オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

泉大津市の雨漏り修理で瓦のズレを修正してラバーロックで補強!


台風や大雨、長雨が続くと急に雨漏りすることがあります。

天井や窓枠から雨水がポタポタと落ちてくると、とても不安になりますね。

雨漏りを放置すると、目に見えない部分の重要な木部が傷んだり
天井に嫌な雨染みの跡が残ったりカビの発生で健康を害したり
白蟻がつくなど様々な被害をもたらします。

☆ この記事では、台風の大雨で急に雨漏りが発生しお困りだったS
様邸の雨漏り修理の様子をご紹介します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


泉大津市で足場を設置しました
◆ S様邸は築50年/木造2階建ての住宅です ◆

● 台風の大雨で2階の部屋の天井全体に雨漏りが発生

◆ 雨漏りの原因の可能性がある箇所 ◆
屋根面の瓦が全体的にズレて隙間が生じ、そこから雨水が浸入して雨漏りしている可能性がある

◆ 雨漏り修理のご提案 ◆
● 足場の設置 ● 瓦のズレを修正
● 屋根全体をラバーロック ● 袖瓦のビス留め補強

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

屋根工事を行う前に屋根の全周を覆うように足場を設置しました。

足場の設置は修理箇所や範囲によって、部分的に設置することも可能ですが、S様邸は屋根全体が修理範囲になりますので2階部分を囲むかたちで足場を設置しました。

☆ 足場を設置する時には大きな金属音が鳴り響くため、事前に近隣の方にご挨拶に伺っております ☆
↓↓↓ 詳しくは下記リンクをクリック!

雨漏り修理に伴う屋根工事の様子

泉大津市の瓦のズレ
S様邸は2階のお部屋の天井全体に雨漏りが発生し修理のご依頼がありました。

屋根を確認すると、瓦の割れや飛散などの目立った問題はありませんでしたが、全体的に瓦が軒先方向にズレて隙間が生じており、そこから雨水が浸入して雨漏りしている可能性が高いと判断しました。
泉大津市の瓦のズレを戻してラバーロックします
この工事では、瓦のズレを修正し、ラバーロックするご提案です。

「ラバーロック」とは、シーリングを使用して瓦同士を繋いで補強する工法のことです。
瓦同士が繋がっている為、バラバラに飛散したりズレを防止することができます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

S様は現在遠方にお住いされていますので、工事中の様子が全く分かりません。
工事中は責任をもって作業させていただき、現況作業中完了の様子を撮影し、工事完了後にお預けさせていただきます。

☆ S様に限らず、お仕事をされていて工事中不在の方もおられますし、屋根の工事は下から見えないことが多いです。
街の屋根やさん岸和田店は一連の様子を撮影してお預けしていますので安心してお任せください。


「屋根の工事って、どんなふうに相談・依頼したらいいの?」分からないことだらけでお困りの方へ ↓↓↓



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

泉大津市の瓦のズレを戻します
ラバーロックを行う前に屋根全体を確認し、瓦のズレを修正していきます。


●●● 瓦は何故ズレるの? ●●●

土葺きの屋根は、下地に粘り気のある土を敷き、そこに瓦を密着させて固定しています。瓦を葺いた当初は固定力がありますが、月日とともに土が乾燥し、痩せてくると同時に瓦の固定力が低下して、日々風や揺れを受け続けるうちに瓦がズレることがあります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


⚠ 瓦がズレて隙間があくと、そこから雨水が浸入して雨漏りしたり、瓦の内側に雨水が入ることで葺き土が流れて更に状況が悪化してしまいます! S様邸のように一見きれいな屋根に見えても隙間が生じて雨漏りすることがありますので、軽視せずメンテナンスを依頼しましょう。


「急に雨漏りして困ってる!」「雨漏りがなかなか止まらない」とお困りの方へ ↓↓↓

泉大津市の袖瓦のズレを戻します
袖瓦は屋根の傾斜の一番端に葺く瓦のことです。

屋根の端にあることから、横方向の風をまともに受けますし、強風や強い揺れを受けた時に下に落下しやすい箇所です。

この工事で足場を全周に設置し、今後の自然災害に備えて被害を受けやすい袖瓦も補強することになりました。
泉大津市で使用する瓦補強用の長いビス
瓦補強用の長いビスで袖瓦を1枚1枚ビスで固定します。

ビス頭に弾力のあるパッキンが付いていますので、取り合いから雨水が入りにくい形状です。

瓦に穴を開けて、屋根の木下地に向かって固定するため、このように長いビスでないと届きません。
泉大津市の袖瓦に穴を開けて長いビスで固定

袖瓦のズレを修正してから補強作業を行います。

屋根の木下地の位置に合わせて瓦に穴を開け、先ほどの瓦補強用ビスで締め付けて固定します。

平成30年に関西方面に上陸した大型の台風21号では、袖瓦が大量に落下している住宅をたくさん見ました。
このようにビスで固定すると、瓦が飛散するリスクを低減することができます。

泉大津市の袖瓦をビスで固定
S様邸の屋根すべての袖瓦をビス留めして補強しました。

瓦がズレたまま固定すると元も子もありませんので、きちんと修正した後に固定しています。
和泉市の瓦を固定したビス頭をシーリングで防水
瓦を固定しているビスにはパッキンが付いていますが、念には念を、ビス頭から雨水が染み込まないようにシーリングを充填してしっかりと防水しています。
泉大津市のラバーロックで使用するシーリング
瓦のズレを修正した後、ラバーロックを行います。

