オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

岸和田市のベランダ防水の施工事例!ひび割れも修理して防水性が向上


工事のきっかけ

岸和田市のベランダ防水の施工事例です。K様邸は重量鉄骨造の2階建てで、ベランダの下端の軒天井に雨水が廻り、板が傷んでいました。また、ベランダの下の外壁にも水が廻った形跡があり、表面の塗膜が割れてきていました。今回の工事で台風被害に遭った屋根を修理し、屋根・外壁の塗装も行いますので、建物全体の防水性能を向上させるためにもベランダを防水することになりました。防水の種類はウレタン防水です。液体状のウレタン樹脂を塗布して防水膜を形成する防水工法で、継ぎ目のない仕上がりになります。液体状ですので、立ち上がりの壁や段差がある部分などにも施工が可能という利点があります。K様邸は床面に直接ウレタン樹脂を塗布する密着工法で施工しました。台風で飛散したベランダのテラス屋根の波板も張替、防水性が向上!きれいな仕上がりにK様にもお喜びいただけました。

岸和田市 防水工事,台風

ビフォーアフター

before
岸和田市の防水前のベランダ
horizontal
after
岸和田市のベランダ防水後

工事基本情報

施工内容
防水工事,台風
施工期間
4日間
使用材料
ウレタン樹脂塗膜防水材他
施工内容その他
築年数
約40年
保証年数
3年(雨漏りにおいて)
工事費用
18.7万円(税込み)
建坪
約30坪
ハウスメーカー
岸和田市のベランダの下端の軒天井に水が廻っています
K様邸はベランダの下端の軒天井に雨水が廻り、板が傷んでいました。

軒天井は外部からも雨水にあたりますが、上にあるベランダが劣化して雨水が下端に染み込むこともあります。K様邸はベランダの下端の軒天井に水が廻っていましたが、下にお部屋がある場合、部屋内に雨漏りしてしまいます。
岸和田市のベランダの壁に水が廻っています
ベランダの立ち上がり壁の下の外壁にも雨水が廻っている形跡がありました。

この外壁の上にはベランダの笠木(立ち上がり壁の上部の仕上げ)があり、笠木の上にはアルミ製の手すりが取り付けられています。手すりの支柱部分やベランダの床が劣化すると、そこから雨水が内側に浸入し、外壁の塗膜を押して塗膜が膨れたり割れることがあります。
岸和田市のベランダを防水します
K様邸のベランダは、下端の軒天井や外壁に雨水が廻っている状態でしたので、建物全体の防水性を確保するために防水工事を行うことになりました。

既存のベランダは防水層の上に保護モルタルを敷いている形状で、床面や立ち上がりの壁にひび割れが生じていました。
岸和田市のベランダのケレン作業で傷んだ塗膜を剥がします
ベランダの防水工事では、いきなり防水を施すわけではありません。
まずは、防水面の汚れや傷んだ塗膜などを剥がしてきれいに清掃する必要があります。その作業を「ケレン・清掃」と言います。
ケレンとは電動工具やヤスリなどを使用して錆や汚れ、塗膜などを落とす作業のことです。K様邸のベランダは保護のトップコートを塗布しており、密着性が低下していたのでヘラでそぎ落としてきれいに清掃しました。
このように、密着性が低下して剥がれかかっている塗膜の上に防水層を施すと、下にある塗膜と一緒に剥がれてくる可能性がありますし、汚れが付着している状態のままだと防水層がしっかりと密着しないので、ケレン・清掃で下地を整えないといけません。
岸和田市のベランダのひび割れをシーリングで補修
続いてベランダの躯体補修です。

K様邸のベランダは立ち上がり壁や床面にひび割れが発生していました。ひび割れをそのままに防水してしまうと、この先、防水層が劣化した時に雨漏りのリスクが高くなってしまうため、シーリングを充填してきちんと補修させていただきます。
岸和田市のベランダの立ち上がり壁の取り合いも弱点になりやすいので防水!
立ち上がり壁と床との取り合い部が傷んで雨漏りすることがよくありますので、シーリングで処置しました。

防水を施工する前にシーリングを充填しておくと、防水が二重になり万が一に備えることができます。
岸和田市の床のひび割れも補修します
床面のひび割れにもシーリングを充填して補修しました。

K様邸はベランダに設置されているテラスの波板が台風でほとんど飛散し、床面に雨水が直接落ちてくる状況でしたので、その分雨漏りのリスクが高くなっていました。
岸和田市のベランダのドレン周りもシーリングで防水
床に配置された排水のドレン周りもシーリングでしっかりと防水しています。

ドレンは床面に穴をあけて設置されている為、取り合い部をきちんと防水しないと雨水が浸入してしまいます。
岸和田市のベランダの笠木のひび割れも補修しました
ベランダの笠木にもひび割れが生じていたのでシーリングで処置させていただきました。

