岸和田市の増築部の窓枠から雨漏り発生!板金屋根などを調査しました


岸和田市の増築部の雨漏りの現地調査
岸和田市の雨漏りの現地調査の様子をご紹介します。
「増築した建物の二階のお部屋の窓枠から雨水が浸入してきたんです」とのご相談でした。

台風や大雨の時に窓枠から雨水が入ってきて、そのたびにタオルを敷いたり拭き取ったりしているかたがいらっしゃると思いますが、それでは雨漏りを止めることはできません。
窓枠がずっと濡れ続けていると、腐食することがありますし、窓枠の下の壁にも水が廻って「結局修繕費がかさんでしまった・・・」なんていうことになりかねません。

ですので、雨漏りを見つけたらなるべく早く業者に見てもらい、修理することで、被害が拡大するのを抑えることができます。
岸和田市の増築部の窓枠から雨水が浸入
雨漏りしている窓は増築している建物の二階のお部屋にあり、窓枠の上の方から雨水が浸入してきているそうです。
岸和田市の増築部の窓枠の下の方まで濡れています
窓枠の上から入ってきた雨水は、下端まで伝って雨染みとなって残っていました。
岸和田市の増築部の窓枠全体的に濡れたそうです
窓周りからの雨漏りの原因として一番多いのが、窓周りに施したコーキング(ゴム状の充填剤)の劣化によるものです。
窓を設置する時に、壁との間には必ず隙間ができます。その隙間を埋めているのがコーキングです。
ですので、そのコーキングが劣化して割れてくると、雨水が浸入する可能性が高くなってしまいます。
岸和田市の増築部の窓の上にも濡れた跡があります
写真では分かりにくいですが、窓の上の壁と天井との取り合いにも雨水が浸入した形跡がありました。
これにより、今回の雨漏りは必ずしも窓周りのコーキングだけに原因があるとは言えません。
窓よりも高い位置に雨染みがあるので、その雨染みよりも高い部分にも雨漏りの原因があるということです。
岸和田市の増築部の屋根のパラペット

雨漏り箇所の確認が終わったので、続いて外部からの調査です。雨漏りしている窓の上の屋根に上がって確認しました。

窓の上にある屋根は板金の屋根で、窓の上はパラペット(屋上やバルコニーなどの外周部の立ち上がりの低い壁)になっていました。
岸和田市の屋根のパラペットの下の窓で雨漏りしています

こちらが板金屋根です。
この屋根は緩やかな勾配で、カラー鋼板(鋼板の表面を塗装したもの)の屋根でした。
パラペット部分にも鋼板を巻いて仕上げていますが、板金同士の継ぎ目を防水しているコーキングが傷んできていました。

岸和田市のパラペットの立ち上がりの取り合いが劣化
屋根とパラペットの立ち上がりの壁との取り合いに施したコーキングも劣化して割れたり剥がれたりしている状態でした。
パラペットの下にある窓で雨漏りしているので、ここから雨水が浸入して下まで伝っていった可能性があります。
岸和田市の屋根の取り合いのコーキングが割れています
コーキングの劣化状況です。
コーキングが割れて隙間が開いているのが分かります。
この部分は屋根の高い位置になりますが、勾配が緩やかなので、雨の量が多いと雨水が滞在して、劣化した箇所から雨水が入りやすい状態になっていました。
岸和田市の屋根のパラペットに板金を被せます
今回、雨漏り修理としてご提案した内容は、パラペットの笠木(立ち上がり壁の上部)から、屋根に掛かるように、新しい板金を被せて施工する方法です。
写真の黄色い点線部分が施工範囲で、形状に合わせて板金を取付けます。
屋根面と立ち上がり部分にかけては、板金を加工して水切り(雨水が内部に浸入するのを防ぐ部材)を取付けます。
岸和田市の窓の上のコーキングも劣化しています
雨漏りしている窓の上のコーキングも劣化していたので、雨水が浸入しやすい状態でした。
この部分にもコーキングを充填することになりました。
岸和田市の窓の上にひび割れがあります
窓の隅の上が斜めにひび割れていました。
このひび割れにもコーキングを充填します。
岸和田市の窓の下にもひび割れがあります
今回の雨漏りとは関係ないですが、窓の下にも大きなひび割れがありました。
外壁の数か所にこういったひび割れがあり、T様も気になっていたそうです。
外壁のひび割れ(比較的大きいもの)を放っておくとその部分から雨水が浸入し、外壁を傷めたり木部を腐食させたり、雨漏りの原因になることがありますので、梯子で届く範囲でコーキングを充填することになりました。

