オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

和泉市の屋根葺き替えでお勧めの屋根材「コロニアルグラッサ」


和泉市の皆さまこんにちは!

街の屋根やさん岸和田店の小南です。

先日より和泉市M様邸の屋根葺き替え工事の様子を各工程ごとにこの現場ブログでお話しています。






今回は、いよいよ新しい屋根材・ケイミュー株式会社の「コロニアルグラッサ」を葺く工程です!

工事の様子や「コロニアルグラッサ」についてお伝えしますので、
よかったらご覧になってくださいね  (*^-^*)


和泉市の屋根葺き替え工事のポイント
  ☆ 和泉市M様邸の屋根葺き替え工事のポイント!  

重いセメント瓦から軽量で薄型のコロニアルグラッサ(化粧スレート)に葺き替えて屋根を軽量化し地震に備える!

M様邸はお隣と繋がった形状なので、お隣の屋根の取り合いの雨仕舞(あまじまい)をきちんと行いました!

雨仕舞とは・・雨水が内部に浸入しないように工夫すること

それでは、和泉市M様邸のコロニアルグラッサ葺きの様子をご紹介します!!

和泉市の屋根にルーフィングを張りました
■ 前回の記事で「既存瓦のめくり・撤去」「野地板・ルーフィング敷き」の工程をご紹介しました。

写真は野地板(のじいた・屋根の下地板のこと)の上にルーフィングという耐久性のある防水シートを張った様子です。

ルーフィングで屋根全体をしっかりと防水したので、この上にコロニアルグラッサを葺いていきます!

まずは、コロニアルグラッサについてお話したいと思います。


「コロニアルグラッサ」って、どんな屋根材??

和泉市で使用する屋根材・コロニアルグラッサ

■ コロニアルグラッサはケイミュー株式会社が製造・販売している屋根材のことです ■

主原料はセメントと繊維質で、厚みが5mm程の平らな板状になっています。

コロニアルグラッサは商品名で「化粧スレート」「スレート瓦」
「カラーベスト」「コロニアル」とも呼ばれています。

コロニアルグラッサはアスベストを含んでおらず、コロニアルシリーズの中でも
耐久性に優れていて「グラッサコート」という特殊な塗装により変色が抑えられ
色褪せしにくく長期間に渡りきれいな状態が続きます。

 コロニアルグラッサの情報    

1枚当たりの重量・・約3.4㎏

1枚当たりの厚み・・5.2mm

1枚当たりの大きさ・・910mm×414mm

☆ コロニアルグラッサは、1枚1枚釘で固定しますので、地震の揺れを受けた時に落下しにくく、
丈夫なので風にも強いという特徴があります。(※屋根材が劣化している場合を除く)


コロニアルグラッサをご検討されている方へ

和泉市の屋根のスレート葺き
■ コロニアルグラッサ(スレート)を葺く前に、ケラバや軒先に水切りを取付けました。

水切りとは・・雨水が内部に浸入するのを防止する部材

ケラバとは・・屋根の雨樋が付いていない三角になった面の端のこと

軒先とは・・屋根の流れの一番低いところ

⚠ ケラバ水切りはルーフィング(防水シート)の上に、軒先水切りはルーフィングの下に
取付けないと雨水を受けて内部に浸入してしまいます。

軒先から順番にコロニアルグラッサをケラバ水切りに差し込んで葺いていきます。

和泉市の化粧スレートを釘留め
■ コロニアルグラッサは、1枚1枚釘で固定します。

継ぎ目が揃っているとそこからから雨水が浸入してしまうので、重ね代を取って継ぎ目が交互になるように葺きます。

コロニアルグラッサは釘留めで固定されているので、地震で落下する心配がありません!

ただし、劣化が進んでいると台風などの強風が隙間に吹き込んだ時に割れて剥がれる可能性があります。

和泉市の棟の下地と水切り

■ M様邸はお隣の住宅と繋がった形状ですので、屋根にも取り合いがあります。

今回、M様邸の屋根を葺き替えるにあたり、この取り合い部の雨仕舞をきちんと行いました。

M様邸の屋根を葺き替えたことによって、お隣の住宅の屋根に問題が発生しないように施工しないといけません!

