貝塚市で台風で屋根の水路と同じ意味合いの雨樋が外れました!


以前屋根修理などを行った貝塚市のI様より「台風の後、玄関に出たら雨樋が落ちてたんです」とのご相談をいただき、調査及び修理にお伺いしました。
貝塚市の雨樋の修理にお伺いしました
呼び樋とは、軒樋と竪樋とを繋ぐ雨樋のことで、横に渡すこともありますし、斜めに渡すこともあります。
台風の強風に煽られて、地面に落下していましたが破損していなかったので、その場で復旧させていただきました。
塩ビ管専用の接着剤を塗布し、ステンレス線でしっかりと固定しました。
貝塚市の呼び樋が外れています
呼び樋が外れていた箇所です。
2階の屋根の1mくらいの呼び樋が外れていました。よく見ると、軒樋(横方向の雨樋)の落ち口がむき出しになっています。
I様邸の屋根は変則的で、短い方の屋根の軒樋に集まった雨水を排出するために、長い方の軒樋まで呼び樋を渡していました。


貝塚市の樋が地面に落ちていたそうです
落下していた雨樋です。

幸い破損していなかったので、再利用できます。

塩ビ製(塩化ビニール製)の雨樋は、紫外線などの影響で、劣化が進むと割れたり変形することがあります。そのため、台風21号の強風で、物がぶつかって樋が破損したり、飛んでしまう住宅がたくさんありました。
貝塚市の雨樋を復旧します
今回は、落下していた呼び樋を復旧するだけの作業ですし、はしごも安全にたてられることから、はしご作業で樋を復旧することになりました。下にあるベランダの手すりにロープではしごをしっかりとくくり付けて作業開始です。
2階以上の雨樋の工事では、基本的に足場が必要になることがほとんどです。高所作業となり、足場が不安定なまま作業すると危険ですし、仕上がりにも影響する可能性があるからです。
貝塚市の樋に接着剤を塗布して樋を固定します
樋の接続部分に速乾性の接着剤を塗布して固定します。
接着剤を塗布せずはめ込むだけだと、強風などで外れやすくなります。
貝塚市で使用した塩ビ専用の接着剤です
こちらが使用した接着剤です。
塩ビ管専用の接着剤、エスロンです。雨樋は塩ビ製(塩化ビニール製)ですので、素材に合った接着剤を使用することも大切です。
貝塚市の雨樋をステンレス線でしっかりと固定
接着剤を塗布して樋を固定した後、飛散を防ぐためにステンレス線を巻き付けて固定しました。ステンレス線は錆に強いので、雨ざらしでも長持ちします。
この方法は軒樋でも行うことがあり、樋のズレや飛散防止に有効です。
貝塚市の呼び樋復旧完了
呼び樋の復旧完了です。
短い雨樋ですが、雨水を適切に排出するためにに必要不可欠です。この呼び樋がないと、屋根から集まった雨水が集中して流れ落ちることになりますので、外壁を傷めたり、地面を削るなど建物に悪影響を与えてしまいます。
貝塚市の軒樋の雨水を送ります
写真の向かって左側の屋根面から流れ落ちた雨水が呼び樋を通じてその先にある軒樋に排出されます。

雨樋のお問い合わせの中に、樋のことを「屋根に付いている水路みたいなもの」と呼ぶ方がおられますが、まさにその通りです。雨樋は屋根の水路のようなもので、雨水を適切に地下に流すために必須の部材です。
雨樋がなかったら、建物の耐久性に影響を与えたり、雨漏りの原因になることもありますので、異変に気づいたら業者に相談し、必ず修理しましょう。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市上松町のアーバントーンが映える外壁塗装 

岸和田市上松町のアーバントーンが映える外壁塗装の現況
岸和田市上松町のアーバントーンが映える外壁塗装
工事内容
雨樋交換
防水工事
外壁塗装
部分塗装
使用素材
シリコン樹脂系塗料、一部多彩模様アクリルシリコン塗材
築年数
築35年
建坪
約65坪
保証
工事費用
約150万円(税込)
施工事例

岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消

岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消
岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消
工事内容
屋根補修工事
雨樋交換
雨漏り修理
使用素材
メニ―ウェルテラス ポリカ屋根
築年数
築35年
建坪
約30坪
保証
工事費用
約33万円(税込・建具調整費含む)
施工事例

岸和田の住宅、瓦棒葺き屋根、ガルバリューム鋼板葺き替え工事

岸和田市 板金屋根現況
岸和田市 ガルバリューム鋼板屋根葺き替え
工事内容
屋根葺き替え
屋根葺き直し
雨樋交換
使用素材
屋根ガルバリューム鋼板 塩ビ製呼び樋 
築年数
39年
建坪
38坪
保証
8年(耐久年数10年)
工事費用
46万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

岸和田市の這樋が割れています

岸和田市の雨樋交換の様子をご紹介します。I様邸は台風で屋根の瓦が飛散し、その飛散した瓦が下屋に落ちて瓦が大量に割れてしまい、雨漏りが発生しました。その時の被害で、下屋の上に渡している這樋(はいとい)という雨樋も破損していました。

泉大津市の谷樋の漆喰が剥がれています

泉大津市の屋根修復工事で漆喰の詰め直しなどの様子をご紹介します。U様邸は去年の台風で瓦が割れたりズレる被害があり、屋根で使用している漆喰も至る所で剥がれてしまいました。

岸和田市の台風被害箇所のご相談です

岸和田市にお住いのH様より「空き家になっている実家の相談なんですが、台風で玄関先の瓦が2.3枚割れてしまって、針金とコーキングで応急処置はしてるんですが、きちんと修理してもらえませんか?他にも、雨樋が半分飛んでるんです」とのご相談をいただき...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747