オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

熊取町の雨漏り修理で劣化した谷樋の上にガルバリウム鋼板を取付


熊取町の雨漏り修理です。台風の影響で屋根の瓦がズレたり、漆喰が剥がれるなどの被害に遭いました。H様邸は長屋で、お隣の建物と繋がっている形状で、屋根の取り合い部には谷樋を設けています。その谷樋が劣化し、錆びついて穴があいている状態でした。また、台風の強風を伴う豪雨で谷樋の際の葺き土が流れてしまい、瓦もズレていたのでこの工事で積み直します。雨漏りしているのは谷樋の下にある和室で、今後また雨漏りしないように谷樋に直接雨水が流れないよう上に水切り板金を取付けることになりました。
熊取町の軒先から順に瓦を葺きます
前回、台風被害に遭った屋根の修理及び補強の様子を詳しくご紹介しました。

雨漏りの原因の可能性が高い谷樋の際の瓦は、一度めくって乾燥した葺き土も撤去し、きちんと積み直しました。
熊取町で大きな水切りを取付け
劣化が進んでいる谷樋はお隣の建物と共有しており、交換するとなるとお隣の屋根の瓦をめくって積み直さないといけないため、シーリングを充填して防水し、上に水切り板金(雨水が内部に浸入するのを防ぐ金物)を取付けて谷樋に直接雨水が浸入しないように雨仕舞することになりました。
雨仕舞とは・・雨水が建物内部に浸入しないように工夫すること
熊取町で使用するガルバリウム鋼板の水切りです
板金職人が事前に調査し、工場で板金を加工し水切りを準備しました。

使用する板金はガルバリウム鋼板です。ガルバリウム鋼板は耐久性があり錆びにくい板金で、屋根や外壁の仕上げなどにも用いられています。
熊取町の谷樋の上に取付けます
雨水が谷樋に落ちないように、谷樋の上にガルバリウム鋼板を被せて固定します。
屋根の流れの一番端にある袖瓦の下にガルバリウム鋼板を差し込み、屋根面の瓦1枚分を覆うような形状で固定します。
熊取町の雨があたりにくい位置でビス留め
袖瓦の「垂れ」の下の雨があたりにくい位置でしっかりとビス留めします。
袖瓦は瓦の端に「垂れ」がある形状ですので、雨水が下に切れるようになっています。L字になっており、屋根の袖部分が隠れ、雨水が浸入するのを防いでくれます。
熊取町の棟まで伸ばして取付けます
軒先から棟(屋根の頂点部)までガルバリウム鋼板を取付けます。
雨水は屋根の高い位置(棟部)から軒先に向かって流れてきますので、すべて覆わないといけません。
熊取町の屋根面側でも固定
軒先から棟までガルバリウム鋼板をビス留めしました。
現状では片側しか固定できていないので、このままでは風でバタついてしまい飛散する危険性があります。そのため、屋根面側でも固定する必要があります。
熊取町の板金同士をビスで繋げます
軒先から棟まで覆うために数枚のガルバリウム鋼板を使用しました。まずはガルバリウム鋼板の継ぎ目をビスで固定して繋げます。
屋根面の瓦にビスを打つとビス頭から雨水が浸入する危険性がありますので、板金のみを固定します。
熊取町の板金をカットして細長い部材を作ります
屋根面は雨水が流れる経路になっていますので、ビス穴をあけると雨水が浸入する可能性があるため、他の方法で板金を固定します。
板金をカットして細長い部材を作ります。
熊取町で細長い板金を瓦の間に差し込みます
細長くカットした板金を屋根面の瓦の隙間に差し込みます。
この時、瓦に対して斜めに差し込むのがポイントです。
熊取町の板金を折り曲げてビスで固定します
瓦の隙間に斜めに差し込んだ板金を折り曲げて、水切り板金の上に重ねてビス留めします。
瓦の間に差し込んだ板金が、水切りを押さえる部材になりますので、この方法をとると、屋根面に直接ビスを打ち付けることがなく板金を固定することができます。(瓦の間に差し込む部分を長く設けていると、抜けにくくなります)
この方法は屋根の上を這わす「這樋」を固定する時と同じです。
熊取町の棟の取り合いはシーリングで防水
棟の取り合いにはシーリングを充填してきちんと防水しました。
棟まで水切りを取付けても隙間があるとそこから雨水が浸入しますので元も子もありません。雨漏りを防止するためには、雨水が浸入する可能性がある箇所をきちんと雨仕舞しないといけません。
熊取町の谷樋へ雨水が流れないようシーリングで防水
棟の際の仕舞も行いました。
お隣の棟との取り合い部の板金を立ち上げ、隙間にシーリングを充填して雨水が流れ込んでくるのを防止しました。これで、板金の下にある谷樋に雨水が直接流れ込むことはありません。
熊取町の水切り取付完了
水切り取付完了です。
劣化が進んだ谷樋をガルバリウム鋼板の水切りで覆い、更に谷樋に雨水が流れ込むのを防いだので雨漏りのリスクが低減されました。
雨漏り修理後、何度か雨が降りましたが今のことろ雨漏りしていない、とのことです。
長屋の屋根の修理はお隣との取り合いの仕舞など気を付けなければいけないことがたくさんあります。雨漏りなどでお困りの方は街の屋根やさん岸和田店にお気軽にご相談ください。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市の雨漏り修理で銅板晒し葺きの屋根の棟を修理しました