更に、今まではお隣の住宅と同じセメント瓦を葺いていましたが、
今回の工事で厚みが薄いコロニアルグラッサに葺き替えたので、取り合い部の仕上をどうするか相談し、
既存と同じようにセメント瓦を葺いて仕上げることになりました。

まずは、屋根の雨仕舞で、取り合い部に水切りを取付けました。

そして仕上げのセメント瓦をしっかりと固定するため、下地材も取付けています。


和泉市の屋根の取り合いになんばんを載せて瓦をビス留め
■ お隣の屋根の取り合い部になんばんを敷き、その上にセメント瓦を載せてビスで固定します。

仕上で使用するセメント瓦は、再利用することを前提に、瓦をめくる際にきちんと保管していました。

この瓦は「紐丸瓦・ひもまるかわら」と言い、半丸状の瓦なので、屋根の取り合い部を覆って雨水から守ることができます。

なんばんとは・・石灰にスサと糊を混ぜ合わせた葺き土のこと(瓦を葺くときの下地)



和泉市の屋根の取り合いに瓦をビス留め

■ お隣との屋根の取り合いになんばんを載せ、その上にセメント瓦をビス留めして仕上げました!

屋根の取り合い部を瓦で覆って、更にズレないようにビスで固定したので安心です。

また、雨水が内部に浸入するのを防ぐために水切りも取付けたので、見えない部分でもきちんと防水できています。

和泉市の棟の補強
■ M様邸はお隣の屋根と棟違いになっています。

棟とは・・屋根の頂点の水平部分

棟がそれぞれズレていますが、屋根の勾配が揃っている形状です。屋根の取り合いの仕舞の関係で、棟を一部セメント瓦で仕上げないといけません。

以前は屋根の下地に直接固定できていましたが、この工事で屋根材が変わったので、段差が生じ、同じように復旧することができません。

棟瓦をしっかりと固定するために、補強金具を取付けて、そこに下地を設置ました。

この下地に向かって棟瓦をビス留めして復旧します。

和泉市のお隣の屋根のと雨仕舞

■ 棟になんばんを敷いて棟瓦を載せてビスでしっかりと固定しました!

なんばんを敷いたので、屋根面の瓦との取り合いも防水できています。
また、なんばんで対応できなかった部分にはシーリングを充填して処置しました。

和泉市のお隣の棟との取り合い部は板金で塞いでいます

■ コロニアルグラッサを葺いた屋根の棟板金と、棟瓦との取り合いは、
屋根材の形状が異なるので隙間が大きくあいてしまいます。

棟の取り合いの隙間から雨水が浸入しないように、板金で覆ってしっかりと防水しました!


お隣の屋根との取り合い部は、このようにきちんと雨仕舞できています!

和泉市の既存の壁際水切り
■ M様邸は急こう配の屋根が1箇所あり、外壁に面しています。

外壁と屋根面との取り合いには「壁際水切り・かべきわみずきり」という水切りが取り付けられています。
この水切りは施工する時に外壁に立ち上げて埋め込まれているので、撤去せずそのまま残すことになりました。

この葺き替えで厚みのあるセメント瓦から薄型のコロニアルグラッサに葺き替えたので、屋根の仕上の高さが低くなりました。そのため、既存の水切りと屋根面の間に隙間が生じるので、上に大きな水切りを被せて取付けて仕上げます。

和泉市の棟に棟板金取り付け

■ コロニアルグラッサを葺いた後、最後に棟板金を取付けました。
棟板金とは、棟に取り付ける板金のことです。

棟は屋根面との取り合い部で、隙間が生じるので雨水が入らないように防水しないといけません。

使用する屋根材によって棟の仕上は異なりますが、コロニアルグラッサなどの
スレート葺きの場合、板金を被せるか、専用の棟包みを取付けて仕上げます。

ここまでくると、屋根の葺き替え工事はほぼ完了です!

この後、板金職人が急こう配の屋根の壁際水切りの取付や雨樋の交換を行いました。


和泉市で壁際水切りを取付け

■ 次の現場ブログで、急こう配の屋根の壁際水切り取付や、雨樋の交換、テラスの波板張替えなどの様子をご紹介します!

既存の壁際水切りの上に大きな水切りを取付けたので、雨水が入りにくくなりました!

