オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

岸和田市の増築部と本宅の取り合いからの雨漏りで修理及び雨仕舞しました!


岸和田市の増築部の押し入れの中に大量に雨漏りしています
岸和田市で増築部にある押入れの中に雨漏りが発生し、雨漏り修理を行うことになりました。

大雨の時に大量に雨漏りしたそうで、至急ご連絡をいただきました。
岸和田市の屋根の雨水が一カ所に集中しているようです
雨漏りしている押入れの上には本宅と増築部の取り合いがあり、両方の屋根からの雨水が壁際の一カ所に集中している状態でした。
今回の雨漏り修理は、雨水が集中している部分で劣化している箇所をコーキングで補修し、上に板金を被せて雨水が雨樋の中にスムーズに流れるように雨仕舞することになりました。
雨仕舞(あまじまい)とは、建物の内部に雨水が浸入しないようにする仕組みを施すことの総称を言います。
岸和田市の雨樋に水を流して調査します
修理前に雨樋の中に水を流して、押入れの中に出てくるか確認しました。
岸和田市の押入れの中に水が出てきました
下にある押入れを確認すると、壁際のあたりに水が染み出てきました。
岸和田市の増築部の取り合い部分を防水します
写真の黄色い点線部分を修理します。
雨漏りの原因がおそらくここにあるのでは、とお考えだったK様が、屋根に雨水があたらないように板を置いて応急処置されていましたが、この屋根は瓦の屋根です。
岸和田市の壁際水切りのコーキングが割れています
上に被せていた板を取り外すと、壁際の水切り板金(壁と屋根の取り合いから雨水が浸入するのを防いでいる部材)の継ぎ目を防水しているコーキングが割れてしまっていました。
これではここから雨水が入ってしまうので、コーキングできちんと補修しました。
岸和田市の雨樋の取り合いから雨水が浸入!
本宅側の屋根の軒先の瓦をめくると、この部分からも雨水が浸入する状態でした。
本宅側と増築部の取り合いの上に渡した雨樋が、屋根の軒先のあたりで立ち上がった状態のままだったので、隙間ができてしまい、瓦の内側に廻った雨水がその隙間から内部に浸入した形跡がありました。
岸和田市の屋根の隙間を水切り板金でカバーします
屋根と雨樋の取り合いをアップで見た様子です。
屋根と雨樋の間に隙間が開き、内部の木部が見えています。
加えて、本宅の屋根の下地の土が雨水で流れているのが確認できますが、これは瓦の内側に雨水が浸入した証拠なので、土と一緒に隙間から内部に雨水が入ったことになります。
岸和田市の雨樋の取り合いの上をカバー
雨樋と屋根の取り合いにできた隙間を埋めるために、屋根の軒先に水切り板金(雨水が内部に浸入するのを防ぐ板金)を取付けました。これで隙間が塞がると同時に、雨水が雨樋の中にスムーズに流れるようになります。
岸和田市の壁際水切りにコーキングを充填して上にガルバリウム鋼板を取付けます
瓦を元に戻して、次は壁際の雨仕舞を行います。

この部分に雨水が集中するので、出来るだけ形状をシンプルにして雨水が浸入するのを防ぎます。
既存の水切り板金の上にコーキングを充填して、その上にガルバリウム鋼板という錆に強く耐久性のある板金を被せて取付けます。
岸和田市の雨仕舞の板金にコーキングで防水
雨水が集中する部分にガルバリウム鋼板を取付けました。
ただ固定するだけでは隙間から雨水が入って意味が無いので、壁との取り合いや板金との継ぎ目(黄色い矢印の部分)にコーキングを充填して防水しました。
岸和田市の増築部の取り合いの雨仕舞
増築部の方の水切り板金と繋いでコーキングで防水し、更に壁際の取り合い側に雨水が浸入しないように板金を取付けました。これで、本宅の屋根と増築側の雨樋から流れてきた雨水が、壁際の複雑な形状の部分に行くことなくスムーズに雨樋に流れるようになりました。
形状をできるだけシンプルにすると雨漏りのリスクが低減できます。(形状が複雑だと、防水の必要箇所が増えたり、雨水が溜まったり、雨水が長時間滞在する可能性があるため)

