると長持ちしますが、
一度傷んで脆くなった瓦は塗装では修復できないので、注意しましょう。


泉佐野市のセメント瓦
● セメント瓦は「デザインが豊富」「耐火性がある」というメリットがありますが、「衝撃に弱い」というデメリットもあります。
台風時に飛来物がぶつかって破損する危険性があるので、自然災害を受けた後は必ず点検してもらいましょう!

☆ 街の屋根やさん岸和田店は屋根やお住いの「無料点検」のご相談も承っておりますので、お気軽にお声かけくださいね。 ↓↓↓↓

それではI様邸の屋根の被害状況をお伝えします!

泉佐野市の屋根をシートで応急処置されています
● 屋根の調査にお伺いした当日は、分厚いシートできちんと応急処置された状態でした。

現地調査の時に被害箇所を応急処置されている場合、シートなどを剥がして確認することはほとんどありません。
応急処置を撤去し、元に戻したあと雨漏りする可能性があるからです。

その場合、シートの上から手で触って確認したり、隙間から確認させていただきます。

泉佐野市の応急処置された屋根
● 地震や台風などの自然災害で、火災保険を適用する場合、必ず被害箇所の写真が必要なので、応急処置を依頼する時にはまず写真を撮影してもらうことをお勧めします。

また、修理のための調査を別の会社に依頼する時にも、被害状況の写真があれば参考になります。

屋根などが自然災害により被害を受けた時の応急処置について下記のリンクより詳しくご紹介しています!
↓↓↓↓

泉佐野市の袖瓦が飛散
● こちらは、屋根修理を行った時の写真です。

応急処置のシートを撤去すると、袖瓦(そでかわら)が7枚飛ばされている状態でした。

袖瓦とは・・屋根の流れと平行の一番端に葺く瓦

泉佐野市の棟巴が飛散
● 棟巴(むねともえ)も飛散していました。

棟巴とは、ケラバ(屋根の妻側・三角になった面)の一番上に葺く瓦のことです。

棟巴は先端が丸い形になっていて、棟(屋根の頂点の水平部分)の一番端を覆う形状になっています。

泉佐野市の屋根を防水テープで処置されています
● 屋根面の瓦(地瓦)も全部で15枚割れていて、防水テープを貼って応急処置されていました。

I様邸の屋根は勾配が緩やかなので、台風時の飛来物の衝撃をまともに受けてしまった可能性があります。

幸い、室内に雨漏りはしていないそうですが、防水テープはあくまでも応急的なものなので、新しい瓦に差し替えます。

I様邸の屋根修理の様子

泉佐野市で足場を設置
● 工事で使用する足場を設置しました。 

I様邸の屋根は勾配は緩やかですが、修理箇所に屋根の端、「ケラバ部分」が含まれていたので、職人が安全に作業して、工事の品質を保つために部分的に足場を設置しました。

屋根の工事において、足場は職人が安全に屋根の上まで行き来したり、作業中の安全を確保するために必要になることがほとんどです。

泉佐野市の袖瓦をビスで固定
● 軒先から順番に、落下した部分の袖瓦を復旧していきます。

I様邸のセメント瓦はもう製造・販売されていなかったのですが、今回限りということで何とか製作していただき、同じ形状の瓦で復旧することができました。

泉佐野市の袖瓦を軒先から順に復旧
● 軒先から順番に、袖瓦を1枚1枚ビスで固定して復旧しました。

瓦を葺く時は、必ず軒先から順に、上に重ねながら葺かないといけません。

高い位置から葺くと、屋根面を流れてきた雨水を受けてしまうので、瓦の内側にどんどん流れ込んでしまいます!


泉佐野市の棟に銅線を仕込むための下地を入れます
● 棟巴を固定する銅線を仕込むための下地を設置します。

下地をしっかりと固定し、そこに長いビスを打ち込みました。

棟の瓦を固定するために土や漆喰を下に敷いている住宅もありますが、I様邸は銅線で固定する工法だったので、現状復旧させていただきます。

泉佐野市の棟の下地のビスに銅線をくくり付けます

● 下地に打ち込んだ長いビスに銅線をくくり付けます。

その銅線を棟巴の頂部にあいている丸い穴に通して固定します。

銅線は下地に打ち付けたビスにしっかりと繋がれているので、棟巴の飛散を防止することができます。

泉佐野市の棟巴の穴に銅線を通します
● 銅線を棟巴の穴に通して、頂部でしっかりと固定します!

棟巴が銅線から外れると瓦が落下したりズレてしまうので、頂部でしっかりと締め付けて固定しないといけません。

泉佐野市の棟巴をシーリングで防水
● 銅線で固定した後、雨水が入らないようにシーリングを充填して防水しました。

シーリングを充填しておくと、銅線の緩みや劣化を防ぐこともできます。

泉佐野市の袖瓦と棟巴復旧完了

● 棟巴と袖瓦の復旧完了です!!