街の屋根やさん岸和田店・山中代表
「地震で瓦が落ちそうで怖い」
「屋根を葺き替えて地震対策をしたい」
「屋根が傷んでいるので、なんとかしたい」

など、屋根のことでお困りのことはありませんか?

その不安や問題を解消するために、まずはお気軽にご相談くださいね!


◆◆ ご相談・点検・お見積りは無料です!どんな小さなことでも構いません ◆◆
↓↓↓↓

お電話でのご相談 0120-169-747(フリーダイヤル)

メールでのご相談 お話が苦手な方はこちらから

オンラインでのご提案 オンラインで無料点検!

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市の金属屋根の笠木が剥がれてガルバリウム鋼板に葺き替え!

岸和田市の台風で飛散した笠木
岸和田市の台風で飛散した笠木を交換
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板・構造用合板・アスファルトルーフィング・シーリング・ジプトーン
築年数
約56年
建坪
約42坪
保証
5年
工事費用
約40万円(税込み)
施工事例

和泉市でセメント瓦からコロニアルグラッサに葺き替えました!

和泉市の屋根を葺き替えます
和泉市の屋根葺き替え完了
工事内容
屋根葺き替え
台風
使用素材
コロニアルグラッサ・野地板・ガルバリウム鋼板・水切り・ポリカ波板他
築年数
約26年
建坪
約18坪
保証
10年(メーカー色保証)
工事費用
足場費用・23.5万円 屋根葺き替え費用・・199.5万円(すべて税込み)
施工事例

岸和田市の屋根葺き替えで陶器瓦をコロニアルグラッサに葺き替え

岸和田市の屋根葺き替え前
岸和田市の屋根葺き替え後
工事内容
屋根葺き替え
雨樋交換
平屋
使用素材
コロニアルグラッサ・構造用合板・ゴムアスルーフィング・ガルバリウム鋼板他
築年数
約50年
建坪
約45坪
保証
10年(メーカー保証)
工事費用
約310万円(税込み・足場費用含む)

同じ地域の施工事例

施工事例

泉南市でベランダの立ち上がりを含めてウレタン防水を施工!

泉南市のベランダを防水します
泉南市のベランダ防水完了
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
ウレタン樹脂塗膜防水材・下地調整材(カチオンクリート)・トップコート
築年数
約25年
建坪
約9坪
保証
2年
工事費用
約19.8万円(税込み)
施工事例

和泉市の波型スレートの上にエポライト波板を張り傘釘も防水!

和泉市の倉庫の屋根の明かり窓の上にエポライトを取付けます
和泉市の倉庫の屋根の波型スレートの下に差し込みました
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
エポライト波板・スレート傘釘・シーリング
築年数
建坪
保証
なし
工事費用
約6万円(税込み)
施工事例

和泉市の引っかけ桟瓦葺きの屋根の修理工事を行いました!

和泉市の台風被害に遭った屋根
和泉市の屋根修理完了
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
セメント瓦・いぶし瓦・漆喰・シーリング
築年数
約39年
建坪
約18坪
保証
2年
工事費用
足場費用・・10.5万円 屋根修理費用・・22.4万円(すべて税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

水切りについて

和泉市の皆さまこんにちは!街の屋根やさん岸和田店の小南です。皆さまは「水切り・みずきり」という部材のことをご存じですか?水切りは屋根や建物の至る箇所に取り付けられています。この記事では、屋根葺き替え工事を行った和泉市M様邸の事例を参考に「水...........

和泉市で使用する屋根の野地板について

和泉市の皆さまこんにちは!街の屋根やさん岸和田店の小南です。今日は春のような気候で、各現場の作業もスムーズに進んでいます。外部の工事は天候に左右されるので、晴れの日が続くと安心ですね!さて、この記事では先日よりご紹介している和泉市の屋根葺き...........

泉佐野市の屋根に屋根材や板金を荷揚げ

泉佐野市の屋根葺き替え工事でスレート葺きの様子をご紹介します。H様邸で使用するのはケイミュー株式会社の「コロニアルグラッサ」です。前回までに既存の屋根の解体・撤去や野地板とルーフィング施工の様子をお伝えしました。H様邸は2階の天井の広範囲で...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747