オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

熊取町の「屋根の漆喰が剥がれて黒くなっている」というご相談です!


皆さまこんにちは!

街の屋根やさん岸和田店の小南です。

今回は、屋根の「漆喰・しっくい」について詳しくお伝えしたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

熊取町にお住いのY様より「漆喰がポロポロと剥がれてきていて、黒くなってるので気になるんです」
というご相談をいただき、漆喰の詰め直し工事を行うことになったので、
Y様邸の事例を参考に「漆喰」のことをお話しますね。


屋根の「漆喰」ってどんな役割があるの?

漆喰とは

●● 屋根の漆喰は、主に屋根の頂点の「棟・むね」の土台になる
葺き土を守るために詰められています ●●

土葺きの屋根は、粘り気のある土を敷いて瓦を葺く土台にしています。

屋根面は瓦があるので、葺き土が雨水や外気に晒されることが少ないですが、
棟の漆喰は雨水を直接受けてしまうので、そのままだと土が流れて棟の瓦が崩れてしまいます。

葺き土が雨水によって流れてしまうのを防ぐために、土の表面に漆喰を塗って保護しているのです。

鬼瓦の取り合いの漆喰

● 漆喰は棟だけでなく鬼瓦の取り合いや棟と棟の継ぎ目などでも使われています。

漆喰は、瓦同士の隙間を塞いで防水し、瓦と瓦をくっつける役割も担っています。

漆喰が無いと、瓦の隙間がむき出しになり、そこから雨水が浸入して雨漏りしてしまいます!!



熊取町の屋根の漆喰の剥がれ

●●● 漆喰は月日とともに劣化するので定期的な詰め直しが必要です ●●●

漆喰が劣化する主な原因

1.雨風に晒されることによって朽ちてくる

2.どうしても直射日光にあたるので紫外線の影響で劣化する

3.漆喰の乾燥や経年で痩せてくる

漆喰が傷むとどんな症状がでるの??

漆喰が劣化すると起こりえる主な症状

漆喰が傷むと起こる主な症状


漆喰が剥がれる →→ 瓦の隙間が露になる → 雨漏りする・又は瓦の固定力が弱くなる → 雨漏り発生!!
  ↓↓↓
棟の葺き土が雨風に晒されて流れ出るなどのダメージを受ける
  ↓↓↓
瓦の固定力が低下して動きやすくなる・又は抜け落ちてしまう
  ↓↓↓
屋根裏や室内で雨漏りが発生!!


漆喰の劣化を放置すると、瓦がズレたり、葺き土が流れたり、
雨漏りの発展することもあるので定期的にメンテナンスしましょう。


熊取町の屋根の漆喰

◆ 屋根の漆喰の重要性をお伝えしましたが、ご理解いただけましたでしょうか。

「難しくてよく分からない・・」
「漆喰のことをもっと詳しく知りたい!」
そんな方へ ↓↓↓


それでは熊取町Y様邸の漆喰の現況と修理内容をご紹介します!

熊取町の屋根漆喰のご相談
●◆ Y様邸の基本情報 ◆●

築年数・約41年

木造・2階建て

土葺きの瓦屋根


漆喰の剥がれと汚れが気になり
街の屋根やさん岸和田店にご相談をいただきました!

熊取町の土居のしの取り合いの漆喰の剥がれ

熊取町にお住いのY様より、

「漆喰がポロポロと剥がれていて、黒くなってるのでこのままにしておいて大丈夫なのかと心配で・・・」

というご相談をいただき、現地調査にお伺いしました。

2階のお部屋の窓から下屋(げや・下の屋根)が見えるので、漆喰の劣化に気づかれたそうです。

下屋にはベランダの壁との取り合いがあり、「土居のし・どいのし」と
屋根面の瓦の取り合い部の漆喰が剥がれてきていました。


外壁と屋根面との取り合いは、雨水が浸入しやすく、そのリスクが高いので
「壁際水切り」「土居のし」を用いて雨仕舞しています。

⚠ 土居のしと屋根面の瓦の形状が異なるので、隙間を埋めて防水するために
漆喰が詰められているのですが、経年で剥がれて、汚れが目立ってきている状態でした!


土居のしとは・・外壁と屋根との取り合いに葺く雨仕舞(あまじまい)のための瓦

壁際水切りかべきわみずきり)とは・・外壁を伝ってきた雨水が内部に浸入するのを防ぐ部材

雨仕舞とは・・雨水が内部に浸入しないように工夫すること

熊取町の漆喰が剥がれていました!

● 漆喰は一般的に約20年くらい表面が朽ちてきたり剥がれてきてしまいます。

漆喰が剥がれると、瓦が動きやすくなったり、雨水の浸入を許して雨漏りしてしまいます!