I様邸は袖瓦の下が軒天になっているので、瓦が飛散してもお部屋の中に雨漏りすることは無いですが、
雨水の影響で重要な下地が腐食し、屋根の耐久性が低下する危険性があるのできちんと修理ができて良かったです。

泉佐野市の割れた瓦は交換します!
● 屋根面の割れた瓦を差替えました。

I様邸は台風時の飛来物の影響で屋根面の瓦が合計15枚割れてしまいました。

泉佐野市の瓦差し替え完了
● 割れた瓦はすべて新しい瓦に差し替えました。

屋根面は雨水が流れる通り道なので、瓦が割れると雨漏りのリスクが高くなってしまいます!

応急処置で雨漏りしていなくても、必ず修理しましょう。

工事後のI様の声

泉佐野市の台風被害に遭った屋根の修理完了
「応急処置をしてくれた業者さんに何度か電話して、見積もりはまだですか?と聞いたんですが、忙しくて・・・と、なかなか来てくれなかったので困っていたんです。早く対応してくれてありがとうございました。やっと安心して過ごせます」

I様が安心して暮らせるようになり、本当に良かったです。

また、何かお力になれることがありましたらいつでもご相談くださいね!

屋根調査は街の屋根やさん岸和田店へ!
「突風を受けたので、屋根のどうなっているか心配」

「大雨が続いて、天井裏で雨音がする」

等、悪天候・自然災害を受けた後、何か心配なことがありましたらお気軽にご相談ください。

◆◆ ご相談・点検・お見積りは無料です!
どんな小さなことでも構いません ◆◆
↓↓↓↓

お電話でのご相談 0120-169-747(フリーダイヤル)

メールでのご相談 お話が苦手な方はこちらから

オンラインでのご提案 オンラインで無料点検!

【工事完了後】

泉佐野市の温室を解体撤去
I様邸は駐車スペースの上にアルミ製のデッキがあり、その上にガラスの温室を設置されていました。

「もう使っていないし、台風で飛ばされたら怖いので撤去してほしい」とのご相談で、解体・撤去させていただきました。

街の屋根やさん岸和田店は、お住いのことなら何でもご相談を承っていますので、気になることがあればどんどんお伝えくださいね!

同じ工事を行った施工事例

施工事例

和泉市のガレージの割れた波型スレート(大波)を部分的に交換!

和泉市のガレージの屋根破損状況
和泉市のガレージの屋根修理完了
工事内容
屋根補修工事
台風
倉庫
使用素材
波型スレート(大波)・傘釘・角棟役物
築年数
約25年
建坪
約10坪
保証
2年
工事費用
約6万円
施工事例

和泉市の台風被害に遭った瓦屋根を修理して自然災害に備えました

和泉市の台風被害に遭った屋根
和泉市の台風被害に遭った屋根の修理完了
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
葺き土・釉薬瓦・銅線・シーリング・漆喰
築年数
約32年
建坪
約16坪
保証
2年
工事費用
約56万円(税込・足場代含む)
施工事例

阪南市の屋根のスレートが強風で飛ばされ修理工事を行いました!

阪南市の強風で剥がれたスレート
阪南市の強風で剥がれたスレートを差替え
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ケイミュー株式会社/化粧スレート・コーキング
築年数
約13年
建坪
約40坪
保証
2年
工事費用
約3.5万円(税込)

同じ地域の施工事例

施工事例

泉佐野市の陸屋根のドレン周りから雨水が浸入!応急処置しました!

泉佐野市のドレン補修前
泉佐野市のドレン補修後
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
シールプライマー、シーリング
築年数
約30年
建坪
約32坪
保証
なし
工事費用
施工事例

泉佐野市の雨漏り修理でパラペットの笠木を交換しました!

泉佐野市の台風で剥がれた笠木
泉佐野市の台風で剥がれた笠木の交換
工事内容
雨漏り修理
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板 シーリング
築年数
約30年
建坪
約32坪
保証
2年
工事費用
足場費用・・約16万円 笠木交換費用・・11.2万円(それぞれ税込み)
施工事例

泉佐野市の出窓の雨漏り修理の気になる費用をご紹介!!

泉佐野市の出窓の雨漏り修理前
泉佐野市の出窓の雨漏り修理後
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
プライマー・シーリング・ステンレス製換気フードカバー・専用木下地・木部塗装
築年数
約28年
建坪
約25坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・9.7万円 出窓修理費用・・11.7万円 換気フードカバー交換費用・・5.9万円(すべて税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

貝塚市の屋根の瓦が軒先方向にズレています

貝塚市にお住まいの方で雨が降ると天井裏から「ポタポタ」という雨音が聞こえてきて心配されている方はいますか?貝塚市にお住いのF様より「雨が降ると、天井裏からポタン・ポタンという雨の音が聞こえてくるんです」というご相談をいただいたので早速雨漏り...........

熊取町・パネルが飛ばされる理由は

熊取町の皆さまこんにちは!ベランダに設置している屋根のパネルや波板が飛ばされてお困りの方はいませんか?「強風が吹くたびに毎回飛ばされるのでどうにかしてほしい!」というご相談をよくいただきます。この記事では、熊取町にお住いのN様よりご相談をい...........

土葺きの屋根

和泉市の皆さまこんにちは!前回の現場ブログで和泉市K様邸の台風の被害を受けたモニエル瓦葺きの屋根の修理をお伝えしました。引き続き、下屋(1階の屋根)の修理の様子をご紹介したいと思います!

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747