岸和田市の修理前の銅板屋根
岸和田市の修理後の銅板屋根
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
銅板・シーリング
築年数
築35年
建坪
約50坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・19.8万円 屋根修理費用・・24.8万円(すべて税込み)
施工事例

岸和田市で強風で屋根のケラバ水切りが剥がれたので交換しました

岸和田市のケラバ水切りが貫板と一緒に飛散
岸和田市のケラバ水切りを復旧
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板製ケラバ水切り・下地
築年数
約23年
建坪
約23坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・14.8万円 屋根修理費用・・9.9万円(ともに税込み)
施工事例

泉大津市の強風で剥がれた棟板金とスレートの復旧工事

泉大津市のスレート屋根の修理前
泉大津市のスレート屋根の修理完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
台風
使用素材
化粧スレート・杉貫板・ガルバリウム鋼板製棟板金
築年数
約23年
建坪
約20坪
保証
2年
工事費用
足場費用・・約13万円 屋根修理費用・・約23万円(共に税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

熊取町の雨漏り修理で棟板金やパラペットの笠木を交換しました

熊取町の棟板金が飛散
熊取町の棟板金交換完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
雨漏り修理
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板・杉貫板・シーリング他
築年数
築約64年
建坪
約30坪
保証
1年
工事費用
約30万円(税込み)
施工事例

熊取町の台風で剥がれたカラーベストを差替えひび割れも補修

熊取町の剥がれたカラーベスト屋根
熊取町の剥がれたカラーベストの貼り替え
工事内容
屋根補修工事
火災保険
台風
使用素材
カラーベスト・シーリング
築年数
約18年
建坪
約18坪
保証
2年
工事費用
約23.5万円(税込み・足場代・ひび割れ補修費用含む)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

熊取町の土居のしの取り合いの漆喰の剥がれ

熊取町で壁際の漆喰詰め直し工事を行いました。漆喰は、瓦同士の隙間を埋めて防水し、瓦と瓦をくっつけたり、瓦を固定する役割があります。2階の窓から外を見た時に、下の屋根に剥がれた漆喰が落ちていたので、心配になってご相談をいただいたことがきっかけ...........

泉大津市の瓦を復旧して全体的に固定しないといけません

泉大津市の皆様こんにちは!街の屋根やさん岸和田店の小南です。最近、地震が頻繁に発生しているのでとても心配ですね・・・。台風はある程度予測がつくので事前に備えることができますが、地震は突発的に起こるので本当に恐ろしいです。「台風」や「地震」「...........

熊取町の屋根の漆喰の剥がれ

熊取町にお住いのY様より「漆喰の剥がれ」「漆喰の汚れ」のご相談があり、漆喰の詰め直し工事を行いました。屋根の漆喰(しっくい)は、葺き土の流出や雨水の浸入を防止したり、瓦を固定する重要な役割があります。しかし漆喰は、永久的ではなく、残念ながら...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747