オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

泉南市のラバーロックされた瓦がズレたので一部葺き直しました


泉南市のI様邸の風雨災害に伴う各所修復工事の様子をご紹介します。
泉南市で屋根の現地調査をしているときにお隣に住むI様に「うちも瓦が割れてるんです」とお声をかけていただいたのがきっかけです。
泉南市の屋根の瓦が大きくズレています
屋根の被害状況です。

台風21号の強風で、瓦がズレて波打ち、下地の土が見えている状態です。
(詳しい被害状況は下のリンクより前回の記事をご覧になってください)
泉南市の屋根の棟から下の瓦がズレています
ズレている瓦の棟(屋根の三角の頂点部分)を確認すると、瓦が動いたことにより棟の瓦と地瓦(屋根面で使用する瓦)との間に詰めている漆喰が剥離して隙間が空いていました。瓦に残った漆喰の跡を見ると、瓦が軒先方向にズレたことが分かります。
泉南市の瓦が横方向にもズレています
屋根の側面から見ると、瓦が横方向にもズレていることがよくわかります。
これ以上動くとまとめて落下した可能性もあります。
泉南市で部分足場を建てました
屋根の修理で必要な足場を部分的に建てさせていただきました。
足場が無いと、はしごをしっかりと固定できないまま何度も上り下りすることになりますので危険です。また、工事をスムーズに進めるためにも足場が必要になることがあります。
泉南市のラバーロックのコーキングを切ります
I様邸の屋根はラバーロックされています。
ラバーロックとはコーキング材で瓦同士を繋いで固定してズレなどを防止する方法のことで、瓦が連結されていますので重量がありズレにくくなりますが、I様邸のように棟から軒先まで瓦がつながった状態で動くことがあります。
瓦のズレを戻すために一度コーキングを切ります。
泉南市の瓦をコーキングを切りながらめくります
瓦をつないでいるコーキングをカッターで切りながらめくっていきます。
棟から軒先まで瓦がズレていますので、すべてめくって葺き直します。
泉南市の下地の土が少なくなっています
ズレた瓦をすべてめくりました。写真の向かって右側が軒先側です。

葺き土の屋根は瓦の下に柔らかい土を載せて瓦を密着させて固定するのですが、経年で土が乾いて痩せてくると瓦が動きやすい状態になってしまいます。
I様邸のズレた瓦をめくると葺き土が少なくなっていました。

泉南市の屋根に土を足して軒先から順に復旧します
土が少ないと瓦がまた動いてしまいますので、新しい葺き土を載せて瓦を葺いていきます。

葺き土は屋根土とも呼ばれ、粘土に石灰やスサ、水を混ぜており粘着力があります。
泉南市の軒先の瓦をビスで固定
軒先の瓦は屋根の勾配の一番下にあり、ズレやすいですし、ズレた時に落下する危険性がありますので銅線などを巻いて固定しています。今回は、今後のことを踏まえて気下地に向かってビス留めさせていただきました。
泉南市の割れた瓦を差替えて復旧
割れた瓦は新しい瓦に差し替えて、軒先から順に葺き直しました。
ズレた瓦、棟から軒先までの3列を葺き直して修復しました。
泉南市の剥離した漆喰を撤去
ズレた瓦の棟の漆喰も剥がれたので詰め直します。
漆喰は瓦と瓦の隙間を埋めて瓦を密着して固定する役割があります。一度漆喰が剥がれると、断面がきれいでも、もう一度接着することはないので、既存の漆喰を撤去して詰め直さないといけません。
泉南市でコーキングで瓦を固定します
続いて、葺き直した瓦をコーキングでラバーロックします。

ラバーロックすると、瓦同士が連結されるので、瓦の飛散を防止することができますが、今回はつながった状態でズレてしまいました。ラバーロックされていなかったら、瓦がバラバラに飛散していた可能性があります。
泉南市の漆喰も復旧完了
葺き直した瓦をラバーロックし、棟の漆喰も詰め直しました。
これでズレた瓦の修復完了です。
雨樋の上まで瓦が乗り上げてズレており、雨の時心配事が多かったと思います。
これで安心ですね。
泉南市の庇の瓦も復旧しました
上の屋根の瓦が割れて落下したことにより、下にある庇の瓦も割れてしまいましたが、こちらも新しい瓦と葺き土で復旧完了です。

「お隣に来ていた時に声をかけてよかったです。お世話になりました」

I様が今後安心して暮らせるお手伝いができてよかったです。
ありがとうございました。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

泉佐野市のスレート屋根とモルタル外壁を既存と同じ雰囲気で塗り替え

泉佐野市の厚型スレートの屋根です
泉佐野市のタスペーサーを入れた厚型スレート屋根の塗装 お客様の声
工事内容
屋根補修工事
外壁塗装
屋根塗装
台風
使用素材
日本ペイント・サーモアイSi 
築年数
約20年
建坪
約40坪
保証
工事費用
約150万円(足場代含む)
施工事例

忠岡町の屋根修理で落ちた瓦を修復し漆喰も詰め直しました

忠岡町の台風被害に遭った降り棟
忠岡町の降り棟修理後の様子
工事内容
屋根補修工事
火災保険
台風
使用素材
いぶし瓦・漆喰・ポリカーボネート波板他
築年数
築約45年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
約80万円(税込み)足場代、カーポート・テラス波板張替え及び塗装費用含む
施工事例

熊取町の雨漏り修理で棟板金やパラペットの笠木を交換しました

熊取町の棟板金が飛散
熊取町の棟板金交換完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
雨漏り修理
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板・杉貫板・シーリング他
築年数
築約64年
建坪
約30坪
保証
1年
工事費用
約30万円(税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

泉南市男里の劣化した軒天井板の貼替・修理工事

泉南市男里の劣化が激しい軒天井修理工事
泉南市男里の劣化が激しい軒天井修理工事
工事内容
その他の工事
使用素材
軒裏天井用化粧合板
築年数
築35年
建坪
約32坪
保証
工事費用
約20万円(税込)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

和泉市の崩れた棟を修復します

和泉市の屋根修理です。台風で棟の瓦が飛散し、下にある地瓦が割れていまいました。玄関の天井で雨漏りが発生している状態です。この記事では崩れた棟の修復の様子をご紹介します。Y様邸は土葺きの瓦屋根です。棟を一度解体し、積み直す工事は費用がかさんで...........

和泉市の屋根の現地調査

和泉市の台風被害に遭った屋根の現地調査です。玄関の天井に雨漏りが発生していました。Y様邸は平屋建てで土葺きの瓦屋根です。棟の瓦(屋根の頂点の水平部)が強風で飛散し、屋根面に落下したことで地瓦(屋根面の瓦)が割れて雨漏りしていました。台風後に...........

熊取町の軒先から順に瓦を葺きます

熊取町の雨漏り修理です。台風の影響で屋根の瓦がズレたり、漆喰が剥がれるなどの被害に遭いました。H様邸は長屋で、お隣の建物と繋がっている形状で、屋根の取り合い部には谷樋を設けています。その谷樋が劣化し、錆びついて穴があいている状態でした。また...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747