オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

岸和田市の雨漏り調査で銅製の谷樋に穴があいていました!


岸和田市にお住いのF様より雨漏りのご相談があり現地調査にお伺いしました。F様邸は平屋建てで、以前増築されて二つの建物を繋げている形状でした。屋根は土葺きの瓦屋根です。雨漏りしているのは二つの建物の取り合い部で、洋室の天井、そして廊下の壁も濡れていました。
洋室の天井から大量に雨水が浸入し、壁を伝ってくるのでバケツを置かれて応急処置していましたが、いつまでも放置できないのできちんと修理したいとのご希望です。
岸和田市の洋室の天井から雨水が伝ってくるそうです
室内に発生した雨漏りの状況を確認させていただきました。

洋室の天井から雨水が浸入し、壁を伝って流れてくるので壁に紙を貼ったり、バケツを置くなどして応急処置されていました。
岸和田市の廊下の壁も濡れています
洋室の壁の反対側は廊下になっています。
廊下の壁も濡れた形跡がありました。天井は濡れていなかったので洋室の壁を伝った雨水が反対側の廊下に染み出てきた可能性があります。
岸和田市F様邸の屋根の形状
外部の様子です。手前に見えている平屋建ての住宅(入母屋)の向こう側に増築された平屋(切妻屋根)があり、入母屋の妻下と切妻屋根の軒先が隣り合わせになっています。その下にある壁に開口を開けて二つの住宅を繋げている形状でした。連結させた部分の上にある屋根の雨仕舞で、雨を受けるために雨樋を設けていました。

※雨仕舞とは、雨水が内部に浸入しないように工夫することです



岸和田市の二つの屋根の取り合いに谷樋があります!
屋根の上から見た様子です。
左側が入母屋で、右側が切妻屋根です。二つの屋根の取り合いの雨仕舞で谷樋(谷部分に設ける雨樋)を設置していました。雨漏りしているのは、この谷樋の下のお部屋です。

岸和田市の銅板の谷樋です
谷樋は銅板の谷樋です。
銅板の雨樋は錆びに強く年数が経つほどに風格が出てきますので、それを愉しみながら使用する雨樋です。しかし、銅製の雨樋は価格が高いことから、塩化ビニール製の雨樋が普及するようになりました。塩ビ製の雨樋は洋風の住宅のデザインにもマッチしますので、現在ではほとんどが塩ビ製になっています。
岸和田市の谷樋に穴があいています
谷樋を確認すると、すぐに穴があいている箇所が目につきました。
銅板の谷樋は錆びにくく長持ちするとされていましたが、近年の酸性雨などの影響で、銅が酸化して錆びついたり穴があく事例が多発しています。F様邸の谷樋も穴があいており、ここから雨水が浸入し、下にある取り合い部で雨漏りが発生したのでしょう。
岸和田市の谷樋の銅板が薄くなり穴があきます
屋根に落ちてきた雨水は、瓦のへこんだ部分を通って樋に流れ落ちてきます。雨水が流れる経路は同じですので、樋の同じ箇所を何度も何度も打ち付けることになります。そうすると、銅板が次第に薄くなり、穴があいてしまいます。滝つぼを例に挙げると、水が落ちてくる部分が削れていくのと同様の現象です。穴があいている部分を指で押すと、その薄さを感じます。

岸和田市の銅板に空いた小さな穴ですが雨漏りの原因になります
谷樋を端から端まで確認すると、もう一カ所穴があいていました。小さな穴ですが、谷樋は雨水を受ける部分ですので、雨漏りの原因になってしまいます。
今は穴があいていなくても、雨水が落ちてくる箇所は決まっていますので、他の所でも穴があく可能性があります。(茶色く変色している部分)
岸和田市の谷樋の立ち上がり部が浮いています
また、谷樋の立ち上がり部の上端が浮いている箇所もありました。
この谷樋は深さがありますのでオバーフロー(水が溢れること)を起こすことは少ないかもしれませんが、万が一樋が詰まると雨水が樋に溜まり、この部分から内部に浸入してしまいます。
岸和田市の屋根面に落ちてきた雨水が集中します
F様邸の谷樋は、左側の入母屋の妻下は軒下になりますので流れてくる雨水は少ないかもしれませんが、右側の切妻の屋根面は広く、雨の量が多い日はかなりの量の雨水が谷樋に集まります。その分劣化しやすく雨漏りのリスクが高い箇所ですので、定期的に点検し、きちんと雨仕舞しないといけません。