雨漏り修理後、何度か大雨に見舞われましたが、雨漏りしていないということで安心されていました。

この工事の内容で気になることがございましたら街の屋根やさん岸和田店までお気軽にご相談くださいね。

次は錆びついたガレージの塗装をご紹介します。



同じ工事を行った施工事例

施工事例

泉南市のトイレの壁にカビが発生!雨漏り修理を行いました!

泉南市のトイレの壁に雨漏りでカビが発生
泉南市の雨漏り修理後内装も改修
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
シーリング・プラスターボード・クロス
築年数
約23年
建坪
約18坪
保証
1年
工事費用
約8.9万円(税込み)
施工事例

忠岡町の雨樋修理で外れた雨樋を固定しシーリングで補強!

忠岡町の外れた雨樋
忠岡町の外れた雨樋をシーリングで固定
工事内容
雨漏り修理
使用素材
シーリング
築年数
約25年
建坪
約35坪
保証
1年
工事費用
約4.9万円(税込み)
施工事例

泉大津市で雨漏りが発生!瓦のズレを補修しラバーロックしました

泉大津市の屋根修理前
泉大津市の屋根修理完了
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
瓦補強用ビス・シーリング
築年数
約50年
建坪
約10坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・約19.5万円(税込み)瓦ズレ修復及び固定工・・約27万円(税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

岸和田市のALC外壁の塗装前に目地のシーリング工事を行いました

岸和田市の改修前の外壁の目地
岸和田市の外壁の目地改修後
工事内容
防水工事
外壁塗装
使用素材
シーリング、多彩模様塗料(下塗り・中塗り・上塗り)
築年数
築26年
建坪
保証
外壁塗装5年
工事費用
シーリング工事・・約72万円 足場費用・・約39万円 外壁塗装・・約180万円(すべて税込み)
施工事例

岸和田市の台風で飛ばされたカーポートとテラスの平板の張替

岸和田市のカーポートの平板が飛散
岸和田市の飛散したカーポートの平板を復旧
工事内容
台風
使用素材
ポリカーボネート平板
築年数
約20年
建坪
約17坪
保証
1年
工事費用
約13.5万円(税込み)
施工事例

岸和田市のスレート屋根を日進産業のガイナで塗装し雨樋も調整!

岸和田市の塗装前の屋根
岸和田市の塗装後の屋根
工事内容
雨樋交換
屋根塗装
その他の工事
使用素材
ガルバリウム鋼板・日進産業・ガイナ他
築年数
約27年
建坪
約20坪
保証
5年(塗装において)
工事費用
足場・・約21万円 屋根塗装・・約72万円 雨樋調整工・・約8万円(すべて税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

雨水は屋根から入るだけではありません

阪南市のベランダ防水工事の様子をご紹介します。I様邸は台風の時にベランダの下のお部屋で雨漏りしました。「雨漏りしたので自分でひび割れにシーリングを打ってブルーシートをかけたら止まったんです」とのことで様子を見られていたそうですが、被害を受け...........

貝塚市の1階のリビングの窓から雨漏り発生

貝塚市のY様より「台風の後の長雨から1階のリビングの窓から雨漏りするんです」とのご相談をいただき現地調査にお伺いしました。Y様邸は木造・2階建ての住宅で、外壁はジョリパッドというアクリル系の壁の仕上げ材を塗装しています。

忠岡町の台風被害のご相談

忠岡町の台風被害に遭った住宅の現地調査にお伺いしました。M様より「2年前の台風で屋根の瓦が飛ばされてカーポートの本体も壊れてるんです。火災保険の申請ができると聞いたので修理のお見積書をいただけますか?保険が下りたら修理もお願いしたいんです」...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747