屋根や地面に写真のような白い塊が落ちていたら漆喰が劣化している可能性があるので、業者に依頼して点検してもらいましょう。


熊取町の大屋根の漆喰も苔や汚れが目立っています

● 大屋根(おおやね・一番高い屋根)の棟の漆喰も汚れが付着して苔も発生していました。
また、漆喰が剥がれたり割れている箇所もありました。

棟は屋根面同士の取り合い部で、その隙間を埋めるためにのし瓦(四角くて平らな瓦)を
屋根の両側に勾配を付けて積み上げて雨仕舞しています。

漆喰が劣化したことにより、棟の土台の土が痩せて、
瓦の勾配が変わって棟の内側に雨水をよんでしまい、雨漏りした事例がたくさんありますので、
「漆喰」のことを軽視せず、定期的なメンテナンスをお勧めしています。


熊取町の鬼瓦の取り合いの漆喰が剥がれています
● 鬼瓦との取り合いの漆喰も剥がれてきていました。

鬼瓦は棟の端に葺く装飾瓦のことです。

鬼瓦の取り合いは隙間が多く生じるので、漆喰を厚く塗って防水しています。

漆喰が剥がれると隙間から雨水が入り込んで雨漏りする危険性があるので、この工事できちんと詰め直すことになりました。


熊取町の棟尻の漆喰が崩れています

● 棟尻(むねじり)の漆喰が崩れていました。

棟尻とは棟の終わり部分のことです。

棟の一番端なので、高く積み上げられた棟瓦の断面が見える部分になります。

棟尻の漆喰が剥がれると、雨水が浸入して棟の中に雨水が浸入し、棟がダメージを受けてしまうので、きちんと復旧させていただきます。


熊取町の瓦が割れています
● 「前に、テレビのアンテナの工事で電気屋さんが屋根に上がったら、瓦が1枚割れていたみたいなんです。
電気屋さんが、ちょうど鉄板があったので差し込んで応急処置してくれたって言ってたんですが心配で・・」

とのお話がありました。

割れていたのは軒先瓦のひとつ上の瓦です。

鉄板を差し込んできちんと処置されていたので、雨水が浸入している心配はないですよ、
とお伝えし、工事の時に新しい瓦に差し替えることになりました。


●● Y様邸の屋根工事の内容 ●●

熊取町の屋根工事

■■ Y様邸の屋根工事の内容 ■■

足場の設置

大屋根・下屋ともに漆喰を詰め直します。

割れた瓦の差し替え

棟瓦をシーリングで補強


☆ 以上の内容で屋根工事を行いました。


次は屋根工事の様子をご紹介します!お楽しみに!
↓↓↓




屋根調査は街の屋根やさん岸和田店へ!
■ 屋根の点検は定期的に行っていますか? ■

街の屋根やさん岸和田店は
「ご相談」「点検」「お見積り」は無料です!

「初めてなので心配・・」
という方は、無料点検について下記のリンクより詳しくご紹介していますので、ぜひご覧になってください。
↓↓↓


・・・・・・・・・・



◆◆ ご相談・点検・お見積りは無料です!どんな小さなことでも構いません ◆◆
↓↓↓↓

お電話でのご相談 0120-169-747(フリーダイヤル)

メールでのご相談 お話が苦手な方はこちらから

オンラインでのご提案 オンラインで無料点検!

同じ工事を行った施工事例

施工事例

貝塚市のカラーベストと棟包みが剥がれたので修理を行いました!

貝塚市の台風被害に遭った屋根
貝塚市の台風被害に遭った屋根の修理後
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
台風
使用素材
カラーベスト・グリシェイドグランデ・棟包み
築年数
約2年
建坪
約18坪
保証
2年
工事費用
足場費用・・10.5万円 屋根修理費用・・16万円(すべて税込み)
施工事例

岸和田市の雨漏り修理で銅板晒し葺きの屋根の棟を修理しました

岸和田市の修理前の銅板屋根
岸和田市の修理後の銅板屋根
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
銅板・シーリング
築年数
築35年
建坪
約50坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・19.8万円 屋根修理費用・・24.8万円(すべて税込み)
施工事例

岸和田市で強風で屋根のケラバ水切りが剥がれたので交換しました

岸和田市のケラバ水切りが貫板と一緒に飛散
岸和田市のケラバ水切りを復旧
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板製ケラバ水切り・下地
築年数
約23年
建坪
約23坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・14.8万円 屋根修理費用・・9.9万円(ともに税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

熊取町の雨漏り修理で棟板金やパラペットの笠木を交換しました

熊取町の棟板金が飛散
熊取町の棟板金交換完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
雨漏り修理
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板・杉貫板・シーリング他
築年数
築約64年
建坪
約30坪
保証
1年
工事費用
約30万円(税込み)
施工事例

熊取町の台風で剥がれたカラーベストを差替えひび割れも補修

熊取町の剥がれたカラーベスト屋根
熊取町の剥がれたカラーベストの貼り替え
工事内容
屋根補修工事
火災保険
台風
使用素材
カラーベスト・シーリング
築年数
約18年
建坪
約18坪
保証
2年
工事費用
約23.5万円(税込み・足場代・ひび割れ補修費用含む)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

熊取町の土居のしの取り合いの漆喰の剥がれ

熊取町で壁際の漆喰詰め直し工事を行いました。漆喰は、瓦同士の隙間を埋めて防水し、瓦と瓦をくっつけたり、瓦を固定する役割があります。2階の窓から外を見た時に、下の屋根に剥がれた漆喰が落ちていたので、心配になってご相談をいただいたことがきっかけ...........

泉大津市の瓦を復旧して全体的に固定しないといけません

泉大津市の皆様こんにちは!街の屋根やさん岸和田店の小南です。最近、地震が頻繁に発生しているのでとても心配ですね・・・。台風はある程度予測がつくので事前に備えることができますが、地震は突発的に起こるので本当に恐ろしいです。「台風」や「地震」「...........

熊取町の屋根の漆喰の剥がれ

熊取町にお住いのY様より「漆喰の剥がれ」「漆喰の汚れ」のご相談があり、漆喰の詰め直し工事を行いました。屋根の漆喰(しっくい)は、葺き土の流出や雨水の浸入を防止したり、瓦を固定する重要な役割があります。しかし漆喰は、永久的ではなく、残念ながら...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747