オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

岸和田市の屋根の点検及び木製の雨戸・戸袋交換などのご相談です


岸和田市の屋根の点検
以前増築部取り合いからの雨漏りの修理工事などをして頂いた岸和田市のK様より「台風で雨戸の戸袋が飛んでいってしまったんです。瓦も落ちてるみたいやし、屋根の点検もしてもらえませんか?」とご相談があり現地確認にお伺いしました。
岸和田市の屋根の袖瓦のズレや飛散があります
下から屋根を見上げると、玄関正面の大屋根(一番高い屋根)のケラバ部分(屋根の雨樋が付いていない方の面)の袖瓦がズレたり飛散しているのが見えており、心配されていました。
見えなくても心配だし、被害が目に見えているのも心配ですね。
岸和田市の巴瓦のずれなど

屋根への被害状況を確認するため、屋根に上がりました。
写真は、下から見えていたケラバ部分の様子です。

袖瓦が1枚飛散し、その上に乗っている棟巴瓦(むねともえかわら)がズレていました。棟巴瓦は、袖瓦の頂点部分(三角になった部分)に葺く瓦のことです。
また、鬼瓦の取り合いの漆喰が劣化して剥がれてきていました。
鬼瓦の取り合いの漆喰が剥がれてくると、鬼瓦を固定している力が弱くなったり、取り合いから雨水が入ることがあります。
岸和田市の袖瓦がズレて波打っています
下から見て、瓦がズレていたケラバの袖瓦を上から見た様子です。やはり大きく波打っていますね。
左側に見える土は、おそらく上にある棟巴瓦の土で、瓦がズレた時に一緒に飛んだか、雨で流されたのでしょう。
岸和田市の地瓦も波打っています
地瓦も数か所でズレていました。
地瓦とは、屋根の大半部分を占めている瓦のことで、この部分の瓦がズレるとそこから雨水が浸入し、雨漏りの原因になることがあります。
瓦のズレは、下地の土が痩せたり流れたりすると発生しやすくなってしまいます。
岸和田市の屋根の地瓦が割れています!
ズレの他にも、地瓦の割れが2カ所ありました。

強風で隣のお宅の瓦が屋根に落ちてきて割れたり、または大屋根の瓦が下屋根に落ちてきて割れたり、瓦の割れの被害が多く発生しています。
瓦が割れると、やはり雨漏りのリスクが高くなってしまいますので、割れた位置によっては早急に応急処置が必要になることがあります。
岸和田市の屋根の樋が折れています
また、台風の強風で、軒樋が破損して垂れ下がっていました。
軒樋を固定している受金物から外れて折れ曲がっている状態です。
このように樋が破損してしまうと、屋根に落ちてきた雨水が直接流れ落ちてしまうので大きな音が出たり、跳ね返りの水で地面を摩耗させることがあるので必ず修理しましょう。
岸和田市の雨戸の戸袋が破損しています!
ご相談があった2階の雨戸の戸袋は、すべて強風で飛ばされてしまっていまいた。
K様邸の雨戸と戸袋は木製で、戸袋の表面にプリント合板(ベニヤ板を張り合わせてつくった合板の表面に印刷加工を施したもの)を張って仕上げていました。

長年に渡り雨風に晒されて、雨水が染み込んで木部が腐食し、強度が弱くなっていたところに台風の強風を受けて飛ばされてしまったのでしょう。
岸和田市の戸袋の中に鳥が巣をつくっていました!
2階の戸袋すべてが飛ばされている状態でしたが、その中のひとつに鳥が巣をつくっていました。
普段、雨戸をあまり開け閉めすることがない場合、鳥が巣をつくってしまうことがあります。
戸袋の内側は外敵に襲われる心配がなく、雨風からも守られていますので快適なのです。
鳥が巣をつくり、ヒナがかえると大きな声で鳴きますし、ダニ発生なども懸念されます。
岸和田市の1階の戸袋も傷んできています
1階の雨戸と戸袋も木製でしたが、2階のように傷みは進んでいませんでした。1階は2階よりも雨風の影響を受けにくいので飛散までには至らなかったようです。
ですが、やはりプリント合板なので、下端から傷んできていました。
雨水は下に下に流れますので、下端の方に水が溜まりやすく、傷むのが早いです。