K様邸の笠木はモルタル仕上げで、普段から雨水が染み込んでいる可能性があります。この工事では、笠木部分にも防水をかけて雨水の浸入を防止します。
岸和田市のベランダのひび割れをシーリングで防水
ベランダの躯体補修完了です。

シーリングはヘラで押さえて奥までしっかりと充填させていただいております。
防水面の傷んでいる箇所を事前に補修することで、今後の雨漏りのリスクを低減することができます。この工程を省いて防水してしまうと、将来的にまた同じ箇所から雨漏りする危険性があります。
岸和田市のベランダにカチオンクリートを塗布
躯体補修後、下地調整を行います。
カチオンクリートという下地処理材を防水面に塗装し、新しい下地を形成します。

カチオンクリートはコンクリートやモルタル、その他の下地に密着し、ひび割れや欠損部を補修することができます。
岸和田市のベランダの下地をしっかりと乾燥させます
立ち上がり壁から床面にかけてカチオンクリートを塗装し、新しい下地を形成しました。

カチオンクリートは厚み約1mmほどで下地を処理することができる優秀な下地処理剤です。厚みを持たせず施工することができますので、建物に重量的な負担をかけることがありません。
岸和田市のベランダにプライマーを塗布
カチオンクリートをしっかりと乾燥させた後、プライマーを塗布します。

プライマーは透明の塗料で、接着効果があります。プライマーを塗布することで、この上に施工するウレタン樹脂が防水面にしっかりと密着します。
岸和田市のベランダの床面や笠木にもプライマーを塗布
笠木、立ち上がり壁、床面ともにプライマーを丁寧に塗布します。

プライマーはこの後、ウレタン樹脂により隠れて見えなくなりますが、防水層の浮きや剥がれを防止し、耐久性のある防水層をつくるための重要な工程です。
このように、隠れて見えなくなる部分の工程もカメラで撮影していますので、作業状況が見られない方もご安心ください。
岸和田市のベランダにウレタン樹脂を塗布
プライマーを丁寧に、塗り残しなく塗布した後、ウレタン樹脂をローラーに十分つけて塗布していきます。

ウレタン樹脂は乾くとゴム状になり、雨水の浸入を防止する防水の膜が形成されます。
ウレタン樹脂は普通の塗料よりも粘性があるため、立ち上がり壁などの垂直な部分に塗布しても液だれすることが無く厚みを持たせて施工することが可能です。
岸和田市のベランダの笠木も防水します
笠木部分にもウレタン樹脂を塗布して防水性を向上させます。

笠木は天を向いていて、手すりの支柱の取り合いがあるため雨漏りのリスクがどうしても高くなってしまいます。最近では、アルミ製の笠木を被せて覆うことが多いのですが、K様邸の工事には含まれていないので、防水できちんと処置させていただきました。
細い隙間や凹凸がある部分への施工は刷毛を使用して丁寧に塗布しています。
岸和田市のベランダの床面も全体的に塗布します
床面にウレタン樹脂を流し込んでローラーで伸ばしながら施工していきます。

ウレタン樹脂は液体状ですので、立ち上がり壁から床にかけて継ぎ目のない防水層を施工することができます。
継目があると雨水が入り込みやすくなってしまいますので、継ぎ目なく防水層をつくれるということは最大の利点と言えます。
岸和田市のベランダにウレタン樹脂2回目を塗布
ウレタン樹脂の防水性や耐候性、耐久性などの性能を発揮させるためには塗膜に既定の厚みが必要です。

1回塗布しただけでは厚みを持たせることができないので、乾燥させた後にもう一度塗布して十分な厚みを確保しました。
板のような厚みはありませんが、ウレタン樹脂は雨水をシャットアウトしてくれる丈夫な防水層になります。
岸和田市のベランダをトップコートで仕上げます
ウレタン樹脂を2回塗布した後、乾燥した後にトップコートを塗布します。

トップコートは一番上に塗る塗料のことで、防水層を保護する役割があります。ウレタン樹脂は紫外線の影響で劣化が進んでしまいますので、別の塗膜で覆って保護する必要があります。また、ウレタン樹脂は乾燥しても粘性があるため何度も上を歩くと汚れが付着したり傷付けてしまいますので、トップコートを塗って処理します。
岸和田市のベランダ防水完了
ベランダ防水完了です。

ひび割れが発生し、下端の軒天井や外壁に水が廻っていたベランダが、美観性と防水性を兼ね備えて復旧されました。

トップコートは防水層を保護する役割がありますので、ひび割れなどの劣化症状が出てくると防水層まで劣化が進んでしまいます。そうなる前に定期的にトップコートを塗り替えて長持ちさせましょう。(⚠防水層まで傷んでしまうと雨漏りの原因になりますので、今回のように防水を一からかけないといけません)
ベランダは外部に設置されていますので、普段はあまり目にすることがなく、メンテナンスも怠りがちです。実際に部屋内に雨漏りして初めてメンテナンスを視野に入れられる方が多いのですが、ベランダの手すり壁のひび割れから雨水が浸入して目に見えない部分の躯体の腐食が進み、台風の時に倒壊した事例もありますので、「外部だから」と軽く見ず、定期的に点検し、必要な処置をしましょう。