雨漏りを放置してもいいことはありません。目に見えないところで建物の重要な部分が腐食している可能性もあります。ですので、雨漏りを見つけたら必ず業者に見てもらい、適切な処置を施しましょう。
街の屋根やさん岸和田店は数多く雨漏り修理の実績がございますので、安心してご相談くださいね。


同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市下池田町/和室の天井に雨漏り発生!ベランダのコーキング打替修理

岸和田市下池田町のベランダシーリング現況
岸和田市下池田町のベランダコーキング打ち替え
工事内容
雨漏り修理
使用素材
コーキング材
築年数
建坪
保証
工事費用
約3.9万円(税込)
施工事例

岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消

岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消
岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消
工事内容
屋根補修工事
雨樋交換
雨漏り修理
使用素材
メニ―ウェルテラス ポリカ屋根
築年数
築35年
建坪
約30坪
保証
工事費用
約33万円(税込・建具調整費含む)
施工事例

岸和田市春木本町のしっかりとひび補修もした外壁塗装

岸和田市春木本町のしっかりとひび補修もした外壁塗装
岸和田市春木本町のひび補修と外壁塗装
工事内容
漆喰詰め直し
雨漏り修理
防水工事
外壁塗装
部分塗装
使用素材
当社推奨セラミックシリコン
築年数
30年
建坪
35坪
保証
10年(耐久年数13年)
工事費用
約130万円(税込)

同じ地域の施工事例

施工事例

岸和田市のカラー鋼板屋根を金属屋根・ガルバリウム鋼板に葺き替え

岸和田市西之内町の錆びた屋根のカラー鋼板
岸和田市西之内町のガルバリウム鋼板の屋根に葺き替え
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
築50年
建坪
保証
工事費用
約23万円(税込)
施工事例

岸和田市加守町の蘇ったスレート板葺きの屋根塗装 

岸和田市加守町の蘇ったスレート板葺きの屋根塗装 現況
岸和田市加守町の蘇ったスレート板葺きの屋根塗装
工事内容
屋根塗装
使用素材
遮熱材入屋根専用塗材
築年数
約15年
建坪
40坪
保証
工事費用
約35万円(足場含まず)
施工事例

岸和田市下池田町/和室の天井に雨漏り発生!ベランダのコーキング打替修理

岸和田市下池田町のベランダシーリング現況
岸和田市下池田町のベランダコーキング打ち替え
工事内容
雨漏り修理
使用素材
コーキング材
築年数
建坪
保証
工事費用
約3.9万円(税込)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

泉大津市の天窓からの雨漏りのご相談

泉大津市にお住いのN様より「台風21号の時に天窓からの雨漏りしたので見に来てもらえますか?」とのご相談をいただき現地調査にお伺いしました。N様邸の屋根はスレート(平型の薄い屋根材)で、大屋根(一番高い屋根)に天窓が付いていました。

泉大津市の台風被害の現地調査

泉佐野市の台風被害に遭った住宅の現地調査の様子をご紹介します。I様邸はスレート(平型の薄い屋根材)の屋根で棟の板金とその下地の貫板が飛散し、棟の下のスレートも数枚飛んでいる状態でした。

和泉市の壁際水切りを取付け

和泉市の雨漏り修理及び台風被害箇所の修復工事のご紹介です。U様邸は鉄骨造で屋根はスレート、外壁はモルタルの塗り壁です。お隣さんと外壁がつながっている形状で、お隣さんの方が建物が高いため、U様邸の屋根が外壁の取り合いになっています。U様邸は台...........