岸和田市の塗装前のコーキング工事・打ち替えとひび割れ補修を行いました


岸和田市の外壁・屋根塗装
岸和田市の屋根と外壁の塗装工事で今回はコーキング工事をご紹介します。
N様邸は二つの住宅を繋げた家で外壁材がそれぞれ異なります。サイディング外壁の継ぎ目やサッシ回りなどのコーキングは打ち替えて、モルタル外壁のクラックにはコーキングを充填して補修します。
岸和田市の外壁の目地コーキングがひび割れています
サイディング外壁にはコーキング工事がつきものです。
サイディングのパネル同士を繋げているコーキングが経年劣化でひび割れてくるため、定期的に打ち替えなければいけません。ひび割れを放置すると、どんどん悪化し、その部分の防水機能が低下して雨漏りしてしまいます。
今回は、塗装する前に、目地やサッシ回りのコーキングを打ち替えます。
岸和田市の外壁の誘発目地が割れています
モルタル外壁にも目地が設けられています。
モルタルは水分を含んでいるので、それが蒸発する時にどうしてもひび割れが発生してしまいます。ひび割れが発生しそうな部分にあらかじめ目地をつくっておき、ひび割れがその部分に集まるように考えられた目地を「誘発目地」と言います。
写真は誘発目地が割れている様子で、この部分が割れるのは正解なのですが割れたままではいけないのでコーキングを充填します。
岸和田市のモルタル外壁にクラックがあります!
他にも、モルタル外壁には細いクラック(ひび割れ)がいくつかありました。
幅が広く深さのあるクラックは、その部分から雨水が浸入する可能性があり早急にきちんとした補修をしないといけませんが、写真のように細いものだと、コーキングを刷り込む程度で大丈夫ですので、今回はその方法で補修します。
岸和田市の外壁の目地の既存のコーキングを撤去します
先にサイディング外壁の目地の打ち替えをご紹介します。
目地のコーキングは、既存のコーキングの上に新しいコーキングを充填する「打ち増し」と、既存のコーキングを撤去してから新しいコーキングを充填する「打ち替え」があります。
打ち増しの場合、既存のコーキングが下に残っているので新しいコーキングに厚みが持たせられません。コーキングの性能を十分に発揮させるためには適切な厚みが必要となりますので、打ちかえることがほとんどです。
写真は既存のコーキングを撤去している様子です。
コーキングの端にカッターを入れるとペンチなどで引き出せます。
岸和田市のコーキング充填か所をマスキングテープで養生
既存のコーキングを撤去した後、その溝にコーキングを充填するのですが、その時に周りにコーキングが付かないように、また、きれいに仕上がるようにマスキングテープを貼っています。この作業を養生と言います。
岸和田市の外壁の目地にプライマーを塗布します
目地の両サイドにマスキングテープを貼ってから、溝の中にプライマーを塗布します。
プライマーは接着剤のような塗料で、コーキングをしっかりと密着させるためのものです。
岸和田市の庇の上にプライマー塗布状況
したがってプライマーに塗りムラがあると、密着力が弱くなり、部分的な剥離の症状などが出てきます。
プライマーを塗るのと塗らないのとではコーキングの持ちが全然違ってきますので、必ず行う工程です。
岸和田市の外壁の目地にコーキング充填
プライマーを丁寧に塗布してから、コーキングを充填していきます。
コーキングを充填した後、奥に空洞ができないようにヘラで押さえる作業を行うので、多めに充填します。
へら押えでコーキングを奥まで押し込みつつ、余分なコーキングを取り除きながら表面を整えます。
岸和田市の外壁の入り隅にコーキング充填状況
中に空洞ができないようにコーキングを密着させることにより防水効果も高まります。
岸和田市のサッシ回りも防水します
サッシ回りにも防水のコーキングを施工しているので、打ち替えます。
写真は今回の工事で入替えた窓で、防水と気密性を高めるためにコーキングを充填します。
岸和田市のコーキング工事完了
コーキング充填後、ヘラでしっかりと押さえて表面を整えました。コーキングが乾ききる前にマスキングテープをはがすときれいに仕上がります。コーキングが乾ききると、マスキングテープにコーキングがくっついてきて端の仕上がりが汚くなります。
岸和田市のコーキング打ち替え完了状況
コーキング打ち替え完了です。

サイディングの目地コーキングは、経年劣化で剥離やひび割れが起こり、そのまま放置すると傷んだ部分から雨水が浸入してパネルの内側に水が廻ってしまいます。そうなると、パネル自体の劣化を早めてしまいますし、雨漏りする可能性もあります。ですので、コーキング工事が必須となります。

岸和田市のモルタル外壁のひび割れにコーキング充填
モルタルの外壁の方の目地にもコーキングを充填し、細いひび割れ部分もきちんと補修しました。

モルタル壁のひび割れはその大きさによって補修方法が決まります。今回はコーキングを充填しての修理です。
岸和田市のクラック補修状況
コーキングを充填して、指で刷り込みました。
今は亀の甲羅のように補修跡が目立っていますが、今回は塗装工事も行いますのであまり目立たなくなり、きれいに仕上がります。
コーキング工事の内容は伝わりましたか?
外壁塗装を行う際には、必ず先にひび割れの補修やコーキングの打ち替えなどを行います。
表面をきれいに塗装しても、外壁自体の防水機能が伴っていないと意味がありませんし、塗装をしても傷んだ部分が直るわけではないからです。
また、塗料との相性がいいコーキング剤を使用しないと、コーキングの部分に塗料がうまく密着しないので、注意が必要です。

街の屋根やさん岸和田店は、防水専門の職人によりコーキング工事をさせていただいておりますので、ご安心ください。

次は屋根・外壁の高圧洗浄をご紹介します。




この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

貝塚市のベランダをきれいに清掃します

貝塚市のベランダ防水工事のご紹介です。T様邸は玄関の天井と1階の洋室の天井に雨漏りが発生しました。前回、玄関側の雨漏り修理で壁際水切りの取付などをお伝えしたので、今回は洋室の雨漏り修理でベランダの防水です。ベランダは外部にありますので、防水...........

岸和田市の棟板金が飛散

岸和田市の方形屋根の棟板金などの復旧工事のご紹介です。台風21号の強風で、屋根の棟板金がすべてめくれ上がり、下地の貫板も一部飛ばされてしまいました。棟板金とは、屋根の山状になった頂点部分にかぶせる板金のことで、下地の貫板に向かって釘留めされ...........

忠岡町で袖瓦付近の瓦が飛散

泉北郡忠岡町のK様邸の屋根の補修工事のご紹介です。台風21号で1階と2階の天井に雨漏りが発生しました。雨漏り箇所の上の瓦が強風でめくれ上がり、飛散するなどして雨漏りしているようでした。K様邸の瓦はシルバーの釉薬瓦で、再利用できる瓦は使用し、...........