街の屋根やさん岸和田店はベランダの点検や防水のご提案をさせていただいております。工事の際は熟練の防水職人により作業させていただきますので安心してお任せ下さい。

この施工事例の現場ブログと同時に工事した内容は下記のリンクよりご覧になって下さい

【工事完了後】

岸和田市のテラス波板張り替え
K様邸は台風の強風でベランダに設置されているテラスの波板がほとんど飛ばされてしまいました。
屋根がないとベランダに雨水が直接おちて、ベランダの防水の劣化を早めたり、傷んでいる箇所から雨水が浸入するリスクが高くなってしまいます。今回の工事で、既存の塩ビ波板よりも耐久性のあるポリカ波板に張り替えたので安心です。
岸和田市のベランダの下端の軒天井塗装
ベランダの下端の軒天井に雨水が廻って板が腐食していましたが、軒天井を張り替えて外壁塗装の際にきれいに塗装して仕上げました。
板そのものを張り替えてから塗装したのでこれからまた長くご使用いただけます。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

忠岡町のひび割れた外壁のシーリングを打ち替え屋根と外壁を塗装

忠岡町の屋根を塗装します
忠岡町の屋根塗装完了
工事内容
防水工事
外壁塗装
屋根塗装
使用素材
屋根・・日本ペイントサーモアイSi 外壁・・ラジカル制御形高耐候塗料
築年数
約20年
建坪
約17坪
保証
工事費用
約170万円(税込み・足場代・シーリング打ち替え費含む)
施工事例

泉大津市の雨漏り修理に伴うベランダのウレタン防水工事

泉大津市の保護モルタルのベランダです
泉大津市のベランダ防水完了
工事内容
雨漏り修理
防水工事
台風
使用素材
ウレタン樹脂塗膜防水材
築年数
築約45年
建坪
約30坪
保証
3年(雨漏りにおいて)
工事費用
約20万円(税込み)
施工事例

貝塚市の雨漏りしていたベランダにFRP防水を施工しドレンも調整

貝塚市のベランダの下端から雨漏りしています
貝塚市のベランダのFRP防水完了
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
FRP防水材
築年数
約15年
建坪
約20坪
保証
3年
工事費用
約21.5万円(税込み)床補強・ドレン調整費用含む

同じ地域の施工事例

施工事例

岸和田市の雨漏りの原因は棟!水が廻っていた降り棟を葺き直しました

岸和田市の降り棟の下のお部屋で雨漏りしています
降り棟の積み直し完了
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
雨漏り修理
台風
使用素材
葺き土・銅線・南蛮漆喰・シーリング他
築年数
約28年
建坪
約25坪
保証
2年(雨漏りにおいて)
工事費用
約31万円(税込み・下屋水切り取付費用含まず)
施工事例

岸和田市の外装リフォームで屋根を遮熱塗料で塗り替え外壁も塗装!

岸和田市の屋根塗装前
岸和田市の屋根塗装後
工事内容
外壁塗装
屋根塗装
台風
使用素材
屋根・・日本ペイントサーモアイSi 外壁・・ダイフレックス スーパーセランフレックス
築年数
約40年
建坪
約30坪
保証
5年
工事費用
屋根・・約65.5万円(税込み)外壁・・約114万円(税込み・付帯部塗装含む)足場・・22万円(税込み)
施工事例

岸和田市の台風で飛ばされた屋根の板金やスレートを差替えた施工事例

岸和田市の台風被害に遭った棟
岸和田市の台風被害に遭った棟の修理完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板棟板金・杉貫板・化粧スレート他
築年数
約40年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
37万円(税込み・部分足場の場合)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

岸和田市の色褪せた外観

岸和田市の外壁塗装に伴うシーリング打ち替え工事です。K様邸は3階建てで、この工事でスレート屋根と外壁の塗り替えを行います。外壁はサイディング張りで、全体的に色褪せている状態でした。サイディング自体の防水性も低下していますが、サイディングの継...........

岸和田市のベランダのひび割れをシーリングで防水

岸和田市のベランダのウレタン防水工事です。K様邸のベランダは立ち上がり壁や床面にひび割れが生じるなど劣化が進み、ベランダの下端の軒天井や外壁に水が廻っている形成がありました。今回の工事で台風被害に遭った屋根を修理して屋根と外壁を塗装したので...........

岸和田市のベランダの下端の軒天井に水が廻っています

岸和田市のベランダ防水の躯体補修及び下地調整です。K様より台風で屋根などに被害が遭ったとのご相談をいただき、屋根修理と外装リフォームなどを行いました。現地調査でベランダの下端の軒天井に雨水が廻って木部が傷んでいることが確認されたので、ベラン...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747