S様邸は屋根全体の瓦をラバーロックするため、シーリングが大量に必要です。

このシーリングは瓦補強用のシーリングです。
泉大津市の屋根をシーリングでラバーロックします
瓦の山になった部分と側面にシーリングを充填して繋げて補強していきます。

シーリングを瓦の四方に充填すると、内部に雨水が溜まって雨漏りする危険性があるので、瓦の下端には充填してはいけません。
泉大津市の棟瓦をシーリングで補強

風や揺れの被害を受けやすい棟瓦にもシーリングを充填して補強しました。

棟とは屋根の頂部で屋根面同士の合流地点になります。そこに葺く瓦を棟瓦と言います。

棟瓦は屋根面よりも高く積み上げられていますので、瓦が崩れないよう銅線を通して固定されていますが、シーリングを充填して補強することでより安心です。

●●●● ラバーロックについて ●●●●

上記でお伝えしましたが、ラバーロックはシーリングを用いて瓦同士を繋いで補強する工法のことです。

瓦同士が繋がっている為、台風の強風や地震の揺れを受けた時に瓦がバラバラに飛散するのを防ぐ効果があります。
また、葺き土が痩せて瓦が動きやすくなっている場合にもラバーロックは有効です。

ラバーロックは古くなった屋根を補強する際に有効ですが、想定外の強風や突風、強い揺れが発生した時に瓦が繋がったままズレる可能性があります。メリットとデメリットを考慮して工事を依頼しましょう。


ラバーロックについてもっと詳しく聞きたい!そんな方へ ↓↓↓

before1
泉大津市の屋根修理前
工事前の屋根の様子です。

S様邸の屋根は漆喰のメンテナンスをされていて、一見どこにも問題が無いように見えましたが、瓦が全体的にズレて部屋内に雨漏りして大変お困りでした。
horizontal
after1
泉大津市の屋根修理完了
瓦のズレを修正し、ラバーロックで瓦同士を繋げてしっかりと補強!

ラバーロックにより、工事前よりも耐久性が向上しました。
屋根の上を歩いても瓦が動く「カタカタ」とした音が鳴りません。

工事後のS様の声

「遠方に住んでいるので調査や修理の時に立ち会うことができず、任せきりになってしまってすみません。きちんと修理していただき感謝しています。ありがとうございました」

S様のお力になれて嬉しく思っています。
また、今後の雨で様子を見ていただき、気になることがありましたらいつでもご連絡下さいね。
ありがとうございました。



同じ工事を行った施工事例

施工事例

忠岡町で割れた瓦の交換や剥がれた漆喰の詰め直し工事を行いました

岸和田市の台風被害に遭った屋根
岸和田市の割れた瓦の修理完了
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
地瓦11枚・軒先瓦3枚・漆喰・シーリング
築年数
約40年
建坪
約14坪
保証
1年
工事費用
屋根修理費用・・約15.5万円(税込み)足場費用・・約9.4万円(税込み)
施工事例

泉南市の黒い釉薬瓦の降り棟が台風で崩れ修復と補強をしました!

泉南市の台風で飛散した降り棟の瓦
泉南市の降り棟の修復完了
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
釉薬瓦・葺き土・銅線・漆喰・シーリング他
築年数
約25年
建坪
約18坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・約17.2万円 屋根修理費用・・約31万円 波板張替え・・8.5万円(すべて税込み)
施工事例

泉大津市で雨漏りが発生!瓦のズレを補修しラバーロックしました

泉大津市の屋根修理前
泉大津市の屋根修理完了
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
瓦補強用ビス・シーリング
築年数
約50年
建坪
約10坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・約19.5万円(税込み)瓦ズレ修復及び固定工・・約27万円(税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

泉大津市で雨漏りが発生!瓦のズレを補修しラバーロックしました

泉大津市の屋根修理前
泉大津市の屋根修理完了
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
瓦補強用ビス・シーリング
築年数
約50年
建坪
約10坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・約19.5万円(税込み)瓦ズレ修復及び固定工・・約27万円(税込み)
施工事例

泉大津市の雨漏り修理に伴うベランダのウレタン防水工事

泉大津市の保護モルタルのベランダです
泉大津市のベランダ防水完了
工事内容
雨漏り修理
防水工事
台風
使用素材
ウレタン樹脂塗膜防水材
築年数
築約45年
建坪
約30坪
保証
3年(雨漏りにおいて)
工事費用
約20万円(税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

泉南市の袖瓦が飛散

泉南市で軒天と野地板張り替え工事が完了したので仮撤去していた瓦を復旧しました。M様邸は木造・3階建ての住宅で、屋根は土葺きの瓦屋根です。台風で2階の屋根の袖瓦(そでかわら)が飛散し、応急処置ができないまま約2年が経過して野地板と軒天に水が廻...........

軒天

泉南市で軒天の張替工事を行いました。台風で袖瓦(屋根の流れの一番端に葺く瓦)が落下して、応急処置ができないまま雨ざらしの状態で約2年が経過し、野地板と軒天が腐食して穴が開いている状態でした。野地板(のじいた)とは・・屋根材を支えるための下地...........

泉南市の軒天・軒裏

泉南市の台風被害に遭った屋根を調査し、修理のお見積書をお預けして後日修理を行うことになりました。「2年前の台風で屋根が破損し、防水シートが破れて下地の板に穴が開いているんです。他の業者にも見積もりをお願いしたのですが、下地も修理しないといけ...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747