岸和田市の雨戸に水が廻っています
雨戸も水が廻って表面の板が浮いてきていました。
戸袋だけならまだしも、中の雨戸まで傷んできており、なおかつコマが壊れて動きが悪くなっていたので、「この際全部交換したい」とのご希望でした。
雨戸と戸袋をすべて交換するとなると大がかりな工事になりますし、2階の窓の工事では足場も必要です。
木製の雨戸・戸袋はどうしても腐食してきますので、「せっかく交換したのに同じことになった・・・」とならないように、丈夫で長持ちするアルミ製の雨戸でご提案させていただきます。

今後はさらに大きな台風がやってくるかもしれません。
被害箇所を修理するとともに、台風の影響を最小限にとどめるためにできることから備えたいですね。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市の成長した植木が波板屋根を突き破っていました!

岸和田市の植木の伐採、テラスの波板張替え前
岸和田市の植木を伐採してテラスの波板を張り替え
工事内容
その他の工事
使用素材
ポリカ波板(ブロンズ)ポリカフック 
築年数
築45年
建坪
約25坪
保証
1年
工事費用
約10.2万円(税込み・植木の伐採・雨樋交換費用含む)
施工事例

貝塚市の雨漏りの原因はテラスの倒壊!アルミ製のテラスで復旧です!

貝塚市のベランダ現況
貝塚市のベランダにテラス屋根設置
工事内容
雨漏り修理
その他の工事
台風
使用素材
三協アルミ・レボリューA
築年数
約38年
建坪
約16坪
保証
2年
工事費用
約35万円(税込み)
施工事例

泉佐野市の雨樋の掃除で屋根の漆喰が剥がれて樋に詰まっていました

泉佐野市の樋に漆喰が詰まっています
泉佐野市の樋を掃除して雨水が流れるようになりました
工事内容
その他の工事
使用素材
シーリング
築年数
築約35年
建坪
約18坪
保証
なし
工事費用
3.3

同じ地域の施工事例

施工事例

岸和田市の雨漏り修理で窓周りと庇のシーリングを打ち替え!

岸和田市の庇の取り合いのシーリングが劣化
岸和田市の庇の取り合いのシーリングを打ち替え
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
シーリング・プライマー
築年数
約36年
建坪
約18坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・7.7万円 雨漏り修理・・13.6万円
施工事例

岸和田市の台風で飛ばされた屋根の棟板金を修理しました!

岸和田市の棟板金が飛散しました!
岸和田市の飛散した棟板金を復旧
工事内容
棟板金交換
台風
使用素材
杉貫板・ガルバリウム鋼板製棟板金
築年数
約38年
建坪
約18坪
保証
2年
工事費用
約7.5万円(税込み)
施工事例

岸和田市の金属屋根の笠木が剥がれてガルバリウム鋼板に葺き替え!

岸和田市の台風で飛散した笠木
岸和田市の台風で飛散した笠木を交換
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板・構造用合板・アスファルトルーフィング・シーリング・ジプトーン
築年数
約56年
建坪
約42坪
保証
5年
工事費用
約40万円(税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

和泉市のテラスの平板を保管しました

和泉市のF様より屋根と外壁塗装のご相談をいただき、同時に古くなった玄関ドアを入れ替えることになりました。F様邸は築38年くらいの木造・2階建ての住宅で15年ほど前に屋根と外壁を塗り替えたことがあり、今回で2度目のメンテナンスになります。以前...........

貝塚市の屋根の調査と応急処置のご相談!

台風や地震の時に屋根に被害を受け、応急処置をしたことはありますか?その後、月日とともに応急処置で使用している土のうが破損したり、ロープが切れて土のうが落下したり、ブルーシートが風に煽られてバタついている・・・と、困った経験をされたことがある...........

泉佐野市の台風被害のご相談

泉佐野市にお住いのI様より「2年前の台風で屋根に被害があり、雨漏りしてないんですが、状況を見て修理してほしいんです」とのご相談をいただき現地調査にお伺いしました。台風の後に、近所に来ていた業者に依頼して応急処置をしてもらい、修理の見積もりを...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747