先ほどもお伝えしましたが、銅製の谷樋は、今は穴があいていなくてもいつかは穴があいてしまいますので、錆に強いステンレスやガルバリウム鋼板、または谷コイルなどの樋に交換される方が増えています。谷樋を入れ替えるには両際の瓦をめくって谷樋を取付け、瓦を復旧しないといけないためその分費用がかさんでしまいます。修理方法を比較できるように谷樋の交換に加えて応急処置として穴にシーリングを充填したり、銅板の共材を貼り付けるご提案もさせていただきました。

銅板の谷樋は確認できないほどの穴でも雨漏りの原因になることがあります。お困りの方は街の屋根やさん岸和田店にお気軽にご相談ください。


同じ工事を行った施工事例

施工事例

貝塚市の軒天井のケイ酸カルシウム板を張替え塗装した各所修理工事

貝塚市の軒天井破損
貝塚市の修理した軒天井と破風板
工事内容
破風板・軒天部分補修
雨樋交換
その他塗装
足場
火災保険
台風
使用素材
ケイ酸カルシウム板、塗料、塩ビ雨樋、ガルバリウム鋼板、化粧合板など
築年数
約35年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
約180万円(税込み・足場代含む)
施工事例

岸和田市の銅製の谷樋の穴あき修理で銅板をカットして塞ぎました

2f69fdc31e6ed2eb9d599e14248cb7a8-1
岸和田市の谷樋補修及び補強完了
工事内容
雨樋交換
雨漏り修理
使用素材
銅板・シーリング材
築年数
約45年
建坪
約43坪
保証
2年
工事費用
約6万円(税込み)
施工事例

岸和田市の瓦屋根の修理で割れた瓦を交換しシーリングで固定!

岸和田市の袖瓦が飛散
岸和田市の屋根修理完了
工事内容
屋根補修工事
雨樋交換
台風
使用素材
釉薬瓦・シーリング・雨樋他
築年数
築約55年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
約96万円(税込み・足場代含む)

同じ地域の施工事例

施工事例

岸和田市の銅製の谷樋の穴あき修理で銅板をカットして塞ぎました

2f69fdc31e6ed2eb9d599e14248cb7a8-1
岸和田市の谷樋補修及び補強完了
工事内容
雨樋交換
雨漏り修理
使用素材
銅板・シーリング材
築年数
約45年
建坪
約43坪
保証
2年
工事費用
約6万円(税込み)
施工事例

岸和田市の瓦屋根の修理で割れた瓦を交換しシーリングで固定!

岸和田市の袖瓦が飛散
岸和田市の屋根修理完了
工事内容
屋根補修工事
雨樋交換
台風
使用素材
釉薬瓦・シーリング・雨樋他
築年数
築約55年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
約96万円(税込み・足場代含む)
施工事例

岸和田市のモニエル瓦(セメント瓦)屋根の修理でズレを戻しました

岸和田市の漆喰の剥がれ
岸和田市の屋根修理完了
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め直し
台風
使用素材
仮設足場、漆喰、コーキング等
築年数
約26年
建坪
約30坪
保証
工事費用
約45万円(税込)足場代含む

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

岸和田市の割れた竪樋を交換

岸和田市の雨樋修理です。W様邸は台風で屋根に被害があり雨漏りしました。その時の調査で竪樋(縦方向の雨樋)が割れている箇所がありましたので、修理することになりました。雨樋は普段はあまり気にかけることはないですし、雨が降っている時に点検される方...........

7fbb93c52ad4c341169c9fb582d05bb7-1

岸和田市の雨漏り修理です。F様は以前から雨漏りに悩まされており、バケツを置くなどして対応されていましたが、「いつまでもこのままでは雨が降るたびに心配なのできちんと修理をしたい」とご相談をいただきました。

貝塚市の破風板と軒天井

貝塚市にお住いのH様より「台風で軒天井や雨戸が傷んでるんです」とのご相談をいただき現地調査にお伺いしました。H様邸はサイディング張りの外壁と、モルタルの塗り壁の外壁があります。サイディング壁のほうの軒天井に張ったケイ酸カルシウム板が台風の強...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747